Home > 今日の表浜海岸 | 砂浜再生プロジェクト > 如月に入って

如月に入って

P2010002.jpg
新年が明けたかと思えば、早一ヶ月が過ぎてしまったのですね。今朝も晴天、水平線からは朱色に染まった陽がスルスルと昇ってきます。海は変わらず穏やかでさざ波と共にオレンジ色の陽光が反射しながらスルスルと渚に届いてきます。渚に出るといつもと変わらず、セキレイの案内で渚線を進み、ミユビシギは逃げ回ります。いつものお客は他にドバトのグループも同じメンバーでいつもの浜に出てきます。慌てて飛び立つので何かと思えば沖の空にミサゴ。他に浜辺の巡回のトビにセグロカモメにカラスとカワウ。みんないつもの冬のメンバーです。

今朝の空と丘陵
P2010008.jpg
今朝の日の出と海
P2010009.jpg
今朝の浜辺。ついとう、カメラが壊れてしまい修理に。しかし、海で使うと消耗が早いですね。
P2010001.jpg
西の海岸線
P2010004.jpg

P2010006.jpg
今朝の海
P2010003.jpg
東の海岸線
P2010005.jpg

P2010007.jpg

P2010012.jpg
寺沢の浜
P2010010.jpg

P2010011.jpg

P2010055.jpg
浜崖跡
P2010056.jpg

小松原の浜
P2010013.jpg

P2010014.jpg
小島の浜
P2010015.jpg

P2010016.jpg
洗堀部。ここを見ると如何に飛砂が届かないと浜が弱いか判ります。砂を動かさないと砂浜は脆弱になると言うことですね。
P2010017.jpg
小島埋め立て前の浜
P2010018.jpg
小島撤去調査地の浜
P2010020.jpg
砂浜再生プロジェクト試験地
P2010047.jpg

P2010024.jpg

P2010028.jpg
NO.1堆砂垣
P2010021.jpg
簡易堆砂垣
P2010023.jpg
NO.2堆砂垣
P2010025.jpg

P2010044.jpg
NO.3堆砂垣
P2010040.jpg
アシ粗朶
P2010039.jpg
NO.4堆砂垣
P2010038.jpg
No.5堆砂垣
P2010034.jpg
西の海岸線。汀段が浜に成長し、二段構えになりました。浜の前進はこのように拡張されるのですね。
P2010029.jpg
今日の海、うねりは僅かですね。
P2010032.jpg
東の海岸線。西に同様に拡がっています。
P2010030.jpg

Comments:2

ココナツ家のオヤジ 2008-02-01 (金) 13:24

最近小島へは足を運んでいないので堆砂垣を見てなかったのですが自然の材を使った堆砂垣なんとも風情がありますね、なにか心がほっとするものがあります。表浜の名物になりつつありますね。いつか参加してみたいと思います。

omotehama 2008-02-01 (金) 13:59

そうなんですよ、堆砂垣って和みますよね。でも、まだまだ美的には粗朶に近いので野暮なんですが、いずれは美的に耐えうる物にしたいと思っています。(笑
風が強い日なんか、風避けにもなりますしね。ひなたぼっこ出来ますよ!参加ぜひ!お待ちしております。

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 今日の表浜海岸 | 砂浜再生プロジェクト > 如月に入って

Search
Feeds

Page Top