Home > Archives > 2008年06月

2008年06月

海原に延びるタートルトラック

mon86.jpg
今朝は呆けていました。浜辺に立って東の空高くに輝く三日月を写そうとしたら・・・いつもの手応えがありません。そうカメラです。忘れて来てしまいました。ため息と共にカメラを取りに戻ります。再度、巡回を始めると早速になが〜いタートルトラックが薄暗い浜辺に横たわっています。砂丘の奥に延びているトラックを辿ると・・・予測したボディピットは見あたりません。どうやら折り返してそのまま帰海してしまったようです。約60メートル近く浜深く上陸したのに。ウミガメの気まぐれのような行動は本当に訳が解りません。

Continue reading

砂まみれな朝

  • 2008-06-29 (日)

sun45.jpg
(田中:ならばこちらの写真でしょう)
昨日は18時頃寝たのですが、電話で何度か起こされたりしながら、夜中の2時に目が覚めました。その後、眠れず巡回の時間に。体内時計が完全にパンクしているようです。
今日は産卵が2カ所に上陸が1カ所。一昨日、昨日と産卵できなかった個体でしょうか?
田中代表から産卵巣発見と連絡があり、現地に向かいます。今日も卵室探るのですが、またもや見つからない・・・。
ウミガメマスターへの道のりは遠いなあ・・・と落ち込んで帰宅する途中、ラジオからラジオ体操の曲が
「新しい朝が来た 希望の朝だ~♪」
ということで元気を出すことにしました。

Continue reading

蚊帳の外ってのは

sat39.jpg
さて、今朝は未明の巡回も早めに。なぜなら朝から汐川干潟で活動があるのです。表浜ネットが不思議ですよね。でも、水域は共通、海岸線ですからね。今朝は海岸はサーファーや釣り人で賑わいウミガメの上陸は認められなかったようです。

Continue reading

少し休憩かな

fri44.jpg
今週はかなり上陸が集中したので大変。今日はどうかと未明の浜辺に向かいます。雲と靄が広がっているので、いつもより暗い浜辺。巡回を進めますが今朝はなかなか上陸跡は見つかりません。巡回の中程で出会った方から上陸跡だけあった連絡を頂きました。現場に行ってみるとヒトの足跡の中、消えそうなウミガメのタートルトラックが残っていました。残念ながら浜の中程で消波ブロックに突き当たり、転回してそのまま帰海していました。産卵行動も行っていません。今日はちょっと一休憩の中休みでしたね。

Continue reading

今朝のカメは昨日のカメ?

thu90.jpg
今朝は梅雨らしい天候なようで雨が小降りながら降り続いています。雲が拡がって浜辺は暗く静かです。巡回を進めると早速、タートルトラックに出会いました。よくみると1本の足跡が渚から延びているだけです。浜の中程に黒い小山の陰が動いています。アカウミガメですね、標準より一回り小さいようです。近くに居た調査員の細井さんに連絡し一緒に観察することに。今朝はこの上陸を含め、3箇所。1箇所の産卵で2箇所は上陸のみでした。
今村:たぶん昨日のカメだと思います。顔が一緒ですね(カメはみんな一緒の顔に見えますけど)田中:いや、甲羅に付着している藻が同じなんだよ。甲長甲幅も同じでした。

Continue reading

今村研究員の初遭遇

imamu1.jpg
未明の浜は上空の半月に照らされ、うっすらと月光が届いています。穏やかな海で渚線は新たな汀段が出来上がって進める足は深く砂地に取られてしまい、注意しながら進みます。今朝は上陸は無いかなと思いましたが巡回中程で上陸跡。汀線から上がって消波ブロックに突き当たって折り返し戻っていますが、再度陸側に向き直り、再度、消波ブロックに突き当たり、その手前でボディピット。産卵行動はしっかりと行っているようです。早速確認してみると産卵はしっかりと行われていました。丁度その時、今村研究員から連絡が入り、どうやらウミガメが残留している模様。初対面となったようです。さてさて、どうだったのでしょうか?

