Home > イベントのお知らせ

イベントのお知らせ Archive

パシフィックあいち、やっとカメ!(表浜シンポジウム)

2009shimp.jpg
今年の表浜シンポジウムは名古屋で・・・
関東圏(小笠原)とインドネシアで精力的に活動しているELNA(Everlasting Nature of Asia)菅沼弘行氏をゲストに開催します。菅沼氏はインドネシア・パプアニューギニアでの貧困によるウミガメの卵の乱獲から、漁師も含めた保全活動にアジア的感覚で取り組み、今までの全ての卵を隔離すれば良いという保護と戦い、アジア的な勝利を得た?方です。
アジア的な勝利が一体何なのかということは当日の講演から理解していただけると思います。
安易な種の保護(孵化場や放流会)ではなく、何を知らなければいけないのか? しっかりと語っていただけると思います。関東圏ではウミガメの漂着死体の解体から着実に実績を積み上げて活動しています。(衝撃的な写真もみせていただけると思います。)

コーディネーターの清野聡子とともに愛知から大洋への提案を行いましょう。

詳細が決定いたしましたら情報を更新します。ぜひ参加ください!


随時情報を更新しますので、ご注意ください。

開催日:2009年5月24日(SUN)
時間:13:40~16:15
会場:名古屋国際センター別棟ホール
参加費:1,000円
2009表浜シンポジウムリーフレット・・・PDF152KB

Continue reading

【スケジュール変更!】表浜エクスカーション開催のお知らせ

topex.JPG

開催日:4月25日(土)

今回、時勢もあるのか宿泊は難しいとのご意見が多かったので、大幅にスケジュールを変更します。
ご要望の多かった25日土曜日のみのスケジュールに変更致しました。懇親会には希望者のみとなりました。エクスカーションにはお気軽に参加頂けると思います。是非ともご検討ください!!

講師:清野聡子助教(東京大学大学院)
    青木伸一教授(豊橋技術科学大学 海岸工学・ウミガメ研究室)
   松沢慶将(日本ウミガメ協議会主任研究員)
ガイド:田中(NPO表浜ネットワーク)今村(NPO表浜ネットワーク・海岸工学・ウミガメ研究室)
内容:
地元の漁師さんや研究家の方に地元でしか聞けないお話をしていただきます。
水環境と人々がどのように関わって来たか、また黒潮がこの地域にどんな文化をもたらしたのかなど、興味深い話に耳を傾けます。

協力:あかばね塾、谷ノ口Y.S.S.I、
    味わって知る私たちの海(伊勢・三河湾流域ネットワーク/山崎川グリーンマップ)

料金:5,000円値下げ致しました!

募集締め切り:4月23日まで

表浜エクスカーションリーフレット・・・・PDF
詳しいスケジュールについてはCONTINUE READINGをクリックしてください。

お知らせです!春のエクスカーション、まだまだ余裕があります。
そこで参加費ですが値下げ致します!【¥5000】となりました。
お早めにお申し込みください!!

Continue reading

生物多様性条約市民ネットワーク設立総会

P1250023.jpg
生物多様性条約市民ネットワーク設立総会

2010年に開催される生物多様性条約第10回締約国会議(CBD/COP10)およびカルタヘナ議定書第5回締約国会議 (MOP5)に向けて、市民社会の全国的ネットワーク組織発足の準備を、昨年秋から進めてきました。
その組織「生物多様性条約市民ネットワーク」の設立総会を、1月25日(日)に名古屋市で開催しました。

日時:1月25日(日)午後1時〜3時半(開場:12時半)
場所 名古屋都市センター11階 大研修室

Continue reading

【参加費無料】天竜川・遠州灘の土砂の動きの解明とその管理に向けて

panf.jpg


日時:1月24日土 13:30~16:40
会場:浜松科学館
主催:科学技術振興調整費・遠州灘プロジェクトチーム
共催:静岡県・浜松市

詳細は上記パンフをクリックするか
遠州灘プロジェクトのサイトをご覧ください。

Continue reading

第19回日本ウミガメ会議(明石会議)

P5300070.jpg

 日本ウミガメ会議は、ウミガメとそれを取り巻く海洋環境、そしてそれに包含された人間社会の健全な発展に寄与することを目的に、年1回、西日本のウミガメの所縁の地で開催され、今年で19回目になります。会議には日本でウミガメに関わる研究者・NPO・行政関係者、延1200が参加し、近年では外国からの参加も増えてきました。会議は公開シンポジウム・発表(約40題)・今年の全国の産卵状況等のまとめ、等から構成され、まさにウミガメづくしの3日間です。

●会議名称  第19回日本ウミガメ会議(明石会議)
●主催    日本ウミガメ協議会・明石市・明石市教育委員会
●後援予定  国土交通省、環境省、水産庁、兵庫県
●開催日   2008年11月28日~30日(金~日)
●日程・場所 28日 公開シンポジウム 明石市市民会館大ホール

日本ウミガメ協議会 第19回日本ウミガメ会議(明石会議)

会議日程の詳細が決定されました。詳しくは「CONTINUE READING」をどうぞ!

