Home > Archives > 2008年05月

2008年05月

カリフォルニアから

hoite1.jpg
今日は明日の「表浜おいでん祭」にも参加する予定で表浜に。彼の名はHoyt Peckham(ホィット・ペックハム)。
カリフォルニア大学サンタクルーズ校大学院に在籍しながら、メキシコのバハ・カリフォルニア半島でアカウミガメの保護研究をしています。その彼は今回、日本の現状を視察と調査を兼ねて表浜に訪れたのです。

Continue reading

強烈な東風吹き荒れる

sat54.jpg
昨晩は「生物多様性国際会議COP10」が名古屋で開催されることに決定されたようですね。さて、未明の浜は雲が上空に拡がって強烈な東風が吹き荒れています。足もとは川のように流れる飛砂。しかも、顔の高さまで当たってきます。海も東から西に強烈に流れています。これだけ強烈な東風だと例え、アカウミガメが上陸したとしても、タートルトラックは1時間ぐらいで跡形も無く消えてしまうでしょう。巡回も東風に泣かされます。結局今朝は上陸があったとしても確認は無理なようでした。

〜明日は「表浜おいでん祭&24時間テレビ水辺清掃プロジェクト」です。〜
当日は 伊古部会場は混み合うことが予測されます。ご迷惑をお掛けしますが、サーフィン、釣りなど海岸利用の際は避けて他の海岸に移動をお願い致します。皆様のご理解・ご協力よろしくお願いいたします。

Continue reading

今期はどうなっちゃてるの

friCa59.jpg
今朝も未明からの巡回。少し荒れ気味の海、上空には大きな雲が張り付いていますが東の空には切れ間が見えます。その切れ間から日差しが届き始める頃、浜辺に1本のくっきりとしたタートルトラック。1本って言うことはひょっとしてと思った目の先にアカウミガメが砂丘の上で産卵行動に入っていました。今週は立て続けで上陸があり、今朝は・・・どうなっちゃているのでしょう。しかも今朝は3箇所で産卵が認められました。

〜今週末は「表浜おいでん祭&24時間テレビ水辺清掃プロジェクト」です。〜
当日は 伊古部会場は混み合うことが予測されます。ご迷惑をお掛けしますが、サーフィン、釣りなど海岸利用の際は避けて他の海岸に移動をお願い致します。皆様のご理解・ご協力よろしくお願いいたします。

Continue reading

雨に泣かされ、風に泣かされ

thu46.jpg
今朝は土砂降りの雨と強風。分かっていたけど嫌な天候にうんざり。しかし、ため息をつきながらも巡回は始まるのです。(笑
浜辺は強烈な東風で既にレインジャケットも意味が為しません。向かい風の場合は目を開けるのも大変。こんな日は上がらないと誰もが考えるのでしょうが、そこがヒトと違って一生を海で生きている生き物です。後半、暴風の砂浜に見てはいけないタートルトラックを確認。見えてしまったものは仕方がありません。近づくとしっかりとボディピットとカモフラージュ跡。産卵行動はしっかりと行っています。しかもかなりな大きさのボディピット。これは嫌みか?仕方なしに砂中に肩まで手を突っ込み探ります。雨が激しく叩き付け、砂表に近い顔は既に雨と砂だらけ。苦労あって悪天候の最中、産卵を確認しました。既に全身はずぶ濡れで砂人形となっていました。まあ、産卵が確認出来たので良しですね。

Continue reading

今朝は二箇所に

wed63.jpg
ここ数日付き合ってくれた月も、半月近くなり月光も淡くなってきました。未明の浜は緩く東風が吹いています。海も穏やかで今日の巡回も静かな渚線を進みます。途中、夜釣りの釣り人に出会うぐらいでタートルトラックは見あたりません。辺りが明るくなる巡回の後半にタートルトラック。砂浜の中程にボディピットが一箇所。カモフラージュまで行っているようなので産卵の可能性が高いのでしょうが、なかなか産卵巣は見つかりません。一旦諦めましたが、やはり気になります。引き返して再度、探してみるとボディピットからかなり手前に産卵していました。これで2回目の産卵になりますね。後半にはもう一箇所、上陸跡がありましたが、こちらは消波ブロックに乗り上げて折り返していてボディピットも無く産卵は行っていませんでした。しかし、今期は順調に上陸が続いているようです。

