Home > イベントのお知らせ

イベントのお知らせ Archive

表浜エクスカーション・シンポジウム

ex_reffs.jpg
---表浜エクスカーション・シンポジウムのお知らせ 4月26・27日------
    〜つながる海岸線〜

海岸線には、さまざまな「つながり」が存在します。山と海をつなぐ川は砂を運び、砂浜ではさまざまな植物が砂浜から砂丘そして丘陵と結び、そしてこの植物がつなぐ海岸に様々な動物が生息し、人々が暮らすまちは海岸線で結ばれています。また漁業は、歴史文化に於いても海と人の社会をつないで来ました。静岡県中田島から愛知県渥美半島を、海岸の専門家と議論をしながら検証し「海岸のつながり」を探る旅です。ハマダイコン、ハマヒルガオ、ハマエンドウの花が咲き乱れる、春の表浜を存分に体験 ! 是非ご参加ください。

日 程:2008年4月26日(土曜日)表浜エクスカーション / 翌27日(日曜日)表浜シンポジウム「つながる海岸線」
集 合JR豊橋駅東口(出発 7:30)/ JR浜松駅南口(出発 9:00) どちらかでバスに乗車出来ます。(ご希望をお知らせください)
定 員:45名 
人 数:エクスカーションのみは 25名 / エクスカーション・シンポジウム宿泊コースは 20名

----参加費-----
・26日のエクスカーションのみ:5,000円(内訳:バス代、昼食、資料、保険を含みます。)
・26/27日までの宿泊コースの場合:15,000円(内訳:バス代、26日の昼食、宿代/夕食朝食込み、27日の技科大までの送迎。27日昼食、保険、シンポジウム参加費、資料を含みます。)

ナビゲータ講師:清野 聡子 東京大学大学院 総合文化研究科広域システム科学科
ゲスト講師:宇多 高明 (財)土木研究センター・なぎさ総合研究室長
      松沢 慶将 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会主任研究員
      青木 伸一 国立大学法人 豊橋技術科学大学海岸工学研究室教授
      道家 哲平 日本自然保護協会/国際自然保護連合日本委員会

主催:NPO法人表浜ネットワーク
共催:豊橋技術科学大学連携融合事業「県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン」
後援:愛知県、国立大学法人豊橋技術科学大学、特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会、日本自然保護協会、サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン、RPN、生物多様性フォーラム
協力:豊橋技術科学大学 海岸工学研究室、遠州灘プロジェクト、渥美自然の会

申し込みはこちら

ネットで申し込みフォーム

表浜エクスカーションFAX申し込み用PDF・・・116KB
表浜エクスカーションリーフレットPDF・・・260KB
表浜シンポジウムリーフレットPDF・・・268KB

Continue reading

明日はエクスカーション

af5.jpg
明日は表浜エクスカーション「つながる海岸線」です。午後から怪しげな雲が拡がってきました。なんとか天気が回復してくれるのを期待したいのですが、どうでしょうか。テルテル坊主にお願いですね。

*******表浜エクスカーション「つながる海岸線」からお知らせ**************
参加者のみなさま、バスの乗車場所が決まっています。ご確認ください!
集 合JR豊橋駅東口(出発 7:30)/ JR浜松駅南口(出発 9:00) どちらかでバスに乗車出来ます。

Continue reading

第5回 砂浜再生プロジェクトのご案内

reef12s.jpg

砂浜再生プロジェクト 第5回「表浜をつくろう!」からお知らせです。
粗朶・堆砂垣を使った養浜活動
〜第5回 表浜をつくろう!〜
 私たちの手で行うウミガメのふる里づくり
今月は小島海岸で行います。春の表浜で楽しく養浜、里海・里浜づくり!
今期最後の堆砂垣作業となりましたが、楽しく浜づくりしましょう!
日程:2008年4月12日(SAT)
※天候が不順な場合日程を変更致します。
時間:午前9時頃〜午後2時30分位まで
場所:表浜海岸豊橋市小島町地先の海岸
参加:定員はありません。
リプトンGoRyoku試飲会を実施致します。
※ マイカップ持参ですよ〜!!
今回は浜鍋は行います!!(表浜ブイヤベース)

「2008,表浜をつくろう!4月12日」リーフレット PDF1.8MBhttp://www.omotehama.org/pdf/reef12.pdf
主催:NPO法人表浜ネットワーク
協力:豊橋市、(財)日本自然保護協会、株式会社デンソー豊橋、リプトンGoRyoku
参加ご希望の方は、事前にお申し込みをお願いします。
沢山のご参加をお待ちしておりますよ!!

