Home > 今日の表浜海岸

今日の表浜海岸 Archive

早朝巡回開始

mon46.jpg
5月の休み明けからアカウミガメ上陸・産卵巡回調査が始まりました。はやいもので昨年もやっと終わったと思ったばかりですが、本当に一年が早く感じます。今朝は静かに凪いだ海上に月が浮かぶ浜辺から開始です。空気は少し肌寒いぐらいですが少し歩くだけで汗ばんできました。今年もこれから熱い夏になりそうですね。

田中さん、omotehama blog の名前が2008のままですけど大丈夫ですか?
あと、例のアレですが”オヤガメ”を親ガメに直してくださいね・・・

2009.jpg

2008年度のBlogから2009年度に移行します。宜しく、移行のほどお願いいたします。

表浜ブログ2009
http://www.omotehama.org/report09/

ご要望がありました2009年度版に移行します。

Continue reading

ダブルブッキング!

sun19.jpg
今日も快晴。しかし、またまたやってしまいました、ダブルブッキング。最近はイベントが多いので勘違いも多発ですねえ。朝、子ども達のプログラム用にと準備していたら、連絡が入って大あわて。時間を勘違いしていました。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。表浜車両規制パトロールには代理で表浜ビーチスクールのみなさんに依頼して打合会に。駄目ですねえ、記憶力が劣化しています。反省・・・・です。

Continue reading

久々の快晴

sat03.jpg
今朝は久々の快晴。既に海岸にはサーファーと釣り人で溢れています。今日は中部環境を考える会の「表浜巡検」です。表浜海岸とウミガメの産卵環境を今日一日は視察します。今週末はイベントが続きます。ふ〜!忙しい!!

Continue reading

雨上がる

fri13.jpg
昨日はもう、うんざりするほど雨が降り続けましたね。やっと雨が上がった海岸は至る所に土砂流の跡が残っています。浜辺は西風が吹き始めて沖の波頭が風に流れています。今朝の満潮時はかなり潮が高く、砂浜もいつもと比べて広さが半分ぐらいに感じます。

Continue reading

雨降り続く

thu22.jpg
今朝も雨音で目が醒めました。太平洋南岸には低気圧が居座っているようで、まだまだ降り続けているようですね。浜辺は休み明けでサーファーも釣り人の姿もありません。GWの賑わいの残骸が至る所に残っています。砂浜にもサンドバギーで走り回った轍が残っています。

Continue reading

雨降りしきる

wed04.jpg
今朝は昨日から降り続く雨音で目が醒めました。本降りの雨です。海岸ではサーファーも今日は少なくなっていますね。

Continue reading

雨の1日

tue15.jpg
今日は朝から雨模様。早朝は本降りでしたが、その後は雨雲が西から流れてくるのに合わせて降ったり止んだり。気温もそれほど上がらず、浜辺のハマヒルガオも少し小寒いようにみえますね。

Continue reading

薄曇りの朝

mon1.jpg
今朝は久々に陽差しが陰った薄曇りの空模様。今朝も余り代わり映えの無い海ですが、南の海では台風1号(クジラ)が太平洋岸を北上の進路をとっているようですね。明日ぐらいからうねりも届き始めるのでしょうか。

Continue reading

ハマニガナ

sun11.jpg
今朝も薄い雲が少し拡がっていますがそれほど天候には変わりはないようです。穏やかな海ですが日曜日ということもあって、海岸は沢山のサーファーと釣り人で賑わっています。お昼頃には晴れ間が拡がって、砂浜の黄色いハマニガナの小さい花が開き日を一杯浴びていました。

Continue reading

GW中盤は

sat07.jpg
今朝も海は凪いだような穏やかな海。まったくもって春の海って感じです。波もほとんど無いのですが、陽気に誘われて入水。わずかなうねりをつかまえますが、直ぐに消えてしまいます。あ〜あ穏やかな海ですね。

Continue reading

今朝も穏やかな陽気

fri22.jpg
今朝も暖かい穏やかな朝。うっすらと水平線に残っていた雲も陽が昇ると消えて蒼い空が拡がりました。海は凪いで今日も水平線は延びきっています。波はないですねえ。夕方は西風が強くなって浜辺は少し肌寒いぐらい。なんだか明日も波は期待できないですね。

Continue reading

春の海

thuday2.jpg
今朝も快晴。暖かい日差しが浜辺に溢れています。海は完全に凪いで水平線が真っ直ぐに延びきっています。今日は釣り人が多く、GWに入って休日を楽しんで見えるのでしょうか。陽差しは既に強いので日焼けは確実。そろそろ紫外線予防も必要ですね。夕方の浜辺は西風が吹いていました。今日一日は良い天候で気温もあがるかと思いましたが、まだ浜辺は西風の温度が低いですね。明日も波は無いようですねえ。

Continue reading

根こそぎ

tue15.jpg
今朝は引き続き冷たい西風。海は水平線が真っ直ぐに伸びきっています。ただ、いつもと違うのは水平線を漁船が埋め尽くしていること。なんと波打ち際から数メートルのところまで二艘引き漁船が走っています。数日前からシラス漁が一斉に始まったのでしょう。流通で極端化した消費。その結果がこのような根こそぎ漁なのでしょう。漁業資源の基盤が脆弱になっているのに消費が追い打ちをかける。この状況は後戻り出来ないところまで進むのでしょうか。

Continue reading

冬のような西風

mon29.jpg
今朝はこの時期にしては冷たい北西風が浜辺を吹き抜けています。なんだか冬に戻ってしまったみたいに少し寒く感じます。海はうねりも風に潰されて西から東に流れています。夕方も西風が吹き続けています。まるで季節が逆戻りしたような肌寒さです。明日の朝も冷えそうですね。

Continue reading

嵐の後

sun17.jpg
昨日は大変な天候でしたね。さて今日はその爆弾低気圧も通過し、強烈な北西風。空気が綺麗に澄んで陽差しが輝いていました。昨日の豪雨で視察ができなかった表浜海岸。今日は雨があがったので日本ウミガメ協議会主任研究員の松澤氏と東大院の研究生、NHKのプロデュサー筒井氏とで視察に向かいました。

Continue reading

シラス漁

friday05.jpg
今朝はうっすらと雲が拡がって海も凪いでいます。いつもと違うのは沖合にはシラス漁船が水平線にビッシリと埋め尽くしています。ゴールデンウィーク前なのか、明日から海が荒れるからなのか凄いですね。夕方は少し肌寒さを感じるほどの東風。明日はどうやら雨で悪天候。エクスカーションには残念ですが屋内プログラムが多いので何とか実施致します。

Continue reading

緑濃くなる丘陵

thu20.jpg
今朝も快晴。吹き続ける西風で一気に波も無くなり穏やかな海。ちょっとした冬型の気圧配置ですよね。ただ、もう風には冷たさは感じず、陽差しが暖かいまさに春。丘陵も鮮やかな濃い緑色に変わってきました。東風と西風が交互に吹き始める時期です。堆砂垣もほとんど砂に埋もれてきました。

Continue reading

ハマヒルガオのつぼみ

wed73.jpg
今朝は晴天。陽差しが眩しく照りつけます。風は低気圧が抜けた後で西風が強くなっています。海はそれほどうねりは上がっていないようで胸程度の波が沖の砂州で割れています。でも風に押されつつありますね。強い陽差しのもと、砂丘に目を移すと緑色の濃くなったところはハマヒルガオの植生棚。小さなピンク色のつぼみが少しですが増えつつあるようです。夕方はの浜辺は一日吹き続けた西風で波は消えつつありますね。浜辺は新たな飛砂で様相が変わってきていますね。

Continue reading

東風吹き荒れる

tue22.jpg
今朝は雨は本降りではないのですが、東風は強く吹き荒れています。飛砂もいつもとは逆で砂浜を見ると逆の風紋が入っています。海はまだ荒れてはいないのですが、今後は低気圧のうねりで上がっていくのでしょう。午後から夕方は天候は大荒れ。雨が激しく降り続けています。夕方の浜辺は東風が強烈でした。

Continue reading

週初めは穀雨に

mon07.jpg
今朝の浜辺は雲が拡がって東風が強く吹いています。海はうねりも小さく腰程度。風も締めっぽく、これから天候は下り坂のようですね。週初めは穀雨になりそうです。

Continue reading

BBQ日よりですね

sun6.jpg
朝から快晴。でも、波は無い・・・・時折、うっすらと筋が入る程度です。あまりにもの快晴にしばし入水。でも、数本つかまえるだけで精一杯。無理とさとって終了です。風も弱く、まるで夏のような陽気。BBQ日よりですね。ゴミはしっかりと持ち帰りましょうね。

Continue reading

お昼には晴れ

satd7.jpg
今朝は予想と違って東風が吹き、雲が拡がっています。海もショアブレイクに近い波ですね。今日はアースディということで表浜のパネルだけ豊橋サイエンスコアに展示?その後は海岸に向かって入水。海水が冷たいけどウェットは3ミリに。波もショボショボ波で直ぐに消えてしまいました。晴れて春らしい陽気になりましたけどね。

Continue reading

霞む水平線

friday03.jpg
今朝は薄雲が空を覆い、さらに靄が拡がって空と海の境界がぼやけています。海は凪いで腰程度のうねりがスウッとなだらかな水面に浮かびます。潮が高い朝は波もなかなか割れずに岸まで届いてしまいます。何やら海に突然波立ちました。驚いたことに人です。泳いでみえるようですね。寒くないのかな?でも、気持ちよさそうでした。夕方の浜辺は雲が拡がっています。雨が降ってきそうな雲ですがまだ降って来ていません。西風が吹いて波は小さく膝から腰程度ですね。

Continue reading

霞む空

thu06.jpg
今朝は薄雲が掛かったような霞んだ空。海は穏やかになってうねりも膝程度。サーファーも少なく、砂浜にはエッチガニ釣りのおじさんが数人。静かな浜辺ですが砂丘の緑色は強くなってきています。ハマヒルガオのつぼみもチラホラと出てきましたね。夕方は少し冷たい西風が吹き続けていますね。海は潮が引いて沖の砂州で波が多少割れていました。

Continue reading

前線通過

weday09.jpg
今朝は昨日の雨も上がって快晴。浜辺は既に強い西風が吹き荒れています。海は荒れていますがうねりはそれほどではありません。波頭は西風に煽られ大きく飛翔しています。強い西風は飛砂を起こし初めています。でも、冬のように冷たい西風では無いですね。
今日は低気圧が北東で発達して冬型のような気圧配置で風が強い一日でした。夕方、浜辺にでると飛砂で砂浜の様相が変わっていました。明日は少し寒が戻って冷えそうですね。

Continue reading

今日は雨

tue03.jpg
今朝は雨雲が拡がってポツポツと雨が落ちてきますが西の空を見ると今にも本降りになりそうです。足を速めて渚線を進みます。アマモが昨日から漂着しだして黒い塊になっています。アマモが流れ着くようになると、やっと海水温度も上がり出すようですね。今日は終日雨のようですね。

Continue reading

初夏の陽気

mon04.jpg
数日晴天が続いて一気に気温が上がってきました。早朝でも渚を歩くと汗ばみます。今朝は大潮で満潮。渚線は大きなタイドプールと漂着したアマモで進みにくいです。海はうねりが肩ぐらいのサイズで綺麗に割れていますね。

Continue reading

春の海

sun5.jpg
今日も一日海岸です。晴天の空、うねりも多少ですがなんとか楽しめます。今日も海に浸りっぱなしでした。あ〜疲れた。

Continue reading

やっと小さいけど波が

sat06.jpg
やっとうねりが多少ですが入って来ましたね。日中は初夏のような陽気に砂浜が熱く感じるほど。でも海水は冷たいですよね。久々に一日海に浮いていました。

Continue reading

続く凪いだ海

fri05.jpg
今朝も海は凪いで穏やか。これだけ大きな大洋が湖のように穏やかな日が続くと言うのも、なんだか珍しい気がします。気圧配置が安定しているからでしょうか。週末から徐々に下り坂に向かうようですね。早く海水温度が上がって欲しいですね。さて、忙しい日々ですが今日は関東方面に向かいます。

Continue reading

春霞

thuday6.jpg
今朝も凪いだ海にエッチガニ釣りのおじさんだけ。晴れ渡っていても何となく霞みが掛かったような空です。カニ釣りのおじさんと暫し立ち話ですが、今年のカニはどうも小粒。昨年、台風が少なかったことが影響していないかという話題です。台風によって砂が攪乱されることでカニや小魚も大きくなるみたいな話しにお互い同感。自然のサイクルは微妙にずれてくるだけで様々なところに影響していくみたいです。午後はもうポカポカ陽気でしたね。

Continue reading

今朝も凪いだ海

weday14.jpg
昨日に続き今朝も海は凪いでいます。薄雲が拡がっていますが、午前中には晴れるようですね。これから日増しに暖かさが増していくのにつれてコウボウムギの緑色が強くなってきましたね。今日は一日、ポカポカ陽気に。午後も変わらず春の陽気。夕方も海は凪いでいました。

Continue reading

凪いだ海

tue06.jpg
今朝は海は見事に凪いで東の海上にぼんやりと霞んだ陽が浮いています。朝はまだ少し寒く感じますが今日も春の陽気が続きそうです。今朝も渚にはエッチガニ(ヒラツメガニ)釣りのおじさんだけですね。

Continue reading

今日は春の陽気に

mon06.jpg
今朝の浜辺は北風が少し冷たく感じます。陽差しがやっと東の雲から離れて浜辺に届き始めました。やっと春の陽気に恵まれそうですね。海は穏やかですが、ぼちぼちエッチガニ(ヒラツメガニ)が釣れ始めているようですね。

Continue reading

やっぱり冷たい

sun2.jpg
今朝は前線が南下したので期待して海に。昨日よりはうねりも上がっているのですが浜辺は冷たい北西風。昨日も海水が冷たかったので覚悟して入水。でも、やっぱり冷たい。冷えてしまって体が上手く動きませんでした。

Continue reading

海水が冷たい

sat29.jpg
今朝は雲が拡がって風も弱い。これで海に少しでもうねりが入ればと思ったのですが、かなり厳しいようです。少し潮が動くのを待って微かに砂州で波が割れだしたので久々に入水。グローブもブーツも無しで入ったのですが、昨日の北西風で海水が冷えたのか、かなり冷たいですね。波も割れなくなって冷えてしまったので小1時間で終了。まだまだ海水は冷たいですねえ。

Continue reading

春の陽差し

friday13.jpg
やっと北西風も弱まったようです。陽差しは春、風さえ弱まれば今日は暖かくなりそうですね。3月末からなんだか寒い日が続いていたのでポカポカ陽気が待ち遠しいです。海はまったく波も無いですね。堆砂垣はこの時期には珍しく砂をかなり捕捉したようです。
friday06.jpg
今日はやっと春の陽気が戻ってきましたね。午後は少し雲が拡がってきましたがポカポカ陽気でした。波は明日も期待できないでしょうね。写真は夕方です。

Continue reading

4月の飛砂

thuday1.jpg
今朝は早くから強風が吹き荒れています。浜辺は飛砂が川のように西から東に。空は晴れ渡って陽差しも暖かく感じますが、厳しい北西風が一日吹き荒れるようです。午後も強烈な北西風は止みません。飛砂も凄くて全身砂まみれになってしまうほど。この時期にこの風も珍しいですが、早く春本番に向かって欲しいですね。

Continue reading

今日から卯月

wedday11.jpg
今朝は冷えるかと思いましたが意外と暖かい朝でした。薄雲を通して暖かい陽差しが浜辺に届いています。海は穏やかで満潮の朝はうねりも岸まで届いてバッシャと割れるだけ。ただし、今後は北西風が強くなりそうですね。午前中はまさに春のような陽気でしたが、午後は一変。冷たい西風に変わって黒い雲が流れてきています。今晩も冷えそうですね。

Continue reading

砂浜の物質交換

tue04.jpg
朝はなかなか春らしい暖かさとはいかないようです。今朝は雲が拡がっています。海は穏やかですが中潮で満潮時、波は汀段を越えて幅広くタイドプールが出来ています。海は富栄養化が進んで濁っているようで、潮溜まりには汚濁泡が溜まっています。汚濁泡は藻類がほとんどなのでしょう、砂浜には黄緑色の帯が残っています。

Continue reading

春の足踏み

monday7.jpg
四月を前になかなか春を実感出来ませんね。朝はまだまだ風が冷たくて三月中半より寒く感じます。今週ぐらいは暖かくなって欲しいですね。今日も海は穏やかです。午後は陽差しは既に春。でも風が少し寒く感じます。

Continue reading

春のような冬のような

sun9.jpg
陽差しは暖かいのですが、まだ風が少し寒さを感じさせます。なかなか春が早まったようで未だ冬のような思わせぶりの季節。でも、砂丘の植生は着実に成長を早めていますね。

Continue reading

凪いだ海

sat08.jpg
今朝の浜辺は冬に戻ったような穏やかに凪いだ海。西風も冷たく感じます。

***お知らせ****
東海地区のみなさまへ。
今朝のNHKウィークエンド中部にて表浜とウミガメの話しが放送されます。
3月27日土曜日午前7時30分から
「ウミガメの砂浜を守れ」
~新たな取り組みと課題~
私たちには何も知らされずに設置された「孵化場」。今まで表浜ネットは自然の砂浜こそ、ウミガメを保全する最善の環境と活動してきました。果たしてその事業が「生物多様性」に繋がるのか?ウミガメだけを切り離して守ることは、本当にウミガメの保護に繋がるのか?

孵化場の様子

Continue reading

花曇り

fraday16.jpg
今朝は雲が拡がって少し肌寒い朝です。4月を目の前に少し足踏みのようです。今日の海は穏やかでサーファーや釣り人の姿も少なく静かな浜辺です。写真は夕方。今日一日陽が差したかと思えど直ぐに雲が流れて来て、西風と共に花冷えでした。海は冬のように穏やかです。

***明日のお知らせ****
東海地区のみなさまへ。
明日の朝のNHKウィークエンド中部にて表浜とウミガメの話しが放送されます。
3月27日土曜日午前7時30分から
「ウミガメの砂浜を守れ」
~新たな取り組みと課題~
私たちには何も知らされずに設置された「孵化場」。今まで表浜ネットは自然の砂浜こそ、ウミガメを保全する最善の環境と活動してきました。果たしてその事業が「生物多様性」に繋がるのか?ウミガメだけを切り離して守ることは、本当にウミガメの保護に繋がるのか?

Continue reading

寒の戻り

thu55.jpg
今朝は久々に冷え込みました。でも、暦の感覚がそうさせるのか気温より暖かく感じます。それとも陽差しや海、空と丘陵がめっきりと春の色なので、春色効果なのでしょうか。

Continue reading

西から小雨が

wedd04.jpg
今朝は雲が拡がって西の海上の空には雨がまだら模様のように見えてきます。今にもこちらに向かってきそうです。海も穏やかに凪いでいるので渚線にはサーファーの姿はありませんが釣り人が少し。まだまだ海水温度が低いようなので釣果は期待できそうにないようですが。写真は夕方。風が少し肌寒くなってきたようです。冬型に少し戻る気配ですね。

Continue reading

西風吹き抜ける

tue56.jpg
今朝は雲が拡がっていましたが、冷たい西風と共に青空が拡がってきました。海はほぼフラットでサーファーも釣り人も姿を見ませんね。最近、海岸の丘陵では不法投棄が増えているようです。生活ゴミや家電など、引っ越し廃棄物です。もし、投棄現場を見つけたら車のナンバーを覚えるか携帯カメラで写真をとって警察に通報しましょう。

Continue reading

春の飛砂

mon04.jpg
今朝は晴れ渡って陽も早くから浜辺を照らしています。浜辺は西風が強く、飛砂が川のように足もとを西から東に流れていきます。春の飛砂ってところでしょうか。海はうねりが出ていますが、潮位が高く、沖の砂州で割れていますが岸までうねりが到達して浜辺を遡上してきます。午後は西風で完全にうねりも消えて真っ平ら。飛砂がかなり強く吹き付けています。

Continue reading

春霖

sun10.jpg
今朝は雨滴がパラパラと時折落ちてくるような天候です。南の風で曇っているわりに暖かい。春の雨(春霖)ですね。桜の開花も各地で始まっているようです。昨日の「ウミガメが教えてくれること」は如何でしたか?アカウミガメが太平洋を挟んで、日本とメキシコを繋いでくれています。大活躍のホイット博士も春には表浜に訪れますよ。

Continue reading

雨は上がりましたが爆風

frid16.jpg
今朝も暖かいですね、今は未明からの雨は小康状態。雲はまだ拡がっていますが、西風が吹き始めています。海はうねりは胸あるかないか程度ですが風で荒れていますね。午後はやっと青空が拡がってきたのですが・・・・爆風です。強烈な風に諦めました。

****お知らせ*****
「ウミガメが教えてくれること」日本〜メキシコ 太平洋2万キロの旅
この表浜にも来たことがあるホイット・ペックハムが鹿児島は南日本放送(MBC)の番組です!
「ウミガメが教えてくれること」に出演します。メキシコはバハ・カリフォルニア半島で活躍する彼とウミガメに期待!須賀健太くんと元ちとせさんがナビゲーターです。全国放送です!(TBS系) 今週の土曜日です!!

放映時間:3月21日土曜日
PM15時30分〜16時55分

Continue reading

くすんだ陽続く

thu06.jpg
今朝も暖かくて黄砂でくすんだ陽。海は穏やかでうねりも岸際で砕ける膝程度の波。小潮でも朝は潮位が高く、渚には様々なものが海から打ち上がっていました。

****お知らせ*****
「ウミガメが教えてくれること」日本〜メキシコ 太平洋2万キロの旅
この表浜にも来たことがあるホイット・ペックハムが鹿児島は南日本放送(MBC)の番組です!
「ウミガメが教えてくれること」に出演します。メキシコはバハ・カリフォルニア半島で活躍する彼とウミガメに期待!須賀健太くんと元ちとせさんがナビゲーターです。全国放送です!(TBS系) 今週の土曜日です!!

放映時間:3月21日土曜日
PM15時30分〜16時55分

Continue reading

黄砂に包まれる陽

wed04.jpg
今朝も黄砂に包まれた陽が海上に幻想的に浮かんでいます。しかし、この黄砂は幻想的なんてもんじゃあないのでしょうが。穏やかな海で今日も気温が上がりそうですね。菜種梅雨といい、今年は2週間ぐらい早い感じです。

Continue reading

沙漠の陽

tue05.jpg
黄砂の影響でしょうか。今朝の日の出は何か幻想的です。まるで沙漠の陽のように朦朧としています。気温がだいぶ暖かくなって砂丘のコウボウムギの目が伸びるそくどが増してきました。

Continue reading

春を迎える

mon43.jpg
今朝の晴天、スッキリと晴れ渡った蒼い空。海は未だ先週末からの濁りを残していますが、穏やかな海とともに静まりつつあります。今日は渚線を進むとワカメが漂着しています。かなりな大物なので持ち帰りは諦めですね。

Continue reading

陽気はすっかり春なのですが

sun13.jpg
今朝は快晴。でも早朝の海岸はまだまだ肌寒い。西風が強く、海も流れ始めています。ここで悩むことが、陽が昇って暖かくなるのを待って海に入るか、今入るか。潮が大潮で満潮、波は厚めですが、多少は割れている。でも、とっても寒そうで、この晴天は陽が昇れば暖かくなるだろうと。年を重ねると弱気になりますね。まだまだ冷たい海水が身に染みました。

Continue reading

春の嵐

fuka1.jpg
未明から続く叩き付ける雨音と風の音。雨は小康状態になりましたが朝の海は大荒れです。お昼頃には晴れ間が拡がってきたので海岸に。ちょうど、その時に「孵化場」を市の職員のみなさんが設置していたので質問等、お話に。流出の可能性の判断の困難さや、発生条件の複雑さをどのように理解しているのか。日頃、協働といえど何故にこちらには連絡が無かったのか。また、孵化場を三年間続けた後、この囲い込んだ「孵化場」が今後どのような発展性があるのか。この課題に納得の出来る答えは頂けませんでした。再考頂ければ良いのですが・・・今まで通りで良いと思うのですが。残念ですね。

孵化場のリスク
日本ウミガメ会議:ラルフ・アッカーマン博士の基調講演
米国・アイオワ州立大学のラルフ・アッカーマン博士:ウミガメ研究の権威。砂浜に於ける発生の研究

Continue reading

ボクもこの浜で生きているんです!

fri47.jpg
エッチガニ(ヒラツメガニ)は言います。「申し訳ないのですが、ボクもこの浜で生きているんです。残念ながらボクは美味しいらしいけど」そうです!砂浜と沿岸砂州は希少種だけでなく、ざまざまな生き物と植物が織り混ざって里海・里浜を造り上げているのです。「希少種だけを守ればいい」ではなく、エッチガニからナガラミなど浅瀬域の様々な魚介類。そしてその恵みを美味しく頂く私たちと社会まで含めて共存を考えることが「生物多様性」というテーマです。今、その希少種の発生を囲い込み、隔離させることで「保護」しようと「生物多様性」という言葉のもとで行われています。せっかく、豊橋市は立派な生物多様性を再生させる「エコ・コースト事業」を行っているのに・・・・同じ豊橋市がなぜ?希少種だけを隔離するのでしょうか。

******考え直しませんか?「生物多様性」*********
里海の生き物(私たち人も)を支えているのが自然の砂浜と沿岸砂州のある沿岸浅瀬域です。小さな生き物から様々な海浜植物が織りなす、浅瀬域の多様性。複雑な砂と水の循環環境で支えられています。その砂浜があってこそ、危惧種のアカウミガメも支えることが出来ます。本当ですか、流出の可能性?「孵化場」は種の発生を妨げていませんか?お願いです。考え直しませんか?

***流出の可能性があるものを対象と言われていますが?***

その前にやるべきことは沢山あります。「孵化場」が発生に与える影響は高すぎます。

・「孵化場」を作るまえに、どのぐらい産卵巣が流出するのか調査するべきです。

 砂浜は複雑な環境です。実際に流出の可能性を見出すのは困難です。判断には経験差が生じます。しかも実際には流出は年に数カ所程度です。三箇所の「孵化場」は明らかに過剰設備です。

・移植による、孵化率の調査を行うべきです。
 私たちも行っていますが、孵化率の増減の要因は把握出来ていません。

・孵化場の運営に無理が無いのか、しっかりと検討すべきです。

 いったん、作ってしまうと砂の入れ替えや、脱出時の注意などとても大変です。
 また、イタチなど小型の生き物の餌場と化してしまう恐れもあります。
また移植時も流出の判定はとても困難です。個人差が出てしまいなし崩しに移植が慣例化する可能性もあります。「孵化場」という対策にリスクを負ってまで移植する必要があるのでしょうか?

Continue reading

冷たい北西風

thu04.jpg
久々の見事な日の出です。浜辺は冷たい北西風が吹き抜けています。昨日の飛砂も活発だったようで堆砂垣も新たな堆砂が確認出来ます。冷たい風の中、砂丘のコウボウムギは成長が早く、果穂が覗いていました。

Continue reading

湖面のような海

weday3.jpg
今朝は穏やかに海は凪いでいます。うねりも無く凹凸の無い海、波打ち際に立つと真っ平らな海が拡がって浜名大橋辺りまで見渡せます。しかし、残念ながら海面のように穏やかになれないことが進行しつつあるようです。

Continue reading

西から晴れ間拡がる

tueday07.jpg
朝の気温もそれほど寒く感じなくなってきました。今朝は雲が拡がっていましたが、西から晴れ間が徐々に拡がってきています。海も穏やかで陽差しが出れば春の陽気になりそうですね。砂丘のコウボウムギの芽吹きは益々拡がってきています。写真は夕方。夕方は西風が強くなり飛砂が起きています。

表浜の飛砂の様子です。砂表を川のように流れる飛砂の様子がわかります。

Continue reading

雲がまたもや拡がる

monday10.jpg
今朝も雲がどんよりと空を覆っています。最近は陽差しもわずか一日続けば良い方ですね。しかし気温も着実にあがってコウボウムギの芽吹きはいっそうと拡がっていきました。今年の桜の開花も早いようですね。夕方はポツポツ雨が降り出してきました。芽吹くコウボウムギ。雨も新芽にとっては潤いなのでしょう。

Continue reading

谷ノ口で堆砂垣

yano04.jpg
今日は明日の「DECOウォーク表浜」準備と谷ノ口の堆砂垣のお手伝いに。まずは明日の現場で北西風が吹き荒れる浜辺にて設置場所を決めて杭打ちです。その後は午後から谷ノ口で子ども達と堆砂垣づくり。谷ノ口の現場は既に昨年から増設して堆砂垣が立派に効果を出しています。子ども達は元気が良くて楽しく設置出来ました。みなさん!お疲れ様、ご苦労様でした!

