Home > 砂浜再生プロジェクト

砂浜再生プロジェクト Archive

砂浜の礫化の改善に

moni03.jpg
16日に赤羽根漁港東堤に設置した堆砂垣。砂浜の礫化の改善対策として試みました。今年はなかなか春らしい陽気にならないのですが、季節外れの北西風で徐々に堆砂垣の周囲に砂が堆積し始めています。

引き続き節電しましょう。被災地を思いやり、私たちの生活を再度見直し、電力使用量を減らしましょう。燃料も被災地優先を目指しましょう。30%CutOff Campaign!!

被災者避難・支援プロジェクト 疎開プロジェクト!!も起ち上げました!中部圏での被災者支援に役立つ情報を集めています。ご協力、ぜひとも、よろしくお願いします。

東北地方太平洋沖地震義援金
foot_logo.jpg
一口2,000円の支援から。CANPAN(日本財団)支援金
logo.gif
日本赤十字社 義援金

Continue reading

遅い春に想う

fri27.jpg
未だ続く寒波。今朝も冷えて未だ冬の気温です。海はうねりも無く、渚線は穏やかです。明日も寒波が続くようで一体、春は何処に行ってしまったのでしょうか。被災地から届く状況はなかなか改善が進まないようで心配です。

引き続き節電しましょう。被災地を思いやり、私たちの生活を再度見直し、電力使用量を減らしましょう。燃料も被災地優先を目指しましょう。30%CutOff Campaign!!

被災者避難・支援プロジェクト 疎開プロジェクト!!も起ち上げました!中部圏での被災者支援に役立つ情報を集めています。ご協力、ぜひとも、よろしくお願いします。

東北地方太平洋沖地震義援金
foot_logo.jpg
一口2,000円の支援から。CANPAN(日本財団)義援金
logo.gif
日本赤十字社

Continue reading

引き続き余震の警戒

mon04.jpg
今朝は津波注意報も解除になりましたが、最大余震がここ数日は起きる可能性が高いです。さらに注意したいのが地震が活発に起きているので東海・東南海の地震も連鎖的に誘発することも否定出来ません。今朝の海は、ほぼフラットに近いし魚影も無いので命を賭けて海岸で釣りやサーフィンを行うまでもないでしょう。当分はリスクも慎重に考えて行動した方が良いかと思います。


今も余震が続いています。津波警報が出ていますので、注意下さい。レジャー等は控えた方が良いです。
引き続き節電しましょう。被災地を思いやり、私たちの生活を再度見直し、電力使用量を減らしましょう。

According to the supply and demand prediction of Tokyo Electric, electricity of up to 3,000,000kW seems to be short today between 18-19:00.Mainly on this time, let's reduce electricity consumption together.

東北地方太平洋沖地震義援金
CANPAN(日本財団)義援金
日本赤十字社

Continue reading

凪いだ海

fri05.jpg
今朝は海は湖のように凪いでいます。弱い北風で朝は空気がまだ冷たいですね。でも、やっとこれからは気温が少しは上がりそうです。週末は春らしくなりそうですね。

明日の養浜活動は中止します。(余震の恐れがあるため)

omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

ウグイスの鳴き声響く丘陵

thu42.jpg
今朝も冷えましたね。寒波が居座っているようです。さて、昨日は三陸沖地震には驚きましたが、今朝も揺れました。震源は海洋プレート境界なので、かなりストレスが蓄積されているようですね。津波震災のこともあり、今後も注意が必要です。今朝は海岸の丘陵からウグイスの鳴き声が聞こえてきました。しかし、まだ鳴き声は未熟でしたが。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

春に向かって

wed12.jpg
今朝も冷えました。海はうねりも消えて、ほぼフラット。渚線も落ち着いていて、浜崖など発生していません。砂丘を歩くと、まだまだ西風は冷たいですが、様々な新芽が砂表から覗いてきています。植物はまるで時計のようにしっかりと時を刻んでいるようですね。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

春を告げる魚

tue51.jpg
今朝は弱い西風が吹き抜ける浜辺。まだ肌寒さを感じます。海はうねりが肩程度残って、潮が多いのですが波は沖で割れています。渚線を進むと今朝はコウナゴとメバルが漂着していました。海は春の魚に変わって来ているようです。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

戻って来た寒い朝

thu39.jpg
今朝は寒が戻ってきて冷えました。浜辺は冷たい西風が吹き抜けて、とても寒いです。海はうねりは膝程度と小さくなってショアブレイクが割れているだけです。海は西から東に流れ、貝殻の欠片を打ち上げています。浜辺は飛砂で先週から残っていた足跡も消え、今日一日は西風が吹き続けるようですね。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

発芽始まる砂丘

wed11.jpg
今朝は久しぶりに晴れ渡りました。海は穏やかでうねりは腰程度残ってインサイド気味で波が多少割れています。昨日よりは気温が下がったとは言え、以前のような痺れるような寒さではありません。日が昇る位置もかなり陸側に寄ってきました。砂丘のコウボウムギなど海浜植物も発芽が始まっていますね。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

3月に入って

tue13.jpg
何ともう3月なんですね。今朝は雨は上がっていますが雲が広がっており、まだ雨滴が落ちてきそうな天候。これからは春らしい日が多くなるのでしょうが、今日は午後から雨なようで天候は良くないようです。まだ春雨という感じではないですね。今日の海は潮が高く、胸程度のサイズのうねりが届いて沖で波が割れていますね。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

