Home > 今日の表浜海岸 | 砂浜再生プロジェクト > 偏西風

偏西風

thu17.jpg
今期の冬は例年の爆弾低気圧とまで行かないようで、短い周期で小さな低気圧や前線が南岸を通過するようです。その影響か例年なら晴れ間が3日ぐらい続いて季節風も強烈なのですが、未だ1〜2日程度で季節風も本格的とは言えないようです。偏西風が微妙に北寄りなのでしょうか。今朝も晴れ、海は穏やかと言うよりフラット。スッキリと水平線が東西に拡がっています。

************* お知らせ *******************
愛知県・名古屋市にて2010年に向けて「生物多様性国際会議COP10」の開催を目指しています。
県民・市民として何が出来るのか、そんな問いかけのフォーラムが開催されます。
ぜひ!ご参加を

生物多様性COP10・NGOフォーラム
1.生物多様性(条約)ってなぁに?
2.国際会議で何ができるの?
3.いま、私たちができることは?

日 程:2008年3月16日(日)
時 間:10時30分~16時(開場10時)
場 所:名古屋国際センター 別館ホール
参加費 一般    1000円
    学生    500円 ※中学生以下は無料
詳細はこちらのサイトにて
表浜ネットワーク「生物多様性COP10・NGOフォーラム」

生物多様性COP10・NGOフォーラムリーフレットPDF・・432KB

今朝の丘陵と空。
thu9.jpg
日の出前
thu8.jpg
今朝の浜辺
thu3.jpg
今朝の海
thu5.jpg
日の出。
thu14.jpg
西の海岸線
thu4.jpg

thu11.jpg
東の海岸線
thu6.jpg

thu12.jpg
寺沢の浜
thu15.jpg

thu16.jpg
浜崖跡
thu66.jpg
小松原の浜
thu20.jpg

thu21.jpg
小島の海岸
thu22.jpg

thu23.jpg
相変わらず、海岸線のウィークポイントとなっている洗堀箇所。前浜の形成は潮位と密接な関係があるようです。砂浜の中でも前浜の働きによって消波能力の差が出るようです。
但し、沖の沿岸砂州も前浜の形成に密接な関係があるようですから複雑です。このような構造物の影響で前浜・後浜が形成出来ない状態は面白いですね。
thu25.jpg
小島埋め立て前の浜
thu26.jpg
小島撤去調査地の浜
thu28.jpg
砂浜再生プロジェクト試験地
thu57.jpg

thu32.jpg

thu37.jpg
コウボウムギの発芽は実は砂丘境界側で認められていますが、砂丘では未だです。
thu52.jpg
NO1.堆砂垣。残念ながら今週は飛砂が起きないから変化がありません。
thu29.jpg

thu30.jpg
簡易堆砂垣
thu31.jpg
NO.2堆砂垣
thu33.jpg
NO.3堆砂垣
thu49.jpg
アシ粗朶
thu48.jpg
NO.4堆砂垣
thu47.jpg
NO.5堆砂垣
thu42.jpg
良いモニュメントになっています。
thu55.jpg
西の海岸線
thu38.jpg

thu41.jpg
東の海岸線
thu39.jpg

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 今日の表浜海岸 | 砂浜再生プロジェクト > 偏西風

Search
Feeds

Page Top