Continue reading

強い北西風

sat04.jpg
今朝は強い北西風が吹き荒れています。うねりも風で潰れ始め、西から東の流れに変わってきています。

*DECOウォーク表浜関係者のみなさまへお知らせ:明日は予定通り実施致します。
明日午前8時から小島海岸にて「DECOウォーク表浜」を開催致します。

Continue reading

菜種梅雨?

friday09.jpg
最近は晴天が三日と続きません。今朝は雨の朝。浜辺は東風が強く雨も横殴りに吹き付けてきます。ちょっと早い菜種梅雨なんでしょうかね。日曜日が少し心配です。写真は夕方、やっと雨が止みました。今は風も弱いのですが今晩から北西風が強まるのでしょうか。明日は晴天ですね。連絡頂いたのですが打ち合わせで入水出来ず残念!

Continue reading

啓蟄になりましたが

thuday1.jpg
今朝の浜辺は風も弱い西風で海も穏やかです。今日は小潮で潮位変動も大きくないようです。漂着物も少なく変わりない浜辺。獲物が少ない為か、いつものカラスが昨日に漂着したシロシュモクザメを取り合っています。いつもなら食べないのですがね。そうでした、今日は啓蟄にあたるんですね。写真は夕方。風は東風。なんだか雨が降り出しそうな風です。啓蟄とはいえ、肌寒い夕方ですね。

Continue reading

雨上がりの朝

weday14.jpg
今朝は雲が拡がっているのですが雨は上がっていました。海は凪いで静かな浜辺です。今日も西からの流でシロシュモクザメが打ち上がっていました。最近は西の流れで不思議と魚がよく打ち上がります。写真は夕方。西風が吹き抜けています。でもコウボウムギの芽吹きは拡がっています。

Continue reading

薄曇りの朝

tue39.jpg
今朝は薄雲が張り詰めて冷たい東風で海も穏やかです。砂浜は昨日の飛砂で足が多少沈み込みます。桃の節句の今日、少し冬に戻ったようですね。

Continue reading

水交換

monday11.jpg
昨日ですが海に入っていると晴れ間が拡がると共に、一気に海水が透明になってきました。今朝も綺麗なブルーに輝く海。蒼い海に白波がとっても綺麗に映えます。水交換は風向き、海流や潮位で起きるようですね。写真は夕方。西風が強くなって綺麗だった海水も濁って来ました。最近は西から流れると濁るようです。

Continue reading

陽が照れば

sun09.jpg
今朝は雲が拡がっていましたが、午前中に晴れ間が拡がってきました。今日も体を慣らすために海に入水。鈍ったからだは情けないぐらいに動きません。(笑
午後は晴れ渡って陽が照ると浜辺は春の様相。海から上がった後、砂丘に座って日光浴です。気持ちが良いですね。

Continue reading

ハマダイコンの開花

sat22.jpg
今朝は薄曇り。海は腰程度のうねりが入っているので今日は入水。波をくぐり抜けるとまだまだ冷たい海水に「ドキッ!」とします。陽差しが出ると海から見える表浜の丘陵が春らしくなってきましたね。

Continue reading

Guest From 韓国

04.jpg

表浜ネットワークに韓国からお客さんです。
韓国でNGOとして環境教育をしている方とラムサール会議で知り合い、日本に遊びに来た際に寄ってもらいました。

渥美半島を連れまわして、ちょっと可哀想だったかなと思っています。
汐川干潟や大山、表浜海岸などでやたら鳥と植物の写真をとりまくる彼女・・・
しかもレンズがバズーカー。
大山では斜面で4度転ばせ
表浜ではあまりの寒さに凍える・・・

ぜひ、うちに嫁に!と誘いましたが断られました(笑
다음에 내가 한국에 놀러 갔을 때는, 안내해 주세요.감사합니다.

Continue reading

小雨降り出す

friday8.jpg
今朝は雨雲が拡がってうす暗い朝。空気も湿気を含んで重いなあ〜と思っていたら雨滴がポツポツと落ちてきました。西の空を見ると雨が渥美半島の丘陵の上を覆っています。雨が本格的になるまえにと早めに進みました。今日は一日冴えない天候なようですね。写真は夕方、やはり一日ぐずついた天気でした。夕方は雨は上がりつつあるようですが。海は凪いでうねりも腰程度。西風が吹けば直ぐに消えそうですね。

Continue reading

タイラギと波

thu03.jpg
最近は季節の変わり目か雨が続いていましたが、今朝は雨の心配はありません。雲の中から日の出が漏れてきます。浜辺は西風が吹き、海はうねりも小さく穏やかで早速、渚線を進むと大きなタイラギが打ち上がっていました。よくみると大小のタイラギが点々と打ち上がっています。このタイラギ、浜名湖や三河湾から流れ着くと聞いていたのですが、どうも近場から流れ着いている気がしますね。アマモも同様、どうも遠州灘の沖合でも安定した場所があるのでは?という気がします。

Continue reading

愛知教育大学の学生がヒアリングに

01aikyo.jpg

愛教大自然の学生が表浜ネットワークの活動をヒアリングに訪れました。
将来は数学の先生になるそうです。

テーマは「NPOを授業に取り上げるなら」ということだったと思いますが、
表浜海岸の抱える問題などを熱く語る代表に少し引き気味だったでしょうか(笑

分からないことがありましたらまた連絡して下さい。

Continue reading

季節の変わり目

weday7.jpg
今朝は雨が本降り。少し小康状態になった時に浜辺に。雲が低くたれ込み、まだまだ雨が降る気配。南から暖かい空気が流れ込んでいるようで寒くはありません。海も比較的に穏やかです。なんだか梅雨時期みたいな天候ですが、冬から春への季節の入れ替わり時期だからでしょうね。

Continue reading

東風と波の華

tueday4.jpg
今朝は強い東風が吹き荒れています。体を東風に預けて前に進む感じと言いなんだかウミガメシーズンを思い出してしまうような雰囲気です。渚線には強烈な東風に煽られて、汚濁泡が向かって飛んできます。色が白ければ波の華なのでしょうが。汚濁泡は黄緑土色というか、藻類などもたっぷりと含んでいるようです。夕方は東風も止んでいますが、雲は今にも雨が降り出しそうでした。

Continue reading

着実に春に

monday13.jpg
今朝は雨も小康状態。暖かい朝です。週の天候周期も確実に早まって春の兆しを感じてきます。写真は夕方日没前。時間も遅れてきましたが、陽が沈む位置が越戸大山に掛かってきました。砂丘を歩いていてもコウボウムギが芽が出始めていますね。

Continue reading

第二回すなはま再生プロジェクト2009

sat18.jpg
強風でしたが晴天のもと、みなさまのご協力頂き、無事に「第二回すなはま再生プロジェクト」は終了致しました。参加者のみなさま、ご苦労様でした。表浜ネットワークの面々、デンソーさん、アスモさん、愛大のみなさん、豊橋技科大自然部、いつもの桜丘生物部のみなさん、パタゴニア名古屋のみなさん、高塚のサーファーのみなさん、寒い中ご協力頂き本当にありがとうございました。おかげで立派な堆砂垣が出来上がりました。今年もこの堆砂垣にウミガメが来ると良いですね。

Continue reading

春の嵐

friday31.jpg
午後は爆風の西風が海岸では吹き荒れています。海は怒濤の波。沖合では波頭が風で巻き上げられ高く舞っています。明日も強風が吹き荒れそうですね。

****明日はすなはま再生プロジェクト2009*******
明日は天気だけは回復。強風ですが頑張って堆砂垣を造り上げたいと思います。
なお、高塚の海岸は込み入りますので、一般サーファーの方はご遠慮頂くようお願いいたします。
詳細は
http://www.omotehama.org/report08/2009/02/20092.html

Continue reading

春に向かう嵐

fri3.jpg
未明から強烈な風と雨。今朝も雨は小康状態になってきましたが、強烈な風が浜辺には吹き荒れています。海はまだうねりはそれほど大きくはないのですが今後大荒れになるでしょう。

Continue reading

今朝も凪いだ海

thu12.jpg
今朝は早くから今週末の土曜日の養浜活動の準備です。再度、残りのメダケを収集に。どうやら明日は天気が崩れて土曜日は晴れるようですが、春二番といった強風に恵まれそう?です。堆砂垣の効果発揮ですね。

Continue reading

ウェットランド

weday14.jpg
今朝も冷たい空気に包まれる朝ですが、陽が昇る時間は着実に早くなって来ています。小潮ですが満潮時の朝は渚線の汀段はタイドプールが砂浜と丘陵に並んで長く続いています。砂浜は水と陸のバッファゾーン(緩衝域)と言われている通り、見事な交わり合いです。砂や水の交換と共に栄養分なども吸収と濾過浄化を行っています。表浜の距離にして約50キロ近くのウェットランドです。写真は夕方、日も長くなりましたね。

Continue reading

冷たい空気

tue05.jpg
西風が吹き荒れた昨日。今日は風は弱まっているのですが空気が冷たい。浜辺は飛砂の跡と渚線には打ち上げられた貝などが漂着しています。目立つものはカズラガイやウチムラサキ、ツメタガイにタイラギでしょうか。西から東に沿岸流が強くなった後、打ち上がっていますね。

Continue reading

今日からは寒気が南下

monday14.jpg
いつもより薄着で大丈夫。昨日までの暖かさが今朝も残っていますね。しかし、浜辺は西風が強く吹き始めて徐々に気温も下がって行きそう。海は西風でうねりが消えてまったくのフラットです。海水は相変わらず濁っています。いつから冬の海水がこんなに濁るようになってしまったのでしょうか。記憶の冬の海は透明な海水だったのですが。これだけ海水の富栄養化が進んでいるのが気になります。写真は夕方、今日はなんとも強風の一日でしたね。海岸はすっかり冬に戻ってしまいました。

Continue reading

今週末は春の陽気に

sun12.jpg
既に春一番が吹いて昨日から日中は気温がドンドンあがってTシャツでも大丈夫なぐらいに暖かい週末。今朝は早くから海に。うねりは残って良い感じです。しかし、海水はやはり冷たい!ダックダイブをすると波を被った頭がキーンと冷えてきます。そこそこ良い波が入ってきているのですが無情にも置いてきぼりに・・・気持ちは行っているのですが、なぜだか取り残されている。あと一かきが出来ないのですね、冬の体重増加とパドル力低下の現実に直面です。(笑
お昼まで粘ったのですが、西風が強くなってきたので今日は終了。

Continue reading

春の嵐

sataf7.jpg
昨晩は未明から強烈な風と雨。道はぬかるみ、海は大荒れです。茶色い海と白波で浜辺はガスって見渡せません。この後、西風が強くなってきそうです。崖海岸は崩落の恐れもありますから、近づかないように注意しましょう。

*****お知らせ******
今日予定していました、養浜活動「表浜をつくろう!」は海が荒れて危険ですので翌週の21日に延期いたします。
参加予定、準備して頂きましたみなさまには申し訳ありませんが、延期ということで対応をよろしくお願いします。

Continue reading

下り坂に

friday6.jpg
今朝は既に雲が拡がっています。暖かい朝、海はまったくのフラット。空の雲はまだ雨が降るような気配ではありませんが、日中はなんとか天気は保ちそうですが、今晩から明日の朝まで大荒れになるようですね。写真は夕方、南西の生暖かい風が流れ込んでいます。かなり荒れそうですね。

*****お知らせ******
明日予定していました、養浜活動「表浜をつくろう!」は早朝の悪天候が予想されるので、翌週の21日に延期いたします。
参加予定、準備して頂きましたみなさまには申し訳ありませんが、延期ということで対応をよろしくお願いします。

Continue reading

汀段の形成

thu41.jpg
水平線に浮かぶ、朱色の陽。陽が昇る時間が急に早くなってきましたね。今朝は大潮の満潮を向かえる時間。潮位変動で新たな汀段が出来上がっています。波が穏やかでも驚くほど砂が動いているのが判ります。大潮の時に汀段が大きく発達しますね。

ーー今日、全国のみなさまへお知らせーーー
昨年10月に表浜のウミガメと私たちの取り組みが放送された中部のNHKの番組
「金とく・ウミガメたちの楽園」が今日、全国放送になります。

日程:2009年2月12日(木)・NHK−BSハイビジョン
時間:16:00:30〜16:43(43分間)
番組名「ふるさとから、あなたへ」です。
全国のウミガメや海岸に関心のあるみなさま、ご覧頂ければと願います。

Continue reading

暖かい日差し

wed01.jpg
今朝は風も弱く、海も凪いで浜辺は暖かい陽差しに包まれています。渚線には釣り人がちらほらと。今日は波がないからサーファーの姿はほとんどありませんね。

ーーー明日、全国のみなさまへお知らせーーーー
昨年10月に表浜のウミガメと私たちの取り組みが放送された中部のNHKの番組
「金とく・ウミガメたちの楽園」が明日、全国放送になります。

日程:2009年2月12日(木)・NHK−BSハイビジョン
時間:16:00:30〜16:43(43分間)
番組名「ふるさとから、あなたへ」です。
全国のウミガメや海岸に関心のあるみなさま、ご覧頂ければと願います。

Continue reading

汀段とタイドプール

tueday13.jpg
大潮の満潮時は砂浜がいつもより狭く感じるほど、潮が迫ってきています。よく見ると潮が汀段を越えてタイドプールとなっているのが判ります。入ってくる波が汀段を越え、タイドプールに溜まって再度、海に戻っていく。循環しているのですが、タイドプールをよく見ると緑色っぽい気泡が溜まっていたりします。藻類などでしょうが、富栄養化し汚濁した海水を上手く汀段で濾過しているのです。砂浜には養分が浸透し、春先にはハマトビムシなどが大量に発生し分解するというサイクルが出来上がっています。日中は暖かい日差しでしたが、夕方は風が染みいる寒さでした。

ーーーーー全国のみなさまへお知らせーーーーーー
昨年10月に表浜のウミガメと私たちの取り組みが放送された中部のNHKの番組
「金とく・ウミガメたちの楽園」が全国放送になります。

日程:2009年2月12日(木)・NHK−BSハイビジョン
時間:16:00:30〜16:43(43分間)
番組名「ふるさとから、あなたへ」です。
全国のウミガメや海岸に関心のあるみなさま、ご覧頂ければと願います。

Continue reading

冷たい北西風

monday2.jpg
今朝は風の勢いは弱まりましたが、冷たい北西風です。砂浜も飛砂が活発に動いた風紋が残っています。大潮の朝は汀段に潮が掛かり、タイドプールと化していました。汀段が成長する時期ですね。写真は夕方です。夕方も風は冷たかったですね。

ーーーーー全国のみなさまへお知らせーーーーーー
昨年10月に表浜のウミガメと私たちの取り組みが放送された中部のNHKの番組
「金とく・ウミガメたちの楽園」が全国放送になります。

日程:2009年2月12日(木)・NHK−BSハイビジョン
時間:16:00:30〜16:43(43分間)
番組名「ふるさとから、あなたへ」です。
全国のウミガメや海岸に関心のあるみなさま、ご覧頂ければと願います。

Continue reading

強風の一日

sunset18.jpg
今日も変わらず穏やかな海です。やや強く北西風が吹きだしていますが寒さはあまり感じません。午後は冬型になってきているので北西風は強くなってきました。

Continue reading

穏やかな晴天

sat16.jpg
今朝は穏やかな晴天。海も波はほとんど無く穏やか。陽差しと蒼い空を見ていると春を感じますね。キラキラと陽差しが反射する海上の空にはミサゴが舞っています。来週の「すなはま再生プロジェクト」の現場を今日は下見確認。昨年の堆砂垣は見事な砂丘になっています。

Continue reading

続かない冬型?

fri15.jpg
今朝は西風がやや強く吹いています。しかし、寒いとは言え、今期の冬は暖かい?感じがしますね。低気圧や前線も南岸から東に抜けていきますし、例年とコースが違うようです。冬型になっても、1〜2日ぐらいで落ち着いてしまうようですね。今朝は海は真っ平らのフラットで静かな浜辺でした。週末はどうなのでしょうか。

Continue reading

今朝も薄雲が拡がる

thuday09.jpg
今朝も薄雲が拡がり、日の出は見ることが出来ません。寒さも厳しさは無く静かな浜辺。海も穏やかで波はほとんどが岸際で割れるショアブレイク。サーファーも数人ほど潮が引くのを待っているようです。今日は午前中からは陽差しが出て暖かい一日になりましたね。

Continue reading

カラスのご馳走

weday13.jpg
今朝も薄い雲が拡がっています。立春の海は穏やかでほぼフラット、岸際でパッシャっと波が割れているだけです。今朝も色んなモノが漂着。3匹目のシロシュモクザメの漂着とミズダコとそして何故だかミート(牛肉)。カラスが何かにやたらといきりだって群れているので、見てみると浜辺にミートが流れ着いていました。パックが少し破れていたのですが何故?
写真は夕方。穏やかな一日でしたね。立春過ぎても、まだまだ冬。春が待ち遠しいですね。

Continue reading

穏やかな朝

tue12.jpg
今朝は薄雲が水平線上に拡がってなんとなくぼやけた空気に浜辺は包まれています。その水平線を薄く朱色に染めながら陽が昇って来ました。海はまったくのフラットで穏やか。今朝はサーファーも釣り人も姿が無い静かな朝です。渚線には週末からの漂着物で賑わっています。昨日のシロシュモクザメに続き、もう一匹同じサイズのシロシュモクザメと大きなマダカ。約70センチはあろうか。何だか大荒れの先週末から海水がかなり混濁しているので、このサイズの魚が打ち上げられると気持ち悪いですね。

Continue reading

エイリアン?

mon60.jpg
なんだか朝から凄い顔ですねえ。そう、この表浜によく居るシロシュモクザメ。週末の大荒れで打ち上げられたのでしょう。このシロシュモクザメは1メートルぐらいの幼魚で比較的に大人しいサメです。沖合いにはこの三倍ぐらいの親が泳いでいるそうですが、ウミガメの天敵でもあります。今朝の浜辺は冷たい北西風。砂浜も均されて歩きやすいですね。波は既に無くなって真っ平らに近い海。砂浜にはいろんなモノが漂着しています。漂着専門の方が見えたら、今日なんかいろいろと面白いモノを見つけられそうですね。

Continue reading

快晴の日曜日

sun01.jpg
今朝は快晴、西風が強くまさに冬型ですね。朝から陽差しが眩しいぐらいです。海は穏やかになっていますが、西風が強くなっていますね。

Continue reading

冬の嵐

sat6.jpg
昨晩から、もの凄い風と雨。まるで台風のような荒れ方でした。今朝の浜辺は空気は生暖かく、海は大荒れでクローズアウト。沖から怒濤のような白波が走ってきて、沖の波は波頭が荒々しく飛んでいます。

Continue reading

エコ・コースト事業報告

eco39.jpg
いよいよエコ・コースト事業では消波ブロックを撤去し、造り替えた傾斜堤に移設されます。傾斜堤はその後、掘り返した砂で埋め戻されるので事業後は自然な砂浜から砂丘に繋がる海岸に変わるのです。今日はその現場の見学です。砂浜にクレーンが入って徐々に消波ブロックを撤去していきます。砂浜と背後の砂丘に遮るモノが無くなるって、見ていてワクワクしてきますね。

Continue reading

雨の匂い

eco52.jpg
今朝は既に雨の匂いが浜辺に漂っています。雨の匂いってカビの匂いだそうですね。さて、海は昨日に波のサイズがあがってセットで肩から頭ぐらいで白いスープ波が渚線を洗っています。違うのは西に強く流れているようです。西の空はなんだか霧か雨がくすんでいます。写真はお昼近くで雲がどんより、灰色の世界。

Continue reading

晴天は今日まで

thuday5.jpg
今朝も快晴。海はうねりが昨日より上がっていますね。まだ潮が高いのですが胸程度のうねりが沖の砂州で波頭を弱い北風に煽られ舞っています。まだ陽が昇っていないので風が冷たいのですが、数人のサーファーが既に沖でスタンバイ。朝は寒いのですが、今日は日中は陽差しが良くて暖かかったのですが、午後から雲が拡がりましたね。

Continue reading

今日も穏やかな朝

wedaf10.jpg
今朝は風が北よりでいつもより風が冷たく感じます。海は穏やかで腰程度のショアブレイクが割れているのみ。渚線の砂地も風によって新たに堆積したのでしょう、かなり柔らかく足が沈み込みます。歩き続けると鈍った足腰には丁度良い体力作りですね。今日は穏やかな一日になりそうです。日中の浜辺は風も弱くてポカポカ陽気で暖かくなりました。少しだけ海に入ったのですが、海水が冷たくて・・・。足の先が感覚が無くなって棒のように。朝方はミサゴが豪快なダイビングで魚を捕っていたのですが、お昼近くには二羽のノスリが空高く蒼い空を舞っていました。繁殖期なので、つがいでしょうね。

Continue reading

穏やかな海

tueday8.jpg
今朝はそれほど冷え込みませんでした。今日は穏やかな海で波は膝程度のうねりで大潮の満潮時は潮が高くほとんどがショアブレイク。サーファーも釣り人も数人程度で静かな浜辺ですね。夕方も薄雲が多少掛かっていましたが変わりない天候。明日も晴れそうですね。

Continue reading

二度の日の出

monday7.jpg
今日も海は凪いで海綿は鏡面のように光を反射しています。晴れていますが、水平線上には雲が拡がって薄暗い浜辺。少し経つと雲の中から真っ赤な陽が溶け込んだように覗きました。その数十分後には雲からオレンジ色の暖かい陽が覗いて今日は二度の日の出でしたね。午後はなんとなく薄雲が掛かった天気。夕方も穏やかでした。

Continue reading

今朝は冷えました

sun5.jpg
今朝はかなり冷えましたね、車のウィンドウは真っ白に凍てついています。砂浜も足を踏み入れるといつもと違って沈み込みません。凍っているのですね。海は今日も穏やか。腰から膝程度の波が岸近くで多少割れています。今日は「生物多様性市民ネットワークの設立総会」に名古屋に。忙しいですね。(汗

Continue reading

冬型に

sat6.jpg
昨晩から吹き続ける北西風の音で目が醒めました。浜辺は冬の様相。強い北西風が吹き荒れ、海は西から東に流れています。週末なのでサーファーは点在していますが、波はまったくよくありません。それにしても海水の色が冴えませんね。黄土色というか、何というか濁った色。いくら何でもこんな色は妙です。今日は午後から浜松に。遠州灘プロジェクトのシンポジウム「天竜川・遠州灘の土砂の動きの解明とその管理に向けて」に参加してきます。海岸に関心のあるサーファーはぜひ!参加してみては?

Continue reading

暖かい朝

friday3.jpg
今朝は雲が拡がっていつもより、暖かい朝となりました。海は胸程度のうねりが入ってサーファーも既に海の中。巷でインフルエンザが流行っているようで、一昨日から喉がなんとなく調子が悪い。無理は禁物ですね。今晩からは急に冷え込むそうです。週末は冬型になります。
午後は西風が強くなってきましたね。今晩は冷えますよ。海も西から東に流が出てきました。

Continue reading

雨上がり

thuday5.jpg
今朝は昨晩の雨は上がっていますが、雲が拡がって湿度も高くまだまだ雨が降りそうです。気温はそれほど寒くはないのですが。海は穏やかでうねりは腰程度、サーファーも少し多いですね。午後からまだ雨が降り続きそうです。今日は傘が必要ですね。写真は夕方。今日一日は小雨も時折パラついて優れない天気でした。週末は冷え込みそうですね。

Continue reading

大寒に入って

wed44.jpg
昨日から大寒に入って寒さが本格的になってくるようです。今朝も空気が痛いぐらい冷たい!水平線に残っている雲が陽差しを遮り、日の出が遅れて薄暗い浜辺。海は穏やかですが、海水も見るからに冷たそうです。

Continue reading

冴えない色

tueday16.jpg
今朝は雲が拡がって薄暗い浜辺。空と海は冴えない灰色。空は雲が拡がっているから仕方がないのですが、海は最近どうも黄土色っぽさが何とも。富栄養化が進んでいるようです。昨日までのうねりは膝程度まで下がって冷たい北西風。当分は冬型が続くようです。午後も小寒い一日でした。でも、日没時間は5時過ぎとなって着実に日は延びていますね。

Continue reading

霧に包まれた朝

monday3.jpg
今朝は雨も上がって湿気が多く、浜辺は霧に包まれています。海は薄ボンヤリと波が勢いよく割れているのが見えてきます。セット波が入ると間隔も短くて、沖に出るのはかなりしんどいようで砂浜にサーファーは何度も上がってきていますね。打ち上げてくる波を見ると、なぜか富栄養化しているようで藻類が多いような黄土色。雨でもこれほど濁るのはどうだか?今後は冬型になるようです。午後からはいつもの冬のように爆風です。飛砂も起きてまさに冬。明日には波も消えてしまうのでしょうか。

Continue reading

薄曇り

sun1.jpg
今朝は空は薄雲が拡がり、冷たい北風が弱く吹いています。海は穏やかに凪いでいますが、さすがに日曜日、波はほとんど膝下程度なのですが海岸はサーファーで溢れています。今日は少しずつ天候は下り坂のようです。

Continue reading

穏やかな週末の海

sat2.jpg
今朝は風も弱く浜辺は陽差しに溢れてまるで春のような陽気です。海は穏やかですがさすがに土曜日でサーファーや釣り人も多いですね。今日はこれから名古屋で開催される〜あなたも日本語で参加できる国際会議「プレ生物多様性COP10」に行こうと思います。色々とこの時期はイベントが重なりますね。(汗

Continue reading

海の富栄養化(海洋汚染)

fri68.jpg
今朝も晴天。冷えた空気がピーンと張っています。海は多少のうねりが入っていますが凪いでいます。水辺線がオレンジ色に染まりいよいよ日の出。なんだかいつもの小さな河川が異様に水量があります。しかも黄土色に汚濁した水が勢いよく流れ出している。どうやら窒素と燐を海に大量に投入しているようです。困ったものですね。

Continue reading

西風と浜崖

thuday22.jpg
今朝も冷たい西風が浜辺を吹き抜けます。海はほぼフラット。冬型になると西風が強くなるのですが、海は通常の東から西の流が、風によって逆になってしまいます。その場合、沿岸砂州が発達してくると砂州の風下側に浜崖が発生します。これは砂州によって堆積し始めたバーム(汀段)を削る形になりますね。写真は日没前:午後は冷たい西風が続いて寒い浜辺。今晩から冷えそうですね。

Continue reading

浜辺に霜

weday12.jpg
今朝は冷えましたね。浜辺に出ると凍る程ではないにしろ、砂地に霜が降りていました。海は穏やかに凪いでいます。水平線はクッキリと延びて今朝の日の出も上々。風も弱くて陽差したっぷりで日中は逆に暖かな一日になりそうですね。

Continue reading

小さな浜崖が発生

tueday21.jpg
今朝は冷たい西風が吹き込んでいます。海は大潮、満潮で西風で流れており、腰程度の波が浜辺を削っています。沿岸砂州が発達した風下側で浜崖が発生していますね。午後も冷たい西風が吹き続けました。

Continue reading

続く冬凪ぎ

monday29.jpg
今朝も風も弱くて海は穏やかで鏡面のように凪いでいます。雲が拡がっているので陽差しが無くて空気が冷たい。冬の静かな一日ですね。
一日穏やかと思っていたら、午後からは強風となり、かなり風が吹き荒れましたね。日没時間は冷たい北西風が吹き抜ける浜辺となりました。

