Home > Archives > 2008年12月

2008年12月

2008年も幕閉じ

wed31.jpg
昨晩からの風で今朝は冷えましたね。青空が拡がって東の水平線が徐々にオレンジ色に染まり、2008年の最後の陽が昇りました。今年はみなさんどのような事がありましたか。色々と暗い話題が多かったかと思いますが、来年に期待して、みなさまに良いお年を。

Continue reading

残すところ1日

tueaf12.jpg
今朝は比較的、暖かい朝。風も弱く海も凪いでいます。釣り人はお休みだからか、多少増えていますが、サーファーの姿も無く静かな朝です。今年も残すところ明日1日。あっという間の1年でした。昨年の今頃はナガラミやコタマガイの大量発生から始まり、台風が一つも接近しないという異例の夏。秋から冬にはワラサの豊漁と何かと海が変わってきたような気がする一年でしたね。来る年はどんな年になるのでしょうか。(写真は日没前。あ〜あ〜大掃除もままならずでした。)

Continue reading

今年も残すところ2日

monaf2.jpg
今朝も晴天。晴れ渡った蒼い空と蒼い海。東は浜名大橋から西は丘陵連なり、越戸大山、神島、伊勢まで見渡せます。今朝も波もまったく無く海も穏やかで水平線はスッキリと延びていますね。今年も残すところ2日となりました。今日は大掃除には最適な天候ですね。

Continue reading

いよいよ2008年の年の瀬

sunaf11.jpg
週末を迎え、いよいよ2008年も残すところ3日となりました。本当に早いものです。今朝の表浜は穏やかな一日となりそうです。海は波も無く、浜辺には釣り人だけが点在しています。今日は大掃除には打って付けでしょうか。これから私は谷ノ口のええZoneマーケットの最終市に行ってきます。

Continue reading

2009 第1回 すなはま再生プロジェクト

sat48.jpg
今日は今期の第1回すなはま再生プロジェクト「表浜をつくろう!」です。場所は寺沢の海岸。かなり冷たい風ですが、天候には恵まれ陽差しが燦々と気分爽快。堆砂垣設置作業も捗りました。参加・協力頂きましたみなさま、寒い中の作業でしたが、おかげさまで無事に設置出来ました。表浜ネットスッタッフとパタゴニアスタッフのみなさま、お疲れ様でした!!

Continue reading

2009 すなはま再生プロジェクト

reef_s.jpg

砂浜再生プロジェクト 2009年度 第1回「表浜をつくろう!」からお知らせです。
粗朶・堆砂垣を使った養浜活動
〜2009年度 第1回 表浜をつくろう!〜
 私たちの手で行うウミガメのふる里づくり
今月は寺沢海岸で行います。冬の表浜で楽しく養浜、里海・里浜づくり!
今期最初の堆砂垣作業です。楽しく浜づくりしましょう!
日程:2008年12月27日(SAT)
※天候が不順な場合日程を変更致します。
時間:午前9時頃〜午後0時30分位まで
場所:表浜海岸豊橋市寺沢町地先の海岸
参加:定員は20名程度。要連絡です。

「2009,表浜をつくろう!12月27日」リーフレット PDF1.8MBhttp://www.omotehama.org/pdf/REEF1227.pdf
主催:NPO法人表浜ネットワーク
協力:豊橋市、(財)日本自然保護協会、
参加ご希望の方は、事前にお申し込みをお願いします。

Continue reading

痛いほど冷たい北西風

fri40.jpg
未明の空を黒い雲が川に流れるように流れていきます。浜辺はピーンと張り詰めた冷たい空気、今朝は冷えました。海はうねりは腰程度ですが、いつもと流が変わって西から東に。その変化に浜崖が所々に発生しています。渚線を東に進むと背中を北西風に押され、西に戻るときは風が強烈に当たってきます。剥き出しの顔は既に強張ってしまいます。今日はさすがに釣り人も少なく、サーファーも居ませんね。

Continue reading

凪いだ朝

thuaf1.jpg
浜辺は風も無く、比較的に暖かい朝。凪いだ海に時折、うねりが届き、サンドバーで割れています。釣り人はだいぶ減ってまばらで釣果も無さそうです。渚線を進むとなぜだかコノシロが浜辺で跳ねています。釣り上げてそのまま捨ててしまっているようですね。よくボラとかコノシロ、セイゴが釣られて捨てられてしまっていますが、生あるもの食べ無いのならばリリースすれば良いのでは?と思うのですが如何でしょうか。一部ですが何でも捨ててしまう釣り人が分別付くはずの世代が多いのは何だかですね。午前中のようなポカポカ陽気から一転、午後は雲が流れ込み、冬の様相に。今晩から寒波が流れ込み、明日は冬らしく冷えそうですね。(写真は日没前)

