Home > 海岸の生物多様性 | 表浜のウミガメレポート > 第2回目の卵還元プロジェクト

第2回目の卵還元プロジェクト

egg22.jpg
今日は今期第2回目の卵還元プロジェクト。名港水族館さんの協力で地元、五並中学校で行いました。名港水族館には表浜生まれの19号(雌のアカウミガメ)が居ます。一昨年から、産卵した卵を表浜の砂浜に戻して孵化までの観察を五並中学校の生徒が行います。今日は生憎の空模様でしたが、何とか小降りの雨で実施出来ました。

English version

名港水族館、表浜ネットワーク、五並中学校の協働事業「卵還元プロジェクト」
egg01.jpg

egg02.jpg
小雨で本降りにならない内に、早速、産卵巣を掘り出します。
egg05.jpg

egg06.jpg

egg08.jpg
約50cmの深さで卵室を掘り出します。砂中の温度は低めで摂氏25.0度
egg10.jpg
名港水族館で産卵された卵を卵室に移します。
egg12.jpg

egg14.jpg
卵は約2週間ほど経過した安定期のもの。上下を確認し転卵に注意して卵室に移します。
egg15.jpg
作業を見守る先生と名港水族館のみなさん。
egg16.jpg

egg17.jpg
子ども達は驚くほど、慎重に作業を行います。
egg20.jpg

egg21.jpg
徐々に卵室に移される卵。
egg24.jpg

egg27.jpg
全て移植されました。
egg28.jpg
砂を戻していきます。
egg29.jpg

egg31.jpg
その後、五並中で飼育しているアカウミガメを見に行きました。
egg33.jpg
数日後にはヘッドスタート放流されます。その前に識別タグを装着。
egg35.jpg

egg38.jpg

egg40.jpg

egg41.jpg

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://www.omotehama.org/cgi-bin/mt3/mt-tb.cgi/2324
Listed below are links to weblogs that reference
第2回目の卵還元プロジェクト from Omotehama_Blog2010

Home > 海岸の生物多様性 | 表浜のウミガメレポート > 第2回目の卵還元プロジェクト

Search
Feeds

Page Top