Continue reading

冬凪ぎ

sunday17.jpg
今日は雲が拡がって、風も弱く海は凪いでいます。浜辺も人影もなく静かですね。冬凪ぎってところでしょうか。今日も忙しくて余裕が無くて浜の散策も海に入ることが出来ませんねえ。まあ、波も無いしね。夕方も風も弱く穏やかな海でした。

Continue reading

冬型に

sat3.jpg
今日はなんと忙しい事でしょうか。朝から諸事に追われてました。さて、午後になってやっと一息、浜辺に出ると冬型で当然の北西風が吹き抜けています。海には誰も入っていませんね。飛砂も強く浜を川のように流れていきます。当分は冬型が続くようですね。

Continue reading

霧雨の朝

fri8.jpg
久々の雨。今朝は霧雨が昨晩から続いています。浜辺は雲が拡がり、いつものような陽差しはありません。海は穏やかながらもうねりが胸程度の高さで出ています。釣り人は雨で少ないのですが、サーファーは海に入っています。でも、冬の雨はけっこう辛いですよね。この雨が上がると西高東低となり、強い寒気が南下してくるようです。週末は冬型ですね。

Continue reading

鏡面のような海

thu40.jpg
今朝は南の海上には雲が拡がって、日の出時間になっても浜辺は暗くてより寒く感じます。海は雲から漏れてくる反射光でまるで鏡面のように凪いで釣り人もサーファーも少なく静かです。海は穏やかな日が続いていますが、汀線は毎日のように変化しています。沖の砂州も発達してきていますね。

Continue reading

今日は七草がゆ

wed29.jpg
今日は人日。七草がゆを食べて祝う日だそうです。浜辺に出ると今朝は雲が少し拡がって西風がとても冷たい。海は凪いで波は膝下でほとんど無い。釣り人も寒さからか激減し、渚線に久々に静かです。昨日から始まったエコ・コースト事業。見ると砂丘が剔られ痛々しく感じますが、まあ美容形成外科手術と思って耐えて欲しいですね。でも、出来るだけダメージが残らないように願いたいものです。

Continue reading

続く晴天

tueaf17.jpg
今朝も晴天。まあ、冬場は西高東低が続く限り晴天です。浜辺は休みが終わったのか釣り人やサーファーの姿も今日は少ないようです。海も引き続き穏やかで膝あるかないかのうねりが時折波打ち際で崩れているだけです。今日から小島の海岸にて「エコ・コースト事業」が施工されました。今日の午後は日中の暖かさが嘘のように風が冷たく感じました。日没時間も遅くなって荷中が長くなってきましたね。(写真は今日の日没時)

Continue reading

今日から事始め

mon26.jpg
水平線には多少の雲が拡がっていますが、今朝も晴天。日の出時間になって水平線の雲が赤く滲んできました。海は凪いで、うねりは膝程度。サーファーもちらほらと増えてきました。何でもない繰り返される朝の平穏な浜辺の景色。世界のそらの下では同じ朝でもまったく違う朝を迎えている国もあります。知っておくことが大切ですね。

Continue reading

津波注意報

sunset40.jpg
未明の4時にニューギニアで地震。震度7.5と大きな揺れで太平洋岸に津波注意報が発令されました。予想される津波は50センチ程度ですが、潮が盛り上がってくるような津波もあるので注意が必要。海岸にいるサーファーや釣り人が心配なので注意して浜辺に。地震注意報が聞こえているのか、スキムボードやサーフィン、釣り人も通常。注意報に対する認識が出来上がっていないのでしょうか。大事は無いようなのですが、津波の認識が低いようなのが気になります。

Continue reading

陽は今日も昇る

sun51.jpg
今朝も昨日と同様に晴天。水平線も同じように徐々にオレンジ色に輝き始めました。ポッとオレンジ色の塊が海から飛び出ると辺りが一気にオレンジ色に染まり、暖かさが伝わってきます。いつもの日の出ですが、確実に昇ってくれるからありがたいですね。

Continue reading

いつもの陽

sat19.jpg
6時50分ぐらいから水平線が赤く滲んできます。突然オレンジ色の塊がボッと水平線から輝き始めます。そうなると一気にオレンジ色に水平線が染まって塊は強く輝き始めます。最後の火の粉を切り離すように陽が水平線から飛び出ると、背後の丘陵をオレンジ色に染め、次に浜辺、そして渚と徐々に輝き始めます。体にあたった陽差しがポッと暖かくなってきます。陽は本当に凄いですね。オレンジ色の輝きはいつ見ても生命の源を感じさせます。

Continue reading

明けまして、おめでとうございます。

omae26.jpg
「あっ!」と言う間に年が明けてしまいました。みなさま、明けましておめでとうございます。本年も表浜の環境保全活動を邁進していきたいと願っています。よろしくお願いします。昨年から暗い話題が続いていますが、そんな時期だからこそ、基本を大切に活動していきたいですね。昨年から引き継ぎ、今年も変わらず、基本に沿って「ウミガメ保全ガイドライン」作りと「すなはま再生プロジェクト」や「表浜シンポジウム・エクスカーション」「表浜おいでん祭」など続けていきます。よろしくお願いします。今日は御前崎まで海岸視察に向かいました。年に数度と遠州灘東部の海岸線を見に行きますが、幾つ度に変化に驚きます。

Continue reading

2008年も幕閉じ

wed31.jpg
昨晩からの風で今朝は冷えましたね。青空が拡がって東の水平線が徐々にオレンジ色に染まり、2008年の最後の陽が昇りました。今年はみなさんどのような事がありましたか。色々と暗い話題が多かったかと思いますが、来年に期待して、みなさまに良いお年を。

Continue reading

残すところ1日

tueaf12.jpg
今朝は比較的、暖かい朝。風も弱く海も凪いでいます。釣り人はお休みだからか、多少増えていますが、サーファーの姿も無く静かな朝です。今年も残すところ明日1日。あっという間の1年でした。昨年の今頃はナガラミやコタマガイの大量発生から始まり、台風が一つも接近しないという異例の夏。秋から冬にはワラサの豊漁と何かと海が変わってきたような気がする一年でしたね。来る年はどんな年になるのでしょうか。(写真は日没前。あ〜あ〜大掃除もままならずでした。)

Continue reading

今年も残すところ2日

monaf2.jpg
今朝も晴天。晴れ渡った蒼い空と蒼い海。東は浜名大橋から西は丘陵連なり、越戸大山、神島、伊勢まで見渡せます。今朝も波もまったく無く海も穏やかで水平線はスッキリと延びていますね。今年も残すところ2日となりました。今日は大掃除には最適な天候ですね。

Continue reading

いよいよ2008年の年の瀬

sunaf11.jpg
週末を迎え、いよいよ2008年も残すところ3日となりました。本当に早いものです。今朝の表浜は穏やかな一日となりそうです。海は波も無く、浜辺には釣り人だけが点在しています。今日は大掃除には打って付けでしょうか。これから私は谷ノ口のええZoneマーケットの最終市に行ってきます。

Continue reading

2009 第1回 すなはま再生プロジェクト

sat48.jpg
今日は今期の第1回すなはま再生プロジェクト「表浜をつくろう!」です。場所は寺沢の海岸。かなり冷たい風ですが、天候には恵まれ陽差しが燦々と気分爽快。堆砂垣設置作業も捗りました。参加・協力頂きましたみなさま、寒い中の作業でしたが、おかげさまで無事に設置出来ました。表浜ネットスッタッフとパタゴニアスタッフのみなさま、お疲れ様でした!!

Continue reading

痛いほど冷たい北西風

fri40.jpg
未明の空を黒い雲が川に流れるように流れていきます。浜辺はピーンと張り詰めた冷たい空気、今朝は冷えました。海はうねりは腰程度ですが、いつもと流が変わって西から東に。その変化に浜崖が所々に発生しています。渚線を東に進むと背中を北西風に押され、西に戻るときは風が強烈に当たってきます。剥き出しの顔は既に強張ってしまいます。今日はさすがに釣り人も少なく、サーファーも居ませんね。

Continue reading

凪いだ朝

thuaf1.jpg
浜辺は風も無く、比較的に暖かい朝。凪いだ海に時折、うねりが届き、サンドバーで割れています。釣り人はだいぶ減ってまばらで釣果も無さそうです。渚線を進むとなぜだかコノシロが浜辺で跳ねています。釣り上げてそのまま捨ててしまっているようですね。よくボラとかコノシロ、セイゴが釣られて捨てられてしまっていますが、生あるもの食べ無いのならばリリースすれば良いのでは?と思うのですが如何でしょうか。一部ですが何でも捨ててしまう釣り人が分別付くはずの世代が多いのは何だかですね。午前中のようなポカポカ陽気から一転、午後は雲が流れ込み、冬の様相に。今晩から寒波が流れ込み、明日は冬らしく冷えそうですね。(写真は日没前)

Continue reading

粗朶・堆砂垣の季節

wed16.jpg
今朝も冷えましたがそれほど厳しく冷えてはいないです。陽差しが浜辺を照らすと辺りがオレンジ色に輝き、暖かくなってきます。本当に太陽の偉大さを感じますね。何にも代え難い恩恵です。渚線を進み、堆砂垣の様子を見ると砂の堆積は垣根を隠すほどになってきています。今年は台風が接近しなかったという異例な年でした。これから季節風が強くなり飛砂の時期となりますが、粗朶・堆砂垣の効果もより発揮しそうです。

Continue reading

冷たい空気

tueaf30.jpg
今朝は霜が降りるほどではないのですが冷えました。日の出前は痛いほど空気が冷たいですね。釣り人もまばらになり、Hガニ(ヒラツメガニ)釣りもそろそろ時期となり、早朝から竿を浜辺に立てて見えますが今一釣れていないようです。今朝の海は穏やかでうねりは膝から腰程度。今後は陽が昇るにつれて西風が強くなって行くのでしょうか。今月は27日の土曜日に「すなはま再生プロジェクト」の始動を計画しています。夕方は冬らしい浜辺に。北西風が冷たく吹き抜けています。

Continue reading

冬至を過ぎて

monaf6.jpg
今朝は水平線上に雲が多く、陽差しも届きません。冬至が過ぎてこれからは日の出位置が陸に向かっていく訳ですね。しかし、年の瀬の割に暖かい朝です。浜辺は日の出と共に西風が強くなって来ています。日没前の浜辺はすっかり冬の雲に包まれています。冷たい北西風が吹き抜け、明日は晴天の冬の浜辺に戻るでしょう。今晩は冷えそうですね。

Continue reading

間の長い波

surf89.jpg
谷ノ口で買い物の後は、今日も海に。海水温度もかなり下がって冷たいのですが、日中は外気はまさにポカポカと春のよう。なかなか波待ちが長く、ボーと海に浮いて待つしかないのですが、時折入ってくるセット波は腰程度ですが、なかなか楽しめました。

Continue reading

谷ノ口ええZoneマーケット

eezon8.jpg
今朝も何か食材をと谷ノ口は「ええZoneマーケット」に向かいました。年の瀬が近いということでかなりの賑わい。時間になると並んでいる人が一斉になだれ込みます。(笑:押されて年配のおばさんに迫力負け)朝狩りのブロッコリー、サワーキャベツやら小松菜、卵といろいろ買い込みます。どれも新鮮で安い!

Continue reading

伊良湖渥美魚市場

sat12.jpg
今朝は渥美漁港の市場の感謝祭ということで伊良湖まで足を延ばしました。小1時間と久々のドライブ?で空は青空。ポカポカの陽差しに思わず初夏のような錯覚に。伊良湖漁港の渥美魚市場へと向かいますが、期待の市場の一般解放では無くて、コーナーでの販売でした。う〜ん少し残念。形原か三谷のような市場を期待していたので。まあ、気を取り直して販売コーナーを回ってシラスとウチムラサキを買いました。

Continue reading

冬の浜辺

friaf20.jpg
今朝も晴天。浜辺は西風が吹き続け海は穏やかに水平線が東西に延びきっています。スッキリと晴れ渡った空のもと、澄んだ空気に東は浜名大橋から西は越戸大山から連なる丘陵と気持ち良く見渡せます。最近は釣りの熱狂も少しずつ醒めてきたのでしょうか。しかし、済んだ蒼い海と空に対照的なのは渚線に残るのはタバコフィルターの吸い殻。なんともマナーの無さには閉口です。このようなシーンを見るとはやくタバコの税を上げてちょうだい!って大声だしたくなります。

Continue reading

海から蒸気

thu12.jpg
今朝の空気は雨上がりで、しっとりと湿気をたっぷりと含んでいるようです。浜辺は風も弱く、海は穏やか。うねりは胸から腰程度で砂州が発達している場所では波が割れています。釣り人も以前ほど賑わいは無く、釣果も無いようですね。陽が昇ると渚では冷えた空気が暖められて水蒸気が湯気のように湧いています。まだ海水温度の方が温かいようですね。

Continue reading

冷たい雨

wedaf9.jpg
今日は朝から降り続ける冷たい雨。浜辺はより寒く感じますね。海はうねりが胸程度で置きの砂州で割れていますがサーファーもまばらです。釣りも一段落で雨の中では釣り人もいませんね。(写真は夕方、やっと雨が上がりました。西の空が少しだけ青みが掛かっていました。明日は良い天気になると良いですね。)

Continue reading

魚影も見あたらず

tue47.jpg
今週に入って以前ほど魚影は見あたらないようです。海水温度が下がってきたからなのか、釣り人もコノシロが掛かっている程度で釣果無しのようですね。そろそろ冬本番となり魚も動きが鈍ってくるのでしょうか。今朝の海は穏やかで中潮の満潮で潮位が高く、うねりは腰程度ですがほとんどがショアブレイク。早朝は寒さが厳しいですね。

Continue reading

霜の降りた朝

monaf19.jpg
今朝は冷えました。辺りの草木には霜が降りて白くなっています。浜辺は冷たい西風の中、既に釣り人が渚線に並んでいます。この寒さの中「よく耐えていますねえ」と声かけたいぐらい寒い。水平線に浮かぶ雲で朝日は7時近くになっても覗きませんからいっそうと寒く感じます。渚線を歩いていると風に剥き出しの顔や手は痛くなって辛いですね。(写真は日没:日中は快晴の良い天気でしたね。海に沈む陽が残り少なくなっていく月日のようです。)

Continue reading

雨があがって

sun35.jpg
今朝は冷たい雨が残っていましたが、お昼には晴れ間が拡がってきました。今日も海に入ったのですが、昨日よりうねりのサイズは下がってしまい、波待ち時間も延びてしまいました。ぽかーんと海に浮かんで待つこと10分近くでやっと波が入ったかと思うと既に西風でよれてしまいつまらない波に。そこそこで冷えたので今日は終了。空は午後にはいつもの晴天に戻っていました。

Continue reading

久々にうねりが

sat26.jpg
今朝は昨日のことがあるから波も無いだろうとたかをくくっていたら、なんと胸程度のワイドながらも綺麗な波が割れていました。さっそくウェットスーツに着替えて入水。水温はだいぶ下がってきましたが、5ミリのウェットなら大丈夫ですね。数本、綺麗な波を掴んでライド。早いブレイクですがインサイドまで綺麗に繋がります。その後、割れにくくなってきたのでレフトの波が割れているサンドバーに移動。東うねりもあってか、先程よりサイズアップで盛り上がったなかなかの波。人も少なく、楽しめたので長時間入ってしまいました。あ〜疲れましたね。でも、気持ちがよい!

Continue reading

穏やかな週末の海

fri14.jpg
今朝は比較的に暖かい朝ですね。日の出前の浜辺も寒さはそれ程感じません。海はうねりも下がって膝程度。しかも大潮の満潮。多少は潮が引くのを待ってみたのですが、さすがに波は割れませんでした。残念!釣り人は相変わらずで、海上の鳥山を追って東に西に浜辺を駆け回っています。

Continue reading

少しずつ冷たく

thu10.jpg
今朝も晴れていますが、日の出時間は6時半ぐらいで薄暗い浜辺では西風で冷えてきます。海は穏やかでうねりもセットで腰程度。やっと陽が昇り、辺りが明るくなって温まりだしてから、海に入水。5ミリのウェットスーツに守られて体は温かいのですが、剥き出しの手足は冷えてきます。やっぱり12月は着実に冬に向かっていきますね。

Continue reading

雨上がりの朝

wedaf7.jpg
今朝は昨晩の雨も上がって青空が拡がっています。低気圧通過後のわりにはなんだか暖かい朝。海は荒れているほどではなく、うねりが肩程度で少し、風の影響も入って東に流始めています。今日は暖かい一日となりそうですね。(写真は日没前、今日は暖かい一日でしたね。インディアンサマーですね、ロンTシャツ一枚で過ごすことが出来ました。やっぱり暖かいが良いですね。)

Continue reading

カタクチイワシ

tue3.jpg
今朝も寒いですね、雲が空一面に拡がって灰色の朝です。海は穏やかでうねりは膝から腰程度。朝の波乗りもそろそろブーツとグローブが必需品となってきたようです。釣りは少し落ち着いてきたのか、あまり掛かっていないようですが、数人がワラサを釣り上げていました。大物に追われ、カタクチイワシなど小魚が打ち上げられていました。今日は午後から下り坂のようですね。

Continue reading

シラスウナギ

monaf10.jpg
今朝も冷えました。浜辺は陽差しが出ていないと風が冷たくて辛いですね。釣り人も完全装備ですが、じっと待ちかまえている姿は辛そうです。海はうねりが胸程度でセットは頭程度はあるのですが、ほぼワイドなダンパーブレイク。寒さを堪えながら渚線を進むと糸状の透き通ったシラスウナギが打ち上がっています。今年のワラサの豊漁なども、このようなシラスの増加が何らかの影響を与えているのでしょうか。原油高で社会的な規制が掛かったシラス漁。今まで捨てるほど獲っていた漁業資源は壊滅的な減少に歯止めが掛かっていません。でも、自然に任せれば復元する可能性が高いのかも知れませんね。(写真は夕方、日中は暖かくなりましたね。)

Continue reading

鷹たちの空

sun58.jpg
今朝はかなり冷えました。薄氷も張っていたようです。空は真っ青に気もち良く晴れ渡り、済んだ空気で遠くまで見渡せます。今朝はその空を自由に鷹たちが飛び回っています。ミサゴ、ノスリ、トビが繁殖期が近いのか二羽ずつ空を自由に飛び回って気持ちがよさそう。海は北西風で波乗りは厳しい状況ですが、気持ちの良さに釣られて入っていました。海水温度もかなり下がってきましたね。

Continue reading

未明の豪雨

friaf13.jpg
未明はもの凄い雨音で目が醒めました。朝は雨は上がっていますが雲が拡がっていてまだ雨は降りそうです。浜辺はほとんど人影もなく、海は風で荒れていました。生憎の雨ですが今日も海岸に於いてのミーティングが続きます。(写真は夕方。風は冷たい北西風が既に強く吹き始めています)

Continue reading

今日は海岸視察

thu13.jpg
今日は昨日から表浜に訪れているカリフォルニア州立大サンタクルズ校のホイットとフロリダ ワイルドライフ研究所の平間さんと海岸を廻っています。(朝は波乗りも)午後からは浜辺でデンソーさんとの「DECOウォーク表浜&すなはま再生プロジェクト」のミーティングと超忙しいスケジュール。気持ちの良い晴天で表浜を満喫ですね。

Continue reading

年末は疲れますね

datalog93.jpg

やっぱり、このシーズンは胃に負担が掛かりますね。朝の目覚めもなんだかスッキリしません。しかし、浜辺に出ると晴れ渡った青空と澄んだ空気に包まれ、渚線を歩いている内に気持ち良くなってきます。今日も釣り人は寒い中、粘っていますが、ワラサも東に向かってしまったようですね。今朝は少し小さなアブコが掛かっている程度でした。今日はフロリダからFish and Wildlife Research Instituteの平間さんとUniversity of Calfornia, Santa Cruzeのホイットが表浜に訪れます。

Continue reading

今朝も快晴

tueaf8.jpg
日の出が水平線の雲に遮られて暗い空は蒼紫色に染まっています。今朝は水平線上に雲が残っていますが、青空が拡がるスッキリとした快晴。それでも暗い浜辺には釣り人がびっしりと並んでいます。ただし、今日はみなさん坊主のようですね。どうやら風もやや南向きで流が変わった模様。渚線を進むとなんとタバコの吸い殻が多いことか驚きます。過熱するとどうしても駄目ですね、残念ですが・・・。ついとう、車で砂浜を走り回る者も出てきたようです。(今日は暖かかったですね。写真は夕方。まったく海に浸る事が出来ません・・・。)

Continue reading

師走入り

af2.jpg
無事に「日本ウミガメ会議明石会議」を終え、表浜に戻ってきました。やはり、自然海岸は落ち着きますね。たった3日間でしたが、踏み込む砂地が懐かしい。(笑
もう、先週のうねりも残っていなくて真っ平らな水平線が延びています。相変わらずの釣り人で生き餌で釣っていたおじさんまでもがルアーに変わっていました。ただし、一部の者のマナーが悪く、タバコの吸い殻が散乱。なぜだか、海から得るだけで感謝の気持ちが無いんですねえ。(写真は日没。鮮やかな紅色でしたね)

Continue reading

大荒れの海

fri11.jpg
未明までもの凄い雨音。ちょっとした台風のようでした。今朝は雨は上がって、晴れ間も西から拡がってきています。しかし、海は大荒れでクローズアウト。釣り人も今日は危険ですね。さて、今日から「日本ウミガメ会議明石会議」です。これから新幹線で神戸に。さて、今年はどのような新しい調査結果や研究に出会えるか、楽しみです。

Continue reading

曇り空

thu1.jpg
今日は日の出の時間になっても薄暗い。雨は小康状態ですが、空には雨雲がべったりと張り付いて、今にも雨が降り出してきそうです。そんな中でも釣り人だけは熱いようです。暗い内から波打ち際にしっかりと海岸線に沿って張り付いています。今日は「県境を跨ぐエコ戦略」にて天竜川のエクスカーション。生憎の天候(紅葉を期待していたか)でいまいちなのですが佐久間ダムまでの巡検です。

Continue reading

明日は下り坂に

wedaf13.jpg
今日は暖かい一日でした。夕方の浜は風も凪いで海も穏やか。早朝のような熱気は今はありません。しかし、あれだけ釣り人が集めるとマナーの良い人ばかりではありません。タバコの吸い殻やフィルターがやたらに渚線に落ちています。酷い例では釣り道具のパッケージを開けてそのまま捨てていく例も。自然と接してこそ、得られる恩恵。得られるモノだけを求めて、ゴミは残していく。我が儘な身はいずれ、己に跳ね返ってきますよ。

Continue reading

異様な熱気続く

wed16.jpg
今朝も快晴。しかし海岸に出向くといつもと様子が違います。海は昨日とうって変わって穏やかですが、日の出前から既に車が一杯で渚線には釣り人が数珠繋がり。しかも、すき間無く並び、遅れた人は後方で待機というまでに。異様な熱気に包まれています。それもそのはず、時折、波打ち際まで魚影が押し寄せて背びれが慌ただしく跳びはねています。しかし、本当にこんなことは今まで無かったのですが。帰り際にキス釣りの地元のおじさんと話したのですが「先代に聞いてもこんなことなかった。百年に一度だぃね」まさにその通りですね。この熱気、当分続きそうです。どう、なっちゃたのでしょうか??

Continue reading

今週末は「日本ウミガメ会議in明石市」

tueaf14.jpg
今週末は「第19回 日本ウミガメ会議 明石会議」です。自分も30日に口頭発表の予定なので、どうしたものか、ただ今奮闘中です。息抜きに夕焼けを期待しながら日没前の浜辺に。(とは言え、だいたい日没前に出ていますが)朝の寒さは無く、心地良い風と潮の香り。そして海と夕日。さあ、もう一踏ん張りですね。

Continue reading

休み明けにうねり

thu20.jpg
繰り替え休日は雨と冴えなかったのですが、今朝は快晴。日の出前の浜は少し暗いのですが、海は波飛沫が上がってうねりが入っているのが判ります。沖の砂州で頭ぐらいの波が割れています。これが昨日だったらと思う人も多いでしょうね。陽が昇ってくると西風が強くなってきました。冬場は陽差しが入ると、西風が強くなってきます。

Continue reading

繰り替え休日

mon18.jpg
今朝は弱い北風、空は雲が拡がって肌寒い浜辺です。海は相変わらず穏やか。まったくうねりらしき波は見あたりません。釣り人はいつものように渚線にびっしりと張り詰めています。沖には二艘引きの漁船や遊漁船も。冬の海は続きます。

Continue reading

穏やかな日曜日

sunday72.jpg
今朝もいつものように冬型の晴天。風が弱くなったので寒さはそれほど厳しくありません。穏やかな海は変わりなく、渚線を埋め尽くす釣り人も変わりはないようです。

Continue reading

寒風の中の熱気

sataf1.jpg
今朝も冷えました。しかし、海岸は熱気に包まれているようです。日の出前、既に渚線には週末ということもあってか凄い釣り人の数。海岸線を埋め尽くすほどですから凄いです。その理由はどうやら、ワラサの群れが早朝浜に接近しているようです。しかし、凄いなあ〜釣り上げている数も驚きでした。これは寒くても、この熱気でへっちゃらでしょうね。

Continue reading

冬の夕

af5.jpg
北の空からは黒い雲が流れてきます。もう、すっかり冬ですね。日没前の浜辺は北西風が強く寒いです。釣り人も少なく物静かな日没。今晩も冷えますね。

Continue reading

今朝は冷えましたね〜

fri19.jpg
今朝は霜も降りて冷えました。早朝の浜辺の空気も冷たいです。渚線を歩いていると冷たい風で手が痛くなってきます。海は相変わらず穏やかで水平線が延びきっています。サーファーの姿もなく、釣り人が並ぶ渚線。ちょっと異変が・・・。なぜだか砂浜にコノシロがたくさん打ち上がっています。変ですね、水温が下がったとは言えこれほど打ち上がるのは。何故でしょうか??何か薬品が流出したのかな?