Continue reading

粗朶・堆砂垣の季節

wed16.jpg
今朝も冷えましたがそれほど厳しく冷えてはいないです。陽差しが浜辺を照らすと辺りがオレンジ色に輝き、暖かくなってきます。本当に太陽の偉大さを感じますね。何にも代え難い恩恵です。渚線を進み、堆砂垣の様子を見ると砂の堆積は垣根を隠すほどになってきています。今年は台風が接近しなかったという異例な年でした。これから季節風が強くなり飛砂の時期となりますが、粗朶・堆砂垣の効果もより発揮しそうです。

Continue reading

冷たい空気

tueaf30.jpg
今朝は霜が降りるほどではないのですが冷えました。日の出前は痛いほど空気が冷たいですね。釣り人もまばらになり、Hガニ(ヒラツメガニ)釣りもそろそろ時期となり、早朝から竿を浜辺に立てて見えますが今一釣れていないようです。今朝の海は穏やかでうねりは膝から腰程度。今後は陽が昇るにつれて西風が強くなって行くのでしょうか。今月は27日の土曜日に「すなはま再生プロジェクト」の始動を計画しています。夕方は冬らしい浜辺に。北西風が冷たく吹き抜けています。

Continue reading

冬至を過ぎて

monaf6.jpg
今朝は水平線上に雲が多く、陽差しも届きません。冬至が過ぎてこれからは日の出位置が陸に向かっていく訳ですね。しかし、年の瀬の割に暖かい朝です。浜辺は日の出と共に西風が強くなって来ています。日没前の浜辺はすっかり冬の雲に包まれています。冷たい北西風が吹き抜け、明日は晴天の冬の浜辺に戻るでしょう。今晩は冷えそうですね。

Continue reading

間の長い波

surf89.jpg
谷ノ口で買い物の後は、今日も海に。海水温度もかなり下がって冷たいのですが、日中は外気はまさにポカポカと春のよう。なかなか波待ちが長く、ボーと海に浮いて待つしかないのですが、時折入ってくるセット波は腰程度ですが、なかなか楽しめました。

Continue reading

谷ノ口ええZoneマーケット

eezon8.jpg
今朝も何か食材をと谷ノ口は「ええZoneマーケット」に向かいました。年の瀬が近いということでかなりの賑わい。時間になると並んでいる人が一斉になだれ込みます。(笑:押されて年配のおばさんに迫力負け)朝狩りのブロッコリー、サワーキャベツやら小松菜、卵といろいろ買い込みます。どれも新鮮で安い!

Continue reading

伊良湖渥美魚市場

sat12.jpg
今朝は渥美漁港の市場の感謝祭ということで伊良湖まで足を延ばしました。小1時間と久々のドライブ?で空は青空。ポカポカの陽差しに思わず初夏のような錯覚に。伊良湖漁港の渥美魚市場へと向かいますが、期待の市場の一般解放では無くて、コーナーでの販売でした。う〜ん少し残念。形原か三谷のような市場を期待していたので。まあ、気を取り直して販売コーナーを回ってシラスとウチムラサキを買いました。

Continue reading

冬の浜辺

friaf20.jpg
今朝も晴天。浜辺は西風が吹き続け海は穏やかに水平線が東西に延びきっています。スッキリと晴れ渡った空のもと、澄んだ空気に東は浜名大橋から西は越戸大山から連なる丘陵と気持ち良く見渡せます。最近は釣りの熱狂も少しずつ醒めてきたのでしょうか。しかし、済んだ蒼い海と空に対照的なのは渚線に残るのはタバコフィルターの吸い殻。なんともマナーの無さには閉口です。このようなシーンを見るとはやくタバコの税を上げてちょうだい!って大声だしたくなります。

Continue reading

海から蒸気

thu12.jpg
今朝の空気は雨上がりで、しっとりと湿気をたっぷりと含んでいるようです。浜辺は風も弱く、海は穏やか。うねりは胸から腰程度で砂州が発達している場所では波が割れています。釣り人も以前ほど賑わいは無く、釣果も無いようですね。陽が昇ると渚では冷えた空気が暖められて水蒸気が湯気のように湧いています。まだ海水温度の方が温かいようですね。

