Home > Archives > 2007年05月

2007年05月

表浜に初上陸

IMG_0050.jpg
表浜に初上陸です。湖西市の大倉戸の海岸に上陸産卵しました。(発見者:湖西市調査員うしおくん、おめでとうございます!)こちらの調査域ではないのですが、連絡を頂き早速確認に行きました。少し小柄(甲長81センチ)のフジツボなど付着物も少なく若いと思われるアカウミガメです。なんと午前5時まで滞在していました。(最近の残留・遅延の産卵も何か背景的に因果関係があるのかもしれません)しかし、青空のもとこんな絵が撮れるのも珍しいですね。産卵は無事終了、産卵位置が汀線より近い為、湖西市の調査員の方が安全な場所に移植されました。愛知県側では無いのですが何はともあれ嬉しいニュースです。これで表浜海岸にアカウミガメが来た訳です。

Continue reading

まだまだあがらない

IMG_0020.jpg
今朝も未明からの巡回。雨が心配でしたが、浜に出てみると雲も切れています。サーチライトを手に闇夜の浜を回ります。少し進むと赤い光が浜辺に。なんだろうと辿り着くと花火ゴミと流木を燃やした跡でした。火は消えて無く数時間前の深夜に花火を行っていた模様。しかも車で浜辺に入ってスタックしたようです。困ったものですね。その後巡回を続けましたがどうやら今日も上陸は認められず。なかなか時間が掛かりますね。

Continue reading

この空の下には

IMG_0006.jpg
今朝も未明から巡回を開始。雲が少し出ているようで昨日のような星空は望めません。浜辺をサーチライトを頼りに進みます。波は穏やかですが所々に浜崖が出来て浜の形がかなり変わってきています。今期は砂浜に高さがあり、沖に砂州が出来るとその西側の浜に浜崖が生じています。明るみ始める頃には巡回も後半、相変わらず今日もタートルトラックは見あたりません。空には二本の飛行機雲が延びています。この空の下にはウミガメも居るのでしょうが上陸はまだまだのようです。

Continue reading

西風が冷たく

IMG_0015.jpg
浜に立つと上空には星空。銀河が頭上を跨ぎ星の瞬きが綺麗です。このような空は冬ならわかるのですが。西風も冷たく感じて日昼との差が激しいですね。砂浜は人の足跡や昨日の四輪バギーの轍が残って賑やかだった事を物語っています。今日もサーチライトを手に巡回を開始。穏やかな海からはさざ波の音が響くだけです。どうやら今日も上陸は無いようですね。沖を見ると漁り火が静かに水平線上に並んでいます。この広い大洋でどのように数十匹の雄雌のウミガメが出会うのか考えると凄いことですよね。

Continue reading

西風が続く

IMG_0021.jpg
今朝も未明から巡回を開始。東側の県境の浜から順に回っていきます。日曜日と言うことで車中泊のサーファーも所々に泊まっています。サーチライトで照らす砂浜にはやはり上陸跡はありません。そのまま西に向かうと明るくなると同時に車のライトが続々とこちらに向かってきます。サーファーや釣り人ですね。まあ、これほど賑やかだと上陸は難しいですね。

Continue reading

海岸の植生

IMG_0015.jpg
高塚のハマボッス。時期と場所によって植生エリアを記録していきます。
表浜海岸は地形や日照の差、また背後地の違いによって様々な植生が自生しています。

Continue reading

日中は気温も上がり

IMG_0001.jpg
週末の今日、西風がやや強いのですが日差しが強く初夏の陽気。こうなると出てくるのは海岸でのレジャー。なんと砂浜をかなりなスピードで走り回る四輪バギー車。近くによってみるとブラジル系の若者三人。隣の浜から疾走してきたようです。しかも隣の浜からは大音響の音楽らしき騒音。夏になると自己中心的な楽しみ方は良くありません。四輪バギー車の者達は注意すると怪訝な表情で渋々退却。子どもも遊んでいる砂浜で疾走する感覚は頂けませんね。

Continue reading

やはり、今朝も認められず

IMG_0022.jpg
未明の空には銀河が渡って星の瞬きも一段と綺麗です。沖には白波が左右に走って行くのが見えます。海はうねりも出て砂浜は思わぬ浜崖もあり、昨日までの砂浜と姿が変わっています。ちょっと注意が必要ですね。巡回も星を眺めながら早い時間に開始。サーチライトを頼りに進みますがなかなかタートルトラックは見あたりません。東の空が明るみ始める頃には既に巡回も中盤過ぎ。どうやら今朝も残念ながら上陸は無いようです。海上から元気の良いコアジサシの鳴き声が響いて来るだけでした。残念!

