Home > 今日の表浜海岸 | 砂浜再生プロジェクト > アマモの初漂着

アマモの初漂着

thu3.jpg
浜辺に出ると渚には黒い漂着物が点々としています。近寄ってみるとその正体は分かりました。アマモですね。まだ量は多くはないのですが、昨日遅くから東風に替わって漂着し始めたようです。春の兆候その一です。なんだか海の香りも変わっています。浜辺も飛砂模様をみるといつもと逆に流れています。堆砂の付き方も変わってきましたね。冬から春へと変化の多い時期になってきました。

****今週末は生物多様性国際会議COP10に向けて**********
愛知県・名古屋市にて2010年に向けて「生物多様性国際会議COP10」の開催を目指しています。県民・市民として何が出来るのか、そんな問いかけのフォーラムが開催されます。ぜひ!ご参加を

生物多様性COP10・NGOフォーラム
1.生物多様性(条約)ってなぁに?
2.国際会議で何ができるの?
3.いま、私たちができることは?

日 程:2008年3月16日(日)
時 間:10時30分~16時(開場10時)
場 所:名古屋国際センター 別館ホール
参加費 一般    1000円
    学生    500円 ※中学生以下は無料
詳細はこちらのサイトにて
表浜ネットワーク「生物多様性COP10・NGOフォーラム」
生物多様性COP10・NGOフォーラムリーフレットPDF・・432KB

今朝の空と丘陵
thu21.jpg
空と海
thu25.jpg
日の出
thu24.jpg
今朝の浜辺
thu1.jpg
海は東風で東から西に流れています。
thu2.jpg
西の海岸線
thu7.jpg
春は靄がかかってすっきりしませんね。
thu9.jpg

thu13.jpg
今朝の海
thu6.jpg
東の海岸線
thu5.jpg
東風が吹き込みます。
thu8.jpg

thu14.jpg
寺沢の浜
thu11.jpg

thu12.jpg
浜崖跡
thu76.jpg
小松原の浜
thu26.jpg

thu27.jpg
小島の海岸
thu28.jpg

thu29.jpg
沿岸流の流れの変化と汀段の勾配が急になったことで浜崖が始まります。
thu30.jpg
汀段を洗う波。勾配が急になった汀段。
thu31.jpg
洗堀箇所
thu32.jpg
小島埋め立て前の浜
thu33.jpg
小島撤去調査地の浜
thu35.jpg
砂浜再生プロジェクト試験地
thu71.jpg

thu69.jpg

thu41.jpg

thu48.jpg
砂丘帯のコウボウムギ
thu45.jpg
気温上昇と共に日々延びていきます。
thu46.jpg
より多くの新芽が一斉に芽吹き始めました。
thu56.jpg
二次砂丘帯のコウボウムギは益々伸びます。
thu65.jpg

thu74.jpg
NO.1堆砂垣。堆砂模様が東風によって逆に変わりました。
thu36.jpg
簡易堆砂垣。これから東風の堆砂も加わります。
thu39.jpg
NO.2堆砂垣
thu42.jpg
NO.3堆砂垣
thu47.jpg
アシ粗朶
thu61.jpg
NO.4堆砂垣。
thu58.jpg
コウボウムギの発芽は認められませんねえ・・砂表に少し腐食させないと駄目なのでようか。
thu59.jpg
NO.5堆砂垣
thu53.jpg

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 今日の表浜海岸 | 砂浜再生プロジェクト > アマモの初漂着

Search
Feeds

Page Top