Continue reading

冷たい雨

wedaf9.jpg
今日は朝から降り続ける冷たい雨。浜辺はより寒く感じますね。海はうねりが胸程度で置きの砂州で割れていますがサーファーもまばらです。釣りも一段落で雨の中では釣り人もいませんね。(写真は夕方、やっと雨が上がりました。西の空が少しだけ青みが掛かっていました。明日は良い天気になると良いですね。)

Continue reading

生物多様性市民会議

kaigi1.jpg
16日の午後6時から名古屋市にて3回目の「生物多様性市民会議」の会合が開かれました。活動の軸となる団体の趣意書作りからネットワークを如何に形成するかといった話題。なにゆえ、人材不足な活動にネットワーク構成から実務的な事務局体制など様々な課題が話し合われました。

魚影も見あたらず

tue47.jpg
今週に入って以前ほど魚影は見あたらないようです。海水温度が下がってきたからなのか、釣り人もコノシロが掛かっている程度で釣果無しのようですね。そろそろ冬本番となり魚も動きが鈍ってくるのでしょうか。今朝の海は穏やかで中潮の満潮で潮位が高く、うねりは腰程度ですがほとんどがショアブレイク。早朝は寒さが厳しいですね。

Continue reading

生物多様性COP10とNGOの役割

PC140005.jpg
CDICの主催でなごや環境大学に講師として「生物多様性COP10とNGOの役割」というテーマで講義(?)をしてきました。2010年に名古屋で開催が決まった生物多様性条約とその国際会議について、まず知ることをねらいとしています。
”一応講師の表浜ネットワーク今村”です。
参加していただいた皆様お忙しい中、本当にありがとうございます!CDIC様、機会を与えてくださってありがとうございます!

準備不足で内容に満足できない部分もあったと思いますが、これに懲りずに多様性会議に積極的に参加していただけると嬉しいです!

Continue reading

霜の降りた朝

monaf19.jpg
今朝は冷えました。辺りの草木には霜が降りて白くなっています。浜辺は冷たい西風の中、既に釣り人が渚線に並んでいます。この寒さの中「よく耐えていますねえ」と声かけたいぐらい寒い。水平線に浮かぶ雲で朝日は7時近くになっても覗きませんからいっそうと寒く感じます。渚線を歩いていると風に剥き出しの顔や手は痛くなって辛いですね。(写真は日没:日中は快晴の良い天気でしたね。海に沈む陽が残り少なくなっていく月日のようです。)

Continue reading

雨があがって

sun35.jpg
今朝は冷たい雨が残っていましたが、お昼には晴れ間が拡がってきました。今日も海に入ったのですが、昨日よりうねりのサイズは下がってしまい、波待ち時間も延びてしまいました。ぽかーんと海に浮かんで待つこと10分近くでやっと波が入ったかと思うと既に西風でよれてしまいつまらない波に。そこそこで冷えたので今日は終了。空は午後にはいつもの晴天に戻っていました。

Continue reading

久々にうねりが

sat26.jpg
今朝は昨日のことがあるから波も無いだろうとたかをくくっていたら、なんと胸程度のワイドながらも綺麗な波が割れていました。さっそくウェットスーツに着替えて入水。水温はだいぶ下がってきましたが、5ミリのウェットなら大丈夫ですね。数本、綺麗な波を掴んでライド。早いブレイクですがインサイドまで綺麗に繋がります。その後、割れにくくなってきたのでレフトの波が割れているサンドバーに移動。東うねりもあってか、先程よりサイズアップで盛り上がったなかなかの波。人も少なく、楽しめたので長時間入ってしまいました。あ〜疲れましたね。でも、気持ちがよい!

Continue reading

アカウミガメ保全ガイドライン 会合

PC120018.jpg

本日、豊橋技科大にて、アカウミガメ保全ガイドライン作成会合が実施されました。
参加団体は豊橋技科大 海岸工学研究室、NPO法人表浜ネットワーク、あかばね塾うらしま隊、カレッタ君のふるさとを守る会、桜丘高校 生物部、豊橋技科大自然部と、6団体の参加がありました。
NHKと朝日新聞の取材もあり、充実した会合となりました。
参加していただいた皆さん、お忙しい中ありがとうございます!そして長時間お疲れ様でした!