流砂促進事業視察巡検

sakuma91.jpg
今日は天竜川漁協主催の天竜川流砂促進事業見学会に参加。早朝、天竜川漁協に集まって漁協長の案内で巡検はスタート。天竜川はこの遠州灘は表浜の砂浜を形成する砂の供給源です。その供給力が衰えてしまい、今は海岸は侵食問題を抱えています。その天竜川の砂を何とか流して促進させようと今は事業が実施されています。しかし、今度はその流砂を促すことで、川の水は汚濁し、水質悪化が恒常的となり、漁業に大きな影響を与えてしまいます。複雑で多面化した現在の河川の課題を、開発が戦後から始まった天竜川に注目し、流砂促進事業視察巡検に参加しました。色々と現地を見て、学ぶことで河川の複雑な状況に理解が深まります。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

薄曇りの朝

mon52.jpg
昨日から、気温が上がってきましたが、浜辺の朝は西風は冷たく、まだ寒いですね。陽差しが欲しいところです。海は穏やかで、多少のうねりが残っていますが、朝は潮位が高く、波もほとんどがショアブレイクになっています。春の気配が少しずつ感じ取られるようになってきました。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

荒れた浜辺

frid58.jpg
強い風に雨音と昨晩はかなり荒れました。今朝は雨も上がって西の空から晴れ間が拡がって来ました。海は荒れてクローズアウト。西の風も強くなって来ています。浜辺には久しぶりにアマモも漂着。海が東から西に流れていたのでしょう。今後は西の風で逆に沿岸流が流れ始めるでしょう。
夕方は強風に荒れる浜辺。海は波も風で煽られて消えつつあります。写真は渚を走り回るミユビシギ。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

冷たいうねり

thu51.jpg
今朝は雲が広がって、薄暗い浜辺。風は北東寄りで、海はうねりが残って、時折、セット波は胸程度で綺麗に割れています。但し、海水は冷たく感じるほどブルー。これから午後から夜に掛けて低気圧が接近して雨になります。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

冷たい朝

wed16.jpg
今朝も冷えました。弱いながらも北西風が吹き続ける浜辺。海は多少のうねりが残って、時折、腰程度のサイズの波が割れています。この寒い中、完全装備で海に入っていく人も。寒い朝は波を被ると気が遠くなるぐらい冷たいですよね。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

低気圧が太平洋岸を通過

mon55.jpg
今朝も穏やかな海。うねりが少し残っていて時折、波が岸際まで届いてきます。この波に数人のサーファーが海に入っていきましたが、波待ちが辛そうですね。今日も既に西風が吹き始めていますが、午後には東風に変わるのでしょうか。低気圧が太平洋岸を通過するようで天候も下り坂です。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

霞む陽

thu06.jpg
今朝は少し冷えました。風は弱いのですが冷たい西風。漂着物も無く、波打ち際はショアブレイクが割れているだけで、海は穏やかです。明日は天候は下り坂のようですね。久々のまとまった雨でしょうか。ひょっとして週末は雪になるのでしょうか。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

寒さが戻る

tue11.jpg
今朝の浜辺は冷たい北西風が吹き抜けています。また少し冷えてくるようですね、今晩は太平洋岸を低気圧が進むようです。海は相変わらず、穏やかでショアブレイクが岸辺で割れているだけです。日中は気温も上がらないようで、また冷えてくるようですね。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

薄曇りの浜辺

mond03.jpg
薄雲が広がって、北西風が冷たい朝でした。相変わらず穏やかな海では、ショアブレイクの割れる音だけが響いています。今日は漂着も、目新しいモノは流れ着いていませんでした。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

遠州灘巡回

shu74.jpg
今日は一昨日の強風に煽られて、記録がまったく駄目になってしまっていたので再度、遠州灘は御前崎から巡回。今日はまったく風が無い快晴で、前回とは天国と地獄ぐらいに違います。記録や計測も順調に進みました。前回は潮と砂まみれに悩まされ、さらに寒さが追い打ちと強風だけで、条件的には5倍は苦労しますね。今回はとても暖かくて、長袖のTシャツで十分でした。立春も明日でしたね。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

飛砂の堆積

wed62.jpg
今朝は雲が拡がって、いつもより暗い浜辺です。海は凪いで湖の様相。漂着はシラスウナギ(レプトセファルス)が数匹。サイズも約12cmほどで大きめです。後はヒラツメガニ、キンセンガニが数匹。しかし、昨日の強風で飛砂も激しく、砂も大きく動いたようです。堆砂垣にも順調に砂が堆積してきています。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

遠州灘巡回 東部(静岡県側)

tue005.jpg
今日は快晴ということもあり、遠州灘の東部海岸の視察に朝から出かけました。遠州灘は東の果て、御前崎から徐々に西に向かうことに。GPSでポイントしながら、レーザ距離計測を使って大凡の浜幅を測って撮影。しかし、今日は強風と言うより、爆風。もう、耳の穴にも砂が入り込むぐらいで全身砂まみれになってしまいました。カメラも砂塵と潮で、クリーナーで拭っても直ぐに駄目になってしまいます。御前崎から天竜川河口まで、一日掛けましたが、戻って確認すると映像は砂と潮まみれでした。今日一日が脱力です。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