Continue reading

雨が降り出し

IMG_0002.jpg
今朝は既に雲が広がってポツリポツリと雨滴が顔に当たります。昨日、御前崎では上陸産卵が認められたと言うことで、黒潮反流に乗ってそろそろ上陸がありそうと期待が上がります。今日も早めで闇夜の砂浜から巡回を開始します。歩き始めて10分もしないうちに本降りになってきました。風も東風が背中に当たります。う〜ん今日も難しいようでなかなか上陸跡は見つかりません。折り返しで東に向かうと今度は向かい風、これは厳しいと言うことで海岸の測道に逃げ込みます。その後小康状態になったのですが東に向かって行けど見つかりません。今日も上陸は無いようです。

Continue reading

今朝も認められず

IMG_0012.jpg
今朝は風もほとんど無くて湿度も高く、なんとなく上陸時期が近いような期待を持たせます。海水温度も昨日から急に上がったようですから。と言うことで今朝はいつもより早めの朝の3時には砂浜で巡回を開始。当然辺りはまっくらでライトが無いとなんともなりません。沖には数隻の漁船と白波が走っているのが認められる程度。渚線を慎重に進んでいきますが、人の足跡しか認められません。もう少し先に行けば・・・と思いつつ今日も県境まで到達してしまいました。今朝も残念ながら上陸は認められず。

Continue reading

なかなか始まりません

IMG_0022.jpg
今朝も星が瞬いています。海は穏やかで沖の漁船の灯りも今日は数隻程度。静かな浜から巡回を開始。今日こそはと思うのですが、浜を進めど人の足跡しか見あたりません。東の空が明るみ始めて来たのですが、残念ながらどうも今日も上陸は確認出来ないようですね。水温も徐々に上がってきているようなのですが、何時上陸が始まるのか、東からなのか西からなのかヤキモキさせます。

Continue reading

黒潮と台風2号

IMG_0011.jpg
未明の浜に立つと沖からボーというディーゼルエンジン音が低音で響いてきます。漁船の灯りが沖合で沢山揺れています。静かな浜と対比して沖は賑やかなようです。これでは今日も難しいようですね。黒潮の蛇行が今期は沖合遠く離れています。徳島の日和佐と紀伊半島のみなべに上陸が認められたのでそろそろ期待しているのですが、黒潮が離れすぎているのでしょうか?台風2号に追われて来ないかとも期待しているのですが。今朝の海はうねりが多少出ているものの穏やか。砂浜にはヒトの足跡しか見あたりませんでした。

Continue reading

ホウボウストランディング

IMG_0021.jpg
今朝も未明の県境の浜から巡回を開始。東の空が少し明るみ始めました。週初めで浜にはサーファーや釣り人の人影は無く静かな浜辺。海も穏やかで昨日ほど北西風は強くはありません。砂浜は飛砂で足跡も無く上陸跡は見つかりそうもない雰囲気です。西に進んで渚を行くと見慣れない赤い魚が打ち上がっています。ホウボウですね。まさか釣り上げた訳では無いのでしょう。未明から沖には沢山の漁船が出漁しているようで、網から漏れて流れ着いたのでしょうか。渚の食材としては上物ですね、刺身にしても焼いても美味しい魚です。今日も結局上陸は認められませんでした。

Continue reading

渚線チェック

IMG_0006.jpg
今日は朝から北西風が強く吹き、海も真っ平らなので波乗りは諦めて渚ウォークに出かけました。とは言え小走り程度で汗をかこうと思って走り出したのですが、風が冷たく汗が出ない。走るのも大変だったので海岸線を記録しながらのウオークに変更です。この西高東低となった低気圧は大潮とタイミングが合った為か汀段から浜崖まで発生していました。砂浜は高さがあるので渚の傾斜が強くなっているようです。

Continue reading

海岸清掃の日と技科大サーフィンクラブ

IMG_0009.jpg
今日は第三日曜日と言うことで海岸清掃。地元のサーファーが自主的に海岸清掃を行っています。今日は若い人が多いなと思ったら技科大サーフィンクラブから参加してくれました。若い人が頑張って海岸清掃しているのは良いですね。明るくてハキハキした元気の良い若者がビーチクリーンに参加してくれるとは嬉しいですね。今日は風が強くゴミは飛ばされたり砂に埋もれたりして砂浜は少なめ。海岸測道側には生活ゴミからBBQゴミとこちら側が沢山捨てられています。40分ぐらいで砂浜は綺麗になりました。