Continue reading

今朝は6箇所で上陸、大忙し!

tue104.jpg
未明は雨も上がって雲も切れ始め、月が空に浮かんでいました。月に照らされた浜辺は見渡す範囲も拡がります。順調に巡回を進めると早速、タートルトラックに出くわしました。その後、なんと6箇所で上陸。産卵も3箇所で確認。計測だけでも大変です。本当はお休みの今村研究員を起こして手伝ってもらいました。(お休み中、ゴメン)なんとも忙しい朝でした。あ〜疲れたあ。
本当はお休みの今村:せっかく二人でやっているのですから大変なときは協力しますよ。今年は7月がくるのが怖いですね(泣)

Continue reading

週明けは2箇所で産卵

mon114.jpg
未明は雨が残って巡回もずぶ濡れ。その後徐々に雨は上がって月も雲の中からうっすらと映ってきました。西風が吹き始めたのであまり役に立っていない雨具を脱いで巡回を続けます。途中で汀線から延びるタートルトラックを確認。直ぐに産卵を確認し、トラックを計測します。その後もう一箇所タートルトラックを確認。このトラックはまたもや複雑で汀線から真っ直ぐに上って一旦、消波ブロックに突き当たり転回し、再度切れ目から砂丘に上って折り返し点でボディピットが一箇所。産卵行動は行っているようなので確認すると産卵していました。今朝は2箇所で産卵が認められました。

Continue reading

パンツの中までびしょぬれ

P6220068_R.jpg

今日の調査は30分程遅く出発。雨もあがっている様で、ナイスタイミング!巡回を開始しました。昨日、見落としていた産卵巣とタートルトラックの確認もあります。今日の海は波もちょうどいい様子。たくさんのサーファーが訪れていました。小島の海岸では駐車ができないほど。目的地に到着後タートルトラックの計測を開始。ところが、この時ポツポツと雨が・・・少しくらいなら濡れてもいいかと思いながらカッパを着ないで計測をしていると、雨が本降りに。計測が終わる頃には濡れ鼠状態です。「あぁ、やっぱり30分遅くするんじゃなかった。」後悔はいつも先に立たないものです。(田中談:お疲れ様、こちらも海の中でびしょ濡れでした。)

Continue reading

小雨の中の巡回

sat68.jpg
小雨の中の海岸巡視。今朝は海岸に霧が発生しており、視界が非常に悪く、慎重に砂浜を確認します。巡視中に携帯電話が鳴り、表浜ネットワークの田中代表から「産卵を2箇所で確認」とのこと。産卵巣の「卵室(卵が産み落とされている穴)」を探る経験が少ない私は現地へと車を飛ばします。上陸跡へ到着後、「探ってみて」との代表の言葉に、砂だらけになりながら、探ります。卵室の確認は本当に微妙な手応えを感じ取るしか方法がありません。なかなか見つけることができず、焦ります。結局10分ほど探ったのですが、私では見つけることができず、田中代表も参戦。結果は5分で代表が発見。さすがに「卵室」探し、4年の経験です。でも代表が言うには1年目でだいたい分かったということ。むむむ、悔しい。

Continue reading

運命共同体

fri43.jpg
梅雨らしく未明は雨が降り続いています。湿気も高くて嫌な空気の中、渚線を進むのですが何となく気配を感じません。結局、今朝は上陸は無し。そうなると目的は何か面白い物が流れ着いていないかと着眼点が変わります。でも、それほど都合良く珍しい漂着物があるわけもありませんが。で、いつもよく流れ着いているエボシガイの付いた流木。まだ蠢いているエボシガイ。水中に沈んでいたのでしょうが、波に打ち上げられてしまったようです。こうなると良い住処と思って固着したエボシガイには災難です。居心地良いと繁殖したのでしょうが、打ち上げられた途端に流木と運命を共にしなければいけません。ヒトも一時の繁栄もどうなのでしょう。地球というカプセルと共に運命があるわけですが・・・。