痛いほど冷たい風

mon16.jpg
今朝も快晴。北西風が吹き付けてきますが、冷たい風は痛いほどで、渚線は砂地が凍てついています。手袋をしていても、指先から痛さが伝わってきます。睦月から如月に移りますが、今年の冬型は例年に増して、長く続きそうですね。
omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

鏡面のような海

weday31.jpg
今朝もまるで湖みたいに凪いでいます。海がこれほど凪いでいるのも珍しいですね。それほど今年の冬型気圧配置が続いている訳なんですが、空気も乾燥してきているようで、インフルエンザも流行してきているようですね。人混みは避けて、手洗いに努めて注意が必要。今日も太平洋岸は快晴です。
夕方はまた寒くなってきましたね。冷たい北西風と共に雪雲が流れてきます。寒いですね。
omotehamaをフォローしましょう
English version

Continue reading

遠州灘巡回 中央部(静岡県側)

sizuoka016.jpg
今日は資料づくりのこともあって、砂の流れの上流にあたる静岡県側の海岸を視察。近くでも意外とじっくりと海岸線は見たことが無かったのです。舞阪から今切口、新居から住吉、大倉戸、そして汐見坂と記録してきました。快晴で気持ちは良かったのですが、飛砂が凄くて、機材が砂まみれになってしまいました。冬は飛砂が活発で砂が良く動きますよね。全般的に夏よりもかなり、拡がっているようです。omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

拡がる汀段

mon37.jpg
今朝は周囲の空に薄雲が広がって、日の出が少し遅れています。海は凪いで、波もショアブレイクが僅かに割れているだけです。渚線は新たな汀段が拡がって足を踏み入れると沈み込みます。汀段が出来上がるのは潮位変動と風の影響が大きいですね。今朝も漂着は無かったです。実はいつも漂着を期待しながら浜を歩いているのですが・・・。omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

残月と日の出

fri33.jpg
西の丘陵の空には綺麗な残月。東はオレンジ色に染まった水平線。徐々にオレンジ色が揺らめきながら輝きを増して、赤い太陽が水平線から昇って来ます。表浜海岸では日の出も、今の時期は見応えがありますね。omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

身に凍みる西風

thu12.jpg
今日は大寒ということで、お決まりになっていますが寒い朝でした。西風は昨日より、凍みるような冷たさですね。海も大潮なのでほとんどがショアブレイクですが、少しうねりが入って来ているようです。波も汀段を越えて遡上してきているのでスウォッシュ・バーも消えかかっていますね。波打ち際を毎日見ていると、湿地としての砂浜が良く判ります。omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

冷たい西風が続く

wed19.jpg
なんだか複写したみたいな日が続いていますね。(笑
今朝も晴れ渡って冷たい西風。まったく波立っていない湖みたいな海です。渚線にあ釣り人の姿も消えて久しいですね。新たに最近は冷たい西風に凧揚げを楽しんでいるお爺さん。凧は気持ち良く空を昇っていきます。

English version

Continue reading

湾曲する汀線

tueday14.jpg
冬型になると強くなるのが空っ風と呼ばれる北西風。寒い日には一日中吹き込み続き、飛砂が起きて砂浜や砂丘も変化します。単純に見ると汀線変化は海が北西風と共に西から東へと皮のように流れ始め、汀線も変化し、さらに汀段が発達した所は海側に延びていきます。大きく蛇行した汀線はさらに湾曲に向かったりします。(メガカスプ化)冬の浜辺は様々な要因で常に変化していきますね。
日没時間はかなり遅れてきました。でも、冷たい北西風が吹き荒れる浜辺には誰もいません。とても寒いですね。

English version

Continue reading

うっすらと雪化粧の表浜

mon039.jpg
今朝は昨晩降った雪でうっすらと雪化粧。浜辺は一面真っ白で誰もいません。(当然ですね)
真っ白な浜辺に一歩踏みしめると1センチぐらいは積雪しているでしょうか。表浜に雪が積もることは年に一度あるか無いかで珍しいですね。今日は阪神大震災の日ですね。被災からもう16年。忘れないようにしないといけません。

English version

Continue reading

今日は砂浜再生プロジェクト

sat35.jpg
今にも空は雨が降り出しそうなグレー色。海は凪いで気温も低く肌寒いです。しかし、風も弱く、何とか午前中は雨の心配も無さそうです。今日は養浜活動。参加者のみなさんも50名ほど。寒い中、みなさん、堆砂垣づくりに頑張って頂きました。お陰様で、海岸に堆砂垣もしっかりと造り上げることが出来ました。その後の海岸清掃までお付き合い頂きまして、お疲れ様でした。

English version

Continue reading

2011年度 第2回 すなはま再生プロジェクト

sf0115.jpg
2011年度、第2回目のすなはま再生プロジェクト。堆砂垣を使った養浜活動のお知らせです。今回は王寿園さんと共催で、場所は表浜は小松原(王寿園前)にて実施致します。

〜砂浜づくりとビーチクリーン2011〜

日程:2011年1月15日(土曜日)
時間:午前9時30分から正午くらいまで
集合場所:表浜 小松原海岸(王寿園前)
作業場所:表浜 小松原海岸(王寿園前)
定員:30名程度