こういった地域で同じ活動をしている皆さんとの会合はやはり年に一度開催したいですね。
でも、ガイドラインづくりは予想していた通り大変そう・・・(めまいが・・・)

今回の事項について記載漏れなどありましたらどんどんコメントをお願いします。
メール:imamura@jughead.tutrp.tut.ac.jp
ブログにコメントでもかまいません。

Continue reading

豊小学校出前授業(桜丘生物部)

yutaka25.jpg
今日は何と表浜ネットのアカウミガメの産卵・孵化調査や養浜活動に協力頂いている桜丘高校の生物部が豊小学校に出前授業。タイトルは「アカウミガメと地球環境」と、どでかいテーマです。さすが若いって捉える視点が大きい。(笑
いえいえ、曇りの無い視点で、本当に頼もしいばかりです。少し、心配なので見学に行ってきました。しかし、心配どころか、なんのなんので立派に出前授業をこなしていて「あっぱれ!」でした。小学生ぐらいの子どもに伝えるって一番難しいですよね。

Continue reading

穏やかな週末の海

fri14.jpg
今朝は比較的に暖かい朝ですね。日の出前の浜辺も寒さはそれ程感じません。海はうねりも下がって膝程度。しかも大潮の満潮。多少は潮が引くのを待ってみたのですが、さすがに波は割れませんでした。残念!釣り人は相変わらずで、海上の鳥山を追って東に西に浜辺を駆け回っています。

Continue reading

少しずつ冷たく

thu10.jpg
今朝も晴れていますが、日の出時間は6時半ぐらいで薄暗い浜辺では西風で冷えてきます。海は穏やかでうねりもセットで腰程度。やっと陽が昇り、辺りが明るくなって温まりだしてから、海に入水。5ミリのウェットスーツに守られて体は温かいのですが、剥き出しの手足は冷えてきます。やっぱり12月は着実に冬に向かっていきますね。

Continue reading

雨上がりの朝

wedaf7.jpg
今朝は昨晩の雨も上がって青空が拡がっています。低気圧通過後のわりにはなんだか暖かい朝。海は荒れているほどではなく、うねりが肩程度で少し、風の影響も入って東に流始めています。今日は暖かい一日となりそうですね。(写真は日没前、今日は暖かい一日でしたね。インディアンサマーですね、ロンTシャツ一枚で過ごすことが出来ました。やっぱり暖かいが良いですね。)

Continue reading

カタクチイワシ

tue3.jpg
今朝も寒いですね、雲が空一面に拡がって灰色の朝です。海は穏やかでうねりは膝から腰程度。朝の波乗りもそろそろブーツとグローブが必需品となってきたようです。釣りは少し落ち着いてきたのか、あまり掛かっていないようですが、数人がワラサを釣り上げていました。大物に追われ、カタクチイワシなど小魚が打ち上げられていました。今日は午後から下り坂のようですね。

Continue reading

シラスウナギ

monaf10.jpg
今朝も冷えました。浜辺は陽差しが出ていないと風が冷たくて辛いですね。釣り人も完全装備ですが、じっと待ちかまえている姿は辛そうです。海はうねりが胸程度でセットは頭程度はあるのですが、ほぼワイドなダンパーブレイク。寒さを堪えながら渚線を進むと糸状の透き通ったシラスウナギが打ち上がっています。今年のワラサの豊漁なども、このようなシラスの増加が何らかの影響を与えているのでしょうか。原油高で社会的な規制が掛かったシラス漁。今まで捨てるほど獲っていた漁業資源は壊滅的な減少に歯止めが掛かっていません。でも、自然に任せれば復元する可能性が高いのかも知れませんね。(写真は夕方、日中は暖かくなりましたね。)

Continue reading

鷹たちの空

sun58.jpg
今朝はかなり冷えました。薄氷も張っていたようです。空は真っ青に気もち良く晴れ渡り、済んだ空気で遠くまで見渡せます。今朝はその空を自由に鷹たちが飛び回っています。ミサゴ、ノスリ、トビが繁殖期が近いのか二羽ずつ空を自由に飛び回って気持ちがよさそう。海は北西風で波乗りは厳しい状況ですが、気持ちの良さに釣られて入っていました。海水温度もかなり下がってきましたね。

