Home > イベントのお知らせ | 海岸の生物多様性 | 表浜ネットワークから > 表浜エクスカーション・シンポジウム

表浜エクスカーション・シンポジウム

ex_reffs.jpg
---表浜エクスカーション・シンポジウムのお知らせ 4月26・27日------
    〜つながる海岸線〜

海岸線には、さまざまな「つながり」が存在します。山と海をつなぐ川は砂を運び、砂浜ではさまざまな植物が砂浜から砂丘そして丘陵と結び、そしてこの植物がつなぐ海岸に様々な動物が生息し、人々が暮らすまちは海岸線で結ばれています。また漁業は、歴史文化に於いても海と人の社会をつないで来ました。静岡県中田島から愛知県渥美半島を、海岸の専門家と議論をしながら検証し「海岸のつながり」を探る旅です。ハマダイコン、ハマヒルガオ、ハマエンドウの花が咲き乱れる、春の表浜を存分に体験 ! 是非ご参加ください。

日 程:2008年4月26日(土曜日)表浜エクスカーション / 翌27日(日曜日)表浜シンポジウム「つながる海岸線」
集 合JR豊橋駅東口(出発 7:30)/ JR浜松駅南口(出発 9:00) どちらかでバスに乗車出来ます。(ご希望をお知らせください)
定 員:45名 
人 数:エクスカーションのみは 25名 / エクスカーション・シンポジウム宿泊コースは 20名

----参加費-----
・26日のエクスカーションのみ:5,000円(内訳:バス代、昼食、資料、保険を含みます。)
・26/27日までの宿泊コースの場合:15,000円(内訳:バス代、26日の昼食、宿代/夕食朝食込み、27日の技科大までの送迎。27日昼食、保険、シンポジウム参加費、資料を含みます。)

ナビゲータ講師:清野 聡子 東京大学大学院 総合文化研究科広域システム科学科
ゲスト講師:宇多 高明 (財)土木研究センター・なぎさ総合研究室長
      松沢 慶将 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会主任研究員
      青木 伸一 国立大学法人 豊橋技術科学大学海岸工学研究室教授
      道家 哲平 日本自然保護協会/国際自然保護連合日本委員会

主催:NPO法人表浜ネットワーク
共催:豊橋技術科学大学連携融合事業「県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン」
後援:愛知県、国立大学法人豊橋技術科学大学、特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会、日本自然保護協会、サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン、RPN、生物多様性フォーラム
協力:豊橋技術科学大学 海岸工学研究室、遠州灘プロジェクト、渥美自然の会

申し込みはこちら

ネットで申し込みフォーム

表浜エクスカーションFAX申し込み用PDF・・・116KB
表浜エクスカーションリーフレットPDF・・・260KB
表浜シンポジウムリーフレットPDF・・・268KB

 春の表浜エクスカーション・シンポジウムのお知らせです。

今回のテーマは「つながる海岸線」です。多様性ある海岸の環境。様々なつながりと連続性が存在しています。
26日のエクスカーションのみのプログラムも選べます。(日帰り)
ですが、今回は個人的には宿泊コースをお勧めです!!
和地の宿「鮨処とこはる」さんの伊良湖漁港から直送の旬の魚と、
翌日の谷ノ口「ええZoneマーケット」は新鮮な地元の野菜など安価でお勧めですよ!
どのプログラムも人数に限りがある為、お早めに予約申し込みください。
時期としては一番美しい春の表浜海岸。是非ともご参加ください。よろしくお願いいたします。
***************************************************************

----表浜エクスカーションのお知らせ 4月26日------
    〜つながる海岸線〜

海岸線には、ざまざまな「つながり」が存在します。山と海をつなぐ川は砂を運び、砂浜ではさまざまな植物が砂浜から砂丘そして丘陵と結び、そしてこの植物がつなぐ海岸に様々な動物が生息し、人々が暮らすまちは海岸線で結ばれています。また漁業は、歴史文化に於いても海と人の社会をつないで来ました。静岡県中田島から愛知県渥美半島を、海岸の専門家と議論をしながら検証し「海岸のつながり」を探る旅です。ハマダイコン、ハマヒルガオ、ハマエンドウの花が咲き乱れる、春の表浜を存分に体験 ! 是非ご参加ください。