Continue reading

S.F.Jの表浜エクスカーション・シンポジウム報告

sfj.jpg
日本の砂浜、海岸に関し、侵食問題など様々なことでS.F.Jとの協力は大きな力となっています。
4月に行った「表浜エクスカーションシンポジウム」に於いてもS.F.J(サーフ・ライダー・ファンデーション)から参加し、色々と語り合うことが出来ました。そのS.F.Jからの報告です。ぜひともご参考ください。
S.F.J
http://www.surfrider.jp/info/info.php?no=494

今朝は引き返し

tue55.jpg
未明の雲一つ無い空に静かに浮かぶ月もだいぶ欠けてきました。月光は浜辺を照らしてくれていて辺りは反射光で視界良好。進む渚線は汀段が出来上がって起伏が規則的に繰り返しています。昨日の西風で砂浜は均されてタートルトラックらしき跡はなかなか見つかりません。やがて東の空が青紫色に明るみ始めた頃、汀線から真っ直ぐに延びたタートルトラックを確認。トラックは消波ブロックまで延びて1本しか見えないので、親ガメがひょっとして残留しているかもと思い近づくと・・・消波ブロックの上に乗り上げてUターン。重なるように折り返しているのでトラックが1本に見えたのですね。残念。今日はこの上陸のみ。しかし、今年は頻繁に上陸してきますね。

Continue reading

今朝も上陸

mon42.jpg
未明の今朝、空は少し欠けてきたおぼろ月が上空に浮いています。良く見ると大きな輪が掛かっているので、明日ぐらいにはまた下り坂なのでしょうか。月光を受けての巡回は快適です。渚線に漂着したアマモを避けながら進みます。今朝も巡回の中程でタートルトラックを確認。ボランティアの細井さんが見つけて産卵巣の確認を行っていました。汀線から直線に近く、丘陵まで登って折り返し地点で産卵行動を行っているようです。でも、どうやら見つからないようです。既にボディピットが崩れていたのでこれは探すのが困難かも。しかも砂地は柔らかくて確認が難しいようです。このような場合は潔く諦めて、孵化を待つ方が下手に荒らさないので良いのでしょう。取りあえず、今日は1箇所でした。

Continue reading

雨の週末

after4.jpg
今朝は雨音も強く本降り。上空は雲がみっちりと空に張り付いているのでしょう、浜辺は真っ暗です。まだ風が無いだけ良いですが、雨の中、トボトボと渚線を進みます。アマモを踏みながら進みますが一向に上陸跡は見つかりません。巡回も最後の浜に来ましたが、今日は上陸無しですね。湖西ではどうやら上陸が2箇所で認められたようです。でも、産卵はなかったようです。(うしおくんネット)

Continue reading

初産卵!やっとでした。

after21.jpg
今朝は雲が拡がって薄暗い浜辺。風も無く少し蒸し暑いぐらいです。ここ数日でアカウミガメは上陸は認められたのですが、なかなか産卵が始まらない。今日こそはと期待しながらの巡回です。巡回中程で浜辺にくっきりとタートルトラックを確認。ボディピットもしっかりと残っていて産卵行動はしっかりと行っているようです。こんどこそはとカモフラージュの砂の辺りを確認するとかなり深い位置にしっかりとネストが認められました。かなり広い卵室で卵の数は126個。この場所は昨年かなりの変動があった場所なので後方の砂丘に移植しました。これで始まりましたね〜良かった、良かった。

Continue reading

表浜の過去

ishikiooiso.jpg
この写真、いつ頃なんでしょう?場所はどこか分かります?そう、ここは一色の大磯です。この写真を見ると驚くのはなんて美しい海岸線なのか!今でこそ赤羽根ロングビーチと呼ばれているのですが一色組の古参に聞くと「じゃわ」と呼んでいたそうです。そしてよく見ると若見まで続いている海岸線は赤羽根漁港は出来ていない頃のようです。その後方にそびえる越戸大山の姿も丘陵と合わせて素晴らしい景色ですね。
                                資料協力:田原市

Continue reading

今朝は認められず

  • 2008-05-23 (金)

after9.jpg
未明の浜はうっすらと雲が拡がっているようでお月様は雲の中。風も無く少しガスっているようです。巡回を始めると中程で雲が晴れ、月光が浜辺に届くようになってきました。渚線には上陸跡は見あたらないようですねえ。やがて東の丘陵から朝日が届き始めましたが上陸跡は見つかりません。3日連続とは行かないようですね。未だ産卵が認められていないだけに残念です。確かに今までの産卵統計からすると北太平洋域のアカウミガメの雌は数千頭程度と見られています。その数だけで北太平洋域に生息している数を支えているのですから、そんなに簡単に上陸跡に出くわす訳は無いかと納得するしかないですね。(写真は午後の浜)