Continue reading

まるで冬のような

IMG_0001.jpg
今朝は東の空が明るみ始めています。すっきりと晴れ渡って北西風も冷たくまるで冬のような空気。海は真っ平らにうねりも無くなって北西風が吹き抜けています。典型的な西高東低ですね。これだけ空気が冷え込んでいるとウミガメも上がりようが無いですね。東から西まで進み再度、西から渚に沿って歩きましたが、やはりまったく上陸は認められませんでした。

Continue reading

午後は強風

IMG_0014.jpg
午前中から吹きだした西風、午後は既に強風となっています。飛砂も凄く、砂丘では粒子の細かいシルト状の真っ白な砂が川の様に流れていきます。砂丘のコウボウムギやハマヒルガオも砂に埋もれつつあり、この時期にしては本当に強い西風ですね。海は東に流れているので明日には真っ平らな海が広がっているのかも知れません。

Continue reading

湿気の高い朝

P5190060.jpg
今朝は湿度が高く空を見るとまったく明るくなる気配がありません。雲が広がっているようです。天気予報では雷雨も予報されていたので雨具だけはしっかりと準備。今朝も東側の県境から巡回を開始。真っ暗です、やはり。サーチライトを手に浜を少しずつ回ります。渚線にはアマモが目立つだけでタートルトラックは見あたりません。巡回の後半でやっと東の空が明らみ始めました。雨滴がポッタポッタと顔面に当たりますが西の空を見ると本降りにはならなそうです。海は大潮で潮位が高く、南東の風でボヨボヨとしています。波は沖で割れず、ショアブレイク。西の折り返し地点まで到達し、結局今日も上陸は認められませんでした。

Continue reading

データロガー設置

IMG_0002.jpg
砂丘帯の砂中温度変化を捉えるためにデータロガー設置しました。
満干汀線から40メートルの位置に深さ、20センチ、40センチ、60センチと深さを変えて3個のデータロガーを設置。その地点から海側へ15メートル約40センチに1個、そして後方約10メートルの砂丘帯に1個と計5個です。これで砂浜から砂丘の砂中温度を調べるのです。
これはアカウミガメの理想的な産卵条件を探る為の調査です。さあ〜て、上手く動作してくれると良いのですが。

Continue reading

5月の海浜植物

IMG_0048.jpg
早朝のハマヒルガオ。
今朝は大潮で満潮時、波浪も高く波の遡上も浜の中間まで上がってきています。
養浜活動の調査地、小島の浜の粗朶・堆砂垣と砂丘の植生記録です。

Continue reading

上陸は未だ認められず

IMG_0008.jpg
今朝は上空に雲はなく星が瞬いています。東の空はまだ暗い時間、今日も東の県境から巡回を開始。闇夜の浜をLEDライトで照らしながら歩き上陸跡を探します。渚にはアマモの黒い影しかみあたりません。しばらく西に向かって行くと、やっと東の空が明るみ始めました。沖に白波が走るのが確認出来ます。うねりが出て海は多少荒れているようです。それに今日は大潮で波も浜の真ん中ぐらいまで遡上して足下まで届きそうになるくらい。渚を行くと冷たい空気が丘陵から流れてくるのと違って突然、生暖かい空気が海から流れてきます。どうやら海水温度が高いようですね。しかし、今日も上陸は未だ認められずでした。

Continue reading

強い東風と叩き付ける雨

P5170044.jpg
レインジャケットがバッタバッタバッタと激しく雨が叩き付けてきます。今朝は昨夜からの雨が時折激しく降っていて、さすがに今日は誰も浜に居ません。巡回を県境からいつものように始め、最初はそれほどの降雨ではなかったのですが、西に向かって行くにつれ激しく降り始めました。渚線にはアマモしか見あたりません。折り返し地点から風上に向かうと一気に東風が強く雨が叩き付けてきます。海も少し荒れ出し始めました。今日も上陸は認められず残念でした。

Continue reading

今朝も上陸は確認出来ず

IMG_0011.jpg
今朝も東側から巡回は始めました。東の空には雲が残り砂浜はまだ暗闇です。さざ波の音だけ響く静かな浜には上陸跡は見あたりません。西に進みますが明るくなり始めても認められず。堆砂垣の試験地では、垣根の周りにこの時期にしては堆砂がかなり着いているので驚きます。東七根の海岸から砂浜を進むと渚線が細かく蛇行しはじめています。大潮と満潮で潮位が高い事もあり、汀段の傾斜も強くなってきていますね。