Continue reading

冬の海

thu7.jpg
なんだか一気に冬に突入したような寒さですね。今朝も冷えました。でも、霜が降りるほどではないようなので、まだ冬本番ではないのでしょうが。浜辺は今日も冷たい北西風。海は穏やかでサーファーの姿はありません。釣り人はいつものように渚線に沿って暗い内から並んでいます。昨日はコノシロしかかから無かったようですが、今朝はセイゴかマダカが多少掛かっているようです。すっかり冷えてしまいましたが、空が真っ青なので気持ちの良い朝でした。

Continue reading

冬の雲

wedaf5.jpg
今日は冷えましたね〜。日没前の浜辺は朝より寒いぐらいでした。空は冬の雲が西から東に流れて、完全に冬の様相。海も風波で暖かかった海水温度もこれで下がりそうですね。いや〜11月中半ですからやはり冬の足音は着実に迫ってきていますね。

Continue reading

冬型に

wed10.jpg
今朝は冷えましたね。少しずつですが季節は冬に近づいていきます。浜辺は空は快晴、空気が冷えて張り詰めて来ています。西風で浜辺の砂も動き始めてきました。海は穏やかで水平線が東西に延びきっています。サーファーの姿は無く、渚線には釣り人のみ。釣りも大物は掛かっていないようで、コノシロが掛かっているようです。陽差しが昇ると丘陵がオレンジ色に輝き始めます。陽差しの暖かさがありがたい季節ですね。

Continue reading

西風に

tue15.jpg
水平線には薄雲がかかり、日の出が赤く染まっています。朝は西風は少し冷たく感じますが、上空は晴れ渡って今日も良い天気のようですね。海は穏やかでうねりは昨日より下がって膝程度の波。今日は海に入るのも諦めですね。釣り人は相変わらずで渚線を埋めています。ただ、最近は掛かりはそれほどでもないようですね。海水温度も少しずつですが下がってきているのでしょうか。

Continue reading

週明けは晴天に

af5.jpg
昨日までの雲も消え去り、上空は青空が拡がっています。渚線は今朝も釣り人で一杯です。浜辺は既に北西風が吹き始めて穏やかな海では膝程度のうねりが消えそうです。迷ったのですが少しは沖のサンドバーで割れているので入水。しかし、厳しいかったですね、潮が多く、早々と割れにくくなってきました。小一時間ばかりですが割れなくなったので終了。今朝は波はもの足りませんが陽差しと輝く青空で満足ですね。(写真は日没前。今日は暖かい一日でしたね。)

Continue reading

雨の日曜日

sun1.jpg
今朝は雲が空一面を覆って時雨れ模様。海は穏やかでうねりも昨日と変わりないようなので、来週末のために資料作りと決め込みました。午後に浜辺に出ると海は穏やかでした。今晩、ウミガメ(成体)の放流を行うと日本ウミガメ協議会から連絡をいただいたので今晩も待機となりました。たぶん、静かな海なので順調に放流できるでしょう。詳細は後ほどに。

Continue reading

朝焼けから雲り空に

sat2.jpg
今朝は雲が上空に拡がって日の出が空を赤く染めました。朝焼けは下り坂と言われている通りに下り坂に向かっているようです。海は穏やかでうねりも昨日ぐらいは残っています。朝焼けの観賞もほどほどに早速、着替えて海に。長い波待ちに少し肌寒い風、暖かい海水が助かります。何とかうねりが入ってくると、それなりに綺麗に波が割れていきます。しかし、なかなか場所が特定出来ず、波を追いかけるのに結構疲れましたね。掴んでしまえばそれなりに楽しめました。

Continue reading

今朝も晴天

friaf16.jpg
今朝も風は北風。日の出前は肌寒く、なんだか海に入るのも躊躇しそうですが、海水が温かいと承知しているの早速入水。海は穏やかでうねりはだいぶサイズが下がってしまい満潮時と重なり波はなかなか割れていません。時間も無いので多少割れているサンドバーを狙って入ったのですが、どうも外したようで、波は分散して当てづらく待ちが長い。まあ、空が真っ青で気持ち良いので良し!ですね。昨晩は東京から最終の新幹線で未明近くに何とか帰ってきての今朝の海。さすがに眠たいですね・・・・zzz。

Continue reading

久々の快晴

thu60.jpg
日の出前の空は紫色に染まり始めて今朝は上空の雲も無く、綺麗に晴れ渡っています。既に海岸線には釣り人とサーファーの車が溢れています。特に渚線には釣り人が数珠繋がり。海はうねりが上がって頭を越える波。セットはかなりワイドですが良い形です。ベストは今日なんですね、残念ながら今日は午前中は打ち合わせで午後から「生物多様性市民ネットワーク」の会合に出るために東京へ。・・・・・・残念です。

Continue reading

西から晴れ間

sunset22.jpg
やっと重い雲から解放されそうですね。今朝も北西風が吹き込み、肌寒い浜辺。海はまだ満潮でうねりは上がってきているのですが、潮が多くて割れません。今日も釣り人も多くサーファーの姿はありません。少し待って何とか沖で割れ始めたので適当なサンドバーで入水。暖かい海水が助かります。沖に出るとレフトは開いているのですが、ライトが意外とコンパクトに盛り上がってくる波。胸から肩程度と厚めながらファンウェイブ。セットはたま〜に頭程度。一人だけなので充分満喫しました。でも、養浜活動やウミガメ会議の資料まとめが・・・・大変です。(夕方は湖西の夕日マニアの方(ありがとね)から連絡頂き、今日はチャンスとの一報。雲が上手く水平線に掛かっていなかったので表浜特有のクレイジーな夕日を期待したけど、なんだか少しボンヤリしてました。贅沢かな)

Continue reading

肌寒い曇り空

tueaf1.jpg
今朝も雲が拡がって肌寒い空模様。海は引き始めているようですが潮が多く、穏やかな海にはあまり変わりはありません。昨日より少しはうねりが出るかと思いましたが、本当に少しですね。時折、腰程度の波がペラッと割れますが。潮が引くのを待つこと1時間。逆にうねりが下がってきてしまいました。上手く行きませんねえ。(写真は日没前。しかし、暗くなるのが早くなりましたね)

Continue reading

冬凪ぎ

monaf7.jpg
ここの所、立冬を過ぎてすっかりと気温が下がってしまいましたね。今朝は東西に雲が拡がって陽差しもなく、暗い浜辺。風も冷たく手が痺れてくるほど。海は完全に凪いでいます。これでは冬凪ぎですね。釣り人もアタリも少なく寒そうで這々の体で帰って行きました。

Continue reading

谷ノ口里山・里浜(谷番人)

sat21.jpg
今日は午後から谷ノ口にて里山・里浜活動です。地元の子ども達と親御さんと一緒に堆砂垣作りです。天気は生憎な空模様ですが何とか雨は小康状態。肌寒いの浜辺でしたが元気に堆砂垣作りを実施しました。作業の後は温かいおでんと足湯。でも、足湯は同時開催のサーフィンコンペのサーファーに大好評でほぼ占領。(笑
そりゃあ寒いから大受けですよね。足湯のドラム缶に全身浸かってましたもん。なかには20分ほど入りっぱなしの者も。完全にお風呂になっていました。(笑

Continue reading

重い雲が拡がる

sat15.jpg
今日も穏やかな海で波はそれほどたちませんでした。日没前の浜。釣りの人影だけが渚線には並んでいます。ショアブレイクにかなり無理して海に入っているサーファーは3人だけでした。明日は田原は谷ノ口でサーフィンコンペ(ChillOut主催)と午後から堆砂垣作りがあります。明日は天気だけでも回復して欲しいですね。

Continue reading

雨上がり

af3.jpg
濡れた草木、昨晩は気が付かないうちに雨が降っていたようです。雨上がりの朝、少しもわっと湿気を含んだ空気に生暖かさを感じます。浜辺に出ると雨上がりで釣り人も今日は少ないようです。海は引き続き穏やかで多少のうねり。膝あるかないかですね。どうも朝の満ち込みは良くない。今後は週末に掛けて冬型になるようで北西風が強まるのでしょう。

Continue reading

北風と釣り人

thu26.jpg
今朝は北風で寒く感じまが、陽が昇る前には既に渚線にズラリと釣り人が並んでいます。なんだか今日は凄い人集り。海は相変わらずで膝下程度のうねりは入っているのですがペラッと割れている程度でサーファーの姿もありません。釣りは逆に過熱しているようでナンバーを見ると名古屋や浜松が多いです。冬の到来を告げる?アカエイなんかも釣り上げていましたよ。(笑

Continue reading

生物多様性市民会議

bio1.jpg
愛知県名古屋市で開催される「生物多様性国際会議COP10」に向けて市民プラットフォームの立ち上げ会合が行われました。東京でも同様に発足した「生物多様性市民ネットワーク」と同調した働きかけとなっています。中部圏はもとより、幅広く「生物多様性」を理解深めるため、様々な地域とも連携を目指し発足しました。このプラットフォームが「生物多様性市民会議」です。

Continue reading

放射冷却の朝

wed1.jpg
今朝は冷えました。空は雲一つ無い青空で朱色の日の出。海は水平線がスッキリと東西に延びています。今日もうねりは膝下でペロッと割れる波で一人だけ海に入っていましたが・・・。しかし、順調に冬に向かっていくようで今期はまったく台風が迫りもしない年となってしまったのでしょうか。これは結構凄いことのような気がします。今までそんな年あったかなあ〜と記憶を辿ってみますが、覚えがない。海水温度が高すぎると熱低の発生位置も緯度が高いからなのか変なコースを辿っていますし・・・。不思議な年となりました。良いことか判りませんが、砂浜は堆積傾向です。

Continue reading

凪いだ海

af12.jpg
西高東低の気圧配置となり、穏やかに凪いだ海が続いています。うねりもほとんど無くて脛程度のショアブレイク。中潮の干潮と重なり、汀線はかなり海側になっています。いつもの汀段の約10メートルほど海側に新たな汀段が出来上がって砂浜はかなり拡がっていますね。今日も海岸には釣り人の姿だけでした。(写真は夕方。明日は冷えそうですね。)

Continue reading

どんよりとした空

af3.jpg
今朝の空は昨日までの青空と代わって、どんよりとした鉛色の雲に覆われています。海は相変わらず穏やかに凪いでいます。海岸線にはいつものように釣り人が並んでいますがサーファーの姿はありません。(写真は午後、相変わらずの空模様ですね)

Continue reading

今日は暖かい日差し

sunaf2.jpg
今日は西風もそれほど冷たくなくて、陽差しは暖かくて心地良い浜辺です。引き続き海は穏やかに水平線が延びきっています。海岸にはサーファーの姿も少なく、釣り人が渚線に並んでいます。こんな日が海岸散策には最適なんですけどね。

Continue reading

今日から霜月

af7.jpg
今日から霜月、もう早いもので年末の声も聞こえ出します。今朝は雲が少し掛かっていますが晴れ。浜辺は西風が吹いて海もうねりはほとんど無く、膝程度のショアブレイク。サーファーも車の中で待機。釣り人は既にズラリと渚線に並んでいます。(今日は西風が吹き続けたけど本当に良い天気でしたね。写真は日没前)

Continue reading

昨日より冷えました

fri8.jpg
いよいよ明日から霜月。今朝は昨日より北西風が冷たくて、風に当たる手が少し冷えてきます。海は相変わらずの真っ平ら。時折うねりらしきは入るのですが、朝は満潮と潮位が高く、ショアブレイクのみ。釣り人も変わらず、渚線にズラリと並んでいます。今日はさすがに冷えるでしょうね。早いもので来月からはいよいよ「すなはま再生プロジェクト2009」を開始となります。

Continue reading

日没は伊勢に

af8.jpg
日中は暖かくても、朝夕は秋も深まって来たる冬を感じます。日没も越戸大山を越えて伊勢に沈むようになりました。ここ数日は冬型で海も水平線が真っ直ぐに東から西に延びて見渡せます。今日の内モンゴルからのお客さんが至って、この景色に感動されていました。日本はだいたいが狭い景色なのですが、海岸線はモンゴルの平原をうわまる広さで、広い空に負けていませんからね。

Continue reading

今朝は冷えました

thu9.jpg
今朝は冷えましたね。晩秋の空気というか風に冷たさを感じます。まったくうねりの無い海は水平線が微動だにしません。(笑 逆に渚線には釣り人がズラリと並んでいます。最近はマダカはなりを潜めて、ボラが良く掛かっているようです。週末は少し天候が崩れる模様。低気圧の通過で徐々に冬に近づいて行きます。今日はユーラシア大陸は内モンゴルから「砂漠化防止活動」の団体が数名表浜に訪れます。表浜の堆砂垣の養浜活動「すなはま再生プロジェクト」の研修です。草原の海と太平洋の出会いですね。

Continue reading

徐々に朝は冷えてきますね

af19.jpg
今朝はひんやりと冷えて草木に露が溜まっています。浜辺は弱い西風、海は凪いで真っ直ぐな水平線。渚線には昨日と変わりなく、釣り人がズラリと並んでいますがサーファーの姿はありません。渚を進むと何やらカラスの足跡が目立ちます。良く見るとボラのお頭が転がっています。新鮮な内に浜で締めて持って行かれたんですね。表浜のボラの刺身は美味。内湾のような臭みは全くなく、鯛の刺身と言っても疑う人はいないほどですから。(写真は日没前、すっかり秋の空ですね。この時期は日の出から日没までと秋の空が楽しめます)

韓国での「ラムサール湿地条約COP10」ですがNGOサミットは終了していよいよ本会議。初日の宿の顛末や移動にてんてこ舞いだったようですが、これからは表浜ネットワークの展示ブースも準備に忙しいようです。しかし、ハプニングがまた発生!今度はなんと資料の入った荷物の紛失などトラブルが続いているようです。今村研究員も奮闘中!詳しくはラムサール報告にて!

Continue reading

スッキリと延びる水平線(浜の妙な跡?)

tueaf11.jpg
今朝はスッキリと晴れ渡っています。風も少し冷たい北西風で冬型の気圧配置ですね。海は真っ平らに近く、湾曲した水平線がスッキリと延びて見えます。海は釣り人が渚線に沿って並んでいます。しかし、残念なことに最近はタバコの吸い殻が目立ちます。やはりこれだけ釣りが集中するとマナーの悪い人も多くなってきます。夜は既に車で浜に進入しているのか轍もたくさん残っています。増えると確実にマナーが悪くなるのが寂しいですね。今朝は妙なモノも見かけてしまいましたが・・・果たして何?

Continue reading

サンドバーの発達

monaf4.jpg
今朝も雲が空を覆っていますが、徐々に切れ間が拡がってきました。陽差しもちょうど切れ間から覗き、眩しい光が波間でキラキラと反射しています。海は穏やかで膝から腰程度の波。釣り人は相変わらず多く汀線に沿ってズラリと並んでいます。潮が引いている朝は浜崖部の海側の汀段(サンドバー)が拡がって浜が広く感じます。

Continue reading

漂着物学会伊良湖大会

fllow37.jpg
赤羽根文化会館にて「漂着物学会 伊良湖大会」が開催されました。今日は講演会が主体です。受け付けを過ぎると全国からビーチコーマーが集合!って感じでJEANの小島さんやビーチコーマーの重さんやら既に潮の香りが漂う人ばかり。講演も京都東山学園の生徒さんの漂着ライターの話から、和地の葉山さんの渥美の民俗学的な話しやら興味溢れる話しが続きました。

Continue reading

北西の風

sat4.jpg
今朝は昨晩からの北西の風で海は一気に穏やかに。釣り人とサーファーも既に海岸には一杯です。朝のうちは雲が少し残っていますが今後は晴れ間が拡がるでしょう。今日は「漂着物学会伊良湖大会」です。午後から一般参加となります。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

荒れ模様

fri7.jpg
今朝は雨が時折、激しく地面を叩き付けます。東風で荒れた海は西に流れています。浜辺はいつものように釣り人もサーファーも人影もなく静かです。午後には雨が上がりそうですが、午前中はまだまだ雨が強く降りそうですね。降水量も多かったので土壌に水がたっぷりと含まれています。雨上がりは土砂崩れにも注意しなければいけません。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

今週末は「漂着物学会 伊良湖大会」

thu8.jpg
昨晩、少し雨が降ったようで辺りは少し湿っています。浜辺は東風が強く吹き続けて、波は高くないのですが海は西に流れつつありますね。潮が大きく引いている今朝。いつもなら見ることの出来ないところまで見えて、海の中に出来た汀段と離岸流の場所潮の流れが良く理解出来ます。大きく湾曲した箇所には礫が集まり、中にはコタマガイなど貝もチラホラ。ここがポイントで何か良い物流れていないかと目を懲らすと・・・ありました。ルアーを見っけ!今週末は渥美半島で「漂着物学会」が開催されます。浜辺の散策ファンには楽しみなイベントですよ。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

下り坂に

wed10.jpg
今朝は既に東風。海はうねりは小さくなって風で西に流れ始めています。釣り人は渚線にズラリと並んでいますが、サーファーは波が悪いので少ないですね。昨日、アオウミガメの産卵が確認されたようです。しかも、何と足跡を確認した場所だったんですね。やはりあの足跡はアオウミガメだった訳です。ただ、産卵巣は本当に見つからなかったのが不思議。ボディピットはもちろん多少の掘り出した跡も無く、カモフラージュの跡も無かったのです。しかも、その日に何人もが確認したのですが不思議ですね。しかし、赤羽根で確認されなかったらなかなか気が付かなかったでしょう。過去にも数例あったのかも知れませんね。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

引き潮時の汀線

tue19.jpg
今朝も潮が上げる途中です。海はうねりが残って時折、一気に200メートルぐらい割れるワイドなセット波。サーファーも西に流されて苦戦な様子。そんな努力をよそに引いた渚線を歩いていると干潮時の汀線が大きく湾曲しだしていることに気が付きます。見ていると浜崖と沿岸砂州の関係が良く判ります。湾曲した浜に釣り人は集中し、沿岸砂州にサーファーは集まります。面白いですね。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

湿地条約に向けて

monaf15.jpg
今朝の海は風も西風となり落ち着きを取り戻しましたが、うねりは時折のセットで頭半ぐらいでかなりワイドな波。なかなか綺麗に割れていますが苦戦しています。こちらはなんと来週にはお隣韓国で「ラムサール湿地条約COP10」が開催。準備もまだまだなので、これから資料等の制作を行わなければ行けません。焦ってしまいますね。砂浜湿地としての評価出来る資料を考えています。しかし、今週末には「漂着学会」も伊良湖で開催されます。この時期は色々とイベントが集中します。しかし、忙しい・・・・。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

今日は伊良湖フォーラム

sun4.jpg
今朝の海は昨日とうって変わって東風もやや強く、荒れて西に強烈に流れています。時折のセットは頭越えで怒濤のような波。今日はサーフィンのコンペの開会式だけ参加。日頃、海岸清掃や堆砂垣作りに協力してもらっているサーファー達です。開会式でサーファーの基金で活動への寄付金を贈与。これから冬の堆砂垣作りに使わせて頂きます。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

今日も秋空拡がる

sat1.jpg
今朝も晴天、気持ちの良い朝です。既に渚線には釣り人がズラリ。でも、今日も釣れていないようです。今朝も海に浸りに。暖かい海水と昨日よりうねりが上がってファンサーフです。海の中から見る真っ青な秋空と緑の丘陵。美しいですね。明日は伊良湖フォーラムです。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

秋晴れ続く

fri7.jpg
今朝も秋晴れ、気持ちの良い朝です。東風で少し肌寒く感じますが陽差しはまだ暖かいですね。海は昨日より風波という感じで海に入るのも迷いましたが・・・・入って後悔。潮位が高くバックウオッシュが入って最悪。救いは海水が温かいこと。半袖なので助かります。沖ではアブが跳ねていますが、今日は釣果はダメそうでみんな坊主のようでした。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

柳の下の二匹目のドジョウを狙う

af8.jpg
昨日、海に入れなかったので今朝こそはと浜辺に。しかし、昨日1日中吹いた西風でうねりは消えているかもと思ったら消えていました。今日も既に釣り人はズラリと渚線に並んでいます。潮が引くのを少し待ち、適当なサンドバーのショアブレイクに近い場所で浸ることに。まあ、海水温度も暖かいし、たまに波も腰程度で入ってくるので小1時間楽しみました。それにしても今日も気持ちの良い晴天でした。写真は日没前。日没位置も越戸大山に近づきましたね。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

泥干潟からタイドプールに

wed3.jpg
今朝は少し蒸し暑く感じるほど暖かい朝でした。雲が少し多めですが徐々に西から晴れ間が拡がっています。海は穏やかでうねりが肩程度で綺麗に沖のサンドバーで割れています。波を眺めながら諸事重なっている為、今朝は残念ながら諦めます。孵化の兆候がまったく認められない産卵巣を久々に確認に向かいます。ここは人の行いでさらに埋もれてしまった場所です。何か兆候があればと思いましたが何も変化はありません。諦めて浜辺を見渡すと今回の大潮で泥干潟だった砂浜が通常のタイドプールに変わりつつあります。やっと泥が消えてきました。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

東風が吹き始める

mon14.jpg
今日は下り坂のようで南岸に弱い低気圧が通過するようで朝から雲が拡がっています。浜辺は既に東風が吹いていますが海はそれほど風の影響は出ていません。腰程度のうねりでサーファーも多く、釣り人も浜辺に沿って並んでいます。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

体育の日は海三昧

mon10.jpg
今日は一日、浜に出ていました。海も多少うねりが出てきたので朝から夕方まで海に。少し西風が出てきましたが、胸程度の波と時折のセットで楽しみました。夕方、海から出て秋の空気と風がとても気持ちが良かったです。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

秋の夜空と

ikobe16.jpg
秋の夜空、満月に近い月が綺麗に夜空に浮かんでいます。今晩は伊古部ローカルパーティに参加。綺麗な月と共に薪の炎が美しく映えます。テーマはエコと炎。楽しい一時、砂浜に拡がるパーティです。砂浜を大切に!!ですね。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

冷たい風

sun3.jpg
昨晩からの冷たい北西風が今朝も吹き続けています。砂浜の砂の飛び始めたようで9月末のゲリラ豪雨で流れ出した泥が、やっと砂に埋もれ始めてきました。これからの風で泥干潟も消えるでしょうか。今日も海は穏やか。サーファーは沢山車で待機しているのですが、今日は脛も無い波で無理でしょう。釣り人は逆に渚線に途切れることなく並んでいます。凄い賑わいですね。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

秋祭り

af6.jpg
今朝は雨は上がっていますが、雲が拡がっています。そろそろ風も北西に変わり始めていますね。海にはほとんど波が無いのですが週末と三連休が重なってかなりの賑わい。今日は入水は諦めて諸事片付けと集落の秋祭りに。今日は色んなところで祭りでしょうね。朝から賑やかな爆竹が鳴り響いています。(写真は日没前、今晩は初の冬型が強まりそうですね。)

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

週末は冬型に?

fri6.jpg
今朝も暖かい朝。空には薄い雲が拡がっていますが晴れ。海は昨日より穏やかでうねりも小さくなってしまいました。今日も取りあえず、海に浸ることに。潮が引いていて海にはいるとより、波は小さいようです。海水は温かくて心地良いのですが、うねり数は少なくて待ちが長い。今日もマダカやアブが飛び跳ねています。あまりの待ち時間と波も消えてしまって疲れて小2時間で終了。今週末は寒冷前線が日本海側を通過するようで天候は崩れることは少ないようですが、一気に冷え込むようですね。暖かい空気は明日までのようです。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

海上を跳ねる

thu6.jpg
今朝は雲は多いけど晴れています。風は弱い東風。うねりは東寄りながら何とか胸から肩程度。木曜日は人が少なく、誰もいない適当なサンドバーを探して海に入ります。レフトの波をつかまえてまずまず。海に浮かんでいる時が楽しいですね。ぼ〜と沖を見ていると急に海面がざわつきます。イワシの稚魚でしょうか。浅瀬の砂州に逃げてくるのですね。その稚魚を追ってアブやマダカが跳ねながら稚魚を追い詰めているようです。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

今日は寒露

wed10.jpg
昨晩から続く雨音。朝には止むかと思っていたのですが、朝まで雨音は止まずに残ってしまいました。今日は晴れと予報で聞いていたのに。でも、西の空は青空が遅れて申し訳なさそうに覗いています。海は穏やかに凪いで波も膝下程度でサーファーは少ないのですが、釣り人はいつものように海岸線に並んでいます。今日は寒露、いよいよ秋も深まる頃ですね。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

汀段の形成

tue5.jpg
今朝は小潮の潮の引きは一杯の干潮。潮が引くとよく見えてくるのが汀段。この外洋に面した表浜では汀段(バーム)の形成は一晩の潮位変動で出来上がったりします。砂浜がクネクネ(カスプ)と小さな湾曲の連続蛇行し始めると汀段が発達している場所(海側に前進)は丁度、海に向かっての離岸流(リップカレント)が強く流れているのが理解出来ます。波乗りでは沖に出るとき、利用したり、釣りもポイントになったりしているようです。今日は波は膝程度。釣りもあまり掛かっていないようです。入水も諦めました。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

低気圧通過

mon7.jpg
昨晩はちょっとした嵐でしたね。時折、激しく叩き付ける風と雨。朝はその雨も上がっていましたが、東風は強め。海はうねりはそれほどですが風で、少し荒れています。ただ東風も乾燥した風なので天候も回復するのでしょうか。写真は日没前の浜辺。陽の沈む位置が丘陵から大山に向かっています。陽が沈む時間が早くなり、5時過ぎると一気に暗くなりますね。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

後の祭り

sun3.jpg
今朝は凄い数の釣り人です。海岸線が黒く染まるほどの釣り人。しかし、残念ながらそうはことは上手く行きません。昨日からあまり掛かりが良くないようです。今朝も駄目なようですね。後の祭りとなってしまいました。しかし、マナーは良くありません。タバコの吸い殻や釣り具のゴミが散乱しています。祭りの後はやはり汚してしまうのは寂しいばかりです。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

インディアンサマー

sat2.jpg
今日はなんて暑いのでしょう。浜辺ではジリジリと熱い日差しが肌を焼きます。秋深まったと思っていたら、夏の再来です。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

どうやら濃いようです。

fri14.jpg
最近はイワシが浜に打ち上げられていたり、波打ち際で海面が盛り上がって黒い魚影(イワシでしょうね)が見られたりと、何かと釣り人にはたまらない状況のようです。今朝も形の良いマダカを数本上げていました。う〜ん刺身にすると美味しそう。東風は寒く感じますが海水温度はまだまだ高く波打ち際に近寄ると暖気が伝わるほどです。


******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

久々の晴れ間

thu34.jpg
やっと鬱陶しい雨から解放されました。今朝は雲が切れて青空が拡がりつつあります。海は穏やかになってうねりも腰程度。サーファーも釣り人は点々としています。穏やかな渚線を久々に巡回しますが、ほとんど収束したアカウミガメのふ化・脱出。そろそろウミガメの気配も消えつつあるのでしょうか。残りは後半組だけとなりました。これからは季節風と砂の季節になりますね。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

雨雲拡がる

wed29.jpg
10月に入りました。やはり今朝も雨で雲が拡がって憂鬱な空です。台風15号の動向が心配ですが今日は海は荒れているだろうと思いきや、以外とうねりもそれほどで荒れていません。台風の進路によってはうねりが届きにくいのがこの渥美半島。紀伊半島にさえぎられているのでしょうか。台風の進路は南下したようで午後は雨が上がるようですね。やっと青空を拝めるのでしょうか。

******今月の表浜イベントのお知らせ**********
2008年10月19日午後1時〜
〜渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08〜 主催:渥美自然の会
会場:田原福祉センター 1階多目的室

2008年10月25・26日
〜8回漂着物学会 伊良湖大会〜 主催:漂着物学会
場所:赤羽根文化会館

Continue reading

今朝も雨に煙る

tue43.jpg
今朝も冷たい雨。浜辺は雨に煙っています。台風15号もゆっくりと迫ってきているようですから木曜日までこの天気が続きそうです。仔ガメのふ化も低温が続くので後半の産卵巣は駄目かもしれませんね。海は昨日よりうねりが下がっています。明日からは風も入って荒れそうですね。

Continue reading

台風15号(チャンミー)

mon10.jpg
今日は雲が拡がって肌寒く、午後にはパラパラと雨が降ってきました。本当につい最近まで暑い!ってうなっていましたのですがね。この前線を刺激している台風15号。どうやら14号と似通った太平洋沖のコースを辿るようです。勢力は弱まっているようですが、当分はうねりが高い日が続きそうです。日没前の海は波長の長いうねり。潮が高く、間が長いのですがセットはワイドな速い波ですね。

Continue reading

肌寒い1日

sun17.jpg
今朝は薄雲が拡がって西風が冷たく肌寒い1日でした。朝は所用を済ましてから海に入水。海水は温かいのですが風が冷たいですね。海はうねりは昨日より多少上がってきて午後はそれなりに楽しめる胸程度のセット。ただし波待ちが長くてやはり体が冷え切ってしまいました。

Continue reading

一気に秋深まる

sat7.jpg
今朝は一気に冷えましたね。北西風が一晩中吹きつづき今朝は晴天。海は風で均されたように水平線が延びています。時折の腰程度の波にサーファーが数人。釣り人はいつものように海岸線に並んでいます。

Continue reading

午後は下り坂に

fri8.jpg
今朝は湿気が高い!渚線を歩くと海から生暖かい空気に包まれます。海水温度がかなり高いのです。海は多少のうねりが入っていますが、あまり落ち着いていないですね。もう秋になるのに浜辺にはツメタガイの砂茶碗が目立ちます。海水温度に何か影響されて産卵しているのでしょうか。今朝もコメツキガニは素早く走り回っています。さて、アカウミガメの孵化ですが、そろそろ後半の産卵巣がふ化時期に来たようです。今朝は脱出跡(トラックシャワー)が1箇所認められました。

Continue reading

孵化も収束

thu4.jpg
今朝も晴天で爽やかな西風。海はうねりが綺麗に割れて今日は釣り人より、サーファーの方が多いです。う〜ん、来月にはお隣、韓国で「ラムサール湿地条約COP10」が開催されます。準備なども含め、今日はやらないといけないことが山積みなので入水は諦めですね。こんな時は辛い!さて、ウミガメの孵化ですが、今期の7〜8月の暑さで早い孵化が続き、ほとんどが脱出してしまったようです。残るは砂に埋もれてしまった産卵巣ぐらい。孵化調査も実施しなければ行けません。

Continue reading

秋の浜辺

wed37.jpg
もう、すっかり秋の浜辺ですね。西風が心地良いです。海は朝は潮が引いていて、意外と頭オーバーぐらいのうねりが出てきて場所によっては厳しいコンディション。これって台風14号(ハグピート)からのうねりなのでしょうか?サーファーも少ないようです。対照的に渚線には釣り人が並んでいます。歩きながら釣り人の様子を見ていくと若い人はマナーが良いようですが、年配の方は周りにタバコの吸い殻や空き箱、飲み物の容器が散乱していたりします。経験では柔らかく注意しても逆ギレされることもしばしば。子どもばかりが逆ギレ対象になっていますが、私の知る所では「高齢者もあまり変わらないなあ」というのが実感なんですけどね。出来れば大人が見本でゴミも持ち帰って欲しいですね。今朝は渚を素早く走り回るカニを写すことが出来ました。このカニの素早さは尋常ではありません。(砂地にほぼ同一化しています。わかるかな?)

