Home > 表浜のウミガメレポート | 調査公開資料など > アカウミガメのストランディング

アカウミガメのストランディング

wed47.jpg
今朝のアカウミガメのストランディング情報です。
甲長は約70センチ。甲幅は約50センチのアカウミガメの若い成体のようです。外傷は特に見あたらず、両目の眼球は抜け落ちてしまっている程度。四肢は残っており、左前ヒレの指が骨化している。また首周りが腐食が進んで大きく腫れ上がっていました。甲羅には付着は少なく、鱗板が少し剥がれ落ちています。総排出口も残っておりました。

甲羅
wed49.jpg
頭部。両眼球は無いです。首の周りは腐食が進んで大きく膨らんでいます。
wed50.jpg
甲長は約70センチ
wed83.jpg
甲幅は約50センチ
wed85.jpg
じっくりと観察。
wed86.jpg
尻尾の総排出口は見えません。
wed90.jpg
総排出口
wed93.jpg
腹甲がわに返したところ。特に外傷は見あたりませんね。
wed96.jpg
腹甲と尻尾。雌のようです。
wed95.jpg
解体の準備が出来ていない為、骨格サンプルとして砂浜に埋めることに。
wed91.jpg
数日はガスが抜けるでしょう。
wed97.jpg

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 表浜のウミガメレポート | 調査公開資料など > アカウミガメのストランディング

Search
Feeds

Page Top