Continue reading

静かな浜辺が続く

P5150052.jpg
今朝も東側から巡回を開始。未明の空はうっすらとした雲が東の空に拡がり三日月がぼやけて浮いています。薄暗い浜辺は風もほとんど無く、波もショアブレイクだけで静かな渚です。西に向かって進むのですが砂浜には人の足跡しか見あたらず、途中夜釣りの釣り人に出会う程度です。陽が昇り始め、東の空が明るんで来ても上陸跡は見あたりません。渚にたたずむ釣り人に挨拶がてら釣果を聞くと型の良いシロギスが第一投で掛かったそうです。

Continue reading

トビの獲物

P5140033.jpg
未明の浜、弱い北西風で少し肌寒さを感じます。東の県境から今日も巡回をスタート。
飛砂で砂浜の足跡はほとんど消えています。これなら上陸跡があったら見やすいのですが、逆に上陸が無い事が良く判ってしまいます。今日は漁船も出て無く海はまったく穏やか。西に進んでいくと海岸から火の玉が飛んでいます。こんな早朝から花火に講じているようです。その場所に行くと若い男女のグループです。飲み明けて来たようですが、この感覚がどうも私には判らないのです。なんで早朝に大人であろう若者が花火をやらなければいけないのか?しかも、花火カスのゴミは既に燃やしてしまっていました。
その後、浜の巡回を続け、トビが浜辺で何やら隠すように辺りを見回しています。カラスに脅されて慌てて飛び去った後、獲物は何か確認するとハモです。
今日もアカウミガメの上陸は認められませんでした。

Continue reading

今朝も上陸は認められず

P5130060.jpg
今朝は早めに浜に出向き、東側から巡視を開始。数日の北西風で気温は低め、雲が広がっているためか浜辺はほとんど暗闇。少し肌寒く感じる浜辺に出ると細谷の丘陵からスポットライトの点滅に驚きます。風力発電の物ですが、どうもあのライトは頂けない。あまりにも強烈過ぎて暗闇だと驚くほどです。この灯りがこの辺りの上陸に影響するのか心配です。結局、今日も西の浜まで行っても上陸跡は認められませんでした。

Continue reading

少し肌寒い週末

P5120051.jpg
昨日と比べ今朝は風は無いのですが少し肌寒いぐらいの空気。東の空が少しずつ明るみ始め砂浜を進むと穏やかな海が広がっています。押しては寄せる波の音は小さく心地良いぐらい。さて、今朝の巡視をスタートします。週末だからか釣り人の準備は早いようで、日差しが昇ると共に渚線を見ると少しずつ人影が増えてきています。西に向かって進むのですが今朝もタートルトラックは確認出来ませんでした。明日は浜辺は賑わいそうですね。ゴミは持ち帰り、海浜植物を踏みつけないようにマナーはしっかりと守って行きたいものです。

Continue reading

風の強い1日

P1010001.jpg
今日は午後は今年の夏のイベントの件で潰れました。中途半端で仕方ないから夕方は風の強い浜辺を見に。この時期でも十分な飛砂に堆砂垣もまだまだ効果が出そうです。少し気温が下がったので砂中温度も低いようです。アカウミガメの上陸にはまだまだ時間が掛かるのでしょうか。

Continue reading

冬の再来かと思うほど

P5110061.jpg
渚を西に向かって進んで行くと海上からコアジサシのキィキィと鳴き声が聞こえてきます。冬の季節風の様な強烈な北西風にコアジサシでさえ、飛ぶのが辛いようで空中に止まっているように見えます。海岸線は風で東西がスッキリと見渡せ、日の出と共に日差しが当たり丘陵が輝き始めました。しばらく進み折り返し地点で体を返すと今度はまるで風に寝込む様に身を任せます。やっと砂浜に日差しが届き黄金色に輝き始めました。今朝も残念ながらアカウミガメの上陸は認められませんでした。

Continue reading

雲空にはうっすらと月

P5100050.jpg
雲広がる未明、上空にはうっすらと月が出ています。薄暗い浜辺から海を見ると白波がスウッと走るけどそれほど波は高くなく荒れていません。小潮の今日はそれほど潮位変動は無いようですが、波紋がしっかりと残っている渚は傾斜が強く歩きにくいです。足を少し取られながら進みますが今日も残念ながらアカウミガメの上陸は認められず。砂丘帯に咲いているハマヒルガオを見ながら上陸はいつか思いながら心を慰めます。

