Home > 海岸の生物多様性 | 表浜のウミガメレポート | 表浜の生態系 > 桜丘高校生物部の発表

桜丘高校生物部の発表

PA070011.jpg
日曜日は午前中は桜丘高校の生物部のみなさんの表浜ネットワーク部の発表を見学に行きました。生物部のみなさんは「表浜千夜一夜キャンプ」別名:表浜ブートキャンプ孵化調査に参加してくれたメンバーです。表浜の海岸環境に於けるウミガメに興味を持って貰って参加してくれました。若い人の目で現状の表浜海岸を見て考えてくれるのは、今後のこの海岸のありかた、または方向性を考える時にも重要だと思います。こんな目がどんどん増えていくことが大切ですね。

生物部の発表はこちら
PA070031.jpg
表浜ネットワーク部局として既に2年目です。(笑:ちょっと大袈裟かな。
PA070025.jpg
展示風景。せっかく孵化調査体験して頂いたので、今後はその観点からも発表があっても良いかと感じます。来期に期待ですね。
PA070011.jpg
PA070007.jpg
PA070008.jpg
PA070012.jpg
現在、試験的な試みですが教育用として孵化時の脆弱な稚ガメ(肢体に偏りのあるなど生存の可能性が無い個体)を飼育してもらっています。もちろん飼育には専門家にアドバイザーとしてお願いしてあります。(脆弱な個体の教育用飼育の限定)
PA070010.jpg
ウミガメの保全に向けては、なかなか地元でも理解が進まないのが現状のようです。なぜなら、ウミガメの活動時間が人の活動時間外の夜間であること、しかも上陸時しかウミガメの存在を確認は出来ないと言った状況も現実感の湧かない要因の一つではと考えています。ウミガメが産卵に来ているのは知っているが見たことが無いと言うのが普通でしょう。現在は各地でウミガメにふれさせる環境教育として「稚ガメの放流会」など催されているのですが、実際にはウミガメの生態にそぐわない事が判ってきています。生態にそぐわない、また稚ガメの生存の可能性が認められないウミガメ放流イベントをいつまでも続けるよりは、本来なら成長出来ない脆弱な稚ガメを1年でも飼育する事(ヘッドスターティング)でウミガメという「生き物」として接し、理解が進めばより教育効果が高いのではと考えたのです。飼育環境の整備も必要ですし、珍しい生き物を飼いたいとの要求だけで終わってはいけないという課題はあります。しかし、生き物への接触は、最初は興味や可愛いなど擬人化から始まり、飼育していく事によって生物への理解へと進むと思います。このような試みは「稚ガメの放流会」に傾く、今の環境教育への、もうひとつの方向への案として捉えていきたいと考えています。
参考:日本ウミガメ協議会「やめよう 子ガメの放流会」
PA070006.jpg
元気になって既に甲長も約8センチぐらいに。温度計を入れると噛みついてきます。
PA070002.jpg
他にもスッポンモドキなども飼育しています。
PA070019.jpg
朝倉川で捕れたウナギ・タナゴなども
PA070022.jpg
学園祭の賑わい風景
PA070028.jpg
PA070029.jpg

Comments:6

なかむら 2008-03-27 (木) 19:46

 今日テレビ見ました。がんばってくださいね。わたしは、「生物多様性エコソング」をつくりました。COP10もあります。

生物多様性のエコソング「We Love 地球!」を聴いてください。

http://videocast.yahoo.co.jp/video/detail/?vid=288230376152083081

 または、「生物多様性エコソング」で検索してみて下さい。

omotehama 2008-03-28 (金) 09:31

なかむらさま、ありがとうございます。生物部の子ども達も喜ぶかと思います。今後も生物部の子ども達を応援してあげてください。よろしくお願いいたします。

桜丘の生物部の・・・ 2008-04-01 (火) 22:45

生物部の部長をしている者なのですが、いつもお世話になっております。

文化祭の様子がこんなにも載っているのをはじめて見ました!! 
びっくりでした。今年は、自分たちでもっと下調べをして臨みたいと思います

今年もよろしくお願いします!

omotehama 2008-04-02 (水) 10:15

ええ!始めてだなんて・・・・今後は見てね。
その後、心配ですが稚ガメは如何でしょう?
そう、テーマを持って取り組むと海岸は面白いですよ。今年の孵化調査もよろしくお願いいたしますね。

桜丘の生物部の 2008-04-10 (木) 23:23

またまた部長をしている者ですが、最近の稚ガメの様子を少し。

部室で飼育している「キヨ」ですが、少しずつ体重が戻ってきました。
一時はみなさんから、もう限界だろうという言葉ばかりでしたが、なんとか
持ちこたえたようです。水質が原因だったかと。

あと、そろそろテーマが決まりそうです。また堆砂垣のときにお話でも!

omotehama 2008-04-11 (金) 07:37

おおお!凄い!良かったねえ。本当のことを言うと、私も・・・諦めていました。ごめん。
みんなが一生懸命に見守っていることが「キヨ」にも伝わったのかな。ビーチランドの黒柳さんにも伝えないと。
ご苦労様!まだまだ油断は出来ないのでしょうが、頑張ってください。
たまに日光浴も必要かもね。

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 海岸の生物多様性 | 表浜のウミガメレポート | 表浜の生態系 > 桜丘高校生物部の発表

Search
Feeds

Page Top