堆砂垣を使った養浜活動と海岸清掃です。堆砂垣を設置して砂丘の保全・拡張を行います。設置後にコウボウムギなど海浜食物の播種、海岸清掃を行います。

Continue reading

拡がる汀段

wed18.jpg
今朝も海は穏やかで、弱くなりましたが冷たい西風が身に凍みます。同じように見える浜辺ですが、潮位や波の向きでかなり変わって来ます。昨日から、汀段が出来はじめて徐々に拡がってきています。冬場は砂浜は飛砂の動きなどの影響もあり、拡がる傾向ですね。今日は目新しい漂着も無く、寂しい朝でした。

English version

Continue reading

凍てつく渚線

mon17.jpg
今朝も冷えました。いつものように渚線に出ると今朝は砂浜の感触が違います。砂地が固く凍てついているようです。足を踏み出すと、固い砂地が割れたように沈み込みます。海はフラットでサーファーも釣り人の姿は無く静かな浜辺。まだまだ冬型が続くようですね。

English version

Continue reading

冷たい空気に包まれる

fri20.jpg
今朝は風は弱いのですが冷えました。冷たい空気に包まれた浜辺は芯から冷えます。海はほぼフラットで水平線の周りに多少の雲。やっとオレンジ色に輝き始めたのですが、なかなか陽は昇って来ません。冷たい空気に昇るのを嫌がっているみたいに焦らされました。今日はさすがにこの寒さの中、釣り人の姿も無いですね。

English version

Continue reading

寒気の南下

thuday12.jpg
今朝は雲が拡がって、薄暗い浜辺。渚線には釣り人も一人見えるだけで、静かな浜辺です。海は多少、風で海面がざわついている程度です。日が昇らないとなかなか気温は上がりません。午後から晴れましたが強い北西風。夕方も冷たい北西風が吹き続けています。今晩から寒波が南下してくるようですね。

English version

Continue reading

渚線とミユビシギ

wed17.jpg
今朝は冷えて、浜辺には霜が降りて白くなっていました。しかし、体感温度は風が弱いのでそれほどで寒くはないのです。この寒さの中、渚線には数人の釣り人が並んでいます。その足元を縫うように、小さなミユビシギが走り回っています。なかなかすばしっこい動きに見ていて飽きません。これも冬の景観の一つですね。

English version

Continue reading

今朝の渚線

tue13.jpg
今朝は冷たい西風が吹き込み、海は波も膝ぐらいに小さくなってほとんどがショアブレイク。渚線の釣り人も減って数人が渚線に並んでいるだけです。渚線を進むとアミとカワウの落鳥。シラスウナギが2匹が今日の漂着でした。

English version

Continue reading

セグロカモメとウミネコ

wed10.jpg
昨日の雷鳴と雹まじりの突風は凄かったですね。今朝は雨は上がっているのですが、雲が西から流れ込んでいます。気温はそれほど低くはないのですが、北西風は冷たく吹き込んでいます。海は頭程度のサイズの波が割れていますが、北西風に気持ちが折れますね。進む渚線にはセグロカモメとウミネコが羽を休めています。近づくと一斉に冬の海上の空に飛び立ちました。

English version

Continue reading

冬型続く

mon09.jpg
今朝は冷たい北西風は少し弱まりましたが、気温は低く、水溜まりに薄氷が張っていました。海は多少の風で波が立っていますが穏やかです。渚線の釣り人もかなり減ってきました。今年も残すところ五日となってしまいましたね。

English version

Continue reading

2011年度 すなはま再生プロジェクト

sun32.jpg
今日は北西風が厳しいかと思いましたが、曇り空に北西風もそれほど強くありません。しかし、空気が冷たいので、体感温度は低いです。まあ、作業には風が強いよりは助かります。何とかメンテナンスの堆砂垣を4基追加。少し前進を試み、海側に寄せて設置しました。その後は海岸清掃ですが、やはり冬の浜辺はほとんどが風に飛ばされたり、砂に埋もれてしまったりで少なかったです。その後は田原のハーモニー食堂さんの温かい野菜汁と五穀米おにぎりを頂き、今年の最後の活動を締めました。参加者の皆様、お疲れ様でした。

English version

Continue reading

堆砂垣づくりとビーチクリーン

sandcleans.jpg

砂浜再生プロジェクト
〜砂浜づくりとビーチクリーン2010〜

日程:2010年12月26日(日曜日)
時間:午前9時30分から午後2時くらい
(簡単な昼食を用意します。野菜を使った味噌汁と玄米おにぎり。要カンパ300円)
集合場所:小島エコ・コースト事業地
作業場所:小島エコ・コースト事業地
定員:30名程度(要申し込み)

堆砂垣を使った養浜活動と海岸清掃です。堆砂垣を設置して砂丘の保全・拡張を行います。数カ所の設置とメンテナンス作業。設置後に海岸清掃を行います。

Continue reading

冷たい北西風吹き荒れる

sat26.jpg
昨晩から風切り音が鳴り止みません。今朝も強い北西風が吹き荒れ、浜辺は飛砂が川のように流れていきます。海は膝程度のサイズで風波が立っていますが、海も川のように流れ、さらに冷たい北西風が厳しいですね。遠くから来たサーファーが数人入っているだけですが凍えそうです。今日一日は荒れますね。

English version

Continue reading

大潮と浜崖

frid07.jpg
昨日までの音を立てる強烈な北西風は弱まり、今朝は弱い西風。体感温度はそれほど寒いとは感じません。砂浜に出ると渚線には釣り人の頭しか見えません。ここ数日の大潮で浜崖が深くなって来たのですね。浜崖は1.5メートルぐらい落差があります。うっかりすると転げ落ちるほど。波打ち際には昨日までの風で膝程度の波が岸際で割れています。しかし、波乗りには無理かな。今晩からはさらに冷えるようですね。夕方は冬型が強くなり、冷たい北西風が強くなってきました。今晩は雪もちらつきそうです。明日はかなり冷えますね。