Continue reading

梅雨前線の北上

thu38.jpg
いよいよ梅雨前線が北上を始めたようです。今まで空梅雨かと巡回には嬉しい期待があったのですが季節ばかりは仕方ありません。今朝も雲が流れ込んで重く垂れ込めています。雨は降っていないだけ助かります。早速、未明の浜から巡回を開始。大潮の満潮時ですが浜辺は新たな汀段が出来上がって少しは広く感じます。踏み込む足も砂に沈み込み、少し歩きにくいですね。真っ平らに凪いだ海には沖の漁り火が揺らいで見えます。結局、今朝は静かな渚線。上陸跡は見つかりませんでした。明日は雨だろうなあ〜。

Continue reading

ストランディング(ご飯中の方は見ないでください)

田原市の谷ノ口海岸でストランディング情報があり、現地にかけつけました。
頭、手、足、尻尾・・・何にもないです。
これでは雌雄の区別もつきませんね。
写真を撮りましたがISO感度を上げすぎて真っ白になりました。
でも普通に載せるとスプラッタな画像ですので、ちょうどいいか・・・

甲長85cm

P6180034.jpg

そろそろ梅雨空が戻りそう

wed48.jpg
今朝は上空を見上げても、星は瞬いていません。雲が流れてそろそろ梅雨空に戻りそう。少し湿気を帯び始めた空気の浜辺。巡回を進めていくと何やら火の玉が海に向かって飛び続けています。花火ですねえ、ず〜っと不思議に思っていたのですが、いい大人がなんで夜中の3時に花火をやるのでしょう。海=花火みたいな貧粗なイメージなのでしょうか。大抵は花火ゴミとお酒や缶ビールも散らかしたままとなります。ほぼ20代の若者なのですが、この様子を見ていると日本の若者の精神的な成長が遅れているのでしょうか。いつまで経っても、ため息の出る光景です。そんな海岸線、今朝はウミガメの上陸跡は見あたりませんでした。梅雨も週末には本番となりそうですね。

Continue reading

自然への還元

naq23.jpg
今日はかねてから、提案していました人工ふ化のアカウミガメの卵を自然の砂浜に回帰させようという「ウミガメの里浜づくりプロジェクト」の試験日です。
このプロジェクトは名古屋港水族館の内田館長のご協力と理解を得て、水族館で産卵されたアカウミガメの卵をその日の内に表浜の自然砂浜に移植するという計画です。水族館で生まれた卵を自然の砂浜に託し、そのまま自然に戻してみようという「砂浜再生プロジェクト」の延長線にある企画です。

Continue reading

今朝も計測困難

tue97.jpg
未明の空には星。上空には雲も無く今朝は雨の心配も必要無く巡回が出来そうです。中潮で満潮の浜は波打ち際までうねりが届いて波音が響き渡ります。巡回も順調に進み、後半、またもや計測がし辛いタートルトラック。なんと消波ブロックを越えて砂丘で産卵。その後、海に向かうが越えた消波ブロックが妨げ、西に約80メートルほど移動し、砂表から10センチのほど露出しているブロックを乗り越え帰海。よく越えられたものだと感心ですが、おかげでトラック計測は大変でした。

Continue reading

週明け早速に

mon76.jpg
未明は雨が本降りでした。巡回中には小降りになってきました。今朝は巡回の後半に立て続けに3箇所の上陸。2箇所は同じ場所に2頭のウミガメが上陸し、しかもタートルトラックが重なって何が何やら訳が解りません。結局、1匹は産卵行動も無く帰海、もう、1匹は浜の奥で産卵行動を行っているのですが、丁度、埋もれた消波ブロックで産卵巣を探すのは不可。ふ化時期まで待つことに。そして残り1箇所は汀線から真っ直ぐに浜に上がり、中程で大きなボディピットで産卵を確認。浜の奥に移植しました。週末の賑わいを避けたかのように、一気に3箇所は対応も疲れます。

Continue reading

カウントダウン2010に参加しよう!