Continue reading

秋晴れ

tue5.jpg
長らく表浜レポートお休みしていました。実は3日間とも静岡県の御殿場にNACS-Jの講習に出向いていました。御殿場は雨が多いと聞いていたのですが3日間とも雨とは思いませんでしたが。今朝は表浜に帰って朝から晴天。西風で爽やかな秋晴れですね。ジメジメした雨から解放されてほっとします。早朝は海に浸っていましたが、海水温度がかなり高いのに驚きます。西風が強くなってから巡回に出向いたらなかなか反応が無かった場所からの孵化・脱出が認められました。

Continue reading

台風13号は午後に接近

fri25.jpg
今朝はさぞや、雨もひどいかと思いきや、以外と雲も高く、雨が降るような気配は今のところありません。風は東風なのでこれから崩れるのでしょう。海はうねりは届いていなくて穏やか。腰から胸程度のうねり。意外ですね、今回は台風の進路が東シナ海から入ってきたのでうねりは遅れているようです。しかし、間違いなく台風は迫って来るので午後にはジャンクなクローズアウトになるのでしょう。ウミガメの産卵巣は後半の産卵巣はよほどの波浪でも大丈夫だと思いますが。

Continue reading

雨に煙る海岸線

thu13.jpg
今朝は雨に煙る海岸線。これからスローな台風13号が北上を初めてきているようです。今回の台風は東シナ海から北上でうねりは未だ入ってきていません。今日から前線も刺激されて活発化するようですから、海岸はまた泥流が流れ込む心配が出てきました。前回の豪雨の跡も残っている状態ですが、またもや浜は泥干潟に変わってしまうのでしょうか。アカウミガメの産卵巣は猛暑で孵化が早まっているようなのですが、8月後半の産卵巣はまだ残っています。台風13号の進路によっては心配ですね。

Continue reading

前線と台風13号

wed3.jpg
今朝は久々の気持ちの良い晴天。しかし、今晩ぐらいから前線の活動が台風に刺激されて活発になりそうですね。今日も早めに海に浸ってからの巡回。海水は温かく、大潮の満潮時で早朝は波はショアブレイクに近い。適当なサンドバーでインサイドブレイクをそこそこ楽しみました。浜に上がって砂浜を巡回すると、秋とはいえ陽差しが強く汗が出てきます。砂浜の至る所にはまだ泥が残っており、これから迫ってくる台風と共に前線の雨が心配ですね。またもや泥干潟になってしまうのでしょうか。

Continue reading

台風13号の進路

af2.jpg
今朝も鉛色の空は続きます。海は穏やかですが小雨に煙る浜辺。残る産卵巣の孵化の状態を確認しながら廻るのですが、前半、中盤の産卵巣はほとんど孵化・脱出し、残る後半の産卵巣は最近の天候による低温からか、なかなか変化が見受けられません。これから進路を変えて太平洋岸に接近しつつある台風13号。何より豪雨が心配です。波浪の場合でも脱出可能な仔ガメですが、土砂流には敵わないのです。これから台風の進路に注視ですね。

Continue reading

鉛色の空

mon16.jpg
なんと台風13号は西に進路を変えて再度、太平洋岸に迫ってくるようです。海水温度は未だ高く、この時期の台風は要注意ですね。それで今日は一日中、鉛色の空。湿気も含んだ空気で遠く南洋の台風を感じさせます。昨晩は中秋の名月、実はお月さまと旬のサンマをテーマに昨晩は鑑賞会。なんとか雲も晴れて名月と淡い月光注ぐ浜辺を楽しみました。そして秋といえば新鮮なサンマを炭火で焼いて堪能!やっぱり旬の味は堪りません!

Continue reading

今日も個人的な海の日

sun7.jpg
今日は朝は豊田市からボーイスカウトの高校生が海岸清掃を行いたいとはるばる表浜に訪れました。しかし、海岸の混雑は想像を絶します。ズラーと並んだ車、車、車。今年一番の賑わいではないかと思えるほど。30分程度海岸を清掃し、高校生を送ってから今日も個人的な海の日。混雑をかき分けて、今日も1日海に浸っていました。

Continue reading

今日は地震の予言日で

P9130013.jpg
今日は地震が起きる日らしいですね。今のとこまだ起きていませんが。延期して3月になったとか色々といわれています。そんな中でも海岸にカメの調査。津波がきたら危険ですね。
子ガメが焦って孵化して海に還っていた様子もないので、たぶん大丈夫でしょう(?)
田中談:そんなもんあるんかいな??今日はまったく気にせず、一日中海に浸っていました。
良い波だったんで久しぶりにヘトヘト。でも予言は結構無責任だよね。東海・東南海地震の起こる予測で言えば30年間、10950分の1だからねえ、いいかげんなもんだよ。

Continue reading

西風と東流

fri2.jpg
今朝も晴天で浜辺に出ると爽やかな西風で爽快です。陽差しはまだ強いのですが真夏の勢いはありません。海は昨日よりうねりは下がっているようです。今日は入水目的なのです。海水は温かくて快適なのですが東の流と西風が合わないようで波もしょぼい。どうも関東方面の熱低のうねりだったようですね。昨日の方が良かった。

Continue reading

台風13号の動向と孵化の状況

thu10.jpg
今朝も穏やかな朝、渚線から昇る陽。これから海に向かって日の出位置は移り変わっていきます。海はうねりは胸程度でそれほど台風の影響は出ていません。進路も少し変化してきましたね。さて、心配なのはウミガメの孵化状況。昨晩も1箇所で孵化脱出が確認されました。今期は孵化が早いので、なんとか台風シーズン前に脱出出来ると良いですね。

Continue reading

台風13号(シンラコウ)

wed3.jpg
台湾南の海の怪しげな熱帯低気圧から台風に変わりました。台風13号です。現在、かなり海水温度が高いようなので非常に心配です。週末ぐらいにはうねりの影響も受けそうですが、来週明けには直接的な影響も出るのかも。孵化状況としては今期は台風も今まで少なく、さらに移植が幸いしてか流出は少ないようです。そして暑さも働き、脱出は既に半数を超えている様子。但し、これからの台風は大型化しそうで要注意ですね。

Continue reading

西風に涼しさ

tue18.jpg
今朝は西風に涼しさを感じます。パンパスグラス(外来種:Cortaderia argentea)がススキのように白い穂を蓄え、風にそよいでいます。その風景がなんだか日本らしいのかどうなのか・・・。海は穏やかで膝ほどのうねり。今日も釣り人が早くから渚線に並んでいます。ヘダイとショコが釣れているようです。さて、孵化の状況ですが今朝も昨晩に脱出した産卵巣を確認。今期は本当に順調というか早いですね。これからは台風シーズン。海水温度が高いので心配です。台風13号の進路が気になりますね。

Continue reading

夏の残像

mon6.jpg
今朝も空気は乾燥して心地良い浜辺。陽差しはまだ眩しくて強いのですが、真夏のようなジリジリと焼くほどではありません。海も穏やかで波も膝程度。今日もサーファーよりも釣り人が多いですね。孵化の状況を見て回りますが、今期は暑さからか早い孵化。特に大きな変化は見受けられませんでした。浜辺を歩いていても秋を感じるようになってきましたね。

Continue reading

海岸清掃の日

sun14.jpg
今日は午前9時からTSA(豊橋サーフィン協会)の合同海岸清掃でした。いつも利用している海岸は綺麗が一番。高塚、寺沢と小島の海岸で実施しました。夏の花火やBBQ残飯のゴミは少なくなりましたが、まだまだゴミが捨てられていたりします。ホワイトキャップスのショップコンペと共に清掃しました。岡崎のDIGさんもご協力ありがとうございます。ご苦労様でした。

Continue reading

何の予兆もなく脱出!!

P9070010.JPG
No.83の産卵巣です。
ん~昨日見たときは全く予兆はなかったのですが50個体ほどが脱出したようです。今夜のこった子ガメが脱出することでしょう。ナイトツアー急遽開催?

Continue reading

9月最初の休日に

P9060014.jpg

海岸は今日も大混雑です。でもサーファーより釣り人の比率が少し増えたでしょうか。
今日も産卵巣の何箇所かでは子ガメが海へと旅立った痕跡が確認されました。先週の大雨の影響で産卵巣の上部が締め固まってしまった影響が心配です。
未孵化の巣はあと20巣くらいでしょうか。無事に旅立ってくれることを祈るばかりです。

Continue reading

桜丘高校生物部と孵化調査

P9040014.jpg

桜丘高校生物部の皆さんと孵化調査。いつもご協力感謝します。
3つの産卵巣で孵化調査を行いました。取材もありました。

Continue reading

砂浜が泥干潟に

fri21.jpg
先週の豪雨の爪痕は海岸の至る所に残っています。天候も今のところ、晴れてはいますが積乱雲が見受けられ、まだまだ突然の雷雨が心配ですね。豪雨は小さな水流のあった場所では土砂や泥を大量に流し込み、未だに砂浜が干潟のようになってしまっています。普段は潮溜まり(タイドプール)なのです。その泥干潟をカニだけが喜んでいるのかカニの足跡は縦横に走り残っています。いつになったら砂浜に戻るのでしょうか。写真は泥干潟の中で威嚇するクロベンケイガニ。

Continue reading

孵化日数の変化

thu3.jpg
今期は孵化の状況の把握が困難ですね。初夏の梅雨による低温で初期の産卵巣はやや遅れ気味で、中盤の産卵巣はこの夏の酷暑で早まっています。これで順番通りと行かなくなってしまった訳です。それに加えて8月末の豪雨。そして獣害による産卵巣荒らし。これで確認が余計に把握が困難。少しずつ確認しながら進めるしかないようです。仕方ないですね。

Continue reading

海上から流れる雲

wed29.jpg
今朝も湿度が高く、重苦しい空気に包まれています。まるで梅雨のような秋雨前線です。海岸から空を見上げると海上から黒い雲が北西に流れています。まだまだ不安定な天候が続くようですね。今期は海水温度が高いからか、前線への水蒸気の補給も著しいようです。積乱雲も発達しやすい訳ですね。

Continue reading

またもや雷雨に

tue1.jpg
今朝は既に厚い雲が拡がって今にも雨が降り出しそうです。そう思っていたらいきなり降り出し始めました。またもや雷雨ですね。昨日は晴れたのですがここのところ、不安定な天候が続いています。もう、雷雨にはうんざりですね。地盤も緩んだままなので崖海岸にはじゅんぶんな注意が必要です。いきなりの豪雨で土砂崩れの危険性があります。今日は上陸も無いようです。昨晩には7月の16日に移植した産卵巣から孵化・脱出が認められました。孵化に47日と通常より今期は暑さからか成長が早いようです。

Continue reading

9月に入って

mon1.jpg
まだ不安定な天候が続くようですが、今朝は晴れ間が拡がって晴天。気圧配置には秋雨前線は消えていますが低気圧に挟まれているようです。さて、今日からは孵化の様子を確認に廻っているのですが、何と久々の上陸・産卵を確認。汀線から進んで上陸し、消波工に遮られ右往左往しながら大きなボディピットでなんとか産卵。足跡は特徴的で、どうやら後方左のヒレが欠損しているようです。さてさて、この時期の産卵は孵化時期は11月になってしまいます。水温がかなり低いので仔ガメの生存は難しいでしょう。取りあえず場所が悪いため、移植する事に。そして少しでも孵化が早まるように陽当たりの良い砂地を選定しました。残暑が厳しければ早い時期に孵化するのでしょうが・・・。

Continue reading

やっと晴れ間が

sun8.jpg
昨晩は雷鳴も強烈な雨音も無く今朝を迎えることができました。早朝の浜は今までの濁流の流れ込みも影響して砂浜が大きく変動しています。潮位も高く浜崖も至る所に。穏やかさを取り戻した浜辺には既に釣り人も並び、続々とサーファーも車で丘陵から海岸へ下りてきます。ただし崖海岸は未だ崩落する恐れがあります。崖下には駐車しないほうが安全です。

Continue reading

濁流と化す

sat12.jpg
今朝も雷雨。土砂降りで海岸への道路も冠水し始めています。通常の車では不可能なほど濁流が流れ込み、川と化しています。濁流は海に流れ込み、とてもではないが巡回は不可能。時折、もの凄い雷鳴が響きます。こんな日でも波乗り目的で遠路来ているサーファーがいますが危ないです。崖海岸には近づかないようにしないと崩落するおそれがあります。雨が止んだ後でも、崩落することがあるので今日は止めておいた方が無難です。

Continue reading

雷鳴、轟く

P8290016.jpg
今日の表浜海岸は雷が鳴り響いています。しかし、昨日の雨はすごかったですね。
調査中は雨もふっておらず、砂浜を歩くには楽ですが、アカウミガメの産卵巣上部の砂がかなり締め固まっています。子ガメは大丈夫でしょうか。
産卵巣の中には獣害にあった場所がまたありました。野犬かタヌキか。このような害にいくつか犠牲になることも覚悟でアカウミガメたちは何度かに分けて卵を産むのですね。(写真は5/30に脱出が確認されたNo.10の産卵巣)

Continue reading

ゲリラ豪雨

fri58.jpg
未明から続く、もの凄い音の落雷。巡回時には雨は降ってはいないのですが、西の空を覆う積乱雲でもの凄い稲光が走っています。海岸は至る所で土砂が流れ込んでいます。場所によっては崩落している海岸も。また、普段は川と言うより水が流れているといった程度の場所が、流れ込む土砂によって砂浜が大きく削り取られています。削り取られた浜は深さで約1.5メートルに及んでいます。産卵巣の流出は確認されませんでしたが、土砂流に冠水していた場所も。秋への季節の移行による秋雨前線に南の湿った空気が流れ込んで発生する積乱雲による局所的なゲリラ豪雨。高温の南の風と低温の北西の風がぶつかり合っているのでしょう。確かに前線が日本列島を縦断するような妙な気圧配置が続いていますね。気候変動の影響で天候の極端化が進んでいるのでしょうか。

Continue reading

獣害の危惧

thu40.jpg
雨がポツポツと降り出してきました。雨具が必要か迷いましたが、東の空は雲が切れているようで本降りにはなりませんでした。ウミガメの上陸は9月に近づきほとんど途絶え、産卵巣を注視して巡回を進めます。途中、驚くことに産卵巣が大変なことに。掘り返され、辺りには獣の足跡が一面に拡がっています。どうやら足跡からするとタヌキでしょうか。親子連れの足跡が残っています。掘り返された産卵巣は既に仔ガメは脱出しているので、孵化しなかった腐った卵が目当てだったようです。強い匂いはおびき寄せてしまい、このような獣害を引き起こしてしまうようです。ウミガメが産卵を自ずと分散させる理由はこのような捕食者に対する策でもあります。逆に人の手で産卵巣を集中させてしまうと、例え柵があろうと捕食者の餌場と化してしまうのです。

Continue reading

空高く秋の空かな

wed34.jpg
未明の空には三日月が高い位置に上っています。東の丘陵から徐々に拡がってくる青紫色に輝く光。日の出の位置も丘陵から少しずつ海側に移動して来ているようです。早朝はすっかり秋の空気に包まれていますね。今朝もアカウミガメの上陸は認められませんでした。孵化・脱出でも大きな変化は無いようです。汀線変化も先週から続き、浜崖が至る所で始まっています。風や海流の変化で、少しずつ感じる秋。そろそろ季節の変わり目なのでしょうか。

Continue reading

浜辺の泥濘

tue17.jpg
昨日の豪雨の跡は浜辺の至る所に泥濘として残っています。うかつに足を踏み入れると滑るか、ベットリと靴底に重い泥が付いてきます。もう、早朝は暑さは感じず、東風で爽やかです。アカウミガメの上陸も収束したと思っていたのですが、お隣の湖西からは上陸・産卵の知らせが。たぶん、最後の一匹だと思いますが。(うしおくんネット)これからは孵化・脱出を注視していくことになります。

Continue reading

巡回の受難(土砂降り)

monaf10.jpg
未明の空に稲光が走ります。雨は土砂降り・・・・一向に止む気配はありません。海岸管理道路は既に川のように濁流と化しています。沖の漁船も岸よりに停船して雷雨の止むのを待っている様子です。しかし、丘陵から濁流土砂の流れ込みが激しいですね。植生が無くなって地肌が露出している場所は特に濁流が酷いです。このような土砂流出は海に流れ込むことで海に大きな影響を与えています。土砂が砂中のあらゆる生物を窒息させることも考えられますが、窒素やリンなどの流出で富栄養化を招く要因にもなっています。巡回は既にずぶ濡れで土砂降りの洗礼を受けています。ウミガメの足跡も消されるほどの雨。そんな雷雨の中、海に入っているサーファーが数人。海では落雷から身を避ける手だてがありません。これでは危機管理が欠如しているとしか思えないですね。落雷事故が自分には起きないと過信すると危ないです。

Continue reading

子ガメの受難 その後

P8240015.jpg
未明の海岸は土砂降り。雨が小降りになるのを待ってみても一向にその様子はありません。仕方ないので雨の中へ突入。15秒で濡れ鼠です(その後15分で雨は小降りになりましたとさ)。
でも、この雨は砂の中で孵化を待つ子ガメには恵みの雨となったことでしょう。
以前たくさんの子ガメが砂中で熱死していると紹介しましたが、今朝その産卵巣(No.11)の付近を捜すと合計16個体の子ガメが死んでいました。(風が強かったせいでピンボケしています)
せっかく孵化したのにかわいそうですが、これが温暖化の影響なのか、自然の摂理なのかが分かるにはまだまだ時間がかかりそうですね。今年は戦後3番目の猛暑年だとニュースで言っていましたが・・・
田中談:お疲れ様です。土砂降りだったものねえ、濡れ鼠も久々じゃん。

Continue reading

久々の雨

sat7.jpg
既に小雨がポツポツと降り出し始めています。浜辺は東風が吹いて海も少し西に流れ始めているようですね。気温も週中から急に下がって仔ガメ孵化時の熱死を心配していましたがこの雨で一安心。今朝もしっかりと沢山の仔ガメが大海原に旅立ちました。暑さからか今期の孵化は早いよううです。

Continue reading

秋の気配

fri5.jpg
猛暑続きでしたが、ここのところ、急に秋を感じるような涼しい早朝の浜辺。やっと強烈な暑さから解放されましたね。今期はこの暑さで脱出前の仔ガメの熱死が続いていました。週末は久々の雨となりそうで砂地にも湿り気も戻ってきそうです。

Continue reading

ミサゴ

misago.JPG

朝方、本当に涼しくなりました。巡回もだいぶ楽になってきた今日この頃。ふと空を見上げるとミサゴがバッサバッサと飛んでいます。カニ以外にも猛禽類もいいものですね。空を飛んでカメ調査もいいなあ・・・でも他の生きものを驚かせてしまうのでだめですね。
ミサゴはワシタカ類で魚を食べる鳥です。
コンパクトデジカメにしてはけっこう大きく撮ることができました(拡大したのでピンボケ・・・)
一眼レフが欲しいですね。

Continue reading

ひょっとして本州に?

wed56.jpg
未明は月が高く、月光に浜辺は照らされています。巡回を始めると直ぐに久々に上陸跡。汀線からくっきりと浜辺に残るタートルトラック。しかし、よく見るといつもと何だか足跡に違いを感じます。どうやら前ヒレがいつもは交互なのに同時に使って進んでいるような感じです。通常アカウミガメは交互なのですが、より体が大きいアオウミガメは体重の重さからか、前ヒレを同時に使って進みます。これはひょっとしてアオウミガメなのでしょうか。アオウミガメは未だ本州では上陸・産卵は認められていません。今期になって同様の足跡が田原市は赤羽根で確認されており、どうやらアオウミガメの可能性は高いのでは?これがアオウミガメならば、いよいよ気候変動の影響か、北上化なのかも知れません。

Continue reading

脱出のタイミング

tue41.jpg
今朝も満月。しかし今日は風も無く、浜辺はガスっており昨日より蒸し暑く感じます。巡回を始め渚線を進むと突然、白波が青緑に輝きました。夜光虫のようですが、局所的で見事な光に少し驚き。通常は白波全体が淡く緑色に輝くのはよく見かけますが。あまりの見事さになんとか写真に撮ろうとするのですが、さすがに難しいですね。さて、巡回では上陸は確認できず、産卵巣の孵化状態を見て回ります。今朝は1匹の仔ガメが頭を出していたので、起こして海に。そして1匹の仔ガメが脱出のタイミングが悪かったのか死んでいました。今日辺りには久々の雨となり、酷暑で熱せられた砂地に湿気が戻ってくるのでしょう。

Continue reading

残暑のためでしょうか

mon54.jpg
夏期休暇も終わってやっと静かな海岸線に戻りました。未明の浜は満月が雲に見え隠れしながらも浜辺を月光で照らしています。今朝は月食を期待しているのですが、微妙に雲が邪魔をしています。ウミガメの上陸は後期に入って終息に向かっているのでしょうか、今朝は認められません。孵化の状況は先週から脱出が始まりましたが、今朝も数カ所で仔ガメの多数の足跡が残っていました。脱出口を見ると仔ガメがまだ残っているようです。しかし、ちょっと様子がおかしいようです。周りを良く見ると数体の仔ガメが転がっています。既にやせ細って死んでいます。脱出時はタイミングを計るため、砂表から10〜20センチ程度の深さで脱出のタイミングを計って待機している訳ですが、どうやらこの残暑で熱死してしまったのでしょうか。今期の暑さはこのような体力の無い仔ガメには厳しいようです。

Continue reading

今日もまた落とし穴に落ちる子ガメ

P8170041.jpg

昨日の写真の使い回しではありません。今日もまた子ガメが落とし穴に落っこちていました。私が発見したのは2個体。ウミガメくらぶの方が1個体を救出されたとのことです。もうだめだろうなあと思いながら海へ還しました。夜に巡回するほうがカメのためかもしれませんね。本業でできればそれもいいのですが、現状ではこの調査で生活することはできません。
海岸を訪れるみなさん落っこちている子ガメを見つけたら海に還してやってください。

ところで今日も釣りに来た方に「いつもブログ見てます。」と声をかけていただきました。ありがとうございます。その一言で救われます!

Continue reading

旅立つ子ガメ 立ちはだかる出口のない落とし穴

P8160027.jpg
日の出の時間もどんどん遅くなり、朝方は涼しくなってきました。テロ台風の影響で海はかなり荒れています。しかしこんな日にも子ガメたちは巣穴から海へと旅立っていくのですね。
今週は5月後半から6月前半に産卵されたアカウミガメの卵がいたるところで孵化し、子ガメたちの足跡が海へと向かっていました。
しかし、そんなカメたちを待ち受けるのは人間のつくった出口のない落とし穴です。
写真は消波ブロックの隙間に落ちて体力を失った子ガメたち。ブロックが撤去できないとしても、その形を改良することはできないのでしょうか。
子ガメが脱出した時間が昨日の21時頃だとすると7時間以上も脱出しようとしていたはずです。
全部で15個体の子ガメが閉じ込められていました。
海へと放しましたが天敵に見つかりやすい時間であることと、失われた体力を考えるとおそらくすぐに死んでしまうでしょう。
安易に人間がしばらく飼育すればと考えてみても、生まれてから自然界で学ぶべきことを学べない子ガメは結局淘汰されてしまいます。
自然の摂理の中に人間の構造物の影響が含まれていいとは私は考えません。共存できる海岸線を考えるなら、こう言ったことに技術の力を駆使しなければなりません。

Continue reading

続く受難ウィーク

fri28.jpg
未明の浜に出た途端に西の方角から、賑やかな音楽が流れてきました。まだ数キロ離れているのに西の浜では大変なことになっているようです。夜通し音楽が大音響で流れていたようで、これでは上陸どころではないようですね。海岸にはキャンプのテントも並び、ゴミも散乱しています。はやく元通りの落ち着いた海岸に戻らないかと待ち遠しい気分ですね。

Continue reading

大堀隊員の産卵調査体験

P8140024.jpg
盆休みで実家に帰る途中の後輩の大堀君に(無理矢理?)孵化の様子を観察してもらったり、産卵調査を手伝ってもらいました。彼は現在社会人で横浜に住んでいます。帰省の途中に豊橋に寄ってもらいました
感想は、
本人曰く「感動をする部分もありました。でも毎日は無理です。」
だそうです。この2日間、布団で寝ることもなく、砂浜で寝たり、コンクリートの上で寝たり、ひどい扱いもされています(笑)
でも、それなりに楽しい経験として感じ取ってもらえたようです。
彼は海岸海洋研究室で漂砂について学びました。今回のウミガメのとの出会いは、将来の力になってくれればいいですね。

Continue reading

続く無法化した海岸線に

wed21.jpg
今日もキャンプやらの灯りが海岸線に点在しています。西の浜はキャンプも大規模で離れていても音楽まで聞こえてきます。東の端を見るとこれまた灯りが煌々と輝いて、こんな未明でも騒がしいのが容易に予測されます。夏期休暇の間、浜辺はほとんど無法化した状態になってしまうようですね。せっかく自然豊かな海岸に来たのだから、波の音や夜の星空やペルセウス座流星群を楽しめば良いのにと思うのですが。開放感に身を任せてしまうのでしょうか。そんな騒がしい海岸でも丁度今がふ化時期。片隅でウミガメの旅立ちのドラマは続いているようです。

Continue reading

眠らない海岸線

P8130024.jpg
涼しい風の中、今日の調査はなかなか心地よさそう。と、最初は思っていたのですが・・・いつもの様に海岸道路に下りようとすると普段はほとんど通行がない海岸へと向かう道でやけに車とすれ違います。お盆だから人が多いのかなとさらに海岸へと近づくとかなりの音響が・・・
騒々しいわけです。原因はブラジリアンパーティーでした。
溢れんばかりの人が東細谷県境に大集結。
入り口は駐車された車と人の多さでかなり危険です。
この状況ではアカウミガメも産卵どころではないでしょう。
爆音とライトで海岸は煌々と照らされていました。パーティー自体は悪いことではないのですが、爆音で夜通し開催しているというのはどうでしょうか・・・

Continue reading

受難のウィーク

tue51.jpg
未明の浜辺に出るといつもと違って灯りが海岸線に点在しています。既にこの時間で海岸に下りてくる車のライトはいつもより目立ち、今日も賑わう予感。巡回を進めますが今朝は上陸跡は見あたりません。今週はウミガメにとっても受難ウィークで上陸は花火やキャンプの灯りや音楽で阻害され、孵化した仔ガメは脱出時にも車のライトやキャンプの灯りで翻弄される訳です。できれば今週は上陸も無く、仔ガメの孵化も無いと良いのにと思ってしまいます。しかし、ウミガメにはヒトの休暇なんて知らないですから大変です。今週は受難のウィークですね。

いよいよ明日からはお盆休み。表浜に訪れる方々に!
・海岸では車のエンジンを掛けっぱなしで遠路から来て車泊しているサーファーも見かけます。燃料代も高騰な今、どうせなら、簡単なタープを張って屋外で寝るのも涼しいですよ。

・管理道路から砂丘の植生域には車で入らない、駐車しないように。そこは砂浜の重要な部分です。もちろん砂浜にも入らないように!