Continue reading

今朝も月光に恵まれ

thu76.jpg
今日も未明は月光に恵まれています。キラキラと輝く海、薄明るい月光に照らされた浜を進みます。大潮の今日は潮位変動も大きいようで渚線は均された歩きやすい浜。目を懲らして進めどなかなか上陸跡は見つかりません。すっかり陽が昇った時間となってしまいましたが、ここで最後と思ったらタートルトラックが目に飛び込んできました。砂浜にはくっきりと残っています。しかし、浜の奥行きが無く、かなり狭い。しかも掘り出した穴がポッカリと空いたまま。途中で止めてしまったのでしょうか。穴を見てみると砂中からは水が滲んでいます。それで止めてしまったのでしょう。またもや残念!

Continue reading

初上陸、残念ながら産卵は無し

wed57.jpg
未明の浜辺は西風が冷たく、少し肌寒く、海に近づくと空気が逆に生暖かく感じます。今朝はありがたいことに西の空には満月がポッカリと浮いて、月光が優しく浜辺を照らしてくれて、順調に巡回を進めます。渚線も砂地が締まって歩きやすいく、落ち着いてきた海面は月光でキラキラ輝いています。その月光も朝日に負け始める頃、やっと初上陸のトラックをボランティアの鈴木さんが見つけました。でも、残念ながら浜の途中で産卵も無く帰ってしまっています。何か人の気配でもあったのでしょうか、残念です。でも、これでこの海域に2匹のアカウミガメがいることになりました。

Continue reading

大荒れの朝

after23.jpg
未明から激しい叩き付けるような雨音。浜辺では強い東風で雨はより強く叩き付けてきます。海も荒れて潮溜まりが多く巡回も大変です。風を背に受けるときは何とか大丈夫ですが、やはり真正面だと・・・レインスーツも意味が無いようです。そんな苦労も甲斐も無く、やはりタートルトラックは見あたりません。しかし、この風だと消えてしまう恐れもあります。結局、見つからず、やっと巡回を終えた頃、雨も小康状態になってきました。叩き付けるような風雨ですが、浜のコウボウムギには緑色が鮮やかで何とも無いようですね。(写真は午後)

Continue reading

台風4号(ハーロン)北上

mon39.jpg
空には厚い雲が張り詰めているようで、星の明かりもなく未明の浜はいつもより暗いです。微かな街の光で雲が西から東に流れているのがなんとなく分かる程度。東風が強く吹き抜ける浜辺を今朝も巡回。昨日は湖西で上陸・産卵が認められたので何となく期待しながら進みます。しかし渚線にはタートルトラックは見つからず、黒い影が点々としているだけです。黒い影はアマモですね。結局今朝は見つからずでした。海は風の影響を受けて川のように流れています。午後には雨となりそうですね。北上しつつある台風4号(ハーロン)の影響も今後は気になりますね。

Continue reading

湖西(汐見坂)で初上陸!

sun29.jpg
今朝は範囲を限定で巡回です。他は今村研究員が巡回をしています。さて、未明の浜、こちらは既に東風が入って釣り人が薄暗い渚に並び始めていました。結局上陸は認められませんでしたが、なんと今日は湖西市で初上陸。表浜、いや遠州灘では一番ではないのでしょうか!(うしおくんネット)良かったですねえ〜今年も無事に上陸が始まりそうです。順調に行くと良いですね。その後私は午前中まで海に入って浜辺で昼寝。ちょっと疲れがとれました。明日も頑張ろうっと!