日 程:2008年4月26日(土曜日)表浜エクスカーション / 翌27日(日曜日)表浜シンポジウム「つながる海岸線」
集 合JR豊橋駅東口(出発 7:30)/ JR浜松駅南口(出発 9:00) どちらかでごバスに乗車出来ます。(ご希望をお知らせください)
定 員:45名 
人 数:エクスカーションのみは 25名 / エクスカーション・シンポジウム宿泊コースは 20名

----参加費-----
・26日のエクスカーションのみ:5,000円(内訳:バス代、昼食、資料、保険を含みます。)
・26/27日までの宿泊コースの場合:15,000円(内訳:バス代、26日の昼食、宿代/夕食朝食込み、27日の技科大までの送迎。27日昼食、保険、シンポジウム参加費、資料を含みます。) 

宿 泊:愛知県田原市和地町波治神152 鮨処とこはる TEL:0531-38-0778 
伊良湖港に水揚げされた新鮮な魚介類をボリュームたっぷりとご賞味いただけます。
http://nttbj.itp.ne.jp/0531380778/index.html?Media_cate=populer&svc=1303

====コースは日帰りと宿泊を選べます!=====

● 26日の表浜エクスカーションコース----------------
豊橋駅7:30→浜松駅9:00→中田島砂丘10:00→県境12:00(昼食:)
県境12:00(昼食)→小島13:30→伊古部14:30→谷ノ口15:30→赤羽根16:30→宿:とこはる、宿泊者下車18:00
赤羽根→豊橋駅19:30解散

コースマップ

大きな地図で見る

● 27日の表浜エクスカーション・表浜シンポジウムコース---------------
宿とこはる出発7:30頃→谷ノ口「ええZONEマーケット」→技科大09:30
表浜シンポジウム「つながる海岸線」10:20〜15:30終了

※ 予定・時間については天候や調整の為、多少の変更もあります。
  宿の「鮨処とこはる」では磯料理、伊良湖港に水揚げされた新鮮な魚介類をボリュームたっぷりとご賞味いただけます。
  27日の谷ノ口「ええZONEマーケット」では渥美半島の新鮮な地場の野菜等をお買い求め頂けます。但し買い物は実費です!

講師:清野 聡子 東京大学大学院 総合文化研究科広域システム科学科
ゲスト講師:宇多 高明 (財)土木研究センター・なぎさ総合研究室長
      松沢 慶将 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会主任研究員
      青木 伸一 国立大学法人 豊橋技術科学大学海岸工学研究室教授
      道家 哲平 日本自然保護協会/国際自然保護連合日本委員会

持ち物:軽装にてご参加ください。ハイキングシューズ(運動性の良い靴)、小雨等を凌げる雨具、タオル等、水筒等、
   カメラ、ビデオ等、

主主催:NPO法人表浜ネットワーク
共催:豊橋技術科学大学連携融合事業「県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン」
後援:愛知県、国立大学法人豊橋技術科学大学、特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会、日本自然保護協会、サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン、RPN、生物多様性フォーラム
協力:豊橋技術科学大学 海岸工学研究室、遠州灘プロジェクト、渥美自然の会

******27日プログラム*** 

第5回 表浜シンポジウム
「つながる海岸線」のお知らせ

SmpReefs.jpg

第5回 表浜シンポジウム

「つながる海岸線」

日時:2008年4月27日(日)
時間:午後10:30開場〜午後3:30
場所:国立大学法人 豊橋技術科学大学 A2-101講義室
定員:120名
参加費:500円(資料代)