・BBQのゴミは必ず持ち帰りましょう。そして夜は午後9時には騒がないように。花火等も午後9時までに。そして燃えかすゴミはしっかりと片付けて持ち帰りましょう。

・私たちヒトは海岸の侵入者です。海岸に生息する生き物に配慮を!まだまだウミガメは産卵に来る可能性があります。また仔ガメのふ化時期でもあります。深夜から早朝に掛けてはむやみな灯りや騒音は出さないように!静かにしているとひょっとして色んな生き物や自然に出会えるかも。夜光虫や海蛍を静かに楽しむのもおつなものです。灯りを消せば、ちょうどペルセウス座流星群も楽しむことが出来るかも!

くれぐれもマナーを守って、心地良い表浜を楽しんで下さい。よろしくお願いいたします。

Continue reading

無法化した海岸線

mon43.jpg
この時期は仕方がないのでしょうか、未明でも海岸線には約500m於きにキャンプの灯りが連なっています。これでは今日は無理だろうなあ〜っとため息をつきながら巡回を開始します。浜辺を進むと何やら車のライトがあらぬ方向からこちらに向かってきています。どうやら未明の浜辺を車が走っているようです。しかも丁度、産卵巣がある辺りを思いっきりエンジンを吹かしながらこちらに向かって来ました。どうやら砂地で四駆を走らせて楽しんでいる様子。慌てて車を止めると浜松ナンバーのブラジリアンのカップル。「間違えました」と繰り返すのですが、どのように間違えたら、砂浜を4~5キロも走ることになるのでしょう?この浜になぜ入ったらいけないのかしっかりと説明したのですが、こちらの話しは関心がない様子。近くで浜から出るように言ったのですが、あの走り方は常習犯ですね。夏期休暇になると無法化する海岸線。出るのはため息ばかりです。

Continue reading

残暑は酷暑でカサゴの干物作り

sat35.jpg
残暑とはいえ、酷暑が続きます。暦どうりに日の出時間は少しずつ遅れてきているのですが、陽が高くなると酷暑。ジリジリと日差しが肌を焼きます。こちらは上陸跡は見あたらなかったので、この暑さから波も無いのに入水。海面に浮かんでいると気持ちが良いですね。波も無いし、そこそこで上がって今日はシーカヤックで釣れたカサゴを貰ったので干物作り。美味しそうな白身の肉がプリプリしています。大量に貰ったので今晩のおかずです。生きの良いまま、開いて干物にしたので美味しそう。

Continue reading

今日は1カ所で産卵

P8090027_R.jpg

アカウミガメの上陸数もそろそろ収束に向かいつつあるのでしょうか?徐々に落ち着いて来た様に感じます。砂浜には赤とんぼが飛んでいます。夏休みが始まったばかりのみなさんには申し訳ないのですが、既に秋の訪れを感じていたりします。
旧暦では8月は秋ですが、海岸の季節の移ろいは旧暦のそれに近いのかもしれませんね。
でも、暑さだけはまだまだ夏そのもの・・
渥美のウミガメを守る会の方に電話をしたところ、旧渥美町では現在までに80頭以上のアカウミガメが上陸しているそうです。今年はやはり全国的に当たり年の様です。

Continue reading

今朝も巡回体験

fri34.jpg
今日は桜丘生物部の部員と未明からの巡回体験です。西の遠い空が時折稲光が走りますがこちらは上空は星空が拡がって大丈夫。さっそく、砂浜を慎重に進みます。最近は砂浜の行進も体育会系のようなテンポで進みます。中程で汗が額から流れるように伝ってきます。折り返し点が近づいた頃、やっと今朝の上陸跡を見つけました。波打ち際から砂浜に上がって途中、川をも渡り、浜の奥で折り返しボディピットが1箇所。確実に産卵しているようですが、斜め傾斜でボディピットも特異な状態。探すことが出来ず、まあ孵化時に確認ということに。巡回は折り返しコタマガイを拾いながら浜の観察を続けながら戻って終了。既に日が高く登り始めて日差しはジリジリと肌を焼きます。今日も猛暑ですね。ぐったり・・・。

Continue reading

立秋ですが

thu37.jpg
これで今期は二度目ですね。久々の星空の浜辺に立って何か物足りない。何かと思えばまたもやデジタルカメラを忘れました。慌てて戻って巡回を再開です。既に東の空は明るみ始めています。8月で立秋を過ぎると集中力が無くなってきますね〜。潮が引いた渚線を進みますが昨日までのタートルトラックが目立ちます。孵化の方は最初の脱出が始まった産卵巣から2〜3匹出ている程度でした。何やら湖西方面ではいきなり6月28日の孵化が始まったとか??(うしおくんネット)そんなこともあるのですねえ。

Continue reading

今朝は巡回体験

wed45.jpg
今日の巡回体験に生物多様性フォーラムから参加。未明は稲光と豪雨でどうなることかと思いましたが、巡回時には雨も上がって少し遅れましたが巡回開始。時折空を走る稲光に驚きながら進みます。中程で2箇所ほど上陸跡を確認しましたが、産卵行動は無し。今村研究員が小判田川にてカニの幼生を見つけ、即行の観察会。渥美半島の河川は源流が伏流水が多く、それほど大きくないのですが、汽水から源流まで辿れる小さな流域として生物を見るには面白いですね。

Continue reading

孵化脱出が始まりました

tue69.jpg
やっとですが、今朝アカウミガメの産卵巣から孵化した仔ガメの脱出が確認されました。前半は雨が多く、低温が続き、7月中半から梅雨明けと共に猛暑。あまりにも変動が大きいので孵化が順調に進んでいるのか心配でしたが、10日ほど遅れていましたが今朝脱出が確認出来ました。今後も順調に孵化が進むと良いですね。まだまだアカウミガメの上陸は相変わらず順調に続いています。

Continue reading

孵化においての熱被害

mon32.jpg
今日は私用にて早朝の巡回ではなく、午後日没前に巡回。しかし、まだまだ日差しは熱いですね、半端ではありません。まだ西風が吹いているので街中よりはマシでしょうか。浜辺は日曜日の賑わいの跡であるヒトの足跡で溢れています。花火残骸やBBQ残飯も散らかっています。暑さも加わって目眩がしそうな景色です。そんな夜でもどうやら上陸・産卵しているようです。暑さから産卵の確認は出来ませんでしたが、産卵行動はしっかりと行っていました。しかし、孵化の方は遅れているようです。この熱さで蒸し状態になってしまう恐れも出てきましたね。まったく孵化の気配が無く心配です。写真は堆砂垣、しっかりと堆砂してきています。

Continue reading

ロードキル

P8020011.jpg

今日の表浜海岸は湿気も多く生温~い状態です。今日はアカウミガメの上陸産卵は確認できませんでした。調査も残り約1ヶ月ほど。私たち調査をする側のパワーも低下気味というか瀕死?
でも調査終了というゴールがみえてきた分、逆に元気になってきたりもします。
ところで海岸道路を歩いているとたくさんのカニがペチャンコになっています。
俗に言う”ロードキル”、車に轢かれてしまったんですね。夏は表浜海岸の陸生カニにとっては産卵のシーズン。たくさんのカニたちが海岸に下りて来ます。
なるべくカニを踏まないように車をゆっくり走らせればなんとかカニたちも逃げていきます。
この前はタイヤの陰に隠れたカニを安全な場所に移すために5分ほど格闘しました。
カニが人間の車のスピードに合わせることはできませんが、人間ならカニのスピードに合わせてあげることができます。個人的にカニが好きなこともあり、カニカニと長々と書いてしまいましたが、もちろん他の生きものたちのことも同様ですね。カメか人かならぬ、カニか人か。

Continue reading

葉月に入って

fri50.jpg
未明の浜は真っ暗。新月に合わせて雲が空を覆ってしまい光はほとんど無い砂浜。唯一の光は沖合の数隻の漁船の漁り火が揺れてい留程度。巡回を進めると直ぐに上陸跡を確認。汀線から浜奥まで進み、折り返してボディピットが1箇所で産卵を確認。ここは大丈夫そうなので自然放置としました。巡回を続けて進みますが、いつもなら明るみ始める時刻ですが暗くてなかなか明るくなりません。こんな日は何度も確認しなくてはいけないので時間が掛かります。

Continue reading

巡回と移植作業の体験

thu40.jpg
今日は桜丘生物部のみんなが未明の巡回に参加。雲が張り詰め、新月と満ち潮で普段より真っ暗な浜辺。慎重に巡回を進めます。渚線は新たな汀段が出き上がって昨日より歩きやすいようです。巡回中程でやっと上陸跡を確認。消波ブロックに突き当たり手前で大きなボディピット。しっかりと産卵行動を行っているようです。ちょうどその時、連絡が入り、なんでも「ウミガメが浜で休憩している」とのことなので生物部のみなさんは是非とも対面したいと言うことでお言葉に甘えて湖西の現場へ。しかしタイミング悪く到着した時にはウミガメは帰海してしまったようです。残念!(5分遅れ)再度、戻って産卵の確認に向かいましたが、既に確認が終わって移植作業に入るところでした。調査員の鈴木さんの移植作業を見学しながら、生物部のみんなは移植作業に参加し、卵を手にとって感触を感じ取ってもらいました。親ガメには出会えなかったけど、卵の感触でこの浜に宿る命を感じ取っていただければと。お疲れ様でした!

Continue reading

水辺の季節

wed43.jpg
東の空に浮かぶ月も三日月から新月に移り変わろうとしています。未明の浜辺は大潮が近づく満潮時とあって波が流れ込み潮溜まりが出来ています。水辺というのは常に変化しているのが普通です。神戸の都賀川増水の痛ましい被害は本来なら柔軟性を持った水辺が極限まで人工化された「三面張河川」の限界と言えるのでしょうか。海の変化に柔軟に対応する砂浜を見ていてヒトの奢りは必ず限りがあり、自然の働きには敵わないことを教訓として学ぶ必要があるのでしょうか。

Continue reading

ボディピットの大きさ

tue51.jpg
未明から始まる巡回。今朝は三日月となって月光も淡くなってしまいました。巡回後半まで上陸跡は見あたらずでしたが、後半に砂浜の中程で折り返し大きなボディピットを残したタートルトラックに出くわしました。ボディピットも広くて広範囲にカモフラージュされており、これは産卵巣を確認するのも大変そうです。鈴木さんと一緒に前後から探ることに。しかし、砂地も柔らかくてかなり深さもあるようです。このように時には本当に探すのが大変な場合もあります。またウミガメによっては経験差もあるのでしょうか、かなり念入りに産卵行動を行う個体もあれば、かなりいい加減な場合も見受けられます。今回はなんとか探り当てましたが、深さが半端ではありませんでした。砂地が柔らかいとウミガメの体も沈み込みますから、かなりの深さになります。

Continue reading

感動の表浜

mon42.jpg
今朝は海岸巡回に遠路はるばると劇団シンデレラさん(3名)と藤前干潟(1名)と豊田自然観察の森(2名)の方々が参加。表浜の自然とウミガメの観察に来て頂きました。月が空高く輝き、風が意外と爽やか。巡回には最適な夜です。初めて直ぐに上陸跡があり、早速産卵確認。一つだけ卵を取り出し、みなさんの手で卵の感触を感じて貰いました。その後は東の空から見事な日の出。丘陵から昇る陽と星空から蒼い空に移り変わる瞬間を楽しんで頂きました。みなさん「表浜って凄いね」の一言を頂き、案内した方も喜び一杯です。この砂浜海岸は本当に「凄い!」ってことを知って頂けたかと思い良かったです。

Continue reading

王寿園の納涼祭

sun16.jpg
今日は日頃、津波震災訓練や海岸のA.E.Dでお世話になっている小松原の王寿園の納涼祭に行ってきました。やっぱり盆踊りは楽しいですね。やたら黒い面々がノリノリでしたが、お年寄りも楽しそうで良かったです。MRGは盆ダンスもノリノリでタフってことを知りました。(笑
日本の夏ですねえ。

Continue reading

週末の賑わい?

sat42.jpg
週末を迎えて、やはり夏だから仕方がないのでしょう。海岸に下りてくる車両はひっきりなしです。猛暑が続いたからでしょう。やはりヒトの行動は週末は海を求めますね。ただ、やはり気になるのがマナーです。いつまで経ってもBBQのゴミや花火ゴミは無くなりません。サーファーも車中泊は車のエンジンをつけっぱなしが目に尽きます。このガソリン高騰の時勢に・・・・エンジンつけっぱなしなら、どこか宿で寝ていれば良いのに。巡回途中で砂浜がヒトの足跡で埋め尽くされています??何事かと思いきや・・・自然に接するにも一考欲しいところですね。

Continue reading

続く真夏日

friaf6.jpg
今日の午後は真夏日。もう立っているだけでフラフラするぐらい暑いですね。浜辺も砂浜は表層は火傷するほど熱いです。午後は西風でうねりもほとんど消えました。今週末も真夏日が続きそうです。明日も熱中症に気を付けましょう。海に来るときの海岸への道路は速度を落としましょう。マナーを守ってゴミなどは持ち帰るようにしましょう。

Continue reading

ヒトかカメか

fri44.jpg
ムッとするほどの湿気の朝。シャツは汗ですっかり濡れてしまって幾ら速乾のシャツでも乾きません。巡回の後半で集中して上陸跡を確認。なんとその場所には2匹のウミガメが重なり合って上陸しています。しかし、良く見るとまだ足跡の数が多く残っています。この辺りは砂浜も狭いので見落としがちになっていました。2〜3日前であろう足跡を追跡すると強烈な腐臭。この匂いはウミガメのストランディングで経験しています。足跡は消波ブロックの辺りから漂ってきます。悪い予感が・・・案の定、消波ブロックの間にアカウミガメが落ち込んでいました。既に息絶えて2〜3日経っているようです。当日だったら間に合ったのでしょうが。長い時間、もがいていたのか、辺りには血が滲んでいます。よく「ヒトが大切かウミガメが大切か」と地元で問われることがあります。ヒトだったら声を出せば届く距離なので助かったでしょうが、声の出せないウミガメには如何に無念だったことか。早く見出すことが出来なかったことが残念です。

Continue reading

天空に月

thu41.jpg
未明の浜に立つと頭上の天空に月。月光に照らされた浜はどことなく静けさを感じさせます。中潮で干潮時の緩やかな汀段を巡回は進みます。東の空が明るみ始め、上空を見上げると晴れ間に輪状になった雲。なんだかめずらしく感じ、見とれていました。我に返って調査を続行。しかし、今日は上陸跡は見あたらず静かな浜辺でした。未明の岩手県の地震は太平洋プレート内で起きたようですね。この遠州灘域は静かな状態が続いているだけに気になりますね。

Continue reading

蒼い海と空

wed41.jpg
未明からの巡回も午前4時を過ぎて日差しが上って高くなってくると一気に気温が上がってきます。日差しはジリジリと肌を焼き、汗が滲んで額から滴となって落ちてきます。まさに盛夏ですね。今朝は2箇所の上陸、2箇所とも消波ブロックに突き当たり折り返していますが、産卵は1箇所のみ。産卵していた場所は消波ブロック手前なので近くの背後地に移植。汗に滲んだ手に砂がベットリと付いて来る季節ですね。空と海は蒼く輝いて気持ちよさそうなんですがね。
(今村:田中代表の文章を読むだけで暑くなる内容ですね(汗)僕も日焼けで顔が痛いです。)

Continue reading

夏の残骸

tue92.jpg
夏が本番となって来ると海岸にはヒトの賑わいも一気に増加します。海岸がまるで表参道のような賑わいになってしまいます。当然ながらウミガメはそのような賑わいは嫌いますから、避けて人気の無い場所を探して上陸します。昨日は「海の日」と祝日で土曜から月曜までは、もの凄いヒトと車でした。その賑わいも一段落した今朝は、その賑わいの花火ゴミなど残骸が至る所に残っています。せっかく日曜日に海岸清掃を行っているのに残念ですね。海岸近くで花火の販売もどうしたものか。深夜に買うことが出来るので缶ビールなどと一緒に花火かすも捨てられています。それに、ほとんどの事例では飲酒しているようですが・・・なんとかならないものでしょうか。

Continue reading

満月と大潮

sat42.jpg
今日は満月で大潮。西の空に浮かぶ満月が未明の浜辺を明るく照らしています。早朝は満潮と重なり、かなりな位置まで潮があげています。潮溜まりで上陸跡が消されそうでしたが、今朝も3箇所で上陸。2箇所で産卵と続いています。疲れも溜まってきましたが、今日はこの後、汐川干潟でエコ・レンジャーに参加です。

Continue reading

かめさまの計らい(夜の巡回3亀)

fri8.jpg
さあ、夜の巡回も3日目になりました。昨日の空振りで少し投げやりになる所ですが、海に浮かぶ月と、このべったりと肌にまとわりつくような湿気。これは確実に来る!そう、ウミガメは必ず今晩来ます!と既に疲れが表情に染み込んでいる参加者に檄を飛ばします。檄を飛ばす自分にも疲れが溜まっているのですが、何か今晩は必ず来る!と確信が持てるのでした。果たしてどうだったのでしょう? あ!写真で結果が出てますね。今晩出会った帰海にいそしむアカウミガメ達です。達ってことは1匹出では無かったのですね。

今村:皆さん今日は本当にお疲れ様。今回の観察では、光もない中で本当に地味な産卵の観察だと感じた方がほとんどだと思います。でも、よくテレビでみることができるウミがメの産卵は強い光の中、極度のストレスと戦いながらの産卵です。今回体験してもらったのは本当の自然の状態の産卵です。カメの帰り際には1度だけフラッシュを使いましたが、皆さんが我慢してくれたおかけでカメもそれほどストレスを感じずに海に帰ることができたと思います。自然の営みは、本来私たち人間がカメの生活に合わせて「産卵に同席させてもらっている」という心持ちが必要です。今後様々な生きもの観察に参加される際はその気持ちを忘れないでくださいね。

Continue reading

海岸の花火(夜の巡回2日目)

thu30.jpg
昨晩から今朝まで夜の巡回2日目となりました。満月に近い月が海の上に浮かび、とても静かな良い夜だったのですが、11時過ぎ頃から問題が。それは何かと言うと朝まで入れ替えで花火の若者が海岸に出てくるのです。暗い海岸に突然の火の玉と破裂音、騒ぐ声が響きます。やっと一段落したかと思うと、またもや新たな若者の一団が花火。まったくこの連続が朝まで続きます。帰りは帰りで海岸道路は車のライトで照らされて、まるで郊外の普通道路のような感じです。改めてウミガメの環境は窮状になっていることを思い知らされます。しかもどの団体も終わった後の花火残骸はそのまま放置。ウミガメを見守る若者が彼らを見つめる目を見ていると虚しくなってきますね。写真は春に撒いたコウボウムギ。りっぱなカール状に葉が伸びてきています。ヒトだけが無駄な成長を行っているかのように感じますね。

Continue reading

夜の巡回

wed10.jpg
今日は夜の巡回です。技科大生や人間環境大学、表浜ブルーウォークなどの皆さんとNHKクルーとで深夜の行軍。最初は月もおぼろながらも出ていたのですが、未明に隠れてしまい暑さと湿気との戦いでした。参加していただいたみなさん、本当にお疲れ様でした。

Continue reading

酷暑の到来?

tue86.jpg
未明からの巡回を開始し、10分ほどで最初のタートルトラックに遭遇。しっかりと大きなボディピットで産卵を確認。その後に3箇所の上陸、計4箇所で3箇所が産卵、1箇所のみ産卵も無く折り返していました。しかし、陽が昇って来ると日差しが厳しいですね、渚線から外れると蜃気楼のように景色が揺らぎます。朝でこの状態ですから、日中はもう、耐えられない熱さでしょうね。一休みしていたアカウミガメの産卵も、まだまだピークはこれからのようです。暑さで汗が川のように額を流れます。熱いな〜!!!

Continue reading

賑わいの後

mon37.jpg
週末は暑さも加わって海岸は人出が凄かったですね。その賑わいの残存が週明けの浜辺に至る所に残っています。砂浜には四輪駆動で進入した轍が深く延々と続いていたり、ゴミもBBQ跡や花火ゴミが散乱しています。しかし、ヒトってのは何なのでしょう、確実に増えると荒れてしまいます。今朝は上陸跡は認められず、残っていたのはヒトの足跡で埋め尽くされた浜辺でした。
そんな荒れた浜の渚を歩いていたらシロザメの稚魚が打ち上げられていました。今頃がふ化時期なんですね。

Continue reading

巡回体験2日目!!

fri35.jpg
今朝も眠い目を擦りながら生物部のみなさん、巡回体験です。昨日の歩きで筋肉痛も出ているようなので今日は少し距離を短縮。暗い浜辺に出ると海は穏やかに凪いでいます。さて、今日はどうだったのでしょうか?・・・・・結果は残念!不思議とピタリと上陸が収まっています。こんな日もありますね。お疲れ様でした!!

Continue reading

早朝の巡回体験

thu57.jpg
今日は早朝の巡回調査に豊橋の桜丘高校生物部のみなさんが参加。生物部のみなさんには孵化調査も協力して頂き、アカウミガメの孵卵環境の実態調査には色々と関わって頂いています。さて、巡回はどうだったかと言うと昨日に続き「涼しい?」と感じるほどの海岸。タートルトラックは1箇所確認出来ましたが、残念ながら消波ブロックに突き当たり産卵もなく帰海していました。期待していただけに生物部のみんなはがっかり。またの機会を期待しましょう。
今朝の早朝巡回に参加した桜丘高校生物部のメンバー。かなり歩いて少しお疲れですね。
今村研究員:
桜丘高校 生物部のゆかいな仲間たちと寺沢~細谷区間を調査しました。本当にお疲れ様。
毎日の調査のこと少しだけ分かってもらえたと思います。
調査の感想などをお待ちしてます♪

Continue reading

実は釣りマーカー

wed23.jpg
今朝はなんだか東風ですが、いつもより涼しい風。空は晴れてはいませんが、雨の心配は無さそうなので巡回も安心です。渚線には漂着物は多く見受けるけど、上陸跡は見つかりません。この涼しさと関係あるのか上陸は無いようです。話しは変わりますが時折、浜辺にこのような流木が立っているのを見ることありませんか。なんだと思います?これ、釣りのポイントマーカーなんです。サーファーも釣り人も実は狙うところは同じ、砂州が出来上がって波が立っている辺りを狙います。釣り人が良く釣れた砂州のマーカーなんですね。これって。暗い浜を歩いているとぶつかりそうになって驚きます。

Continue reading

卵胞のまま?

tue61.jpg
今朝も浜辺は蒸しっと湿気に包まれています。雲が晴れずに暗い浜辺を進みます。海は穏やかで渚で割れるさざ波の音が唯一心地良く感じます。さて、巡回も中程、またもや計測し辛そうなタートルトラック。産卵はなんと埋もれた消波ブロックの間。当然移植する必要があります。処理して進むと後半に2箇所の上陸跡。両方とも産卵していましたが、その内1箇所の産卵巣の様子が変なのです。手で探ってみると卵が房のように繋がっているような感じです。出してみると見事に繋がった卵や小さな脂肪だけの卵と不完全な状態です。卵の色も妙に綺麗なピンク色。なんとなく無精卵のような感じです。今期のウミガメの産卵は何か、急かされているかのような妙な事例が多いようです。今朝も3箇所の上陸・産卵と続きます。

Continue reading

今日は七夕

mon94.jpg
湿気が辛くなってくる時期ですね。浜辺に出ても清々しさは無く、どよーんとした湿気に浜辺は包まれています。雲も拡がっているようで、さらに息苦しい。巡回中も額から汗が目に流れ込みヒリヒリします。さて、今朝の巡回では2箇所の上陸。浜辺の中程で1箇所のボディピット。しっかりと産卵行動も行っています。そして直ぐ近くに浜辺の奥深い位置まで上がったタートルトラック。こちらも砂丘帯でしっかりと産卵していました。

Continue reading

銀色のカタクチイワシ

sun21.jpg
湿気が辛い時期ですね。渚線を進むと汗が体中から滲んできます。海は穏やかで波はショアブレイクが割れている程度。サーファーも未だ車で待機、釣り人だけが並んでいます。昨晩は賑やかだったようで、今朝の範囲では上陸跡は認められません。上げ潮で漂着物がさらに浜辺に打ち上げられて来ています。よく見ると渚に銀色に輝く小魚がたくさん打ち上げられています。カタクチイワシですね。最近はマイワシは減少してこのカタクチイワシが多くなっているようです。

Continue reading

二度寝の恐怖

satday12.jpg
今日は目が覚めると朝の4時。呆然自失となりました。一度は2時30分に起きたはずが、二度寝をしていたのです。いつもは3時~3時30までには出発しているはずが・・・一瞬頭がまわらず、ボーっとしていると田中代表から電話が・・・
「今、どこ~?」
この後の状況はご自由にご想像ください。

今日の海岸は霧、霧、霧でした。田中代表から聞いてはいたのですが、海岸の霧は立っているだけでぐっしょりと湿ってくる感じです。
しかも、視界が悪い。ただでさえ、遅刻しているのにもかかわらず、巡回スピードはいつもの1/4程度。
その後代表と合流し、2ヶ所の産卵巣を確認との連絡を受けたのでした。

今までは目覚まし時計のお世話になったことはないのですが、明日からはお世話になろう・・・
代表殿。ご迷惑をおかけしました。
クビになるかもしれません。(田中談:だから疲れ方が違うっていったじゃない。一度ゆっくり休んだ方が良いね)

Continue reading

漂着物で埋まる渚

fri33.jpg
未明は雨はほとんど止んでいるのですが、落雷が遠くで落ちているのか黒い雲が時折、白く輝きます。海岸で一番やっかいなのが落雷。こちらは金物を全身にまとっていますし、砂浜は逃げる場所が少ないのです。ムッとする湿気に包まれた渚線を進むと足もとが何やら色んな物を踏みつけます。突然足の裏に尖ったものが当たったような・・・そして足に何かがくっついてきます。見てみると小さな木片。ひょっとしてと思ったら見事靴底に釘が・・・。暗い浜辺を歩くとき、気を付けないといけないのが釘の付いた木片なのです。靴がしっかりしていたので足には到達していなかったので良かった。ふ〜。西に流れる海。結局久々に今日は上陸は認められませんでした。

Continue reading

今朝も砂に顔を付けて

thu98.jpg
我ながらアカウミガメの調査って本当に変な人たちになってしまいますよね。なぜなら未明から浜辺をうろうろしていますし、砂浜に寝転がっていたり、肩まで隠れるほど深く、素手で穴を掘っていたり。しかも体中は砂だらけ。顔に至っても砂がこびり付いていたりします。暗い砂浜ではいつくばって穴を掘っていると我ながら何を馬鹿なことをやっているのだろう?とふと我に返ります。しかし、なかなか見つからない産卵巣が分かった時、ニヤって笑みが思わずこぼれます。そして心の中で叫ぶのです。「やった!」と。ちょうどこの写真がその時です。今村研究員の初的中の日です。この喜びから彼も立派な変人になってゆくのでしょう。

Continue reading

オオキンケイギク

wed55.jpg
今朝は雨の心配は無いようですが、未明の空は雲は広がっています。巡回を始め、静かな渚線に緑色の小さな灯りが二つ揺らいでいます。夜釣りの浮きの灯りですね。ただ最近はこのライトが浜辺にそのまま捨てられていたりもします。巡回中程でやっと1箇所の上陸を確認。ですが、場所が悪く傾斜堤に乗り上げていました。ボディピットは小さく傾斜堤が掛かっているので産卵は行っていないようです。帰りに最近浜辺で増えてきている黄色い花がやたら目立ちます。そうオオキンケイギクは特定外来種に指定されています。以前は観賞用や緑化用に導入されたのですが、その繁殖力は在来種を駆逐していくほど。特に浜辺の植物は特定の環境でしか生存出来ないので、このような繁殖力の前には為す術もありません。生物多様性の課題としても外来種問題は大きく取り上げられます。サーファーのみなさん、海岸に行って見かけたら一株でも良いから引き抜きましょう。オオキンケイギクに負けて申し訳なさそうなピンクの花の在来種であるハマナデシコ
特定外来種:オオキンケイギク

Continue reading

今朝も2箇所

tue79.jpg
未明まで続いた雨もあがったようです。東の空には細く研がされた三日月が雲の切れ間に静かに浮いています。海も穏やかで渚線は汀段が盛り上がっています。早速、巡回を始めますが上陸跡はなかなか確認出来ません。中盤を過ぎた頃、砂浜再生プロジェクトの堆砂垣の脇にしっかりとタートルトラックが延びています。近くまで行くと堆砂した場所にしっかりとボディピット。産卵も直ぐに確認出来ました。その直ぐ近くにも上陸していましたが、そちらは産卵していませんでした。今日はこの2箇所で産卵は1箇所。堆砂垣の元でしっかりと育っていくと良いですね。

Continue reading

海原に延びるタートルトラック

mon86.jpg
今朝は呆けていました。浜辺に立って東の空高くに輝く三日月を写そうとしたら・・・いつもの手応えがありません。そうカメラです。忘れて来てしまいました。ため息と共にカメラを取りに戻ります。再度、巡回を始めると早速になが〜いタートルトラックが薄暗い浜辺に横たわっています。砂丘の奥に延びているトラックを辿ると・・・予測したボディピットは見あたりません。どうやら折り返してそのまま帰海してしまったようです。約60メートル近く浜深く上陸したのに。ウミガメの気まぐれのような行動は本当に訳が解りません。

Continue reading

蚊帳の外ってのは

sat39.jpg
さて、今朝は未明の巡回も早めに。なぜなら朝から汐川干潟で活動があるのです。表浜ネットが不思議ですよね。でも、水域は共通、海岸線ですからね。今朝は海岸はサーファーや釣り人で賑わいウミガメの上陸は認められなかったようです。

Continue reading

少し休憩かな

fri44.jpg
今週はかなり上陸が集中したので大変。今日はどうかと未明の浜辺に向かいます。雲と靄が広がっているので、いつもより暗い浜辺。巡回を進めますが今朝はなかなか上陸跡は見つかりません。巡回の中程で出会った方から上陸跡だけあった連絡を頂きました。現場に行ってみるとヒトの足跡の中、消えそうなウミガメのタートルトラックが残っていました。残念ながら浜の中程で消波ブロックに突き当たり、転回してそのまま帰海していました。産卵行動も行っていません。今日はちょっと一休憩の中休みでしたね。

Continue reading

今朝のカメは昨日のカメ?

thu90.jpg
今朝は梅雨らしい天候なようで雨が小降りながら降り続いています。雲が拡がって浜辺は暗く静かです。巡回を進めると早速、タートルトラックに出会いました。よくみると1本の足跡が渚から延びているだけです。浜の中程に黒い小山の陰が動いています。アカウミガメですね、標準より一回り小さいようです。近くに居た調査員の細井さんに連絡し一緒に観察することに。今朝はこの上陸を含め、3箇所。1箇所の産卵で2箇所は上陸のみでした。
今村:たぶん昨日のカメだと思います。顔が一緒ですね(カメはみんな一緒の顔に見えますけど)田中:いや、甲羅に付着している藻が同じなんだよ。甲長甲幅も同じでした。

Continue reading

今村研究員の初遭遇

imamu1.jpg
未明の浜は上空の半月に照らされ、うっすらと月光が届いています。穏やかな海で渚線は新たな汀段が出来上がって進める足は深く砂地に取られてしまい、注意しながら進みます。今朝は上陸は無いかなと思いましたが巡回中程で上陸跡。汀線から上がって消波ブロックに突き当たって折り返し戻っていますが、再度陸側に向き直り、再度、消波ブロックに突き当たり、その手前でボディピット。産卵行動はしっかりと行っているようです。早速確認してみると産卵はしっかりと行われていました。丁度その時、今村研究員から連絡が入り、どうやらウミガメが残留している模様。初対面となったようです。さてさて、どうだったのでしょうか?

