Home > 海岸の取り組み > 【重要】AED救命講習

【重要】AED救命講習

lifesave13.jpg
今日は王寿園さんにてAED救命講習を受けました。これから春になり、水が温むと海辺にたくさんの利用者が訪れます。夏期には毎年、溺死となる水難事故や、自殺など数件は起きます。もし、この時にAEDがあれば助かったという命もあったかも知れません。これからは王寿園さんの協力でAEDを解放していただいたので王寿園、表浜ネットワーク、豊橋サーフィン協会、表浜ビーチスクールで協働で救命に取り組むことになりました。

****大切な家族や友だちのために********

まずは大切なのは心肺蘇生。早ければ早いほど助かります。

まずは意識を確認し、気道を確保し呼吸の確認。
息が無ければ、直ちに心肺蘇生。人工呼吸が困難だったら、心臓マッサージだけでも必ず続けよう!(約30回心臓マッサージして人工呼吸は2回)

*サーファーは必ず確認しておいてください!

AEDを用いた救命処置

王寿園さんと表浜ネットワーク、豊橋サーフィン協会、表浜ビーチスクールは緊急時はお互いに協力し合って、救助活動を行う協定を結んでいます。AEDは海岸にぜひとも欲しかったのですが、王寿園さんのはからいで、王寿園にあるAEDを協働で使用することが出来ました。
これは海岸で、もしもの災難があった場合、助からなかった命が助かる可能性が増えたということです。
lifesave01.jpg

lifesave02.jpg
豊橋市大清水の消防署から出向いていただきました。
lifesave04.jpg

*********心肺蘇生方法************
毎年、表浜では必ず遭遇します、水難事故。サーファーなら必ずマスターしておいてください。

1. まずは意識の確認。意識が無かったら、直ちに周りに助けを呼ぶ。
・119に連絡を周りの人に依頼。
・AEDが近くにありそうなら、わかる人に取りに行って貰う。(寺沢〜小島間は王寿園に)

2.気道の確保。息があるかないかを確認
・人工呼吸の準備。直接は避け、コンビニ袋を使うと良いかも。(感染を防ぐ)無い場合は人工呼吸は諦める。

3.心臓マッサージ(胸骨圧迫)
・約30回、胸を約5センチは沈むほど押す。軟骨は折れても構わない気持ちで。
・乳頭と乳頭の間ぐらいの位置です。(一度は試しましょう)
4.AEDが手には入ったら、早速電源を入れ、アナウンスの支持に従う。
パッドを貼る前に注意
・患者の体が濡れていないか。
・体毛が邪魔していないか。(邪魔している場合は予備のパッドで毛をむしる)
・邪魔な湿布等も剥がす。
AEDが解析し始めたら、患者から離れる。(救助者の心音で誤診するのを防ぐ)
ショックが必要とAEDが判断したら、患者から離れる。

5.ショックが完了したら、直ちに心臓マッサージを続ける。AEDは外さない。(2分後に自動的に再度、解析が始まります。)

以上を、救急車が来るまで必ず続けます。(心臓マッサージは数人で交代)

必ず、覚えておけば、誰かの命が救われます。

もっとも、大切な心臓マッサージ(胸骨圧迫)位置は乳頭と乳頭の間です。
lifesave08.jpg
腕を垂直に伸ばして、体重を掛けて胸を押します。5センチほど胸が沈むほど。かなり強く。
lifesave10.jpg
人工呼吸は直接行わない。このような道具もあります。無い場合は心臓マッサージだけでも良し。
lifesave12.jpg
AEDのパッドはこの位置に。濡れていないか、剥がれていないかチェック。必ず、濡れている場合はタオル等で患者の体を拭きましょう。
lifesave15.jpg
おう吐物た水を大量に飲んで喉が詰まっている場合はこのように横に寝かせてはき出させましょう。
lifesave18.jpg


夕方の海。まだまだ雨は続きますね。風ジャンクの腰波です。
lifesave19.jpg

lifesave20.jpg

lifesave21.jpg

lifesave22.jpg

Comments:2

うしおくん 2010-03-24 (水) 22:15

私も2年前に消防署に行ってAEDの講習会を受けました。
湖西市の消防署でも無料でAEDの講習会を行っています。
湖西市民以外でも浜松の方、豊橋の方でも自由に参加が出来ますが
講習会を受ける場合は事前に申し込みが必要です。
(講習会受講証カードを発行のため)
口から泡を出していたり人工呼吸に抵抗がある場合は
心臓マッサージだけでも構わないようです。
心臓マッサージ、人工呼吸を開始した時間も記録して
救急車(職員)に時間を伝言する。
患者が女性の場合は野次馬の男性の視線があるので
周りの方で人の壁、バスタオルで覆い壁を作るようにして下さい。
と講習会で消防職員が話していました。

Omotehama 2010-03-25 (木) 07:28

追加情報ありがとう!
そうですね、心臓マッサージ(胸骨圧迫)が大切だそうです。
あとは、できるだけ多くの人の助けをうまく利用することですね。バスタオルの有効活用も。

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 海岸の取り組み > 【重要】AED救命講習

Search
Feeds

Page Top