Continue reading

生物多様性COP10・NGOフォーラム

cop10.jpg

現在、愛知県や名古屋市を中心に、2010年に開催される「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」の誘致活動が進められています。誘致計画では、このCOP10への市民参加がうたわれています。しかし、生物多様性は私たちにとってなぜ大切なのか、そのために何をすべきなのか、どのような合意を目指すのか、については伝わってきません。他方で、今この瞬間にも私たちを取り巻く地球環境は確実に悪化しています。
 今日の国際会議では、市民もNGOとして会議に参加し、意見を表明します。そして、各国のNGOが協力し、よりよい合意のために様々な働きかけをします。2010年に名古屋市でCOP10が開催されるならば、私たち市民が世界のNGOと協力してよりよい合意をめざし、その実現に向けて活動する-それは私たちの想いや活動にとっても、今後大きな意味を持つものです。
 生物多様性とCOP10についていっしょに考えてみませんか。

-----生物多様性COP10・NGOフォーラム---------
  〜いっしょに考えたいこと〜

1.生物多様性(条約)ってなぁに?
2.国際会議で何ができるの?
3.いま、私たちができることは?

日 程:2008年3月16日(日)
時 間:10時30分~16時(開場10時)
場 所:名古屋国際センター 別館ホール
参加費 一般    1000円
    学生    500円 ※中学生以下は無料 
生物多様性COP10・NGOフォーラムリーフレットPDF・・432KB

Continue reading

渥美自然の会20周年行事

atsumi10.jpg
今日は渥美自然の会主催の20周年イベント「地域から 市民の視点で考える 生物多様性保全」のシンポジウムに参加してきました。会場は豊橋カリオンビルの6階ホール。お昼からでしたが、1時には会場は満員となり盛況です。今日の基調講演は『生物多様性国家戦略と地域の生態系』講師は東京大学院農学生命科学研究科生圏システム学保全生態学研究室の鷲谷 いづみ氏です。愛知県・名古屋市で目指す2010年生物多様性国際会議COP10に向けてのシンポジウムです。

Continue reading

2008年度第4回 砂浜再生プロジェクトのご案内

yh0217.jpg

砂浜再生プロジェクト 第4回「表浜をつくろう!」からお知らせです。
粗朶・堆砂垣を使った養浜活動
〜第4回 表浜をつくろう!〜
 私たちの手で行うウミガメのふる里づくり

日程:2008年2月17日(SUN)
※天候が不順な場合日程を変更致します。
時間:午前9時頃〜午後2時位まで(朝の天候もあり、すこし遅れても構いません。遠方からの方特に慌てないで大丈夫です。)
場所:表浜海岸豊橋市高塚町地先の海岸
参加:40名※定員になり次第打ち切りさせて頂きます。
リプトンGoRyoku試飲会と浜鍋?を実施致します。
※マイ箸、マイ椀持参ですよ〜!!10セットのみマイ箸(入れ物込み)は販売:350円です!

「2008,表浜をつくろう!2月17日」リーフレット PDF1.6MBhttp://www.omotehama.org/pdf/yh0217.pdf
主催:NPO法人表浜ネットワーク
後援:愛知県
協力:豊橋市、(財)日本自然保護協会、リプトンGoRyoku
参加ご希望の方は、事前にお申し込みをお願いします。
沢山のご参加をお待ちしておりますよ!!

