Home > イベントのお知らせ | 海岸の生物多様性 | 表浜シンポジウム > 海岸の生物多様性講演会のお知らせ

海岸の生物多様性講演会のお知らせ

mcdiv.jpg
〜県境を跨ぐエコ戦略〜
「海岸の生物多様性 沿岸の生態系サービスと砂浜」講演会

日時:2010年4月17日土曜日 午後1時30分〜4時00分
会場:豊橋技術科学大学 講義室A2-101
参加:無料
主催:豊橋技術科学大学・県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン研究会
   NPO法人 表浜ネットワーク
講師:須田 有輔 教授
   (独)水産大学校 生物生産学科 沿岸生態系保全研究室

意外と見過ごされがちな領域である砂浜海岸。果たしてそれほど評価に値しないのであろうか。過去の日本のタンパク源を、実はこの砂浜海岸という浅瀬域が支えてきたのです。さらに砂浜海岸は多様な生態を支えると共に循環機能や生態系サービスを育む連続性を保ってきたのです。

※暫定の段階でのお知らせです。予定は変更の可能性もあることを了承ください。

会場 技科大A講義棟1F


より大きな地図で 岸の生物多様性 沿岸の生態系サービスと砂浜講演会 を表示

講師:須田 有輔 教授
   (独)水産大学校 生物生産学科 沿岸生態系保全研究室

日本魚類学会
日本水産学会
米国魚類爬虫類学会
米国沿岸教育研究財団
土木学会

《略歴》

浜辺の町に生まれ育ったので,海と魚は子供の頃からの遊び相手.大学と修士課程では骨格形態に基づく原始的なスズキ亜目魚類の類縁関係,博士課程ではマアジの資源生物学を研究.その後2年間の就職浪人時代には,国立科学博物館の魚類部門で魚類標本管理のアルバイトを行ったり,水産庁調査船にアルバイト調査員として乗船し深海魚の調査に加わりました.その後5年間勤めた民間の建設会社では,旧運輸省と民間企業17社による港湾域の海域浄化プロジェクト(シーブルー・プロジェクト)や生物生産機能をもつ海浜造成の研究(水産工学研究所との共同研究)などに従事しました.民間企業在職中に,視察で訪れたアウターバンクス(米国ノースカロライナ州)の砂浜にすっかり魅せられ,それが砂浜研究を始めるきっかけとなりました.現在は開放的な砂浜の生態(とくに魚類)と保全を中心に,藻場や干潟の生態と保全,魚類の分類と形態などの教育・研究活動に取り組んでいます.

須田氏は、砂浜の生態を吹上浜をベースに研究を展開されています。

砂浜海岸の生態と保全

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > イベントのお知らせ | 海岸の生物多様性 | 表浜シンポジウム > 海岸の生物多様性講演会のお知らせ

Search
Feeds

Page Top