Home > 今日の表浜海岸 | 表浜のウミガメレポート > カイメンとアオサの漂着

カイメンとアオサの漂着

IMG_0028.jpg
今朝も雨は降らず、真っ暗な空を見ると雲の切れ間から星が少し覗いています。未明から巡視を開始。東に向かい上陸跡が1カ所。これは浜の奥まで来ているのですがボディピットも無くそのまま引き返しています。その後、もう1カ所で上陸跡。こちらは中間にボディピットがあり既に調査後のようです。クラッチも移植されたようで処置済み。昨日に続き、ウミガメも活発になってきたのでしょうか。梅雨も中休みなようですが週末は雨になりそうですね。

アオサが流れ着いて緑色のラインとなっています。
IMG_0014.jpg
今朝の海
IMG_0017.jpg
アオサの帯
IMG_0020.jpg
この浜ではアオサとカイメンが大量に漂着
IMG_0050.jpg
アオサとカイメン
IMG_0051.jpg
上陸のみのトラック
IMG_0029.jpg
足跡の幅は約80センチ
IMG_0031.jpg
帰海側のトラック
IMG_0032.jpg
上陸側のトラック
IMG_0034.jpg
浜の奥側から。ここで引き返しています。人気で帰ったのでしょう。
IMG_0036.jpg
もう一カ所の上陸跡。中程にボディピットが確認されます。
IMG_0038.jpg
上陸側のトラック
IMG_0039.jpg
帰海側のトラック
IMG_0041.jpg
ボディピット。処置済みなようでクラッチは既に移植されているようです。
IMG_0043.jpg
ボディピット。この位置は潮溜まりになる可能性はあるのでしょう。
IMG_0044.jpg
今朝の砂中温度。午前5時50分計測、非常に安定していますね。
P6200043.jpg
巡視開始時。轍が多く足を取られます。
P6200001.jpg
西七根の堆砂垣
P6200002.jpg
クロマツポイント
P6200003.jpg
高塚の渚、轍が沢山残って歩きにくいですね。
P6200004.jpg
西七根の浜。長く続いているので地元の地引漁ではないですね。車両規制も意識されなくなってきたのでしょうか。
P6200005.jpg
東七根の浜
P6200009.jpg
東七根の流木
P6200010.jpg
東七根の海岸
P6200011.jpg
東七根から寺沢
P6200013.jpg
寺沢の浜
P6200015.jpg
小松原の浜
P6200016.jpg
小松原の浜
P6200017.jpg
小島の浜
P6200019.jpg
小島の砂浜
P6200022.jpg
小島埋め立て前の浜
P6200020.jpg
小島の浜
P6200024.jpg
小島の浜
P6200027.jpg
小島の海岸
P6200029.jpg
小判田川
P6200031.jpg
細谷の浜
P6200033.jpg
細谷の浜
P6200034.jpg
今朝の海
P6200036.jpg
細谷の海岸
P6200037.jpg
東細谷の海岸
P6200038.jpg
東細谷の浜。この辺りは未だ反応無しですね。
P6200040.jpg
東細谷の浜
IMG_0013.jpg
県境、湖西市側
IMG_0016.jpg
西七根の海岸
IMG_0045.jpg
高塚の海岸
IMG_0047.jpg
伊古部の海岸
IMG_0054.jpg
西赤沢の海岸。ほとんど砂浜はありませんね。
IMG_0062.jpg
西赤沢から城下
IMG_0056.jpg
城下から久美原
IMG_0057.jpg

Comments:2

うしおくん 2007-06-20 (水) 07:37

16日以来、湖西市は御無沙汰であります。
そろそろトラック跡を見てみたいです。

omotehama 2007-06-20 (水) 10:54

ご苦労様です。うしおくんがカメをこちらに追い払ってくれたんだね。なんちゃって。冗談はさておき、ウミガメの上陸はやはり海流や海底の状況でグループ化しているみたいだね。遠州灘でそのような傾向は有り得ると思うよ。毎年集中する所の状況を記録してみると面白い結果が出るのかも。沿岸流とカメの関係を解明すればうしおくんも博士になれるよ。

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 今日の表浜海岸 | 表浜のウミガメレポート > カイメンとアオサの漂着

Search
Feeds

Page Top