English version

Continue reading

皆既月食

tue08.jpg
今朝は快晴で海も引き続き凪いでいます。今日は皆既月食なのですが、どうも夕方は残念ながら天気は曇りか雨。皆既月食の観察は無理みたいですね。さて、今日も渚線を進むと直ぐに透明系のシラスウナギ(レプトセファルス)が見つかりました。9匹今朝は打ち上がっていました。やはり、満月を切っ掛けになったのでしょうか。
午後はやっぱり雨ですね。皆既月食は観察できませんでした。今日は昭和21年に起きた昭和南海地震の日です。

English version

Continue reading

凪の海

mond5.jpg
今朝は水平線に雲が残って薄暗い浜辺。海は凪いで昇ってくる陽差しが反射しています。あまり寒さは感じませんが暗い浜辺は冷たく感じます。釣り人は渚線に並んでいますが、今日も釣果は無さそうです。しかし、今年も残すところ11日となってしまいましたね。月日が経つのが加速度的に早くなってきている感じがしますね。

English version

Continue reading

寒さに包まれる浜辺

thu07.jpg
今朝は雲が拡がり、寒い朝。寒気からの冷たい北西風、渚線には釣り人の姿も少なく、静かな浜辺になってきました。海は穏やかですが、浜辺は様相が変わってきています。浜崖が拡がり、段差が大きくなってきました。気候の変わり目は海岸も大きく変化します。

English version

Continue reading

厚い雲拡がる

mon04.jpg
今朝は寒さはあまり感じませんが暗いです。いつもなら陽差しが昇って明るい時間ですが、厚い雲が拡がっているためですね。海は膝程度の風波が立っている程度でサーファーも数人。午後からは雨が本降りになるようですね。明日からは冬型になり、また寒さが厳しくなるようです。

English version

Continue reading

魚影も無く

thu19.jpg
最近はあまり魚影も無く、釣果は良くないようで渚線に並ぶ釣り人も減ってきたようです。今日も海面は多少ざわついていますが、穏やかな海に変わり在りません。日の出時間も遅くなり、水平線に残る雲から陽差しが昇ると、辺りがオレンジ色に染まり、暖かくなって来ます。但し、今日はあまり気温が上がらないようです。特に今晩は冷えるとか。体調管理に気を付けないといけませんね。

English version

Continue reading

越冬の可能性

wed06.jpg
昨晩の雨も上がって快晴の朝を迎えました。海は変わらずうねりも小さく穏やかな海面を保っています。寒さは風も弱く、天気予報が伝えるほどではないですね。陽差しが高くなると徐々に暖かくなってきました。釣り人は多少減りましたが、今日も渚線で頑張っています。でも釣果は良くないですね。

English version

Continue reading

午後は冬型に

tue12.jpg
今朝は雲が拡がって、風も弱く昨日より暖かい朝。渚線に並ぶ釣り人の数も減ってきました。海は穏やかに凪いでいますが、多少のうねりが思い出したかのように入って来ています。このうねりはサイズは腰程度で小さいのですが、日本を離れつつある北の低気圧から届いているのでしょうか。今日は午後から冬型、寒さが厳しくなるそうです。

English version

Continue reading

今日も小春日和

monday14.jpg
今朝は空気が冷たく感じます。釣り人も冷たい風に辛そうです。海は今日も穏やかで波はほとんどがショアブレイク。先週と変わって浜崖が幅広く発生してきています。沖の砂州に砂が移動しているのでしょうか。オレンジ色の陽が昇ってくると辺りが一気に暖かく感じてきます。日中は小春日和になるそうですね。しかし、明日は一変、通常の寒い冬に戻るのだそうです。

English version

Continue reading

凪の海

weday23.jpg
今朝の海はまるで湖のように凪いでいます。早朝は雲が拡がって、海が鏡面のように反射しています。風も弱く、僅かに西風を感じるほど。風も弱いと波打ち際にも漂着する魚も少ないようです。渚線のハマチドリが数少ない、浜辺に打ち上がった小魚を捕らえていました。
日中は風も弱く、暖かい1日でしたね。日没も凪いだ海に夕日が反射していました。もう、師走の1日が終わってしまいますね。

English version

Continue reading

シラスウナギ初漂着

tue16.jpg
渚線の漂着はカタクチイワシやサッパなど魚の漂着も多々。特にこの時期には透明系の生物が漂着し始めます。何かと言えばシラスウナギ(レプトセファルス)ウナギやアナゴの仔魚です。今朝、やっと確認出来ました。海はほとんど波も無く穏やか。押し寄せるさざ波に注意しながら波打ち際の砂地に、微かに白く見えるレプトセファルスを見つけたときはちょっと嬉しいですね。11月もいよいよ最後。明日からは師走ですね。

English version

Continue reading

波打ち際には

mon50.jpg
日本ウミガメ会議田原会議は無事に終了致しました。参加者の皆様、お疲れ様でした。年々、なかなか判らなかったウミガメの生態が地道な研究と調査で、少しずつですが徐々に解明されつつあり、今回も色々と学ぶことが多かったかと思います。さて、もう11月は残り僅か、年末が近いですね。今朝の浜辺は冷えて、釣り人も少し減ってきました。海はほとんどフラットで冬の海ですね。波打ち際にはカタクチイワシ、サッパなどが漂着していますね。