Continue reading

今朝は6箇所で上陸、大忙し!

tue104.jpg
未明は雨も上がって雲も切れ始め、月が空に浮かんでいました。月に照らされた浜辺は見渡す範囲も拡がります。順調に巡回を進めると早速、タートルトラックに出くわしました。その後、なんと6箇所で上陸。産卵も3箇所で確認。計測だけでも大変です。本当はお休みの今村研究員を起こして手伝ってもらいました。(お休み中、ゴメン)なんとも忙しい朝でした。あ〜疲れたあ。
本当はお休みの今村:せっかく二人でやっているのですから大変なときは協力しますよ。今年は7月がくるのが怖いですね(泣)

Continue reading

週明けは2箇所で産卵

mon114.jpg
未明は雨が残って巡回もずぶ濡れ。その後徐々に雨は上がって月も雲の中からうっすらと映ってきました。西風が吹き始めたのであまり役に立っていない雨具を脱いで巡回を続けます。途中で汀線から延びるタートルトラックを確認。直ぐに産卵を確認し、トラックを計測します。その後もう一箇所タートルトラックを確認。このトラックはまたもや複雑で汀線から真っ直ぐに上って一旦、消波ブロックに突き当たり転回し、再度切れ目から砂丘に上って折り返し点でボディピットが一箇所。産卵行動は行っているようなので確認すると産卵していました。今朝は2箇所で産卵が認められました。

Continue reading

小雨の中の巡回

sat68.jpg
小雨の中の海岸巡視。今朝は海岸に霧が発生しており、視界が非常に悪く、慎重に砂浜を確認します。巡視中に携帯電話が鳴り、表浜ネットワークの田中代表から「産卵を2箇所で確認」とのこと。産卵巣の「卵室(卵が産み落とされている穴)」を探る経験が少ない私は現地へと車を飛ばします。上陸跡へ到着後、「探ってみて」との代表の言葉に、砂だらけになりながら、探ります。卵室の確認は本当に微妙な手応えを感じ取るしか方法がありません。なかなか見つけることができず、焦ります。結局10分ほど探ったのですが、私では見つけることができず、田中代表も参戦。結果は5分で代表が発見。さすがに「卵室」探し、4年の経験です。でも代表が言うには1年目でだいたい分かったということ。むむむ、悔しい。

Continue reading

運命共同体

fri43.jpg
梅雨らしく未明は雨が降り続いています。湿気も高くて嫌な空気の中、渚線を進むのですが何となく気配を感じません。結局、今朝は上陸は無し。そうなると目的は何か面白い物が流れ着いていないかと着眼点が変わります。でも、それほど都合良く珍しい漂着物があるわけもありませんが。で、いつもよく流れ着いているエボシガイの付いた流木。まだ蠢いているエボシガイ。水中に沈んでいたのでしょうが、波に打ち上げられてしまったようです。こうなると良い住処と思って固着したエボシガイには災難です。居心地良いと繁殖したのでしょうが、打ち上げられた途端に流木と運命を共にしなければいけません。ヒトも一時の繁栄もどうなのでしょう。地球というカプセルと共に運命があるわけですが・・・。

Continue reading

梅雨前線の北上

thu38.jpg
いよいよ梅雨前線が北上を始めたようです。今まで空梅雨かと巡回には嬉しい期待があったのですが季節ばかりは仕方ありません。今朝も雲が流れ込んで重く垂れ込めています。雨は降っていないだけ助かります。早速、未明の浜から巡回を開始。大潮の満潮時ですが浜辺は新たな汀段が出来上がって少しは広く感じます。踏み込む足も砂に沈み込み、少し歩きにくいですね。真っ平らに凪いだ海には沖の漁り火が揺らいで見えます。結局、今朝は静かな渚線。上陸跡は見つかりませんでした。明日は雨だろうなあ〜。

Continue reading

そろそろ梅雨空が戻りそう

wed48.jpg
今朝は上空を見上げても、星は瞬いていません。雲が流れてそろそろ梅雨空に戻りそう。少し湿気を帯び始めた空気の浜辺。巡回を進めていくと何やら火の玉が海に向かって飛び続けています。花火ですねえ、ず〜っと不思議に思っていたのですが、いい大人がなんで夜中の3時に花火をやるのでしょう。海=花火みたいな貧粗なイメージなのでしょうか。大抵は花火ゴミとお酒や缶ビールも散らかしたままとなります。ほぼ20代の若者なのですが、この様子を見ていると日本の若者の精神的な成長が遅れているのでしょうか。いつまで経っても、ため息の出る光景です。そんな海岸線、今朝はウミガメの上陸跡は見あたりませんでした。梅雨も週末には本番となりそうですね。

Continue reading

今朝も計測困難

tue97.jpg
未明の空には星。上空には雲も無く今朝は雨の心配も必要無く巡回が出来そうです。中潮で満潮の浜は波打ち際までうねりが届いて波音が響き渡ります。巡回も順調に進み、後半、またもや計測がし辛いタートルトラック。なんと消波ブロックを越えて砂丘で産卵。その後、海に向かうが越えた消波ブロックが妨げ、西に約80メートルほど移動し、砂表から10センチのほど露出しているブロックを乗り越え帰海。よく越えられたものだと感心ですが、おかげでトラック計測は大変でした。

Continue reading

週明け早速に

mon76.jpg
未明は雨が本降りでした。巡回中には小降りになってきました。今朝は巡回の後半に立て続けに3箇所の上陸。2箇所は同じ場所に2頭のウミガメが上陸し、しかもタートルトラックが重なって何が何やら訳が解りません。結局、1匹は産卵行動も無く帰海、もう、1匹は浜の奥で産卵行動を行っているのですが、丁度、埋もれた消波ブロックで産卵巣を探すのは不可。ふ化時期まで待つことに。そして残り1箇所は汀線から真っ直ぐに浜に上がり、中程で大きなボディピットで産卵を確認。浜の奥に移植しました。週末の賑わいを避けたかのように、一気に3箇所は対応も疲れます。

Continue reading

曇りの週末

sun16.jpg
今朝はうっすらと雲が拡がり始めています。週末の渚線には早くから釣り人が並んでいます。海はうねりも下がって風波程度でサーファーも少ないようです。

Continue reading

今朝は3箇所

fri76.jpg
未明の空には星が瞬いています。すっきりと晴れ渡って少し涼しく感じる空気。弱い西風が浜辺に吹いています。心地良く渚線を進みます。早速、タートルトラックを確認。奥の砂丘まで届く距離まで伸びています。折り返し点で小さめのボディピットが1箇所。産卵巣も確認。そして巡回中程で上陸跡。しかしここは場所が悪く消波ブロックに当たり産卵行動も無く折り返し帰海していました。3箇所目は今村研究員が確認。ここは上手く位置が堆砂した消波ブロックの辺りで乗り越え奥の砂丘で産卵。そして帰海時は再度消波ブロックに遮られたのですが西に約50メートルほど移動し堆砂した場所から帰海。今朝はこの3箇所ですね。

Continue reading

今朝も奮闘

thu34.jpg
梅雨らしい天気です。天候ばかりは仕方がありません。暗く雨が降り続く浜辺を進みます。昨日の東風で渚線にはアマモの漂着が目立つぐらい。今日は上陸も無いのかなと諦めかけた頃、連絡した今村研究員からタートルトラックを見つけたとの一報。でかしたぞ!っと応援に向かったのです。汀線から延びるタートルトラックは約30メートルぐらいで折り返しています。その折り返し点で小さなボディピットの跡。今村くんはこの辺りかと産卵巣を探すのですが、なかなか見つからないようです。チャレンジ開始。結果は見つからず、一敗でウミガメの勝ちとなったようです。

Continue reading

孵卵温度の計測

wed63.jpg
未明の浜は少しムッとする空気が拡がっています。空は雲が張り詰め、雨も何時降るか分からないような雰囲気。暗い浜辺を進むと渚線に緑色の小さな灯りが揺らいでいます。夜釣りのようです。巡回を進むと汀線から延びる上陸跡。真っ直ぐに浜の奥に達して折り返した地点で産卵を確認。この産卵巣は汀線からの距離もあり、孵卵温度の測定を行うサンプルに適していたので早速温度計測器を産卵巣に設置することにしました。今朝は二箇所の上陸。もう一箇所は上陸のみでした。

Continue reading

1日の始まりの瞬間

tue76.jpg
いつものように未明の浜から空を見上げると、今朝は月は出ていないのですが上空には星が瞬いています。晴れ渡っているのですが、浜辺の反射光は逆に少なくて暗いのです。最近は雲が拡がると街の灯りが反射して浜辺を照らし明るいのです。ただ不思議なのは一瞬で「フッ」と辺りが明るくなります。日の出が一瞬で空に拡がるのですね、これが1日の始まりと言えるのでしょうか。午前3時30分ぐらいですが。こんな風に光の変化を楽しんだりしながら巡回をしています。さて、目的の上陸・産卵調査ですが、今朝は二箇所で上陸。しかし、一箇所は消波ブロック手前で産卵無く戻っていました。あと一箇所は浜崖に当たり、そのまま折り返し帰海。残念ながら産卵は認められませんでした。

Continue reading

雨の週明け

mon71.jpg
週明け、今朝はどんより雲が張り詰めているようです。時折小雨がパラパラと顔に当たってきます。梅雨時だから仕方がないのですが、未明の浜は湿気と雲でいつもより暗く重い空気。穏やかな海は潮が引いて渚線を進むには苦労しません。巡回の中程でタートルトラックを確認。浜の中間の消波ブロックが上陸を少し邪魔をしていたのですが、堆砂があり越えられないほどではありません。浜の奥まで上陸し、傾斜堤に当たり、二箇所でボディピット。傾斜堤のコンクリートで穴が上手く掘れなかったようですが産卵は行っていました。これで今期は16回目の上陸になりますね。

Continue reading

梅雨の晴れ間

fri70.jpg
昨晩からの雨も上がったようです。上空には星が瞬き始めています。浜辺に出ると砂に埋もれたアマモの小山が点在し、昨日の東風が吹き荒れた跡が残っています。渚線は新たな浜崖も出来ていたり、変動も大きかったようです。巡回の後半、汀線から真っ直ぐに延びたタートルトラックを確認。上手く消波ブロックの切れ目に入り、浜の奥で産卵していました。今朝はこの1箇所ですね。

Continue reading

東風に消されて

thu61.jpg
未明はポツリポツリと雨滴が落ちてきていました。雲は空一面を覆っているのですが、パラッと来ただけでなんとか雨は降らずに持ち堪えています。さあ!雨が本降りになる前に巡回を終えたいですね。渚線に打ち上げられたアマモも強い東風に砂で覆われ始めています。少し進むと汀線から真っ直ぐに延びるタートルトラックに出くわしました。1本のトラックしか見えないのでまたもや、どこか浜の奥にウミガメが潜んでいるのかと思いきや、良く見ると流水の中に足跡が消えつつ残っていました。ほとんどが飛砂で消えつつあるのです。これだけ東風が強いと数時間で消えてしまうのでしょうね。今朝は上陸は2箇所。産卵はどちらも無かったようです。

Continue reading

砂浜の変動

afte14.jpg
未明の浜辺は波音が響き渡り、大潮の満潮時は波の遡上も浜の奥まで上って来ています。とはいえ昨日よりはうねりも下がったようですが。渚線も気を付けながら進みます。今週に入ってからタートルトラックは確認出来ていないのでそろそろ期待出来そうなのですが、やはり今朝も確認出来ませんでした。今回の台風5号では浜辺の砂は陸側に押し上げられた所が多いようです。このような砂浜の状態ならウミガメも安定した浜辺の奥まで到達出来そうです。明日こそはですね。

Continue reading

台風5号 (ナクリー)の影響

tue58.jpg
今日の巡回は昨晩から続く雨の浜辺から出発。まあ、本降りという感じでないのでそれほど面倒ではないのですが、今朝は台風5号の影響から高潮と波浪。波もかなりな位置まで遡上しています。浜の奥まで遡上した波が波と同時に砂を押し上げており、これでは上陸した跡も消えてしまうでしょうね。台風5号は今後、温帯低気圧に変わるようですが、当分海は大荒れのようです。今朝はやはり消えてしまったかも知れないのですがタートルトラックは確認出来ませんでした。

Continue reading

そろそろ梅雨入り?

mon45.jpg
昨日は「表浜おいでん祭」も快晴のもと、無事に終了。地引き網が実施出来なかったのは残念でしたが、蒲郡竹島水族館の協力で3匹の子アカウミガメを砂浜に連れてきて頂き子ども達は大喜びでした。清掃も比較的に綺麗な浜だったのでそれほどゴミは少なかったのですが綺麗な浜辺は気持ちが良かったですね。色々とご協力頂きました皆様に感謝致します。
さて、今朝は昨日の好天から一転し、雲が張り詰めてそろそろ雨が降り出しそう。暗い浜辺にうねりも高く、中潮ですが台風5号の影響か潮位が高く、満潮時はかなりな位置まで波が遡上しています。狭くなった浜辺にはタートルトラックは見あたらずでした。そろそろ嫌な梅雨入りとなりそうですね。

Continue reading

快晴の週末

sunt3.jpg
今日は「表浜おいでん祭」。ですがウミガメは活動するので巡回は実施です。未明の浜はいつもより車が多い。海もうねりが入っているようです。渚線にはなかなかタートルトラックは見あたらなかったのですが、今朝も1箇所。上陸し、無事に産卵でした。これで12回目の上陸ですね。
さあて、おいでん祭は晴天のもとで開催できそうです。

Continue reading

強烈な東風吹き荒れる

sat54.jpg
昨晩は「生物多様性国際会議COP10」が名古屋で開催されることに決定されたようですね。さて、未明の浜は雲が上空に拡がって強烈な東風が吹き荒れています。足もとは川のように流れる飛砂。しかも、顔の高さまで当たってきます。海も東から西に強烈に流れています。これだけ強烈な東風だと例え、アカウミガメが上陸したとしても、タートルトラックは1時間ぐらいで跡形も無く消えてしまうでしょう。巡回も東風に泣かされます。結局今朝は上陸があったとしても確認は無理なようでした。

〜明日は「表浜おいでん祭&24時間テレビ水辺清掃プロジェクト」です。〜
当日は 伊古部会場は混み合うことが予測されます。ご迷惑をお掛けしますが、サーフィン、釣りなど海岸利用の際は避けて他の海岸に移動をお願い致します。皆様のご理解・ご協力よろしくお願いいたします。

Continue reading

今期はどうなっちゃてるの

friCa59.jpg
今朝も未明からの巡回。少し荒れ気味の海、上空には大きな雲が張り付いていますが東の空には切れ間が見えます。その切れ間から日差しが届き始める頃、浜辺に1本のくっきりとしたタートルトラック。1本って言うことはひょっとしてと思った目の先にアカウミガメが砂丘の上で産卵行動に入っていました。今週は立て続けで上陸があり、今朝は・・・どうなっちゃているのでしょう。しかも今朝は3箇所で産卵が認められました。

〜今週末は「表浜おいでん祭&24時間テレビ水辺清掃プロジェクト」です。〜
当日は 伊古部会場は混み合うことが予測されます。ご迷惑をお掛けしますが、サーフィン、釣りなど海岸利用の際は避けて他の海岸に移動をお願い致します。皆様のご理解・ご協力よろしくお願いいたします。

Continue reading

雨に泣かされ、風に泣かされ

thu46.jpg
今朝は土砂降りの雨と強風。分かっていたけど嫌な天候にうんざり。しかし、ため息をつきながらも巡回は始まるのです。(笑
浜辺は強烈な東風で既にレインジャケットも意味が為しません。向かい風の場合は目を開けるのも大変。こんな日は上がらないと誰もが考えるのでしょうが、そこがヒトと違って一生を海で生きている生き物です。後半、暴風の砂浜に見てはいけないタートルトラックを確認。見えてしまったものは仕方がありません。近づくとしっかりとボディピットとカモフラージュ跡。産卵行動はしっかりと行っています。しかもかなりな大きさのボディピット。これは嫌みか?仕方なしに砂中に肩まで手を突っ込み探ります。雨が激しく叩き付け、砂表に近い顔は既に雨と砂だらけ。苦労あって悪天候の最中、産卵を確認しました。既に全身はずぶ濡れで砂人形となっていました。まあ、産卵が確認出来たので良しですね。

Continue reading

今朝は二箇所に

wed63.jpg
ここ数日付き合ってくれた月も、半月近くなり月光も淡くなってきました。未明の浜は緩く東風が吹いています。海も穏やかで今日の巡回も静かな渚線を進みます。途中、夜釣りの釣り人に出会うぐらいでタートルトラックは見あたりません。辺りが明るくなる巡回の後半にタートルトラック。砂浜の中程にボディピットが一箇所。カモフラージュまで行っているようなので産卵の可能性が高いのでしょうが、なかなか産卵巣は見つかりません。一旦諦めましたが、やはり気になります。引き返して再度、探してみるとボディピットからかなり手前に産卵していました。これで2回目の産卵になりますね。後半にはもう一箇所、上陸跡がありましたが、こちらは消波ブロックに乗り上げて折り返していてボディピットも無く産卵は行っていませんでした。しかし、今期は順調に上陸が続いているようです。

Continue reading

今朝は引き返し

tue55.jpg
未明の雲一つ無い空に静かに浮かぶ月もだいぶ欠けてきました。月光は浜辺を照らしてくれていて辺りは反射光で視界良好。進む渚線は汀段が出来上がって起伏が規則的に繰り返しています。昨日の西風で砂浜は均されてタートルトラックらしき跡はなかなか見つかりません。やがて東の空が青紫色に明るみ始めた頃、汀線から真っ直ぐに延びたタートルトラックを確認。トラックは消波ブロックまで延びて1本しか見えないので、親ガメがひょっとして残留しているかもと思い近づくと・・・消波ブロックの上に乗り上げてUターン。重なるように折り返しているのでトラックが1本に見えたのですね。残念。今日はこの上陸のみ。しかし、今年は頻繁に上陸してきますね。

Continue reading

今朝も上陸

mon42.jpg
未明の今朝、空は少し欠けてきたおぼろ月が上空に浮いています。良く見ると大きな輪が掛かっているので、明日ぐらいにはまた下り坂なのでしょうか。月光を受けての巡回は快適です。渚線に漂着したアマモを避けながら進みます。今朝も巡回の中程でタートルトラックを確認。ボランティアの細井さんが見つけて産卵巣の確認を行っていました。汀線から直線に近く、丘陵まで登って折り返し地点で産卵行動を行っているようです。でも、どうやら見つからないようです。既にボディピットが崩れていたのでこれは探すのが困難かも。しかも砂地は柔らかくて確認が難しいようです。このような場合は潔く諦めて、孵化を待つ方が下手に荒らさないので良いのでしょう。取りあえず、今日は1箇所でした。

Continue reading

雨の週末

after4.jpg
今朝は雨音も強く本降り。上空は雲がみっちりと空に張り付いているのでしょう、浜辺は真っ暗です。まだ風が無いだけ良いですが、雨の中、トボトボと渚線を進みます。アマモを踏みながら進みますが一向に上陸跡は見つかりません。巡回も最後の浜に来ましたが、今日は上陸無しですね。湖西ではどうやら上陸が2箇所で認められたようです。でも、産卵はなかったようです。(うしおくんネット)

Continue reading

初産卵!やっとでした。

after21.jpg
今朝は雲が拡がって薄暗い浜辺。風も無く少し蒸し暑いぐらいです。ここ数日でアカウミガメは上陸は認められたのですが、なかなか産卵が始まらない。今日こそはと期待しながらの巡回です。巡回中程で浜辺にくっきりとタートルトラックを確認。ボディピットもしっかりと残っていて産卵行動はしっかりと行っているようです。こんどこそはとカモフラージュの砂の辺りを確認するとかなり深い位置にしっかりとネストが認められました。かなり広い卵室で卵の数は126個。この場所は昨年かなりの変動があった場所なので後方の砂丘に移植しました。これで始まりましたね〜良かった、良かった。

Continue reading

今朝も月光に恵まれ

thu76.jpg
今日も未明は月光に恵まれています。キラキラと輝く海、薄明るい月光に照らされた浜を進みます。大潮の今日は潮位変動も大きいようで渚線は均された歩きやすい浜。目を懲らして進めどなかなか上陸跡は見つかりません。すっかり陽が昇った時間となってしまいましたが、ここで最後と思ったらタートルトラックが目に飛び込んできました。砂浜にはくっきりと残っています。しかし、浜の奥行きが無く、かなり狭い。しかも掘り出した穴がポッカリと空いたまま。途中で止めてしまったのでしょうか。穴を見てみると砂中からは水が滲んでいます。それで止めてしまったのでしょう。またもや残念!

Continue reading

初上陸、残念ながら産卵は無し

wed57.jpg
未明の浜辺は西風が冷たく、少し肌寒く、海に近づくと空気が逆に生暖かく感じます。今朝はありがたいことに西の空には満月がポッカリと浮いて、月光が優しく浜辺を照らしてくれて、順調に巡回を進めます。渚線も砂地が締まって歩きやすいく、落ち着いてきた海面は月光でキラキラ輝いています。その月光も朝日に負け始める頃、やっと初上陸のトラックをボランティアの鈴木さんが見つけました。でも、残念ながら浜の途中で産卵も無く帰ってしまっています。何か人の気配でもあったのでしょうか、残念です。でも、これでこの海域に2匹のアカウミガメがいることになりました。

Continue reading

大荒れの朝

after23.jpg
未明から激しい叩き付けるような雨音。浜辺では強い東風で雨はより強く叩き付けてきます。海も荒れて潮溜まりが多く巡回も大変です。風を背に受けるときは何とか大丈夫ですが、やはり真正面だと・・・レインスーツも意味が無いようです。そんな苦労も甲斐も無く、やはりタートルトラックは見あたりません。しかし、この風だと消えてしまう恐れもあります。結局、見つからず、やっと巡回を終えた頃、雨も小康状態になってきました。叩き付けるような風雨ですが、浜のコウボウムギには緑色が鮮やかで何とも無いようですね。(写真は午後)

Continue reading

台風4号(ハーロン)北上

mon39.jpg
空には厚い雲が張り詰めているようで、星の明かりもなく未明の浜はいつもより暗いです。微かな街の光で雲が西から東に流れているのがなんとなく分かる程度。東風が強く吹き抜ける浜辺を今朝も巡回。昨日は湖西で上陸・産卵が認められたので何となく期待しながら進みます。しかし渚線にはタートルトラックは見つからず、黒い影が点々としているだけです。黒い影はアマモですね。結局今朝は見つからずでした。海は風の影響を受けて川のように流れています。午後には雨となりそうですね。北上しつつある台風4号(ハーロン)の影響も今後は気になりますね。

Continue reading

湖西(汐見坂)で初上陸!

sun29.jpg
今朝は範囲を限定で巡回です。他は今村研究員が巡回をしています。さて、未明の浜、こちらは既に東風が入って釣り人が薄暗い渚に並び始めていました。結局上陸は認められませんでしたが、なんと今日は湖西市で初上陸。表浜、いや遠州灘では一番ではないのでしょうか!(うしおくんネット)良かったですねえ〜今年も無事に上陸が始まりそうです。順調に行くと良いですね。その後私は午前中まで海に入って浜辺で昼寝。ちょっと疲れがとれました。明日も頑張ろうっと!