Continue reading

そして翌日は恋路が浜でビーチコーミング

bcming27.jpg
夜は明けて翌日。止まらずに伊良湖の往復は大変。豊橋から伊良湖はけっこう距離がありますから。でも、伊良湖ってネームバリューは凄いですね、全国区です。よく勘違いされているのですが、渥美半島の太平洋岸は表浜で伊良湖(いらご)と言えば伊良湖岬なのです。40キロある道のりで恋路が浜に向かいます。果たしてココヤシはあるのか??伊良湖の面目は保たれるのか?!っといったところでしょうか。

Continue reading

漂着物学会伊良湖大会

fllow37.jpg
赤羽根文化会館にて「漂着物学会 伊良湖大会」が開催されました。今日は講演会が主体です。受け付けを過ぎると全国からビーチコーマーが集合!って感じでJEANの小島さんやビーチコーマーの重さんやら既に潮の香りが漂う人ばかり。講演も京都東山学園の生徒さんの漂着ライターの話から、和地の葉山さんの渥美の民俗学的な話しやら興味溢れる話しが続きました。

Continue reading

第8回漂着物学会 伊良湖大会

img001.jpg
第8回漂着物学会 伊良湖大会のお知らせ
いよいよ今週末ですが渥美半島にて「漂着物学会」が開催されます。かっこよく言うとビーチコーミング、渋く言うと海岸拾い物散策でしょうか。渚線を歩くと様々なものが流れ着いています。良く見ると「なんでこんなんがここに!」と言いたくなる物から「なんだあ!このゴミはあ」レベルまで様々。その物が辿った経緯や由来を推測しながら、黒潮の流れる遙かなる浜辺を想像するのも楽しいし、川上の街や村を想像するのも楽しいですよ。ぜひともご参加を!

漂着物学会 Japan Driftological Society

Continue reading

渥美半島は自然で元気! 伊良湖フォーラム08

irago3.jpg
19日は田原市福祉センター で午後1時から「渥美半島は自然で元気!伊良湖フォーラム08」です。表浜かた越戸大山と山塊、そして丘陵の照葉樹林。渥美半島は自然が一杯!元気な渥美半島のフォーラムです。ぜひ!お出かけ下さい。

日時:2008年10月19日(日)午後1時から受け付け
場所:田原市福祉センター 1階多目的室
 (田原市赤石2丁目2番地 電話:(0531)23-3811 ) 
  http://www.city.tahara.aichi.jp/facility/f009.html

Continue reading

今年もBLUEWALK

ob2.jpg
今年も表浜BLUEWALKが豊橋市の県境から伊良湖岬までの表浜海岸清掃縦断を開始しました。この夏期休暇の無法化しつつある浜辺を若者が海岸清掃しながら海岸線を進むのです。今日はお昼に励ましと「海岸の話し」でBLUEWALKのみなさんの所に。しかし、今期は酷暑!熱中症に気を付けなければ行けません。余り無理をしないでくださいね。この時期は厳しい暑さですが、海岸の実情を学ぶには絶好の機会ですね。

Continue reading

公開シンポジウム わが国の運河・都市型河川再生

日本沿岸域学会20周年記念全国大会(名古屋)公開シンポジウムが開催されます。
チラシは表浜ネットワーク事務所に置いてあります。


engangakkai.jpg

日時:平成20年7月19日(土)9:30~16:30
場所:名古屋港ポートビル4階 講堂
参加費:無料
申し込み先
FAX:03-5379-5924またはe-mail:info@jaczs(.comを追加してください。)に、
氏名(ふりがな)、所属、住所、電話番号、メールアドレス、会員区分を記入。

詳細は下記PDFを参照ください。
ファイルをダウンロード

重要:今日11日は津波避難訓練

tunami36.jpg
2008年7月11日は豊橋市小松原の海岸(王寿園前)にて津波避難訓練が実施されました。

日時:2008年7月11日(金)午前9:30〜
場所:豊橋市小松原地先海岸(特別養護ホーム王寿園前:表浜)