biod17.jpg
表浜ネットワークも参加している生物多様性フォーラム(JFB)メンバーとして、今日は名古屋は栄のオアシス21に出向き、生物多様性COP10キックオフとして「カウントダウン2010に参加しよう!」に向かいました。
ブースのお手伝いなど色々と忙しい1日。これで生物多様性の意味が少しでも理解が進み、浸透していくと良いですね。今日はJFBの事務局とIUCN-Jの道家氏、そして生物多様性事務局のセバスチャン氏との懇談も行われました。
生物多様性条約の2010年目標「2010年までに生物多様性損失速度の大幅な低減を達成する」を呼びかけるキャンペーン「カウントダウン2010」の事務局セバスチャン・ウィンクラー氏が生物多様性条約って何か、2010年目標の達成への取り組みを語ります。

Continue reading

曇りの週末

sun16.jpg
今朝はうっすらと雲が拡がり始めています。週末の渚線には早くから釣り人が並んでいます。海はうねりも下がって風波程度でサーファーも少ないようです。

Continue reading

今日も今日とて表浜

sat14.jpg
梅雨の晴れ間。気持ち良い気候が続いています。いつものように海岸をまわり、今日はアカウミガメの産卵の確認はなしかなと思っていると最後の最後で上陸跡を発見!「お!」と思い、近づいていくと大きな半円状のタートルトラックです。でもそのまま海に帰っていました。実はこれ3日前のトラックだということ・・・残念!ということで、今日は上陸は認められず。今日の朝焼けもきれいでした。

Continue reading

今朝は3箇所

fri76.jpg
未明の空には星が瞬いています。すっきりと晴れ渡って少し涼しく感じる空気。弱い西風が浜辺に吹いています。心地良く渚線を進みます。早速、タートルトラックを確認。奥の砂丘まで届く距離まで伸びています。折り返し点で小さめのボディピットが1箇所。産卵巣も確認。そして巡回中程で上陸跡。しかしここは場所が悪く消波ブロックに当たり産卵行動も無く折り返し帰海していました。3箇所目は今村研究員が確認。ここは上手く位置が堆砂した消波ブロックの辺りで乗り越え奥の砂丘で産卵。そして帰海時は再度消波ブロックに遮られたのですが西に約50メートルほど移動し堆砂した場所から帰海。今朝はこの3箇所ですね。

Continue reading

今朝も奮闘

thu34.jpg
梅雨らしい天気です。天候ばかりは仕方がありません。暗く雨が降り続く浜辺を進みます。昨日の東風で渚線にはアマモの漂着が目立つぐらい。今日は上陸も無いのかなと諦めかけた頃、連絡した今村研究員からタートルトラックを見つけたとの一報。でかしたぞ!っと応援に向かったのです。汀線から延びるタートルトラックは約30メートルぐらいで折り返しています。その折り返し点で小さなボディピットの跡。今村くんはこの辺りかと産卵巣を探すのですが、なかなか見つからないようです。チャレンジ開始。結果は見つからず、一敗でウミガメの勝ちとなったようです。

Continue reading

孵卵温度の計測

wed63.jpg
未明の浜は少しムッとする空気が拡がっています。空は雲が張り詰め、雨も何時降るか分からないような雰囲気。暗い浜辺を進むと渚線に緑色の小さな灯りが揺らいでいます。夜釣りのようです。巡回を進むと汀線から延びる上陸跡。真っ直ぐに浜の奥に達して折り返した地点で産卵を確認。この産卵巣は汀線からの距離もあり、孵卵温度の測定を行うサンプルに適していたので早速温度計測器を産卵巣に設置することにしました。今朝は二箇所の上陸。もう一箇所は上陸のみでした。

Continue reading

1日の始まりの瞬間

tue76.jpg
いつものように未明の浜から空を見上げると、今朝は月は出ていないのですが上空には星が瞬いています。晴れ渡っているのですが、浜辺の反射光は逆に少なくて暗いのです。最近は雲が拡がると街の灯りが反射して浜辺を照らし明るいのです。ただ不思議なのは一瞬で「フッ」と辺りが明るくなります。日の出が一瞬で空に拡がるのですね、これが1日の始まりと言えるのでしょうか。午前3時30分ぐらいですが。こんな風に光の変化を楽しんだりしながら巡回をしています。さて、目的の上陸・産卵調査ですが、今朝は二箇所で上陸。しかし、一箇所は消波ブロック手前で産卵無く戻っていました。あと一箇所は浜崖に当たり、そのまま折り返し帰海。残念ながら産卵は認められませんでした。

