Home > 海岸の生物多様性 | 表浜のウミガメレポート | 調査公開資料など > 自然への還元

自然への還元

naq23.jpg
今日はかねてから、提案していました人工ふ化のアカウミガメの卵を自然の砂浜に回帰させようという「ウミガメの里浜づくりプロジェクト」の試験日です。
このプロジェクトは名古屋港水族館の内田館長のご協力と理解を得て、水族館で産卵されたアカウミガメの卵をその日の内に表浜の自然砂浜に移植するという計画です。水族館で生まれた卵を自然の砂浜に託し、そのまま自然に戻してみようという「砂浜再生プロジェクト」の延長線にある企画です。

名古屋港水族館の車が表浜に到着。
naq1.jpg
内田至名古屋港水族館館長とウミガメ担当の飼育展示一課の春日井隆さん。
naq2.jpg
早速、候補地に向かいます。
naq5.jpg
砂丘を掘り下げ、産卵巣を作ります。
naq6.jpg
約50センチ程度の深さ。
naq7.jpg
転卵に注意し、マーカーを上に産卵巣に入れていきます。
naq9.jpg

naq13.jpg
データロガーも設置。キャビン下部に。
naq14.jpg

naq15.jpg
卵を徐々に移植します。
naq17.jpg
計35個の卵
naq18.jpg
卵を移植し終えた産卵巣
naq26.jpg

naq24.jpg
埋め戻します。
naq28.jpg
作業は無事に終了
naq30.jpg
お疲れ様でした。
naq31.jpg

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 海岸の生物多様性 | 表浜のウミガメレポート | 調査公開資料など > 自然への還元

Search
Feeds

Page Top