English version

Continue reading

2010年度のデータロガー回収

thu011.jpg
今日は2010年度の砂中温度の測定を行っていたデータロガーを回収です。赤羽根漁港東堤の砂浜に設置した「環境省モニタリング1000」の調査データロガーです。赤羽根漁港東堤の砂浜は拡張方向の砂浜です。砂中に埋めたデータロガーも、さらに埋もれていたりで探し出すのが大変です。位置情報とマーカー探索、そして穴掘りで探すにもかなり埋もれて、掘り出すのに汗が出てきます。海は時折、肩程度のサイズのセット波が割れていて、思わず、海に入りたくなってきますね。何とか赤羽根漁港とエコ・コースト事業地に設置したデータロガーを全て探し出し、回収は完了しました。しかし、穴掘りは疲れますね。

English version

Continue reading

寒い朝

wed25.jpg
今朝は雲が拡がり薄暗い浜辺。冷たい北西の風が吹き抜けて海岸は寒いです。それでも釣り人は渚線に並んでいます。やはり、釣果はあまり無いようです。沖には集魚灯が点いた漁船が数隻。海は多少うねりが残っていますが、潮位が高くほとんどがショアブレイクで穏やかです。今日は午前中には晴れ間が拡がるようですね。

English version

Continue reading

前線通過

mon01.jpg
今朝は東風が吹き、どんよりとした雲が拡がって今にも雨粒が落ちてきそうです。この天候にも関わらず、釣り人は渚線に並び、過熱しています。でも、マダカが多少釣れているようですが、あまり釣れていないようです。海は大潮で満潮で波はほとんど割れていません。潮が高く浜崖も発生していますね。

English version

Continue reading

スナガニとミユビシギ

wed11.jpg
今朝は雲が拡がっています。雨は少しだけ降ったようですが今は雨は止んでいます。いつものように釣り人は多いのですが、今日はなぜだかサーファーも多く、海岸道路を往来しています。海は穏やかで、膝から腰ぐらいの波が多少割れています。渚線を進むとスナガニを見つけました。しかし、夏のように活発に動くことはありません。変わって活発なのはミユビシギ。波打ち際を波に合わせて走り回っています。

English version

Continue reading

弱い西風

mon04.jpg
少し、暖かい日が続いていますね。今朝は弱い西風、海は腰から膝程度の波が沖で割れています。渚線には釣り人がズラリと並んでいます。今朝はマダカが少し掛かっているようですが、狙いのワラサは掛かっていないようです。もう、11月も中盤を迎えました。年末の声も聞こえ始めていますが、最近まで暑かった記憶が抜けなくて、どうも、体が来る冬に馴染まないようです。

English version

Continue reading

湖面のような

frid21.jpg
今日も海は凪いで波はほとんど割れていません。まるで湖面のような海です。空は雲が拡がり、グレー色。時折、吹き込む西風は冷たいですね。今朝も釣り人は渚線に並んでいますが、釣果は一人、ヒラメを釣り上げているだけで、ほとんど無いようです。今日は何と黄砂が酷かったです。日没も黄砂で霞んでいました。

English version

Continue reading

冷たい西風から小春日和に

thu46.jpg
今朝は西風が冷たいですね。そろそろ剥き出しの手が冷たく感じてきました。晴天で海は波もほとんど消えて冬の浜辺の様相。しかし、今日の予報では日中は小春日和になるとか。そろそろ山々も紅葉が始まって綺麗でしょうね。

English version

Continue reading

渚線を走り回るミユビシギ

weday03.jpg
今日は気温は下がりましたが、西風は弱まって体感的にはそれほど寒くありません。海は凪いで膝程度のショアブレイク。渚線には釣り人が並んでいますが、どうも今日も釣果は良くないようです。誰にも掛かっていないですね。その足下をミユビシギが忙しそうに走り回っています。

English version

Continue reading

今朝も穏やかな海

mon28.jpg
昨日は湘南は茅ヶ崎で開催された「茅ヶ崎なぎさシンポジウム」に参加して最終で帰ってきました。今朝も雲が多少拡がっていますが、変わらずの凪いだ海。釣り人が渚線にズラリと並んでいます。この時期、砂浜を裸足で歩いていると、釣りの仕掛けが捨てられているときがあります。もちろん、足にも刺さったことがありますし、波打ち際を走り回るシギも仕掛けの釣り針に掛かっていたこともありました。思わぬ事故が起きますから、仕掛けは必ず回収してくださいね。(捨てる人は特定みたいですね)

English version

Continue reading

茅ヶ崎なぎさシンポジウム

sun077.jpg
今日は茅ヶ崎にて第9回 茅ヶ崎なぎさシンポジウム ~茅ヶ崎海岸の砂浜と環境~に参加してきました。主催は「ほのぼのビーチ茅ヶ崎」です。湘南は茅ヶ崎の浜辺を愛してやまない、茅ヶ崎市民の主催です。場所は茅ヶ崎市は柳島記念館。午前中に茅ヶ崎の浜辺をSFJの川島さんに案内して頂き、視察。海岸保全の取り組みと西湘海岸の現状をしっかりと見ることが出来ました。午後からはシンポジウム。ほのぼのビーチ茅ヶ崎のみなさんの協力でとても楽しいシンポジウムとなりました。