Continue reading

雨の週明け

mon71.jpg
週明け、今朝はどんより雲が張り詰めているようです。時折小雨がパラパラと顔に当たってきます。梅雨時だから仕方がないのですが、未明の浜は湿気と雲でいつもより暗く重い空気。穏やかな海は潮が引いて渚線を進むには苦労しません。巡回の中程でタートルトラックを確認。浜の中間の消波ブロックが上陸を少し邪魔をしていたのですが、堆砂があり越えられないほどではありません。浜の奥まで上陸し、傾斜堤に当たり、二箇所でボディピット。傾斜堤のコンクリートで穴が上手く掘れなかったようですが産卵は行っていました。これで今期は16回目の上陸になりますね。

Continue reading

雨のち曇り

  • 2008-06-08 (日)

sun20.jpg
朝方雨がパラパラしていましたが、調査中は何とか雨はやんでいました。
今日は散歩中の犬にものすごく吠えられました。何か悪いことしたかな・・・飼い主さんもびっくりする吠えられ様です。双眼鏡とカッパが怪しかった?
今日も上陸・産卵ともに確認できず。海岸は釣り人とサーファーでにぎわっていました。
(田中談:お疲れ様、こちらも認められず。今朝も無理矢理入水していました)

Continue reading

カメに嫌われてる?6/7のレポート

P6060013_R_R.jpg
ドイツから日本へ帰国した翌日からウミガメ調査を再会。時差のせいで眠いのか、単に眠いのか分からないまま、早くも週末となりました。ところで今日の表浜海岸でウミガメの上陸産卵はみつかりませんでした。私がドイツに行っている間はたくさん来ていたのですが…カメに嫌われているのかもしれません。朝焼けのピンク色の空がきれいでした。(田中談:まあ、根気よくいきましょう)

Continue reading

梅雨の晴れ間

fri70.jpg
昨晩からの雨も上がったようです。上空には星が瞬き始めています。浜辺に出ると砂に埋もれたアマモの小山が点在し、昨日の東風が吹き荒れた跡が残っています。渚線は新たな浜崖も出来ていたり、変動も大きかったようです。巡回の後半、汀線から真っ直ぐに延びたタートルトラックを確認。上手く消波ブロックの切れ目に入り、浜の奥で産卵していました。今朝はこの1箇所ですね。

Continue reading

生物多様性会議COP9のレポート

P5260091.jpg
ドイツ ボン市で開催された生物多様性会議COP9のレポートです。
表浜ネットワークの代表として渡航させていただいたのですが、環境先進国といわれるドイツはやはり進んでいます。
政府とNGOの関係が適度な緊張感の元、絶妙な関係を保っています。
”地域や国の政策は政府だけではなく、NGOがつくりあげる”といったスタンスができあがっており、ともにいい国づくりを進めていることがひしひしと伝わってきました。
ドイツのNGOは政府からの資金注入によって、安定した活動と実績をあげています。

NGOは安い労働力ではありません。NGOが国益や利益のみに左右されない貴重な存在であることを日本の行政が認め、正当な対価の支払いの下に活動できる仕組みづくりが必要であることを実感しました。

Continue reading

東風に消されて

thu61.jpg
未明はポツリポツリと雨滴が落ちてきていました。雲は空一面を覆っているのですが、パラッと来ただけでなんとか雨は降らずに持ち堪えています。さあ!雨が本降りになる前に巡回を終えたいですね。渚線に打ち上げられたアマモも強い東風に砂で覆われ始めています。少し進むと汀線から真っ直ぐに延びるタートルトラックに出くわしました。1本のトラックしか見えないのでまたもや、どこか浜の奥にウミガメが潜んでいるのかと思いきや、良く見ると流水の中に足跡が消えつつ残っていました。ほとんどが飛砂で消えつつあるのです。これだけ東風が強いと数時間で消えてしまうのでしょうね。今朝は上陸は2箇所。産卵はどちらも無かったようです。