Continue reading

水のいのちとものづくりの国際シンポジウム

PC010014.jpg
師走に入って最初の週末は「水のいのちとものづくりの国際シンポジウム」のパネル展示に参加しました。このシンポジウム、名前がとても長い(笑)のですが、21世紀は様々な環境の変動が起きる中、水が大きな要因となってきています。それは地球が水の惑星であることの証明でもあります。干ばつや局所的な洪水、湖沼の枯渇、氷河の消滅や様々な社会的背景による水質汚染など。水の問題は直接命に関わってきます。地域の実例と、この分野の最前線、国際展望を結ぼうという、意欲的なサミットです。「アジア・太平洋水サミット」の関連シンポジウムが中部地区で開催されました。

第1回アジア・太平洋水サミット; オープンイベント情報

Continue reading

遠州灘プロジェクト第2回シンポジウム

enshu.jpg

科学技術振興調整費 遠州灘プロジェクト第二回シンポジウム
遠州灘の砂の動きを先端技術で見る - 光と音の可能性 -」

日時:平成19年12月01日(SAT)
時間:午前10時00分~12時00分(現地見学会)
    午後14時00分~16時30分(シンポジウム)

場所:中田島砂丘および周辺海岸(現地見学会)
    浜松市地域情報センター(シンポジウム)

遠州灘プロジェクトチーム
国立大学法人 豊橋技術科学大学(責任機関)
国立大学法人 東京大学
財団法人土木研究センター
浜松ホトニクス株式会社
本多電子株式会社

Continue reading

エコノワ

title_img.jpg

感じる・つながる・人・自然
〜エコノワ わたしのエコ発表会&フリーマーケット

【開催日時】 11月24日(土) 10:00~17:00(予備日11月25日(日))

【開催会場】 磐田市 今之浦公園

主催:NPOマリンプロジェクト

表浜ネットワークもこのイベントに協力・参加いたします。
キーワードは「楽しく、感じる・つながる・人・自然」ですね。

Continue reading

第18回日本ウミガメ会議のご案内

kamekaigi.jpg
-------第18回日本ウミガメ会議のご案内------
(おじゃり申せ種子島会議)
第18回日本ウミガメ会議の案内と参加・発表の申込要項を下記の通り公表いたします。今年の会議は種子島で開催されます。種子島というとどうしても屋久島の陰に隠れて目立たない印象を持ちますが、ウミガメの産卵する砂浜は屋久島よりもたくさんあります。特に、中南部の中種子や南種子は砂浜だらけといっても過言ではありません。私は南種子の前の浜をみたとき、そのすばらしさに息をのみました。:続きを読む

主催:日本ウミガメ協議会/種子島会議実行委員会
開催日: 2007年11月16日(金曜)~18日(日曜)
開催場所:種子島西之表市民会館 NHK環境イベント/本会議
参加申し込み先:日本ウミガメ協議会

Continue reading

志摩半島野生動物シンポジウム報告

PA270001.jpg
第10回 志摩半島野生動物シンポジウムに今日は参加してきました。当日は生憎の雨でしたが、なんとか無事に中川コミニュティセンターに到着。会場は広く参加者も市民・研究者と多く、自然豊かな伊勢・志摩半島感心の高さを物語っていました。三重の海のスナメリ・ウミガメのストランディング調査やウミガメの産卵調査を行っている三重大サークル「かめっぷり」から発表が始まりました。主催の志摩半島野生動物研究会のみなさんの努力はこのような活動の拡がりに感じ入る事が出来ました。三重県は自然が豊かでこのような環境を活動を持って保全していく事の重要性が理解出来ました。このような地域シンポジウムが東三河でも市民の手で開催が出来ると良いですね。主催者の志摩半島野生動物研究会の努力、また表浜ネットワークにもお声をお掛け頂き有意義な会に参加させていただき感謝致します。ご苦労様でした。

Continue reading

第10回 志摩半島野生動物シンポジウム

IMG_0063.jpg
第10回 志摩半島野生動物シンポジウム
 ~里海の生きものたちは今~
私たちの身近な海「里海」の自然環境は、その多様性や美しさを日増しに失いつつあります。里海の自然や野生生物の現状に今一度目を向け、その大切さやこれからの保全活動について考えます。身近な海「里海」に関心をお持ちの方ならどなたでも参加できます。是非お越しください。

◆日  時 : 2007年10月27日(土) 10:00~17:30(18:45~20:45 交流会)