Continue reading

穏やかな週末の海

after6.jpg
未明の浜辺は少しばかりガスっているのか、辺りはぼんやりとした暗闇です。海は穏やかでほぼフラット。波打ち際でショアブレイクだけが白く浮かび上がっています。早速、巡回を始め、波打ち際を進むとバキバキと足もとで音がします。貝殻が砕けているようで色んな物が打ち上がっているようです。暗くて確認出来ないのですが、アメフラシなんか踏んだら嫌ですね。週末だからか未明から釣り人は既に点在しています。さて、今朝も結局タートルトラックは見つかりませんでした。台風3号は温帯低気圧に変わったようですが、またもや台風4号(ハーロン)が発生したようです。しかし、今期の台風の命名はどこの国の言葉でしょう?
(写真はお昼の砂丘のハマヒルガオ)

Continue reading

台風3号 (マットゥモ)発生

after8.jpg
未明は少し肌寒く感じます。少し早くなったので辺りは真っ暗。沖から漁船のエンジン音だけが響いてきます。暗い浜辺は潮が引いて広く感じ、波打ち際は歩きやすく締まって巡回も順調に進みます。丘陵の空が少し明るみ始め、辺りがやっと見えるようになりましたが、今朝もタートルトラックはなかなか見あたりません。まだまだ早いようですね。穏やかな海にサーファーは右往左往し、釣り人は各々準備を始め、波打ち際に並び始めました。南の海には台風3号 (マットゥモ)が前線と共に北上してきているようです。来週はまたもや台風の影響を受けそうですね。雨は嫌だなあ。
(写真は午後の浜)
午後は完全に海はフラット。西風が吹いて明日も海は変わらないようですね。

Continue reading

5月の飛砂

after21.jpg
日中は快晴でしたね。浜辺は西風が強く、午後に砂浜再生プロジェクト試験地へ確認に向かいましたが、飛砂が起きていました。西風と言っても、やはり真冬と方向が微妙に違って海側から吹き込んでいます。堆砂垣に付く砂も向きが多少変わっていました。

Continue reading

戻ってきた青空

thu60.jpg
今朝は久々に雨音を心配しなくてもいいようです。うっすらと東の空に日差しが届き始めた空には雲がありません。まだ薄暗い浜辺に出ると少し西風が吹き始め、海は落ち着き始めているようですね。長潮の引き始めで渚線は歩きやすく、順調に巡回は進みます。均されたようにしっとりとした渚にはタートルトラックは見つかりません。ウミガメはまだ上陸していないようですね。巡回も終わる頃、日差しが丘陵から浜辺に延びてきました。緑色が濃くなってきたコウボウムギが白い砂浜に鮮やかさを増しています。

Continue reading

未明は土砂降り

after17.jpg
非常に激しい雨で大雨、洪水警報が出ています。未明は東風も強く、横殴りの雨で風が冷たいことから、浜辺では落雷に注意しなければ行けません。巡回も浜辺に流れ込む土砂流と空を見ながら注意して進みます。砂浜は東風で均され歩きやすく、また西に向かう時は東風が背中を押してくれて意外と快適に進みます。しかし、その逆は最悪。顔面に叩き付ける強烈な風雨に嫌気がさします。結局、今日もトラックは見あたらずでした。(写真は雨が上がったお昼)

Continue reading

台風2号(ラマスーン)の影響

af24.jpg
今朝は沖の波頭もかなり高く上がって、白い砕波がスーッと浜辺を駆け上ってきています。浜辺には打ち上げられたゴミと潮溜まりで薄暗い浜辺は注意が必要。海水温度が外気より高いのか、生暖かい空気が海から流れてきますね。今朝もトラックは見あたりませんが、砂浜の温度を測定している機器が気になります。調査中の浜を見ると波は遡上し潮溜まりとなっていましたが、機器は大丈夫なようです。ただ、少し砂が打ち上がってより深く埋もれてしまいましたが。

Continue reading

海水の汚濁

mon19.jpg
未明の浜は弱い東風。雲が張り詰めているのですが、風には湿気は感じず、今日は海岸線も遠くまで見渡せます。海は台風2号(ラマスーン)からのうねりと東風で荒れています。渚線を進むと、茶色い波が足下に汚濁泡を打ち上げてきます。海水がかなり汚濁しているようで、茶色い帯となっています。汚濁の要因は河川からの濁流もあるのでしょうか。窒素・リンなどが海に大量に流れ込むことで富栄養化を招きます。その汚濁水は沿岸流に乗って渚線に留まります。砂浜と波が濾過し、浄化作用として働くのですが、最近では汚染が上まり、機能に追いつかないようです。この汚濁域はなぜか局所的で、どうやら小島辺りから伊古部の範囲だけのようです。

Continue reading

今朝も雨に煙る

sun27.jpg
日曜日の朝、昨日に続き雨が霧のように降り注ぎます。海岸は雨に煙って視界は余り良くありません。海は台風からのうねりか、頭を越える程度のセット波が沖の砂州で割れています。昨日よりは東風も弱まって巡回も楽ですが、全ての物が湿気ってしまいました。嫌ですねえ雨が続くと。

Continue reading

雨の1日

sat7.jpg
今朝は昨晩からの雨が降り続いています。浜辺は東風も強くレインジャケットにポツポツと雨が当たって顔を上げると辛いですね。海はうねりは腰程度ですが、朝は潮位も高くほぼショアブレイク。サーファーも釣り人も少ないですね。今日の巡回ではまだまだウミガメの気配も無いようでした。

Continue reading

週末は下り坂

fri12.jpg
昨日、台風2号(ラマスーン)がミンダナオ島の東で発生したと連絡を頂きました。南の海は海水温度も順調に上がってきているようですね。アカウミガメも鹿児島の吹上浜と宮崎は日南海岸に上陸産卵が認められたようです。今朝の空は台風の影響ではないのですが、薄雲が拡がってぼんやりとした天候。満潮の朝は波もおだやかでショアブレイクの音が響くのみです。今週末は下り坂のようですね。

Continue reading

ハマヒルガオの季節

thu29.jpg
今朝は風も弱く、静かな浜辺へと落ち着きが戻ってきました。この時期には珍しく、浜辺を見ると飛砂模様が縞状に残っています。丘陵から昇る陽も今朝は東の空にうっすらと雲が拡がって日差しがまだ届きません。薄明るい浜辺を進むと今朝も大粒のコタマガイが転がっています。毎朝拾っているおじさんに教えたらバケツに山盛り獲っていました。三日分はありますね。巡回も進むとぼんやりとした陽がやっと空に現れました。照らす砂丘には日差しを待ちかまえたハマヒルガオ。ちょうど今がハマヒルガオの花の時期ですね。

Continue reading

久々の西風に

af15.jpg
今日は1日、西風が吹き続けましたね。おかげでGW中荒れた浜は飛砂で足跡やゴミ?も砂に埋もれて消えていきます。当然、ゴミは見えなくなっただけのことですから消えていませんけどね。いつも休みが続くと荒れる海岸。どうしたらヒトが訪れても美しい浜が保てるのでしょうか。相反すると言われ続けているのですが。今朝のようなことがあると努力も虚しく感じてしまいますね。

Continue reading

GWの残骸

wed4.jpg
GWが終わって海岸には落ち着きが戻ってきました。今朝から浜辺の巡回を始めます。丘陵からの日の出を眺め浜辺を進みます。穏やかな海と蒼い空。静かな浜辺は気持ちが良いのですが・・。やはり、至る所にGWの残骸が残っています。そう、ゴミですね。小さなゴミから冷蔵庫のような大きなゴミまで。人が活発になるとかならずこのような残骸を残します。悲しい光景はいつまで続くのか・・・ため息しかでません。

Continue reading

砂浜の干潟(ビーチ・コーミング)

aft11.jpg
結局、またもや浜辺に向かいました。まあ、波は無いと判っているのでビーチ・コーミングに。
今日は大潮なのと爽やかな風なので渚を歩くには打って付けです。丘陵は鮮やかな緑と蒼い空が絶妙なコントラスト。そして渚は潮が引いて干潟が現れました。この砂浜の干潟。無数のハマトビムシなどの生物などによって富栄養化した海水を浄化します。大きな濾過器ですね。
あまりにも知られていないのですが、日本の海岸線は世界でも5番目ぐらいに長いのです。約3万5千キロぐらいでアメリカやロシア、そしてフランスより海岸線が長いのですよ。しかし、その反面に自然の砂浜(人工構造物の無い)は10%も残されていないとも言われています。しかも、砂浜は残念ながら正確な情報が得られていないのです。その砂浜に出来る干潟の能力は当然ながら学術的にも何も検証されていないので、消失に関してもあまり関心が向いていません。

Continue reading

五月晴れ

taka1.jpg
今朝はスッキリと晴れ渡り、五月晴れ。海は北西風で真っ平らに水平線がシェイプされています。釣り人は渚線に並んでいますが、さすがにサーフィンは無理なので海に入るのは諦めてビーチコーミングに変更。渚線を進むと白いアミが打ち上がっています。釣り人の籠を覗くとシロギスも少し掛かり始めているようですね。

今日はZIP-FMのLOVE OUR OCEANに表浜ネットワークも参加します。
5月6日(火・祝)10:00-17:00
ZIP-FM HOLIDAY SPECIAL LOVE OUR OCEAN

Continue reading

前線通過

mon5.jpg
前線が近づく今朝は空は既に雨雲が張り詰めています。東風も吹き抜けて海は少し西に流れ始めています。波も風波程度でさすがに今日はお休みですね。今日1日は雨模様のようです。

Continue reading

雲が東南東から北北西に流れる

sun13.jpg
今朝は雲が拡がって梅雨時期のような海岸。午前中には晴れましたけどね。何だか雲が東南東から北北西に流れて目まぐるしく天気が変わりました。海は昨日よりうねりも下がってしまいましたが、なんとか1日中楽しむ事が出来き、日焼けで顔がヒリヒリします。

Continue reading

海三昧

sat1.jpg
GWに入って表浜は賑わっています。私も海三味で過ごすことにしています。午前中は波は良くなかったのですが、午後からは楽しめました。マナーを守ってゴミも持ち帰るようにみんなが快適に表浜を楽しめるようにしましょう。

Continue reading

緑の泥岩

fri20.jpg
今朝は上空は明るいのですが、空一面に雲が拡がって時折、雨粒も落ちてきます。西の空を見ながら渚線を進みます。浜辺は弱い東風で空気に少し湿気を感じます。来たる嫌な梅雨を感じますね。海は比較的に穏やかでそれほどうねりがたっていません。昨日よりは多少という感じ。汀線に沿って進むと新たな汀段(ビーチバーム)が出来上がっています。緑色の泥岩も流れるついています。表浜の500メートル沖ぐらいまでは浅くて水深も4〜5メートルほど。海底はこのような泥岩の上に砂が約1〜3メートル程度堆積しているぐらいです。意外と砂の層は薄いのですね。

Continue reading

ハマヒルガオと砂丘

thu39.jpg
今朝は少し雲が拡がっていますが穏やかな海です。東風が吹き込み、昨日よりは多少は波立っていますが、ほとんどが膝程度のショアブレイクです。渚線には既に釣り人が並んでいますが、なかなか釣れないようです。シロギスも小型ですね。あまりに波が立たない日が続いているので、無理して少しだけ海に浮かんでいました。でも、やはり駄目ですね。海から出た後は砂丘のハマヒルガオを見に。徐々にですが開花しはじめて淡いピンク色の花が目立ち始めています。

Continue reading

限りある漁業資源を

wed48.jpg
休みが続いているのでしょう、浜辺には釣り竿が並んでいます。海は穏やかに凪いでいるのでサーファーは少ないのですが、賑やかな浜辺です。そうなるとモラルも崩れてさっそくBBQゴミが溢れて、至る所にゴミが散らかっています。浜の植生も車に踏みつぶされ砂浜には轍が縦横無尽に走り回った跡が残っています。海に目をやると今度はたくさんの漁船がシラス漁で岸近くまで迫り、争うように海上を右往左往しています。釣り人が「そんなに獲っちゃたら魚がおらんようになるやん」と、ぼやいています。沿岸漁業の劣化が激しくなってきています。いまさら山のミネラルの話しでは焼け石に水状態。なにせ主たる漁業資源の小魚が成長する基盤の沿岸砂州は崩壊が進んでいるのに。育つ場所が無くては、幾らミネラル流し込んでも・・・・。限り無い消費が限りある資源をすでに追い越しています。

Continue reading

春の飛砂

af18.jpg
春は冬の西風から東風が吹く頻度が多くなっていきます。おのずと養浜を行っている堆砂垣にも砂の付き方が変わってきます。堆砂垣の東側が多く盛り上がっていたのですが、西側にも多く堆積し始めます。よって季節の変わり目は両側が上手く堆積し、堆砂垣も埋もれて砂丘と化していきます。

Continue reading

穏やかな朝

tue42.jpg
今朝は少し肌寒さを感じますが風も弱く、穏やかな浜辺。海は真っ平らに水平線が拡がり、膝程度のうねりはほとんど沖の砂州では割れずに僅かなショアブレイクです。砂丘帯は日差しを浴びて暖かそうな砂地にコウボウムギの雌花が大きく果胞を膨らましています。4月も残り僅か、5月からは初夏の様相に移っていきます。

Continue reading

浜の働き

mon35.jpg
おかげさまで表浜エクスカーション・シンポジウムとも無事に終了致しました。意義あるイベントとして充実感で疲れも緩和されます。報告は後ほど。さて、週明けの朝、晴れてはいますが上空には薄雲が拡がっています。浜辺は穏やかな海とともに釣り人が点在する程度で静かです。浜辺はまた汀段が形成されつつあります。砂浜はこれから初夏に掛けて大きくなる潮位変動の力で変動も大きくなります。浜の循環セルが大きく働く時期ですね。

Continue reading

明日はエクスカーション

af5.jpg
明日は表浜エクスカーション「つながる海岸線」です。午後から怪しげな雲が拡がってきました。なんとか天気が回復してくれるのを期待したいのですが、どうでしょうか。テルテル坊主にお願いですね。

*******表浜エクスカーション「つながる海岸線」からお知らせ**************
参加者のみなさま、バスの乗車場所が決まっています。ご確認ください!
集 合JR豊橋駅東口(出発 7:30)/ JR浜松駅南口(出発 9:00) どちらかでバスに乗車出来ます。

Continue reading

西風に

fri37.jpg
低気圧が通過した朝、青空が広がり眩しい日差し。浜辺は少し小寒い西風が吹いています。海はうねりは腰程度、満潮時の朝は沖の砂州では波頭が少し立つだけで割らずに、ほとんどショアブレイクとなっています。サーファーも期待はずれか海岸道路を右往左往。渚線は昨日までのアマモも消えて汀段も無くなって緩やかな傾斜に戻っています。さて、明日はいよいよ表浜エクスカーション「つながる海岸線」です。中田島から赤羽根まで海岸線を辿る旅。楽しみですね、天気が良いと良いのですが。

*******表浜エクスカーション「つながる海岸線」からお知らせ**************
参加者のみなさま、バスの乗車場所が決まっています。ご確認ください!
集 合JR豊橋駅東口(出発 7:30)/ JR浜松駅南口(出発 9:00) どちらかでバスに乗車出来ます。

Continue reading

春の前線通過

thu23.jpg
今朝は未明からの雨が降り続いています。浜辺は南西の風がやや強く、傘をさすと壊れますね。海はうねりは無く、風で荒れているだけでサーファーや釣り人の姿は今朝は無い静かな浜辺です。汀段にはたくさんのアマモが漂着しています。その黒い帯は渚線を黒く染めて見えないところまで続いています。

Continue reading

初上陸?

wed5.jpg
今朝は少し薄い雲が拡がっていますが、まだまだ晴天。浜辺も風が弱く、日差しが当たると暑く感じます。海は変わらず穏やかですが、渚線は様相が変わっています。黒いアマモが点々と続いています。東風で漂着が多くなったようですね。少し進むとアメフラシが漂着しています。また少し進むと今度は初カツオノエボシです。今年も始まりましたね、これは黒潮の流れが届いた影響ですね。そしてよく見るとルリ貝が!しかも貝殻は完全状態。ラッキーと下を見て歩くと結構あります。計6個のルリ貝。そして・・・・進むと何やら見慣れた小山が浜辺に。なんとウミガメの甲羅に似ています。まさか・・・のアカウミガメ!早い!!
でも、動きません。ダイ・ストランディング(死亡漂着)ですね。

Continue reading

砂浜は巨大な濾過機

tue26.jpg
今朝は渚線を進むと蒸し暑さを感じます。大潮で満潮の朝は潮位が高く、スウォッシュ・バーが出来上がっています。海は穏やかでうねりは腰程度ですが、砂州で割れずに岸辺でバッシャと割れるショアブレイク。渚線には緑色のアマモも少しですが流れ着いて、漂着物にはピョンピョン跳びはねるハマトビムシ「甲殻類(端脚目)」が飛びついています。このハマトビムシは漂着した海藻類や魚類、動物をこのハマトビムシが食べて分解します。無機類以外はほとんど分解する訳です。このハマトビムシが存在してこそ、砂浜は地球規模の濾過機能を発揮します。小さな生き物の働きこそ、見逃しがちになりますね。

Continue reading

ハマトビムシが活発に

mon34.jpg
今朝も青空が拡がり晴れ渡っています。大潮の海は穏やかでうねりも小さく朝の満潮時はショアブレイクが割れているだけです。渚を進むのも暑さを感じるほど。もうすっかり初夏のような錯覚を受けます。潮溜まりが出来て砂浜は足が深く沈みます。よく見ると何やら盛んに飛び跳ねていますね。砂地にも無数の穴が・・・そう、ハマトビムシのお出まし。先週まではあまり見かけなかったのですが。これから活発に活動する時期となりますね。

Continue reading

緑輝く丘陵

sun6.jpg
今朝も晴れ間が拡がる快晴。海は西風が少し吹いているけど昨日より多少うねりが出ています。春の海は日差しを浴びてキラキラと波面が反射しています。早速入水し、沖に出ると緑が濃くなってきた丘陵が蒼い空に輝いていました。周りを見回すと気持ちが良い空が拡がっています。

Continue reading

快晴の週末

sat30.jpg
早朝は北西風が吹き込み少し寒く感じます。雲が流れて青空が拡がりつつあります。海はうねりは一気に下がって満潮の朝は波は割れずにショアブレイクとなっています。今日は午後は予定があるので仕方なしに入水。海水は温かくて波待ちは楽です。浮かんでいるとユリカモメが海上を自由に飛び回っています。沖から丘陵を見ると徐々に緑濃くなっていく表浜が見えます。

Continue reading

やっと雷雨が収まりました

af13.jpg
午前中はもの凄い雷雨でしたね。雷鳴も地響きがするほどでした。午後にはやっと収まり、夕方には雨も上がりました。関東では荒れて強風の被害がかなり出ているようですね。浜辺は西風が既に吹きだして海も徐々に落ち着き始めていました。

Continue reading

雨上がり

fri10.jpg
今朝は雨音は止んでいました。空を見ると雲は張り詰めていますが、ところどころから薄く青空が見えています。天気予報では雷雨注意報。変わりやすい天候のようなので特に浜辺は注意が必要ですね。浜辺に出ると空気は少し乾燥気味なので大丈夫なようで渚線を進みます。海は荒れていますがそれほどのうねりではありません。波が足もとまで遡上してくると潮の香りが漂ってきます。

Continue reading

赤潮と低気圧接近

thu25.jpg
雨は既にポツポツと降り出し始めています。これから前線をともなった低気圧が通過するようで、西の空を見ると黒い雨雲が迫ってきています。海は東風で少し沿岸流が強くなってきているようです。ここ数日、お隣の静岡県では赤潮発生が続いているようで、馬込川辺りから湖西の県境まで生臭い赤潮が沿岸に漂っていると聞きました。こちらはそれほどと思っていましたが、よく渚や潮溜まりを見ると薄茶色の汚濁泡が目立ちます。赤潮の発生要因は海洋の富栄養化が過度に進行すると発生します。何か誘発することが起きているのでしょうか。

Continue reading

春の砂丘では

wed22.jpg
暖かくなってきましたね。今朝は外気が暖かいからか海水との温度差で霧が丘陵を覆っています。今日も海は穏やかで長潮となってあまり潮位も変わらないようですね。久しぶりに無理矢理入水。海水温度は上がって来ましたが、波は割れず、浮かんでいるだけ。まあ、気分転換には成りました。少し冷えた体を温めるため陽の当たる砂丘に向かいました。コウボウムギの雌花から雌しべが伸びて白い花粉を受けています。

Continue reading

今朝も穏やかな海

af9.jpg
今朝の浜辺は弱い西風が吹き続けて気温も少し低め。海は穏やかで水平線が延びきっています。沖合には漁船群が東西に忙しそうに海上を走り回っています。堆砂垣を見ると西側と東側と両方にかなりの堆砂。東風が強くなるこれからは冬場と逆に西側により多く砂が溜まるようになります。写真は午後の浜辺です。

Continue reading

やはり雨の週明け(午後は晴れ)

af23.jpg
今朝も雨でした。続きますね月曜日の雨。でも、今朝は爆弾低気圧とまではいかず、降雨量はそれほどではありません。浜辺に出た頃には霧雨のようになっていました。植物にとっては春の恵みの雨でしょう。海は穏やかでうねりも腰程度の高さ。風もほぼ無風で昨日の赤潮情報が気になりますが沖を見ても霞んで見渡せません。(新居から湖西辺りが酷かったようです。)お昼には雨も上がって晴れ間が拡がりました。日没前に浜辺に出向くと、涼しいと言うか少しヒンヤリと冷えた西風が吹き付けています。

Continue reading

春の砂丘

sun12.jpg
今朝は薄く雲が掛かってはいますが、晴れ間は拡がって春霞程度。海は穏やかで波は多少割れている程度。少し海に入ったのですが波が小さく、しかも海水温度が低くて手足が冷たい。ほどほどにして春の砂丘の散策に変更です。砂丘のコウボウムギは雄花から雌花へと移り変わってきています。(海水温度は低く感じましたが、もうこの時期に赤潮の情報をうしおくんから頂きました。)

Continue reading

第5回表浜をつくろう!

sat45.jpg
今朝は天候も晴れて暑すぎず寒すぎずの絶好の堆砂垣日より。(笑
設置場所の検討を早めに行って準備します。8時頃には参加者のみなさんが集まり始めました。デンソーのみなさんの協力を頂き、今日は総勢60人以上です。今回もみなさまの協力を頂きいつもより堆砂垣も多く設置することが出来ました。参加されたみなさま、お疲れ様でした!

Continue reading

カワウの災難

af1.jpg
さきほど、浜辺から電話で通報を頂き急遽海岸に向かいました。何やらカワウが網か何かに絡まって大変なことになっているとか。野鳥の対応はあまり得意ではないのですが、絡まった物を取ればなんとかなるだろうと思い浜辺に。さてさて、浜辺にはカワウが居ました。近寄ってみると何と紐のような何物かが羽に絡んでいます。何なんだと近寄ると・・・。

Continue reading

潮の香りが広がる

fri24.jpg
今朝は雨も上がって晴れ間が拡がってきています。浜辺に出ると湿気を含んだ空気に潮の香りが強く伝わってきます。海は落ち着いて来ていますが、うねりが残っています。今後は西風が強くなってきそうですね。砂丘では砂まみれのコウボウムギ。ハマヒルガオはよく見ると小さなつぼみが砂表から覗き始めましたね。

Continue reading

強烈な東風

thu56.jpg
今朝の浜辺は雨は小康状態なのですが東風が強烈!砂浜の飛砂模様が一気に逆転しました。堆砂垣を見てみると堆砂も一晩で逆転。堆砂垣の西側に砂が移動しています。お驚き!凄い変化ですねえ。砂丘の砂の変化はやはり激しく、植生にとっては生存さえままならない領域だと感じます。その植生はと言えばコウボウムギにしろ、ハマヒルガオもじっと砂に埋もれて耐えています。自然は厳しいのですね、その分春から夏は精一杯艶やかな姿を見せてくれるのですが。

Continue reading

潮位高くて

wed22.jpg
今朝は穏やかに晴れ渡っています。海も穏やかに落ち着いています。今日は久々に入水しようと早めに浜辺に出向いたのですが、潮が高く波が割れていません。う~ん外したかな。とりあえず、小1時間ほど海に浮かんでみました。やはり波は割れず、浮いていただけ。まあ、沖から見える丘陵の緑が鮮やかになりつつあるのが確認出来たから良しとしましょう。

Continue reading

雨も上がり春の浜辺に

tueaf37.jpg
午前中に上がった雨。午後は晴れ間が広がり、暖かさも増して春らしくなってきました。浜辺に出向くと、西風が残っていますが、落ち着き始めている海も、青さを取り戻しつつあります。浜辺は多少の飛砂が起きたのか、砂が堆砂垣周りに堆積しています。砂丘のコウボウムギなども着実に緑濃くなってきました。

Continue reading

濁流が流れ込む海

tue22.jpg
今朝は昨晩からの雨がかなり激しく降り続けています。横殴りに降り続ける雨は丘陵からの赤い土砂流となり荒れた海に流れ込んで茶色く濁っています。波は一気に白波となるクローズアウト。午後には雨も上がりそうですが、とうぶんは海の汚濁はかなり酷いでしょう。

◆◆◆◆表浜エクスカーション・シンポジウム◆◆◆◆◆◆◆◆◆

4月26/27日の表浜エクスカーション・シンポジウム「つながる海岸線」申し込みをWEBからでも出来るようになりました。
定員なのでお早めに!
表浜エクスカーション・・・・・・・・・・25名(参加費:5,000円)
表浜エクスカーション・シンポジウム・・・20名(参加費:15,000円)残り8名限り
表浜シンポジウム・・・・・・・・・・・・120名(参加費:500円)

表浜エクスカーション・シンポジウム申し込みフォーム

Continue reading

下り坂の週明け

mon6.jpg
またもや午後から下り坂のようです。浜辺は既に東風となって雨雲らしき雲も西から拡がってきました。大潮の今朝は潮位が高く、渚線はスウォシュ・バーとなって進むのが困難。流石に週末の歩きづくめで、ちょっと筋肉痛も入っているのでしょうか。海はうねりはまったく無くてショアブレイク。明日は低気圧の通過と共に荒れそうですね。

Continue reading

今朝も穏やかな春の浜辺

sun4.jpg
今朝も晴天、波もないしってことで谷ノ口の「ええZoneマーケット」にスナックエンドウを買いに。今朝は9時開店に間に合ったので賑わっています。新鮮で安い地産物の野菜に思わず、またもや買いすぎてしまいました。

Continue reading

春の表浜ウォーク

sat19.jpg
今朝は波も無いし、天気も快晴なので恒例?の「春の表浜ウォーク」に。
なんの事はないのですが、伊古部から東細谷(県境)まで往復歩きです。波が無いので海岸は週末でも比較的に好いていて、陽気も良く、気持ちの良い海岸散策です。丘陵や海食崖の植生やタイドプールに溜まった貝殻などを散策しながら歩きます。でも、県境から折り返しは逆風(西風)が強くなり、ちょっとしんどい。往復約20キロの軽く気持ちの良い運動になりましたよ。

Continue reading

春の砂丘にそそぐ陽

fri7.jpg
今朝は弱いながらも北西風が吹き抜け、少し冷えました。晴れ渡った晴天のもと、渚線を進みます。海は穏やかでうねりもほとんど消えて真っ平らな水平線が拡がります。沖合にはシラスかコウナゴ漁でしょうか、たくさんの漁船が出漁しています。砂丘に当たる陽はオレンジ色に輝いき、日差しが昇れば今日は暖かくなりそうですね。週末は穏やかな春に包まれそうです。

Continue reading

春本番を迎える浜辺

thu4.jpg
今朝は渚を進むにも、少し熱く感じるぐらい。なんて変わりの早い面倒な季節なんでしょう(笑
霞みの掛かった東の空から、白く輝く日差しと共に気温も上昇、実に当たる潮風も暖かく感じてきます。コウボウムギも雄花が開花し始めています。ハマエンドウの紫色の花も拡がり、そしてコマツイヨグサの黄色い小花も目立ち始めました。これからは主役のハマヒルガオが揃えばまさに表浜の春です。

Continue reading

春の爆弾低気圧

wed1.jpg
低気圧が猛烈に発達し、昨日からの強い北西風が続いたのですが、今朝は多少弱まったようですす。しかし、浜の様子は今朝も冬に逆戻りのようです。でも、4月ですから寒さも長続きはさすがにしないでしょうね。浜辺は飛砂模様が西から東に残っていて時期としたは期待できなかった飛砂で、大量に砂が動いたようです。お陰で芽吹きだしたコウボウムギは砂に埋もれてしまっているようです。エッチガニ釣りのおじさんが一人、寒い中頑張っていました。久々に結構形の良いエッチカニ(ヒラツメガニ)が釣れていましたね。

Continue reading

新たな汀段

tue10.jpg
4月に入って今朝は寒の戻り。桜が散ってしまわないかと心配するほどの強い北西風が吹き抜けて、浜辺では飛砂が起きて足もとを砂が川のように流れます。手や顔に当たる風は強烈で冷たく、海は風で西から東に流れ出していますね。渚を進むのも大変!渚線は昨日のスウォシュ・バー(潮溜まり)から新たな汀段(バーム)が出来上がっていました。

Continue reading

Home > 今日の表浜海岸

Links
SUPPORT
Search
Feeds

Page Top