Continue reading

穏やかな週末の海

after6.jpg
未明の浜辺は少しばかりガスっているのか、辺りはぼんやりとした暗闇です。海は穏やかでほぼフラット。波打ち際でショアブレイクだけが白く浮かび上がっています。早速、巡回を始め、波打ち際を進むとバキバキと足もとで音がします。貝殻が砕けているようで色んな物が打ち上がっているようです。暗くて確認出来ないのですが、アメフラシなんか踏んだら嫌ですね。週末だからか未明から釣り人は既に点在しています。さて、今朝も結局タートルトラックは見つかりませんでした。台風3号は温帯低気圧に変わったようですが、またもや台風4号(ハーロン)が発生したようです。しかし、今期の台風の命名はどこの国の言葉でしょう?
(写真はお昼の砂丘のハマヒルガオ)

Continue reading

台風3号 (マットゥモ)発生

after8.jpg
未明は少し肌寒く感じます。少し早くなったので辺りは真っ暗。沖から漁船のエンジン音だけが響いてきます。暗い浜辺は潮が引いて広く感じ、波打ち際は歩きやすく締まって巡回も順調に進みます。丘陵の空が少し明るみ始め、辺りがやっと見えるようになりましたが、今朝もタートルトラックはなかなか見あたりません。まだまだ早いようですね。穏やかな海にサーファーは右往左往し、釣り人は各々準備を始め、波打ち際に並び始めました。南の海には台風3号 (マットゥモ)が前線と共に北上してきているようです。来週はまたもや台風の影響を受けそうですね。雨は嫌だなあ。
(写真は午後の浜)
午後は完全に海はフラット。西風が吹いて明日も海は変わらないようですね。

Continue reading

5月の飛砂

after21.jpg
日中は快晴でしたね。浜辺は西風が強く、午後に砂浜再生プロジェクト試験地へ確認に向かいましたが、飛砂が起きていました。西風と言っても、やはり真冬と方向が微妙に違って海側から吹き込んでいます。堆砂垣に付く砂も向きが多少変わっていました。

Continue reading

戻ってきた青空

thu60.jpg
今朝は久々に雨音を心配しなくてもいいようです。うっすらと東の空に日差しが届き始めた空には雲がありません。まだ薄暗い浜辺に出ると少し西風が吹き始め、海は落ち着き始めているようですね。長潮の引き始めで渚線は歩きやすく、順調に巡回は進みます。均されたようにしっとりとした渚にはタートルトラックは見つかりません。ウミガメはまだ上陸していないようですね。巡回も終わる頃、日差しが丘陵から浜辺に延びてきました。緑色が濃くなってきたコウボウムギが白い砂浜に鮮やかさを増しています。

Continue reading

未明は土砂降り

after17.jpg
非常に激しい雨で大雨、洪水警報が出ています。未明は東風も強く、横殴りの雨で風が冷たいことから、浜辺では落雷に注意しなければ行けません。巡回も浜辺に流れ込む土砂流と空を見ながら注意して進みます。砂浜は東風で均され歩きやすく、また西に向かう時は東風が背中を押してくれて意外と快適に進みます。しかし、その逆は最悪。顔面に叩き付ける強烈な風雨に嫌気がさします。結局、今日もトラックは見あたらずでした。(写真は雨が上がったお昼)

Continue reading

台風2号(ラマスーン)の影響

af24.jpg
今朝は沖の波頭もかなり高く上がって、白い砕波がスーッと浜辺を駆け上ってきています。浜辺には打ち上げられたゴミと潮溜まりで薄暗い浜辺は注意が必要。海水温度が外気より高いのか、生暖かい空気が海から流れてきますね。今朝もトラックは見あたりませんが、砂浜の温度を測定している機器が気になります。調査中の浜を見ると波は遡上し潮溜まりとなっていましたが、機器は大丈夫なようです。ただ、少し砂が打ち上がってより深く埋もれてしまいましたが。

Continue reading

海水の汚濁

mon19.jpg
未明の浜は弱い東風。雲が張り詰めているのですが、風には湿気は感じず、今日は海岸線も遠くまで見渡せます。海は台風2号(ラマスーン)からのうねりと東風で荒れています。渚線を進むと、茶色い波が足下に汚濁泡を打ち上げてきます。海水がかなり汚濁しているようで、茶色い帯となっています。汚濁の要因は河川からの濁流もあるのでしょうか。窒素・リンなどが海に大量に流れ込むことで富栄養化を招きます。その汚濁水は沿岸流に乗って渚線に留まります。砂浜と波が濾過し、浄化作用として働くのですが、最近では汚染が上まり、機能に追いつかないようです。この汚濁域はなぜか局所的で、どうやら小島辺りから伊古部の範囲だけのようです。

Continue reading

今朝も雨に煙る

sun27.jpg
日曜日の朝、昨日に続き雨が霧のように降り注ぎます。海岸は雨に煙って視界は余り良くありません。海は台風からのうねりか、頭を越える程度のセット波が沖の砂州で割れています。昨日よりは東風も弱まって巡回も楽ですが、全ての物が湿気ってしまいました。嫌ですねえ雨が続くと。