Continue reading

浜崖の季節

thud21.jpg
夕方の浜辺はもう、すっかり秋。日没の位置もいつのまにか、越戸大山を越えて伊勢に沈みます。暗くなるのも早くなってきましたね。浜辺は西風で飛砂が起きて、かなり変化してきました。秋は沿岸流が変化を起こすのか、風の変化か潮位変動か要因が断定できいませんが、浜崖が必ず起きています。ここ数年は砂の堆積傾向が続いているからでしょうか。

English version

Continue reading

五並中学校文化祭表浜プロジェクト報告

sun46.jpg
今日は地元、五並中学校の文化祭。五並中学校全校で取り組んでいる「表浜プロジェクト」の発表会です。ゲスト講演は海ゴミプロジェクトで有名なJEANの小島あずささんです。五並中学校は海浜環境の指標として名古屋港水族館の協力・指導のもと、実施しています。五並中学校の子ども達はとても素晴らしい報告をしてくれました。とても子どもの報告とは思えない驚きです。

English version

Continue reading

穏やかな海

thu08.jpg
今朝は風も弱く、海は凪いでいます。波は湖のようにまったくありません。今日は渚線には釣り人がズラリと並んでいます。

English version

Continue reading

前線の通過

mon31.jpg
昨日は晴天にて養浜活動が出来ましたが、今日は雨模様の空。日本海側で低気圧が発達し、前線も通過中のようでまだ、西からは黒い雨雲が流れ込んできます。今日は雷雨の心配もありますね。

English version

Continue reading

デンソーDECOウォーク表浜

deco062.jpg
今日はデンソーDECOウォーク表浜です。2日前は雨の予報で、どうなることかと心配しましたが、前線が北上して、雨雲も四国から日本海側に流れ込んで渥美半島には届かないようです。朝は晴天で開催することが出来ました。みなさん、手慣れた作業で10基の堆砂垣と修復を4基設置することが出来ました。今日は一日、浜辺で子ども達も含めて作業を満喫。でも吹き続ける東風で、結構疲れましたね。参加されたみなさま、ご苦労様でした。

English version

Continue reading

DECOウォーク表浜 リーダー会議

deco068.jpg
今日はデンソーDECOウォークのリーダーの打ち合わせです。これから冬期に向かって飛砂を利用した養浜活動を堆砂垣で行います。堆砂垣の設置方法や、進行なのを打ち合わせました。まだ、日中は陽差しも暑く、作業も大変でしたが、事前の打ち合わせを行いました。

English version

Continue reading

Ocean day at NAGOYA連絡会

oceand3.jpg
来月開催される「生物多様性締約国会議COP10」(CBD/COP10)に於いては沿岸・海洋は重要な課題。そこでCBDでは10月23日を"Ocean day at NAGOYA"としています。そこで日本側としては海洋政策研究財団(OPRF)が主導することになりました。今日はその"Ocean day at NAGOYA"の連絡打合会に参加。如何に"NAGOYA MANDATE"まで導くのか、意見交換を実施しました。

English version

Continue reading

海ゴミプロジェクト視察二日目

umigom23.jpg
東シナ海の海ゴミ・プロジェクト視察の2日目です。今日は場所が変わって海の中道。ここは国営の海浜公園だそうで、驚いたことに入り浜が制限されているのだそうです。不思議なビーチですが、モニタリングも申請が必要だそうです。そこで海岸清掃のイベントが開催される今日、モニタリングも行うことに。但し、海岸清掃の場所が調査域から外れていたようで、サンプル扱いだそうです。

English version

Continue reading

海ゴミプロジェクト視察一日目

umig02.jpg
今日は東シナ海の海ゴミプロジェクト視察に博多まで出向きました。海岸の漂着物は、高度成長時代から益々、多様な種類、量と増加し続け、今や海岸を形成する新たなる素材?とまでになってしまったかのようです。太平洋岸の表浜でさえ、酷い状況ですが、対馬海流が流れる東シナ海はさらに海からの漂着は凄い量。今まで砂や砂利を踏みしめていた音が、キュキュというプラスチックが擦れる音に変わってしまいました。

English version

Continue reading

SFJとの研修

sat12.jpg
今日はサーフライダー・ファウンデーションのメンバーと共に、サーフポイントカルテの研修を表浜で実施。砂浜と沿岸砂州があってこそ、様々な海浜の生命が育まれます。しかもサーフィンに於いても重要な環境です。その砂浜を評価し、経年的に記録していこうとした取り組みです。

English version

Continue reading

エコ・コースト事業地の植生

plants30.jpg
まだ涼しく乾燥した空気ですが、陽差しは暑く初夏のような日中。エコ・コースト事業地の植生も徐々にですが復帰し始めています。ただ、投入された土砂によって陸生の雑草もかなり砂丘に入り込んでいます。

English version

Continue reading

東風による堆砂

plant19.jpg
今回の低気圧はかなり荒れました。東風によって活発に飛砂が起きて堆砂垣にもかなり砂が堆積しました。やっと芽を出し始めた植物も砂に埋もれてしまいました。この時期は東風でかなり砂が動きます。

English version

Continue reading

養浜に於ける植生評価

plant35.jpg
砂浜再生プロジェクトの堆砂垣は砂丘も安定してきたようです。植生も堆砂垣の周囲は成長も良く、冬に播いた種子(コウボウムギ、ハマボウフウ等)がしっかりと発芽し、順調に育っています。