海岸線には、ざまざまな「つながり」が存在します。山と海をつなぐ川は砂を運び、砂浜ではさまざまな植物が砂丘と丘陵を結び、そしてこの植物がつなぐ海岸に動物が生息し、人々が暮らすまちは海岸線で結ばれています。また漁業は、歴史文化に於いても海と人の社会をつないで来ました。このシンポジウムは様々な角度から海岸線を捉え「海岸のつながり」を探ってみます。砂浜の消失から受ける沿岸域の環境と社会変化。そして遙か昔から海岸線・生態系サービスからの恩恵を受けてきた日本は「海岸線のつながり」 いかに私たち未来に繋げていくのか?各専門的な見地から 考察してみようと思います。ぜひ!ご参加ください。

~プログラム~

講演:10:50~15:30)

・海岸線はつながるか?・・11:00~11:25
講師:宇多 高明氏
(財)土木研究センター なぎさ総合研究室 室長

・海岸環境と越境連携・・11:30~11:55
講師:青木 伸一氏
国立大学法人 豊橋技術科学大学 海岸工学研究室 教授 

~お昼休憩~・・・・12:00(50分)
午後の部開始・・・・12:50

・ウミガメの視線でとらえる砂浜環境の諸問題・・12:50~13:15
講師:松沢 慶将氏
特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会 主任研究員

・生態系サービスという概念について・・13:20~13:45
講師:道家 哲平氏
日本自然保護協会、国際自然保護連合日本委員会

・私たちと海岸のつながり・・13:50~14:15
講師:清野 聡子氏
東京大学大学院総合文化研究科 助手

〜休憩〜・・・・14:15〜14:20(5分)

・総合討論・・14:20~15:20
 ~つながる海岸線~
司会:表浜ネットワーク:田中
パネリスト:宇多氏、清野氏、松沢氏、道家氏、青木氏
総合的に海岸と私たちの未来像を探る。


閉会・・・・・・・15:30

主催:NPO法人表浜ネットワーク
共催:豊橋技術科学大学連携融合事業「県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン」
後援:愛知県、国立大学法人豊橋技術科学大学、特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会、(財)日本自然保護協会、サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン、RPN
協力:海岸工学研究室、遠州灘プロジェクト、渥美自然の会

お問い合わせ:
NPO法人 表浜ネットワーク TEL/FAX:0532-37-5961
e-Mail:info@#omotehama.net(メール時には@後の「#」を抜いてください)

申し込み方法

下記項目をご確認頂き、FAXかE-Mailにてお申し込みください。
*************************
A.表浜エクスカーションのみ
B.表浜エクスカーション・シンポジウム
C.表浜シンポジウムのみ
お名前:
所属団体:
連絡先
TEL:
E-mail:
表浜エクスカーション乗車場所
豊橋駅:
浜松駅:
27日の昼食 有・無し
*************************
※個人情報に於いては連絡を通じて得た、氏名、生年月日、住所、電話番号等の個人情報については、法令等に基づき開示を求められた場合を除き、第三者に提供、開示いたしません。
※両プログラムとも4月20日までにお申し込みください。
定員になり次第、締め切らさせていただきます。

表浜エクスカーション申し込み用PDF・・・116KB

表浜シンポジウム会場(国立大学法人 豊橋技術科学大学 A-202講義室)

大きな地図で見る

◆◆◆◆交通情報◆◆◆◆

東京からお越しのみなさま:浜松着の場合
東京駅から浜松駅に(8:33分着)
JR新幹線ひかり361号
7:03 東京 発
8:33 浜松 着


大きな地図で見る

大阪方面からお越しのみなさま:
新大阪から浜松駅(8:07分着)
JR新線ひかり406号
6:28
新大阪 発
8:07
浜松 着


大きな地図で見る

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > イベントのお知らせ | 海岸の生物多様性 | 表浜ネットワークから > 表浜エクスカーション・シンポジウム

Search
Feeds

Page Top