Continue reading

この花 何の花 気になる花

080510ookinkeigiku.jpg

こんにちは表浜ネットワークの研究員の今村です。

海岸で気になる花を見つけました。

写真の花は環境省で特定外来生物に指定されている”オオキンケイギク”です。
この花の繁殖力は尋常ではありません。
駆除活動でちょっと苦い思い出のある花なのです。
抜いても抜いても翌年には同じ量かそれ以上の量が生えてくる・・・
海岸に広がらないといいなと思いつつ、3株抜きました。

ブログをご覧のみなさん、写真の花を海岸で見つけたら将来増えたら大変なことになる!・・・かもしれないと思いつつ、駆除にご協力下さい。

以下、環境省の特定外来生物のページ
http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/list/L-syo-01.html

雨の1日

sat7.jpg
今朝は昨晩からの雨が降り続いています。浜辺は東風も強くレインジャケットにポツポツと雨が当たって顔を上げると辛いですね。海はうねりは腰程度ですが、朝は潮位も高くほぼショアブレイク。サーファーも釣り人も少ないですね。今日の巡回ではまだまだウミガメの気配も無いようでした。

Continue reading

砂中温度の計測開始

af42.jpg
今期も、砂浜の温度を計測する為に温度計測器(データロガー)を設置しました。これはアカウミガメの砂浜における孵卵環境を計測する目的です。今回は汀線から砂丘まで垂直方向に深さ約60センチで25メートルと大規模な設置です。さすがに穴掘りと設置は大変でした。今村研究員と海工研の技科大生と3人では結構大変!でも、なんとか無事に設置することができました。果たして今期のデータは何を語ってくれるのでしょう。

Continue reading

週末は下り坂

fri12.jpg
昨日、台風2号(ラマスーン)がミンダナオ島の東で発生したと連絡を頂きました。南の海は海水温度も順調に上がってきているようですね。アカウミガメも鹿児島の吹上浜と宮崎は日南海岸に上陸産卵が認められたようです。今朝の空は台風の影響ではないのですが、薄雲が拡がってぼんやりとした天候。満潮の朝は波もおだやかでショアブレイクの音が響くのみです。今週末は下り坂のようですね。

Continue reading

ハマヒルガオの季節

thu29.jpg
今朝は風も弱く、静かな浜辺へと落ち着きが戻ってきました。この時期には珍しく、浜辺を見ると飛砂模様が縞状に残っています。丘陵から昇る陽も今朝は東の空にうっすらと雲が拡がって日差しがまだ届きません。薄明るい浜辺を進むと今朝も大粒のコタマガイが転がっています。毎朝拾っているおじさんに教えたらバケツに山盛り獲っていました。三日分はありますね。巡回も進むとぼんやりとした陽がやっと空に現れました。照らす砂丘には日差しを待ちかまえたハマヒルガオ。ちょうど今がハマヒルガオの花の時期ですね。

Continue reading

久々の西風に

af15.jpg
今日は1日、西風が吹き続けましたね。おかげでGW中荒れた浜は飛砂で足跡やゴミ?も砂に埋もれて消えていきます。当然、ゴミは見えなくなっただけのことですから消えていませんけどね。いつも休みが続くと荒れる海岸。どうしたらヒトが訪れても美しい浜が保てるのでしょうか。相反すると言われ続けているのですが。今朝のようなことがあると努力も虚しく感じてしまいますね。

Continue reading

GWの残骸

wed4.jpg
GWが終わって海岸には落ち着きが戻ってきました。今朝から浜辺の巡回を始めます。丘陵からの日の出を眺め浜辺を進みます。穏やかな海と蒼い空。静かな浜辺は気持ちが良いのですが・・。やはり、至る所にGWの残骸が残っています。そう、ゴミですね。小さなゴミから冷蔵庫のような大きなゴミまで。人が活発になるとかならずこのような残骸を残します。悲しい光景はいつまで続くのか・・・ため息しかでません。