Continue reading

プロ・ナトウーラ・ファンド成果報告会

pnf9.jpg
今日はPro Natura FOUNDATIONの成果報告会に東京まで。昨年からの「すなはま再生プロジェクト」にて実施した堆砂垣による養浜と海浜植生を利用した砂丘の安定化の活動報告です。

Continue reading

未明の豪雨

friaf13.jpg
未明はもの凄い雨音で目が醒めました。朝は雨は上がっていますが雲が拡がっていてまだ雨は降りそうです。浜辺はほとんど人影もなく、海は風で荒れていました。生憎の雨ですが今日も海岸に於いてのミーティングが続きます。(写真は夕方。風は冷たい北西風が既に強く吹き始めています)

Continue reading

今日は海岸視察

thu13.jpg
今日は昨日から表浜に訪れているカリフォルニア州立大サンタクルズ校のホイットとフロリダ ワイルドライフ研究所の平間さんと海岸を廻っています。(朝は波乗りも)午後からは浜辺でデンソーさんとの「DECOウォーク表浜&すなはま再生プロジェクト」のミーティングと超忙しいスケジュール。気持ちの良い晴天で表浜を満喫ですね。

Continue reading

砂中温度計測器の回収

datalog49.jpg
今日は5月に埋めた砂中の温度計測用のデータロガーの回収です。簡単に回収と言っていますが、今期は記録的な台風の少なさで、測量では砂浜は堆積傾向に向かって埋めた当時より、80センチは上に砂が堆積した模様。約50センチだったのが約130センチは深くなってしまったと予測されます。砂浜を掘ると言っても、約130センチの深さで25メートルを掘り出さなくてはいけません。埋めた時は3人でしたが、掘り出しは技科大海岸工学室のメンバー6名に増強。果たして上手く計測できていれば興味深いデータが得られると目論んでいますが・・・・。

Continue reading

年末は疲れますね

datalog93.jpg

やっぱり、このシーズンは胃に負担が掛かりますね。朝の目覚めもなんだかスッキリしません。しかし、浜辺に出ると晴れ渡った青空と澄んだ空気に包まれ、渚線を歩いている内に気持ち良くなってきます。今日も釣り人は寒い中、粘っていますが、ワラサも東に向かってしまったようですね。今朝は少し小さなアブコが掛かっている程度でした。今日はフロリダからFish and Wildlife Research Instituteの平間さんとUniversity of Calfornia, Santa Cruzeのホイットが表浜に訪れます。

Continue reading

今朝も快晴

tueaf8.jpg
日の出が水平線の雲に遮られて暗い空は蒼紫色に染まっています。今朝は水平線上に雲が残っていますが、青空が拡がるスッキリとした快晴。それでも暗い浜辺には釣り人がびっしりと並んでいます。ただし、今日はみなさん坊主のようですね。どうやら風もやや南向きで流が変わった模様。渚線を進むとなんとタバコの吸い殻が多いことか驚きます。過熱するとどうしても駄目ですね、残念ですが・・・。ついとう、車で砂浜を走り回る者も出てきたようです。(今日は暖かかったですね。写真は夕方。まったく海に浸る事が出来ません・・・。)

Continue reading

第19回ウミガメ会議 今村レポート

IMG_1934.jpg

大学の修士論文執筆の一環として参加した今回のウミガメ会議。海岸工学会などではおそらくマイナーな存在であるウミガメについてこれほど突っ込んだ研究があるのはウミガメ会議だけでしょう。
色々と参考になりました。

それと桜丘高校の皆さん、ポスターセッションお疲れ様でした。
経験は必ず生きます。今している勉強はきっとどこかにつながります!(多分・・・おそらく、きっと)
満田先生からいただいた写真です。
タイトル
「高校生に囲まれて」

Continue reading

師走入り

af2.jpg
無事に「日本ウミガメ会議明石会議」を終え、表浜に戻ってきました。やはり、自然海岸は落ち着きますね。たった3日間でしたが、踏み込む砂地が懐かしい。(笑
もう、先週のうねりも残っていなくて真っ平らな水平線が延びています。相変わらずの釣り人で生き餌で釣っていたおじさんまでもがルアーに変わっていました。ただし、一部の者のマナーが悪く、タバコの吸い殻が散乱。なぜだか、海から得るだけで感謝の気持ちが無いんですねえ。(写真は日没。鮮やかな紅色でしたね)

Continue reading

Home > Archives > 2008年12月

Links
SUPPORT
Search
Feeds

Page Top