当日は会場には消防車両などや非難訓練の多数の動員が参加します。交通に於いても近くでのサーフィン等は注意ください。但し、訓練参加は自由です。

問い合わせ先:豊橋市消防本部防災対策課 電話0532-51-3127

Continue reading

公開シンポジウム:名古屋COP10に向けて ── 生物多様性を考える

来る2008年7月5日(土)、生物多様性JAPAN主催の公開シンポが開催されます。生物多様性フォーラムも共催します。

sign2.jpg

【主催者から】
地球は、生物が環境の一部を担っている、宇宙ではまだ他に例を見ない惑星です。人類の経済的繁栄も、生物によって支えられています。

近年、温暖化など気候変動に対する問題意識は、ずいぶん高まって来ましたが、それと同等に重要である生物多様性については、十分理解されているとは言えません。生物多様性の保全は、単にかわいい動物を残そうというような単純なことではありません。多様な生物の存在は、環境のバランスや、私たちの食の安定した供給にも大きく関わっています。(続く)

日時:2008年7月5日(土) 10:30~17:00
場所:名古屋都市センター 大研修室
   名古屋市中区金山町1-1-1 金山南ビル内

お申し込み:参加費無料(要お申し込み/定員200名)
名前、所属、メールアドレスや電話番号を明記し、E-mailまたはFAXで下記へ申し込み。
締め切り:7月4日(金)。
Eメール chipmunk@h5.dion.(ne.jpを追加して下さい)
FAX 075-551-3936 生物多様性JAPANまで。

主催:生物多様性JAPAN
共催:生物多様性第10回締約国会議誘致委員会・生物多様性フォーラム
後援:名古屋都市センター(予定)・ちば生物多様性県民会議
協力:日本経団連自然保護協議会・IUCN-J・(財)日本自然保護協会・WWFジャパン・自然史学会連合

チラシはこちら(pdf)

*このシンポジウムは平成20年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金と平成20年度公益信託日本経団連自然保護基金の助成を受け開催されます。

Continue reading

カウントダウン2010に参加しよう!

biod17.jpg
表浜ネットワークも参加している生物多様性フォーラム(JFB)メンバーとして、今日は名古屋は栄のオアシス21に出向き、生物多様性COP10キックオフとして「カウントダウン2010に参加しよう!」に向かいました。
ブースのお手伝いなど色々と忙しい1日。これで生物多様性の意味が少しでも理解が進み、浸透していくと良いですね。今日はJFBの事務局とIUCN-Jの道家氏、そして生物多様性事務局のセバスチャン氏との懇談も行われました。
生物多様性条約の2010年目標「2010年までに生物多様性損失速度の大幅な低減を達成する」を呼びかけるキャンペーン「カウントダウン2010」の事務局セバスチャン・ウィンクラー氏が生物多様性条約って何か、2010年目標の達成への取り組みを語ります。

Continue reading

今日は「2008表浜おいでん祭」

oidensai27.jpg
昨日の悪天候から今日は一変。快晴の空の下「2008表浜おいでん祭」を無事に開催。清々しい青空が拡がる素敵な表浜です。これもひとえに日頃の行いの良さでしょうか(笑
参加協力してくれたみなさま、伊古部町総代、網元、表浜スタッフ、桜丘高校生物部のみんな、技科大自然部のみなさん、そして会場に協力頂きました伊古部サーファーのみなさん。ありがとうございました。
おかげで子ども達の笑顔もたくさん集まりましたよ!!綺麗な表浜の砂浜とアカウミガメの魅力いっぱいのとても充実したイベントでした。

Continue reading

2008表浜おいでん祭

2008年表浜おいでん祭のお知らせ!

「24時間テレビ、愛は地球を救う」
地球環境保護支援・水辺清掃プロジェクト
〜遠州灘の砂浜とウミガメを救え!〜

日 程:2008年6月1日(日)予備日6月8日(日
※小雨決行・悪天候の場合はスケジュールを変更して翌週に実施致します。
時 間:午前7時30分(受付)
会 場:愛知県豊橋市伊古部町地先の海岸
定 員:150名(申し訳ありませんが既に定員となり、締め切りました)

主 催 : NPO法人表浜ネットワーク / 中京テレビ放送
協 力 : 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会 / 蒲郡市竹島水族館/伊古部町
後 援 : 愛知県 / 名古屋市 / 豊橋市 / 蒲郡市