English version

Continue reading

砂中温度の計測2010

data01.jpg
昨年に続き、今日から砂中温度を計測します。今回も深さを砂表から20センチ、40センチ、60センチで海浜植生のある場所と砂地に分けて設置します。

English version

Continue reading

砂丘帯の植生

eco11.jpg
天候が不調で低温が続いていましたが、やっと雨が上がった後は暖かくなってきました。しかし、極端ですね、体調も変になりそうです。午後は海はまだ荒れていますが、砂丘帯の植生を確認に向かいました。強烈な雨に叩かれたコウボウムギは砂まみれですね。前進していた植生は波の遡上で被波しています。

English version

Continue reading

低気圧通過後は大荒れ

wed34.jpg
昨晩は大荒れでした。今朝は雨は小康状態になりましたが、まだまだ西の空には黒い雲が拡がっています。しかし、よくもここまで雨が降りますね。雨、雨、雨です。今朝の浜辺は東風がまだ残っていて海は大荒れです。浜辺は汀段が消えて浜の奥に砂が押し上げられています。天気は午後には回復するようですがね。

English version

Continue reading

晴天に弾ける子どもの笑顔

deco59.jpg
今日は快晴!波も無いし、風も弱くて、しかも寒くもなく、暑くもなくで海岸で活動するには最適な一日となりました。蒼い空と海に子ども達の笑顔も弾けて、楽しい一日となりました。やっぱり良いですよね。こんな天気での浜辺の活動は。子ども達もみんな楽しんでくれたようです。リーダー・サブリーダーのみなさま、お疲れ様でした!無事に良い活動ができましたね!

English version

Continue reading

天候不順続く

tue06.jpg
今朝も雨が降りそうな天候です。東風が多少吹いていて海はまったく波もない状態。遠くから車で来たサーファーは呆然と海を見つめていました。しかし、まったく春を感じない春ですね。ひょっとしてこのまま梅雨になんてことになったら大変ですね。

English version

Continue reading

海岸の生物多様性講演会のお知らせ

mcdiv.jpg
〜県境を跨ぐエコ戦略〜
「海岸の生物多様性 沿岸の生態系サービスと砂浜」講演会

日時:2010年4月17日土曜日 午後1時30分〜4時00分
会場:豊橋技術科学大学 講義室A2-101
参加:無料
主催:豊橋技術科学大学・県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン研究会
   NPO法人 表浜ネットワーク
講師:須田 有輔 教授
   (独)水産大学校 生物生産学科 沿岸生態系保全研究室

意外と見過ごされがちな領域である砂浜海岸。果たしてそれほど評価に値しないのであろうか。過去の日本のタンパク源を、実はこの砂浜海岸という浅瀬域が支えてきたのです。さらに砂浜海岸は多様な生態を支えると共に循環機能や生態系サービスを育む連続性を保ってきたのです。

※暫定の段階でのお知らせです。予定は変更の可能性もあることを了承ください。

Continue reading

空と海の融合

ecocoast29.jpg
今朝も寒いです。まるで冬。今朝の海は穏やかで空の雲と同じ色。よく晴れた時、空と海が同質の蒼に染まって一緒になってしまったかのような錯覚によく陥りますよね。この同じ感覚が雲が拡がった時も感じます。今日も空と海が無彩色で一つになっていました。こんなところが海岸が好きな理由ですね。写真は午後。今日は肌寒いですね。エコ・コースト事業地の植生チェックです。

Continue reading

冬に逆戻り?

weds4.jpg
強烈な西風が浜辺は吹き荒れています。飛砂も飛んで、まるで冬に戻ってしまったみたいです。うねりも消えて、濁りもあり、寒そうな海。例年ですと葉桜の季節は汗ばむような夏を思わせる日が多いはずなんですが・・・・。今年の春は本当に低温で寒いですね。

Continue reading

東風が吹きつける

fri06.jpg
今朝は薄雲が拡がって東風が吹き付けています。海は既に風で荒れています。渚線を進むとここ2〜3日で砂が浜側に打ち寄せて汀段になりつつあります。新たな汀段に足を踏み入れると思わず足が沈み込み驚くほどです。春は風向きと共に海流の向きも変わりやすい時期です。

Continue reading

午後は春の陽気に

thuday17.jpg
また冷えましたね。以前のように凍てつくほどでは無いのが救い。陽差しが出れば暖かくなりそうです。海は肩ぐらいのうねりが出ていますが風の影響が出始めています。今朝は冷えたからか、人影も少なく静かな浜辺です。午後は雲が去って陽差しが徐々に暖かさを増してきました。

Continue reading

またもや降り坂

mon38.jpg
晴れ間も2日と保たないですね。今朝は雨はまだ降っていないのですが、空には重たい雲が拡がっています。浜辺は東風が吹き抜けて海も風波です。桜は咲けど、春本番とまでは行かないですね。

Continue reading

霧雨の朝

thu28.jpg
四月に入って今朝は霧雨。西の空は雨雲が拡がっています。またもや雨ですねぇ。今回は南風を吹き込んでくれそうなので少しでも海水温が上がってくれると助かりますが・・・・。海は潮が多くて波打ち際で腰程度の波が割れているだけです。

Continue reading

Home > 砂浜再生プロジェクト

Links
SUPPORT
Search
Feeds

Page Top