◆会  場 : 中川コミュニティセンター(松阪市、近鉄伊勢中川駅から徒歩5分)

◆参加費 : 500円(高校生以下は無料)

◆主  催 : 志摩半島野生動物研究会
三重大学 ウミガメ・スナメリ調査・保全サークル「かめっぷり」

Continue reading

中秋の名月観察会

moon2.jpg
今晩はなんとか中秋の名月が望めそうですね。
秋の海岸が一番好きで、夕方から海辺の空気がヒンヤリと冷え始めて来るのが大好きなんです。秋は波質も変わってゆったりとしたものになります。(この変化を味わう事が出来るのは波乗りしている者の特権ですね。)
で、何が言いたいのかと言うと今晩は出るかどうか分かりませんが、夜の浜で観察会でも行いましょうか。観察はふ化・脱出となるか、中秋の名月となるか。私は後者でも良いのですが如何でしょうか。(笑

****中秋の名月観察会 稚ガメか月か****

場所:表浜(連絡次第で変わります)
日時:今晩(午後6時くらいから)
会費:必要なし、何か秋を感じる物が良いですね。

Continue reading

とよがわーるど

P9230009.jpg
今日は豊橋公園にて豊橋青年会議所主催の「とよがわーるど」イベントに参加。豊川流域圏の活動団体やJAなどが集まり家族連れが楽しめるイベントです。お昼から表浜ブースの準備です。パネルやマップやハンドブック等を並べ表浜海岸とアカウミガメのアピールです。開園になると早速親子連れが続々と集まり、なかなかの熱気になりました。表浜ブースに訪れてくれる人も多く、表浜海岸とウミガメの関心も高くなってきている事を実感できました。愛大のJAZZ演奏なども夕方始まり灯籠流しと楽しい一時を過ごすことが出来ました。

Continue reading

「これでいいのか 日本の海岸」の講演会案内です。

IMG_2158.jpg

*講演会「これでいいのか日本の海岸」
講師 : 大倉よし子氏(JEAN/クリーンアップ全国事務局
日時 : 9/21(金)午後7時30分〜9時30分
場所 : 田原文化会館201、202会議室

講師 大倉よし子 さん
千葉県千葉市在住。 JEANでは、クリーンアップキャンペーンに関わる国内外の連絡と情報管理を担当。1999年4月から、JEANスタッフとして参加。本職は日本語講師で、10年ほどシンガポール国立大学、モナシュ大学(豪州ビクトリア州)、アデレード大学(同南オーストラリア州)で教えた。6年間のアデレード大学在職中に環境学修士を修了。現在は千葉大学で非常勤講師として留学生に日本語を教えている。

Continue reading

デンソーECOレンジャー21in表浜

eco2.jpg
昨日は伊古部海岸にて「デンソーECOレンジャー21」in表浜でした。この豊橋コースは「海からのおくりもの」と言うことで海岸に出て砂浜で直に学ぼうと言うプログラムです。当日は天気も良く(熱中症の心配もありましたが)西風が少しは暑さを和らげてくれたので無事に開催出来ました。まずは砂丘に出て海浜植物のビンゴゲーム。実際には数種間前にはあったツルナやコマツヨイグサなどは姿が見えずビンゴが揃わなかったなどの事も。その後砂丘を下って漂着物(流木など有機物)を拾い集め、砂浜の養浜活動「粗朶・堆砂垣」を作りました。まあ、大人が作るような訳にも行かず、芸術点も評価。

Continue reading

ウミガメを見送ろう!観察会

P8170018.jpg
昨晩は地元豊橋市の少年野球団、高師スカイラークスの子ども達を招いてアカウミガメの孵化脱出の観察会を行いました。場所は県境、参加者は約30名程度。星空と爽やかな西風のもと、午後8時から産卵巣のある辺りの窪みに砂中温度の測定しながら開始です。少しずつ姿を現した稚ガメは1匹。まだ早いようですね、頭を砂中から出してもずーっと様子を伺っていました。11時にやっと海を目指して帰海。こども達は1匹でも歓声をあげて様子を見ていました。