Continue reading

砂浜の変動

afte14.jpg
未明の浜辺は波音が響き渡り、大潮の満潮時は波の遡上も浜の奥まで上って来ています。とはいえ昨日よりはうねりも下がったようですが。渚線も気を付けながら進みます。今週に入ってからタートルトラックは確認出来ていないのでそろそろ期待出来そうなのですが、やはり今朝も確認出来ませんでした。今回の台風5号では浜辺の砂は陸側に押し上げられた所が多いようです。このような砂浜の状態ならウミガメも安定した浜辺の奥まで到達出来そうです。明日こそはですね。

Continue reading

台風5号 (ナクリー)の影響

tue58.jpg
今日の巡回は昨晩から続く雨の浜辺から出発。まあ、本降りという感じでないのでそれほど面倒ではないのですが、今朝は台風5号の影響から高潮と波浪。波もかなりな位置まで遡上しています。浜の奥まで遡上した波が波と同時に砂を押し上げており、これでは上陸した跡も消えてしまうでしょうね。台風5号は今後、温帯低気圧に変わるようですが、当分海は大荒れのようです。今朝はやはり消えてしまったかも知れないのですがタートルトラックは確認出来ませんでした。

Continue reading

そろそろ梅雨入り?

mon45.jpg
昨日は「表浜おいでん祭」も快晴のもと、無事に終了。地引き網が実施出来なかったのは残念でしたが、蒲郡竹島水族館の協力で3匹の子アカウミガメを砂浜に連れてきて頂き子ども達は大喜びでした。清掃も比較的に綺麗な浜だったのでそれほどゴミは少なかったのですが綺麗な浜辺は気持ちが良かったですね。色々とご協力頂きました皆様に感謝致します。
さて、今朝は昨日の好天から一転し、雲が張り詰めてそろそろ雨が降り出しそう。暗い浜辺にうねりも高く、中潮ですが台風5号の影響か潮位が高く、満潮時はかなりな位置まで波が遡上しています。狭くなった浜辺にはタートルトラックは見あたらずでした。そろそろ嫌な梅雨入りとなりそうですね。

Continue reading

今日は「2008表浜おいでん祭」

oidensai27.jpg
昨日の悪天候から今日は一変。快晴の空の下「2008表浜おいでん祭」を無事に開催。清々しい青空が拡がる素敵な表浜です。これもひとえに日頃の行いの良さでしょうか(笑
参加協力してくれたみなさま、伊古部町総代、網元、表浜スタッフ、桜丘高校生物部のみんな、技科大自然部のみなさん、そして会場に協力頂きました伊古部サーファーのみなさん。ありがとうございました。
おかげで子ども達の笑顔もたくさん集まりましたよ!!綺麗な表浜の砂浜とアカウミガメの魅力いっぱいのとても充実したイベントでした。

Continue reading

2008表浜おいでん祭

2008年表浜おいでん祭のお知らせ!

「24時間テレビ、愛は地球を救う」
地球環境保護支援・水辺清掃プロジェクト
〜遠州灘の砂浜とウミガメを救え!〜

日 程:2008年6月1日(日)予備日6月8日(日
※小雨決行・悪天候の場合はスケジュールを変更して翌週に実施致します。
時 間:午前7時30分(受付)
会 場:愛知県豊橋市伊古部町地先の海岸
定 員:150名(申し訳ありませんが既に定員となり、締め切りました)

主 催 : NPO法人表浜ネットワーク / 中京テレビ放送
協 力 : 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会 / 蒲郡市竹島水族館/伊古部町
後 援 : 愛知県 / 名古屋市 / 豊橋市 / 蒲郡市

Continue reading

快晴の週末

sunt3.jpg
今日は「表浜おいでん祭」。ですがウミガメは活動するので巡回は実施です。未明の浜はいつもより車が多い。海もうねりが入っているようです。渚線にはなかなかタートルトラックは見あたらなかったのですが、今朝も1箇所。上陸し、無事に産卵でした。これで12回目の上陸ですね。
さあて、おいでん祭は晴天のもとで開催できそうです。

Continue reading

Home > Archives > 2008年06月

Links
SUPPORT
Search
Feeds

Page Top