Home > 砂浜再生プロジェクト | 表浜ネットワークから > 遠州灘の堆砂垣

遠州灘の堆砂垣

kaom1.jpg
今日はちょっと足を延ばして、お隣の静岡県まで海岸視察。中田島の堆砂垣も立派ですが、掛川市から浜岡にかけての海岸に堆砂垣を見に向かいました。掛川市は砂防組合が堆砂垣にてボタ山を作り、海から吹き付ける砂から背後地を守るため、砂防対策として堆砂垣工法にて保全しています。景色としても見事に自然の浜にとけ込んでいますね。

浜岡に近い浜から
kaom2.jpg
浜岡側の海岸
kaom3.jpg
ボタ山、堆砂垣が埋もれたら、再度堆砂垣を重ねる事によって出来上がったボタ山。
kaom4.jpg

場所はこちら

大きな地図で見る

kaom6.jpg
遠州灘、天竜川河口から東部のこの辺りの浜は季節風の向きが、やや海から陸に吹き込むようです。風紋を見ると理解できますね。
kaom9.jpg

kaom11.jpg

kaom12.jpg
お昼近くで干潮時。海側から眺めると。
kaom14.jpg

kaom15.jpg
緩やかな斜面によって、暴波時の波の遡上に対しても、また季節風の吹き込みに対しても対策となります。
kaom16.jpg
堆砂垣の組み方もしっかりとしています。
kaom17.jpg
昔からの工法ですが、しっかりと今でも活きています。
kaom21.jpg

kaom22.jpg
もう少し足を延ばして御前崎に。

大きな地図で見る

御前崎の砂の消失には驚きます。
kaom23.jpg

kaom24.jpg
御前崎の灯台
kaom25.jpg
太平洋はどこでも同じですね。(笑
kaom26.jpg
意外と高台まで昇るのは始めて。砂地なのに驚きです。ここは隆起した台地でしょうか。
kaom27.jpg
以前は砂浜だった磯に。岩のりを採って見えますね。
kaom29.jpg
御前崎の磯
kaom30.jpg

kaom31.jpg
磯の岩のり
kaom32.jpg
意外と初めての灯台。(笑
kaom34.jpg
御前崎の磯
kaom36.jpg
はと屋が無くなったのは何時だったのでしょう。海岸の魅力について考える時期ですね。
kaom37.jpg

kaom39.jpg

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 砂浜再生プロジェクト | 表浜ネットワークから > 遠州灘の堆砂垣

Search
Feeds

Page Top