Continue reading

表浜ブートキャンプ

P8010037.jpg
昨日の午後8時から海岸で野営です。参加者は高校生に技科大生と一般で約18人。一晩ウミガメを待ち続けてみようと言った趣向です。ベースキャンプを砂浜にタープを張って準備完了。海を見ると満月に近い月が東の海上に赤く浮かんでいます。今日は湿気も無く涼しくて快適。明日の朝まで月が共にしてくれるようです。明るく照らされた浜辺は遠くまで見渡せて観察には最適な明かりです。さあ、巡回の予備知識を伝え野営キャンプを開始、その頃には月は頭上に上がり月光のもと砂浜を散策。近くのウミガメ上陸現場を見ながらウミガメと砂浜の関係についてみんなで話し合います。さて、ウミガメに果たして出会えるのでしょうか?

Continue reading

明日ですが表浜海岸小松原海岸(王寿園前)にて震災津波防災訓練

  • 2007-07-19 (木)

P7070010.jpg
この地域も今後、東海・東南海地震と危惧される中で、新潟中越地震の報道に衝撃を感じます。さて、明日ですが表浜海岸小松原海岸(王寿園前)にて震災津波防災訓練が実施されます。明日、7月20日金曜日、午前9時から小松原の海岸(王寿園前)で避難訓練を行います。
そこで、是非海岸を利用されているサーファーや釣り人の皆様に参加頂ければと思います。
明日の訓練は王寿園内で入園者の避難との協同避難訓練も行う予定です。
***********************************************
日程:2007年7月20日金曜日
時間:午前9時30分
場所:表浜海岸小松原町地先(王寿園前)

Continue reading

表浜おいでん祭は悪天候の為、中止となりました。

oiden2007.jpg
2007年7月14/15日と予定されていました「2007表浜おいでん祭」は台風4号の接近により悪天候が予測されるため、大変残念ですが中止となりました。
参加者のみなさまには大変申し訳ありませんが、自然海岸でのイベントであり、海岸では天候によっては大変危険な状況となります。みなさまには中止となりました事ご理解頂きたいと思います。

日時:2007年7月14/15日
場所:愛知県豊橋市小島町地先海岸
主催:NPO法人表浜ネットワーク・中京テレビ放送・24時間テレビチャリティー委員会
協力:日本ウミガメ協議会、南知多ビーチランド、王寿會
後援:愛知県、名古屋市、豊橋市
お問い合わせ:NPO法人表浜ネットワーク e-mail:info@#omotehama.net (#は抜いてメールください)
お問い合わせ:中京テレビ放送事業部 052−971−2500 (月〜金 9:30〜17:30)

2007表浜おいでん祭のお知らせ

oidens.jpg
地球環境保護支援・水辺清掃プロジェクトin表浜おいでん祭
~表浜の砂浜とウミガメを救え!~
2007表浜おいでん祭のスケジュールが決定いたしました。
今年は「24時間テレビ・愛は地球を救う」と共同開催です。
*********************************************************************
日時:2007年7月14/15日
場所:愛知県豊橋市小島町地先海岸
主催:NPO法人表浜ネットワーク・中京テレビ放送・24時間テレビチャリティー委員会
協力:日本ウミガメ協議会、南知多ビーチランド、王寿會
後援:愛知県、名古屋市、豊橋市

Continue reading

ESD持続可能な開発のための教育の10年

IMG_2469.jpg
事後報告ですが、昨日は三菱UFJリース寄付講座「環境問題への挑戦」名古屋大学環境学研究科に出向き講演してきました。
平成19年度「ESD持続可能な開発のための教育の10年」担当は環境学研究科の高野准教授
表浜海岸の活動を軸に海浜環境の話しをしてきました。
テーマは「アカウミガメを海浜環境の指標とし、持続性ある砂浜を目指す」として講演。70分の長舞台でしたが、海岸の進む人工化の問題、砂浜や砂丘、また後背の丘陵など共に繋がる植生の重要性など基に話しました。みなさん海岸に興味を持って頂けたようです。