Continue reading

昨日はまさに夏でし

P1010004.jpg
昨日はまさに夏でしたね。今日の巡視では暑さ対策をどうしようか迷います。早朝は少し肌寒いぐらいでしたが、浜辺を歩くと砂浜から昨日の熱が残っているのか汗が滲んできます。日の出は丘陵の霞の中から覗き、明るくなってくると穏やかな海に釣り人が今日の釣果を期待して集まってきます。空を見ると晴れ渡っており、今日も夏の1日になるのでしょう。今朝もアカウミガメの上陸は認められませんでした。

Continue reading

丘陵から昇る陽

P5080017.jpg
今朝は晴天。5月はまだ清々しい空気(これが夏に近づくと湿気で蒸せます)に浜辺は溢れます。薄暗い日の出前の空に浮かぶ月と海は少し神秘的に映ります。海はうねりが入って沖の砂州でスウッと割れて白波が走ります。渚を歩くと少し生暖かい風が海から流れてきます。汀線沿いは歩きやすいのですが汀段の傾斜が強くなっています。まだアカウミガメの上陸の跡は見あたらず、砂浜に残っているのは人の足跡のみ。早くからサーファーや釣り人が海岸に集まり始めました。今日は気持ちの良い海岸巡視ですね。

Continue reading

雨上がり

P5070032.jpg
昨日から降り続けた低気圧が今朝は抜けて海はうねりを伴って荒れています。波も前浜の中間ぐらいまで遡上してアマモが点々と漂着。
これからは粗朶・堆砂垣の養浜活動からアカウミガメの上陸産卵巡視調査に変わります。今朝から海岸巡視に入るのですが、今期の調査テーマも考慮に入れて海岸を廻る事になります。

Continue reading

雨に煙る浜辺

P5060029.jpg
今日はGW最後の日曜日。昨夜からの雨が続き終日雨の模様です。浜辺に出ても人もまばら、海岸には昨日までの賑わいの後、BBQゴミなどが散乱しています。アウトドアブームの一時よりは酷くは無いのですが、まだまだBBQゴミの廃棄は目立ちます。楽しむのは良いのですが、ちゃんとゴミは持ち帰る責任まで廃棄しないで欲しいですね。雨に煙る浜辺はなんだか疲れた様子に映ります。

Continue reading

今日も1日浜に

P1010025.jpg
今日も1日浜辺で過ごしました。早朝は潮位が高くうねりも胸の高さ程度で穏やかな海。霞がかかってはいるものの日差しは照って蒸し暑いぐらいでした。干潮時に渚を見るとカイメン類やホヤ、ユムシやアカナマコが沢山打ち上げられていました。これだけうちあがるのも珍しいですね。

Continue reading

GW中の表浜

P1010002.jpg
さすがに今日は人手が多いです。霞が掛かってはいるのですが晴れ。風もそれほど強くなく、海は穏やか。釣り人やサーファーやキャンプで賑わう浜辺です。私も今日は1日浜で過ごしました。

Continue reading

今朝は晴天

P1010002.jpg
今朝は晴天、GWに入ったので浜辺は賑やかです。サーファーや釣り人などや海岸を散歩する人も居て各々の海を楽しんでいます。今日も海漬けの1日、西風が吹き続けて波も無くなって来たので浜辺散策。日差しは眩しい夏日ですね。

Continue reading

東風

IMG_8843.jpg
昨日は雨と共に強い東風で堆砂垣の周りに溜まった堆砂にも変化があり、逆に堆砂し始めています。堆砂垣を見ると砂が漂着しています。湿気を含んだ砂なのですが飛砂となって飛んだようですからよほど強い風だったのでしょう。今朝の海は荒れてうねりは頭を越える波となって沖の砂州で大きく割れています。釣り人やサーファーも浜で待機中。西の空から黒い雲が迫っているので午前中はまだ荒れそうですね。

Continue reading

雨に煙る浜辺

IMG_8811.jpg
今朝は雨に煙る浜辺。でもGW中なのか釣り人やサーファー、そして最近増えたスキムボードが雨の中、浜辺に出ています。途中から雨の降りが強くなり退散しようと思ったら、今朝も海上を素早くコアジサシが飛び交っています。ダイビングがあまりにも見事なので雨に濡れながらも見とれていました。

Continue reading

Home > Archives > 2007年05月

Links
SUPPORT
Search
Feeds

Page Top