Home > 海の味わい

海の味わい Archive

第5回親子で味わって知る表浜 参加者募集!

ajishiru5_leaf.png

食のローカリゼーションイベント!!魚の骨教室と魚の捌き方を同時進行!講師は、ためしてガッテンでも、魚の捌き方をお話頂いた水産大学の須田さん(教授)です。魚の捌き方教室では田原市の史(フミ)くんです。(見事な捌き術を得たサーファーなんです)
親子での参加をお待ちしておりますよ〜。ぜひとも!!

日時:2011年6月4日(土)10:00~13:00
場所:JA愛知みなみ赤羽根支店裏 生活会館
内容:子どもは魚の骨教室
   鯛のアラ煮を食べながら魚の骨を分解し学ぶ
   大人は魚捌きや地元野菜を使った料理を学ぶ
講師:(独)水産大学校 須田有輔教授
   魚の捌き指導 小川 史氏
定員:30人(子ども)
   30人(大人)
スケジュール:
   10:00~12:00:魚の骨教室と料理教室同時進行
   12:00~13:00:食事とお話
参加費:親子(大人1人+子ども1人)で1,500円
    子どものみの参加は500円 / 大人のみの参加は1,000円

リーフレットはこちら

お申し込みは下記まで。
TEL:0532-21-1192
mail:office#omotehama.org(#を@に変えて)

Continue reading

渥美たくあん販売終了

eeezon06.jpg
今朝も田原市は谷ノ口えぇZoneマーケットにて”渥美たくあん”の販売でした。先週のような雪が降り出す天気では無かったので客足も良く、お客さんにも好評で販売致しました。しっかりと渥美半島の冷たい風で干し上がったダイコン。先週より味がしっかして美味しく漬けあがっています。海は相変わらず、冬型で波も無い静かな浜辺。でも陽差しはポカポカと暖かく、春が待ち遠しいですね。omotehamaをフォローしましょう

English version

Continue reading

渥美たくあんの販売

sunday23.jpg
今日は谷ノ口の「えぇZoneマーケット」にて手間暇掛けて作った渥美たくあんを販売。先月、渥美半島では今や目にする事の無くなったダイコンを稲架掛けを行い、たくあん漬けを大草のたくあん漬けのおばあちゃん、寺田さんの指導を受けて漬け込みました。味も懐かしい甘みのあるたくあんに出来上がりました。販売も好評で、色んなお客さんが味見して買って頂きました。来週も販売しますので、もし宜しかったら是非とも、お買い求め頂ければと思います!

English version

Continue reading

表浜のインターンシップ事業

渥美半島の地産地消を体験!渥美の食文化を通した人材の育成

「田原市谷ノ口えぇZONE農園」と「そらの自然栽培」さんにご協力頂き、農業体験と「味わって知る表浜」事業を10月から12月まで行いました。
研修生は3名、農業に興味のあるIターン者で、東京、埼玉、名古屋から渥美にに移り住んでいます。渥美には、サーフィンを目的とする移住者が多いのですが、意外にも農業に興味を持った人も多く食へのこだわりもあるので、今回のインターンシップ事業は大変面白い事業になりました。
2011年は4月から再開しますので、ブログでもご案内します。興味のある方は是非ご連絡を下さい。

写真はえぇZONE農園で、白菜、大根の種を蒔いています。

agri1.jpg

Continue reading

干しダイコン漬け

daikon06.jpg
渥美たくあんプロジェクトの干しダイコンも寒風で良い感じに干すことが出来ました。今日は青い空のもと、稲架掛けに干していたダイコンを今日はぬか漬けにします。参加者でまずは干しダイコンを稲架掛けから外し、収穫します。この干しダイコンを今度は渥美たくあんを今でも漬けている田原市大草町の寺田さんに講師としてお願いしてたくあん漬けを試みます。そして渥美半島文化史に詳しい葉山氏に「渥美たくあん」についてとても興味ある講話を頂きました。食の30年周期で渥美半島の農産物は確かに変わってきていますね。

English version

Continue reading

味わって知る表浜(キムチ作り)

谷ノ口のえぇZONE農園で作った白菜を使い、キムチを作りました。
9月に種を植えて、本当は12月中旬くらいに収穫したものを使うのが良いのですが、ちょっとまだ白菜の大きさも甘みも十分ではありません。
今回の「味わって知る表浜」は、表浜のインターンシップ事業の一環で行いました。

ajisiru1.jpg

Continue reading

水産学会サイドイベント

cbd33.jpg
今日は午前中は水産学会のサイドイベントに参加。表浜ネットからは伊勢・三河湾流域ネットの協力を得て開催している「味わって知る私たちの海」の報告。

English version

Continue reading

表浜おいでん祭&ビーチスクール 今レポ

P1020977.jpg
波のコンディションの影響で予定は大きく変更。何とも表浜ネットワークらしい運営となりました。ご協力いただいたデンソーの皆さま、本当にありがとうございました。サーフィンスクールは表浜ビーチスクールのすんばらしい運営で溺れる子もいなく無事で良かったー。技科大の波乗り部、表浜BWには駐車場整理や細かなフォローなどをお手伝いいただきました。ありがとうございました。SENAの研修生の谷中くんと本Dの2人はいきなりのイベント運営で大変だったと思います。穴ほりおつかれさま。
本事業はニッセイ財団およびデンソーエコポイント制度助成対象事業、三遠南信雇用促進支援事業の支援を受けて実施しました。

English version

Continue reading

表浜おいでん祭&表浜ビーチスクール

oiden35.jpg
快晴の真夏の太陽の下、「表浜おいでん祭&表浜ビーチスクール」の開催です。早朝ですが、気温がグングンと上がっていきます。暑さ対策が大変ですね。海はうねりが少し残っています。地曳き網も、サーフィンスクールも海の状態に合わせなくてはなりません。急遽、スケジュールを変更し、地曳き網を先に実施することに変更致しました。岸際の波が高いのですが、小沢地区の漁師さん達も、何とか地曳き網を入れてくれました。カマスやメアジなど沢山獲れました。また愛知県水産試験場からは中村さんに来て頂きまして、獲れた魚でお魚教室。もう、子ども達は魚を手に興味津々な表情。最後に海の様子を見て、サーフィンスクールを萩原・夏目・金子プロにお願いして実施。波が高いので、波打ち際でのサーフィン体験に変更しました。ここでも子ども達の楽しそうな笑い声が一杯になりました。真夏の猛暑でしたが、みなさまのご協力のもと、無事に開催出来ましたこと、感謝致します。お疲れ様でした。

English version

Continue reading

第2回味わって知る私たちの海 表浜

aji66.jpg
今日は「第2回 味わって知る私たちの海 表浜」です。2回目はこの表浜でもっともポピュラーな魚である、カタクチイワシです。実はこのカタクチイワシはシラスとして平成20年には日本で一番多く、漁獲量があったのがこの表浜。それほど生産性が高い浅海域としての表浜を味わって知ろうと言うイベントです。田原市は神戸町の公民館にて午前10時から開始。今日はカタクチイワシを様々な料理で楽しみながら学びます。

English version

Continue reading

Home > 海の味わい

Links
SUPPORT
Search
Feeds

Page Top