Continue reading

表浜エクスカーション・シンポジウム

ex_reffs.jpg
---表浜エクスカーション・シンポジウムのお知らせ 4月26・27日------
    〜つながる海岸線〜

海岸線には、さまざまな「つながり」が存在します。山と海をつなぐ川は砂を運び、砂浜ではさまざまな植物が砂浜から砂丘そして丘陵と結び、そしてこの植物がつなぐ海岸に様々な動物が生息し、人々が暮らすまちは海岸線で結ばれています。また漁業は、歴史文化に於いても海と人の社会をつないで来ました。静岡県中田島から愛知県渥美半島を、海岸の専門家と議論をしながら検証し「海岸のつながり」を探る旅です。ハマダイコン、ハマヒルガオ、ハマエンドウの花が咲き乱れる、春の表浜を存分に体験 ! 是非ご参加ください。

日 程:2008年4月26日(土曜日)表浜エクスカーション / 翌27日(日曜日)表浜シンポジウム「つながる海岸線」
集 合JR豊橋駅東口(出発 7:30)/ JR浜松駅南口(出発 9:00) どちらかでバスに乗車出来ます。(ご希望をお知らせください)
定 員:45名 
人 数:エクスカーションのみは 25名 / エクスカーション・シンポジウム宿泊コースは 20名

----参加費-----
・26日のエクスカーションのみ:5,000円(内訳:バス代、昼食、資料、保険を含みます。)
・26/27日までの宿泊コースの場合:15,000円(内訳:バス代、26日の昼食、宿代/夕食朝食込み、27日の技科大までの送迎。27日昼食、保険、シンポジウム参加費、資料を含みます。)

ナビゲータ講師:清野 聡子 東京大学大学院 総合文化研究科広域システム科学科
ゲスト講師:宇多 高明 (財)土木研究センター・なぎさ総合研究室長
      松沢 慶将 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会主任研究員
      青木 伸一 国立大学法人 豊橋技術科学大学海岸工学研究室教授
      道家 哲平 日本自然保護協会/国際自然保護連合日本委員会

主催:NPO法人表浜ネットワーク
共催:豊橋技術科学大学連携融合事業「県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン」
後援:愛知県、国立大学法人豊橋技術科学大学、特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会、日本自然保護協会、サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン、RPN、生物多様性フォーラム
協力:豊橋技術科学大学 海岸工学研究室、遠州灘プロジェクト、渥美自然の会

申し込みはこちら

ネットで申し込みフォーム

表浜エクスカーションFAX申し込み用PDF・・・116KB
表浜エクスカーションリーフレットPDF・・・260KB
表浜シンポジウムリーフレットPDF・・・268KB

Continue reading

明日はエクスカーション

af5.jpg
明日は表浜エクスカーション「つながる海岸線」です。午後から怪しげな雲が拡がってきました。なんとか天気が回復してくれるのを期待したいのですが、どうでしょうか。テルテル坊主にお願いですね。

*******表浜エクスカーション「つながる海岸線」からお知らせ**************
参加者のみなさま、バスの乗車場所が決まっています。ご確認ください!
集 合JR豊橋駅東口(出発 7:30)/ JR浜松駅南口(出発 9:00) どちらかでバスに乗車出来ます。

Continue reading

第5回 砂浜再生プロジェクトのご案内

reef12s.jpg

砂浜再生プロジェクト 第5回「表浜をつくろう!」からお知らせです。
粗朶・堆砂垣を使った養浜活動
〜第5回 表浜をつくろう!〜
 私たちの手で行うウミガメのふる里づくり
今月は小島海岸で行います。春の表浜で楽しく養浜、里海・里浜づくり!
今期最後の堆砂垣作業となりましたが、楽しく浜づくりしましょう!
日程:2008年4月12日(SAT)
※天候が不順な場合日程を変更致します。
時間:午前9時頃〜午後2時30分位まで
場所:表浜海岸豊橋市小島町地先の海岸
参加:定員はありません。
リプトンGoRyoku試飲会を実施致します。
※ マイカップ持参ですよ〜!!
今回は浜鍋は行います!!(表浜ブイヤベース)

「2008,表浜をつくろう!4月12日」リーフレット PDF1.8MBhttp://www.omotehama.org/pdf/reef12.pdf
主催:NPO法人表浜ネットワーク
協力:豊橋市、(財)日本自然保護協会、株式会社デンソー豊橋、リプトンGoRyoku
参加ご希望の方は、事前にお申し込みをお願いします。
沢山のご参加をお待ちしておりますよ!!

Continue reading

Home > イベントのお知らせ

Links
SUPPORT
Search
Feeds

Page Top