Home > 今日の表浜海岸 | 砂浜再生プロジェクト > ミユビシギを追う?

ミユビシギを追う?

IMG_0004.jpg
今朝は水平線と空に雲が拡がって日の出も雲に挟まれたような状態でした。海は変わらず穏やかでうねりも膝ぐらいで砂州の発達した場所で割れている程度。渚を進むとここ1週間程度でかなり汀線が直線的になったことが判ります。凄いですね、波も穏やかで風もそれほど強くないのですが一晩程度で姿が変わりますから。潮位変動と波の入射角の違いなのでしょうか。遙か沖合を通る黒潮も反流や急潮なども影響していそうです。そんな事を考えながら渚を進むとミユビシギが目の前を走り回っています。なぜだか追っかけている訳でもないのに、追っかけている形になってしまい申し訳無いようです。このミユビシギもよく表浜出見かける渡り鳥です。仕草が可愛い渚のマスコットですね。

ミユビシギ、カメラが違うので上手く撮れないですね。
P1180043.jpg
追っている訳でも無いけどズーッとこちらが進む先を逃げています。
P1180044.jpg
今朝の日の出
IMG_0018.jpg
今朝の空と丘陵。
IMG_0021.jpg
今朝の浜辺
IMG_0003.jpg
西の海岸線
IMG_0006.jpg

IMG_0010.jpg

IMG_0011.jpg
東の海岸線
IMG_0007.jpg

IMG_0009.jpg

IMG_0013.jpg
東七根の海岸
IMG_0001.jpg
東七根の寺沢
IMG_0002.jpg
寺沢の浜
P1180003.jpg
直線的になった汀線
P1180004.jpg
浜崖跡と前面に新たに出来た汀段
P1180047.jpg
小松原の海岸
P1180007.jpg
小島から小松原
P1180008.jpg
小島の海岸
P1180009.jpg
浜崖洗堀部
P1180011.jpg
小島埋め立て前の浜
P1180012.jpg
小島撤去調査地の浜
P1180013.jpg
砂浜再生プロジェクト試験地
P1180037.jpg

P1180017.jpg

P1180021.jpg
NO.1堆砂垣
P1180015.jpg
簡易堆砂垣
P1180016.jpg
NO.2堆砂垣
P1180018.jpg
NO.3堆砂垣。増築堆砂垣にも堆砂し始めました。
P1180031.jpg
アシ粗朶
P1180030.jpg
NO.4堆砂垣
P1180029.jpg
NO.5堆砂垣
P1180025.jpg
今朝の海
P1180040.jpg
青銅色の泥岩。これは高塚から西七根にかけて海底に泥岩棚があるからです。
明治には高塚に泥岩の島があり、地曳き網に邪魔だということで発破で爆破して撤去したという記録が残っています。私の若い頃、海底を潜ったとき、この泥岩棚を見た事があります。
大潮の時、海底に直径50センチほどの無数の穴が開いていて触ってみたら泥岩でした。
この泥岩、波が立つと流れ着くのです。
泥岩に無数の小さな穴の主はエボシガイでしょうか。
P1180046.jpg

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 今日の表浜海岸 | 砂浜再生プロジェクト > ミユビシギを追う?

Search
Feeds

Page Top