Continue reading

2007表浜おいでん祭のお知らせ

oidens.jpg
地球環境保護支援・水辺清掃プロジェクトin表浜おいでん祭
~表浜の砂浜とウミガメを救え!~
2007表浜おいでん祭のスケジュールが決定いたしました。
今年は「24時間テレビ・愛は地球を救う」と共同開催です。
*********************************************************************
日時:2007年7月14/15日
場所:愛知県豊橋市小島町地先海岸
主催:NPO法人表浜ネットワーク・中京テレビ放送・24時間テレビチャリティー委員会
協力:日本ウミガメ協議会、南知多ビーチランド、王寿會
後援:愛知県、名古屋市、豊橋市

「2007おいでん祭」リーフレット。
2007表浜おいでん祭リーフレット・・・PDF
--------------------------------------------------------------------
スケジュール
7:30 ~ 8:00 受付開始(表浜海岸、小島の海岸会場集合)
8:00 ~8:30 水辺清掃開始セレモニー
8:30~ 9:30 水辺清掃
9:30 ~ 10:00 表浜の地曳き網体験(地曳き網の漁法と文化を学びます)
10:00 ~ 11:00 昼食休憩
11:30 ~ 13:00 すなはま講座:海浜・ウミガメ講座。海浜の現状、ウミガメの生態を学ぶ。ウミガメを浜辺で観察(日本ウミガメ協議会・南知多ビーチランド協力)。

13:00~13:15 水辺清掃閉会セレモニー
13:30 ちびっこビーチサッカー ちびっこ限定の裸足でのサッカー大会です
15:30 閉会
-------------------------------------------------------------------------
●支給するもの
昼食、24 時間テレビT シャツ
●了解・用意して頂きたいこと
・水辺清掃での服装は適した服装(T シャツ支給・下は短パン、軍手)、タオル、
 水筒、帽子など日除け対策など持参してください。
*************************************************************************************
申し込み先:中京テレビ放送事業部 052−971−2500 (月〜金 9:30〜17:30)
インターネット申し込み
中京テレビ水辺清掃ボランティア申し込み

第4回表浜シンポジウム

第4回 表浜シンポジウムのお知らせです。
今期は少し遅れてしまいましたが(通常は年度末)4月に開催する運びとなりました。
時期としては表浜にアカウミガメが上陸する時期の間近の4月21日。
と言うことで第6回目の表浜シンポジウムとしては「アカウミガメ」を取り上げます。
しかも、今までの認識を越え、新たなる観点から捉えたいと思います。
shimpo.jpg
第4回表浜シンポジウム「Meets the SeaTurtles.」
場所:豊橋技術科学大学 A棟2F(A2-201)
日時:2007年4月21日(SAT)
時間:午後2時30分〜5時30分
参加費:無料
定員:約80名
スケジュール
PM02:30〜03:30・・・基調講演 松沢 慶将氏
PM03:40〜05:20・・・セッション「Meets the SeaTurtles.」
司会:松沢 慶将氏
田中 雄二(表浜ネットワーク代表)
青木 伸一(豊橋技術科学大学教授)
PM05:20・・・閉会

講師:日本ウミガメ協議会 主任研究員 松沢 慶将 Matsuzawa Yoshimasa (PhD)

1969年、新潟生まれ。県立新潟高校を卒業後、京都大学農学部に入学し、水産物理学を専攻する。大学院も同じ指導教官坂本亘教授(当時)の下で研究を続け博士号を取得する。主な研究テーマは砂浜におけるウミガメの胚発生で、特にTSD(温度性決定機構)が実際の砂浜ではどのように働くかを調べた。日本学術振興会海外特別研究員として、ウミガメ研究のメッカ、フロリダ大学Archie Carr Center for SeaTurtle Researchの Karen Bjorndal博士の下に2年間留学し、帰国後、現職。国際自然保護連合(IUCN)種の保存委員会ウミガメ専門委員、日本ウミガメ協議会理事、屋久島うみがめ館理事などをつとめる。

広報用リーフレットPDF

尚、詳しいスケジュールは尚未定です。
今後、決定次第にこのコラムにてお知らせ致します。
お問い合わせ:info#@omotehama.net  ※メール時には#を抜いてください

Continue reading

Home > イベントのお知らせ

Links
SUPPORT
Search
Feeds

Page Top