Continue reading

砂浜の干潟(ビーチ・コーミング)

aft11.jpg
結局、またもや浜辺に向かいました。まあ、波は無いと判っているのでビーチ・コーミングに。
今日は大潮なのと爽やかな風なので渚を歩くには打って付けです。丘陵は鮮やかな緑と蒼い空が絶妙なコントラスト。そして渚は潮が引いて干潟が現れました。この砂浜の干潟。無数のハマトビムシなどの生物などによって富栄養化した海水を浄化します。大きな濾過器ですね。
あまりにも知られていないのですが、日本の海岸線は世界でも5番目ぐらいに長いのです。約3万5千キロぐらいでアメリカやロシア、そしてフランスより海岸線が長いのですよ。しかし、その反面に自然の砂浜(人工構造物の無い)は10%も残されていないとも言われています。しかも、砂浜は残念ながら正確な情報が得られていないのです。その砂浜に出来る干潟の能力は当然ながら学術的にも何も検証されていないので、消失に関してもあまり関心が向いていません。

Continue reading

砂丘の春

taka21.jpg
五月晴れの砂丘。少し涼しく感じる北西風が吹き抜けていますが、砂丘を見るとハマヒルガオが咲き始め、春の日差しのもと、淡いピンク色が美しいです。

サーフィン、ボディーボード、スキムボード、ウィンドサーフィン、 ダイビング、ヨット、釣り、潮干狩り、海水浴・・・。
海で遊ぶのが大好きな私たち。 だから、海を大切にしてゆきたい。
と、言うことでZIP-FMのLOVE OUR OCEANに表浜ネットワークも参加します。
5月6日(火・祝)10:00-17:00
ZIP-FM HOLIDAY SPECIAL LOVE OUR OCEAN

Continue reading

五月晴れ

taka1.jpg
今朝はスッキリと晴れ渡り、五月晴れ。海は北西風で真っ平らに水平線がシェイプされています。釣り人は渚線に並んでいますが、さすがにサーフィンは無理なので海に入るのは諦めてビーチコーミングに変更。渚線を進むと白いアミが打ち上がっています。釣り人の籠を覗くとシロギスも少し掛かり始めているようですね。

今日はZIP-FMのLOVE OUR OCEANに表浜ネットワークも参加します。
5月6日(火・祝)10:00-17:00
ZIP-FM HOLIDAY SPECIAL LOVE OUR OCEAN

Continue reading

前線通過

mon5.jpg
前線が近づく今朝は空は既に雨雲が張り詰めています。東風も吹き抜けて海は少し西に流れ始めています。波も風波程度でさすがに今日はお休みですね。今日1日は雨模様のようです。

Continue reading

雲が東南東から北北西に流れる

sun13.jpg
今朝は雲が拡がって梅雨時期のような海岸。午前中には晴れましたけどね。何だか雲が東南東から北北西に流れて目まぐるしく天気が変わりました。海は昨日よりうねりも下がってしまいましたが、なんとか1日中楽しむ事が出来き、日焼けで顔がヒリヒリします。

Continue reading

海三昧

sat1.jpg
GWに入って表浜は賑わっています。私も海三味で過ごすことにしています。午前中は波は良くなかったのですが、午後からは楽しめました。マナーを守ってゴミも持ち帰るようにみんなが快適に表浜を楽しめるようにしましょう。

Continue reading

緑の泥岩

fri20.jpg
今朝は上空は明るいのですが、空一面に雲が拡がって時折、雨粒も落ちてきます。西の空を見ながら渚線を進みます。浜辺は弱い東風で空気に少し湿気を感じます。来たる嫌な梅雨を感じますね。海は比較的に穏やかでそれほどうねりがたっていません。昨日よりは多少という感じ。汀線に沿って進むと新たな汀段(ビーチバーム)が出来上がっています。緑色の泥岩も流れるついています。表浜の500メートル沖ぐらいまでは浅くて水深も4〜5メートルほど。海底はこのような泥岩の上に砂が約1〜3メートル程度堆積しているぐらいです。意外と砂の層は薄いのですね。

Continue reading

ハマヒルガオと砂丘

thu39.jpg
今朝は少し雲が拡がっていますが穏やかな海です。東風が吹き込み、昨日よりは多少は波立っていますが、ほとんどが膝程度のショアブレイクです。渚線には既に釣り人が並んでいますが、なかなか釣れないようです。シロギスも小型ですね。あまりに波が立たない日が続いているので、無理して少しだけ海に浮かんでいました。でも、やはり駄目ですね。海から出た後は砂丘のハマヒルガオを見に。徐々にですが開花しはじめて淡いピンク色の花が目立ち始めています。

Continue reading

Home > Archives > 2008年05月

Links
SUPPORT
Search
Feeds

Page Top